リフォームプロ ネットワーク 0120-11-6584
キラリかがやく!熟年の暮らしを応援!家族構成やライフスタイルの経年変化に伴う住まいのリフォームの相談窓口を開設しました。
 



古家を購入、リフォームして約70年が経過した住宅です。
家も百年近く経過すると、いろんな箇所で不具合が出てきます。メンテナンスが必要です。
玄関の戸が経年変化と強風のため、杉板がはがれてしまいました。
 
戸の取り替えを考えましたが、結構な費用がかかります。そこで枠はそのままで、中の杉板の張替を建具屋さんにお願いしました。
 
枠はしっかりしていたので、これで十分かなと思います。
また、外壁の焼き板と船板塀が経年変化でそりと隙間がひどくなっていました。そこで、板の張り替え工事をおこないました。
  
板を外し、いたんだ部分の桟を取り替え、左官で補修、透湿・防水紙を貼り土壁を保護、そのうえに杉焼板を真鍮の釘で留めていきます。
  
昔の焼板は、職人がバーナーで焼いていたようですが、昨今では、加工技術の向上により様々な色をした焼杉板が販売されるようになりました。使用した杉板は焼き杉をブラシ仕上げの上に塗装を施したもので、色落ちをしやすかったブラシ仕上げの欠点を解消した商品です。
  
人間の身体と同じように、メンテナンスが必要で、なんだか若返りました。
これからもメンテナンスしながら、100年も200年も長生きしてもらいたいものです。  文/新井律子

DATA:
 ・工事場所 泉佐野市
 ・工事内容 門戸・板張り工事
 ・工事金額 ¥457,000
 ・施主の年代 90才代
・工事担当
 宏聞建設工業(株) 中澤弘一
 http://www.koubun.co.jp

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




暮らし方研究会からのお知らせです。
参加ご希望の方は6月24日(月)までにお申し込みください。  
----------------------------------------------------------------------
=======◆ 第137回「リ・ライフ」セミナー ◆=========
        「とんちの一休禅師の軌跡に学ぶ…」
----------------------------------------------------------------------
         
【テーマとポイント】          
今回は、枚方市の東、京田辺市の西に位置し、なだらかな丘陵地に寄り添い、住宅が点在する
静かな田園地帯に佇む、臨済宗大徳寺派霊端山酬恩庵一休寺を訪れます。         
【日   時】  6月29日(土) 午後1時30分~5時00分まで
【参加費用】  大人(中学生以上)500円

詳しくは ホームページ http://www.kurashikata.gr.jp/ の What's New から《第137回「リ・ライフ」セミナー、参加者募集中!》 をご覧ください。

■お申し込み・お問い合わせ先
暮らし方研究会
〒530-0043大阪市北区天満4丁目2番15号 吉岡ビル3F
フリーダイヤル:0120-11-6584 ・ FAX 06-6356-7225
Email ask@kurashikata.gr.jp


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )