霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

冒頭表示 現況 コンソール

76件不表示著作権侵害嫌疑対応暫定)題≦50字律
2 r2 Tw KY(サブ foR Q Oj S C Pj Pe
キーボード配列QWERTYの謎 その仮説は本当に正しいか 猫式トロンキーボード TRON風キーボード はじめてみようμTRONキーボード

ごちゃごちゃ書いてたこと、移動しました。
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/9327ac54e59c04c4d9590a19c97a2d01

いまどこ ―冒頭表示2

キーボードの2段めと3段目はなぜ互い違いになっていないの - 教えて!goo: に答えてってな形で部分統合しようかナとも思う。 ​http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/c11db5b33d4a1d67900e568ab0dc6273ではちょっとスレ違うと思う。
http://www6.atpages.jp/~raycy/Q/ を  http://www6.atpages.jp/raycy/blog2btron/door やらの作業経過を取り入れつつ、ふくらませるようなかんじで、、

これってエントロピー?

2011-03-06 11:19:55 | 次ネタ
これってエントロピー?
(一部、エクセルギー、ネゲントロピー、もったいないをふくむかもですが、、)
エントロピーは万物損耗の法則である、とする。
じゃあ、論理としてはいささか あれ だが、 損耗現象の背後には エントロピー的なものがひそんでいるか? 論理学は、逆 必ずしも真ならず と説く。すなわち、逆 結構な割合で 真を含むかも…?。(対偶でないのが、いささか、あれだが、、)


減価償却費、、
桑垣豊が着目する、日本の減価償却費 GDPの2割だっけか、、
今回の2010年3月11日14時46分三陸沖大地震での、日本の減価償却費に及ぼす影響は?マクロ的にはどうなる?
元通りに戻すっていうのなら、あれだが、
別の道、別の姿でよみがえらせるってのは?


ネオジム磁区社会(=磁石)の 高温でのシステム全体としての磁石機能特性失効防止措置としての磁壁絶縁強化
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/dabb17fc644e8f67416468c45a9c32c6


ピアノ打鍵メカニズム、、劣化速度、、
タイプバーの狂い、タイプライターの印字品質の劣化、、老化

エクセルギー 、、書く 打字 タイプホイール? タイプバー?

マッチング、、自転車か自動車か、、


槌田敦が、「対数多様度と呼び、区別しよう」といったもの、、http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/3cb0b696f8e247c6914d06ce38456f78
暗号解読、(ボルツマンのエントロピー?) ネゲントロピー、KL情報量 情報圧縮率の上限、、

内藤誠によれば
(科学の範囲までは、公知。商業的な技術開発は、その公知の先で行われていることが多いから?)
実は 技術開発局面においては、結局しらみつぶし。
そんななか 現代技術開発において使われている どうにか科学らしい科学といったら、
それでも、できることといったなら、
  • 論理学による範疇絞込み。(いわゆる消去法?)。
  • そこで 労力節約の技術、
    • 実験計画法やら、
    • 統計検定の技術やら 
    • 反リスク技術3シグマやら
      • http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/29a6aefa82cd365ffea08b7f05b13bcd
    を使っていっている、、
労力節約、無作為抽出
あとは しらみつぶし
範疇絞込みに先立って、前提として加えるべきは、考えるに値しない、消去法での大枠原理基準のひとつ 熱力学の第二法則、?


泉 茂行が世界の平準化ってなふうに書いた
世界は 平準化プロセスにあるか?
三代話、「売り家と唐様で書く三代目」伏見康治「私のエントロピーの考え方の発達」(『エントロピー読本Ⅱ』日本評論社(1985)p.30。伏見康治著『数学と物理学』1986.12みすず書房 所収)
平等原理 シュタイン


均衡、収束
経済学、マーケットにおける、
桑垣豊が、統計的熱力学の 市場メカニズム説明への応用といった吉川洋が提示している側面に、言及した。
経済学においては、均衡概念が、アダム・スミスのinvisible hand以来 あったのではないかな、どうなんだろう?
    いわゆる近経?御三家だかジェヴォンズ、あと二人、、限界効用 ジェヴォンズ メンガー ワルラス、、これらは、別物っぽいですかね
より近くでは サミュエルソンの
Samuelson's use of the Le Chatelier principle has proven to be a very powerful tool and found widespread use in modern economics.[17] Attempts at neo-classical equilibrium economics analogies with thermodynamics generally, go back to Guillaume and Samuelson.[18]

La compagnie française des pétroles : un instrument de politique economique nationale, les sociétés de pétrole à participation de l'État dans divers pays Guillaume de Labarriére Commerciale & Administrative
1932
http://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Samuelson#Thermodynamics_and_economics



議論における、
議論のマーケット、、
議論の均衡、収束、、 山田尚勇
http://kygaku.g.hatena.ne.jp/raycy/20110311/1299771363
コメント

QWERTY、エントロピー、シュタイン

2011-03-04 06:01:14 | 次ネタ
  • QWERTY Faq

  • QWERTY Advanced

    • ーリスク

    • 壊れるということ

    • ーエントロピー

  • 日本におけるQWERTY問題

    • ーみんなの意見
      ーーなぜ日本では、ショールズ&グリデン タイプライターのタイプバーは絡まないのか?
    • ー知?のグローバル化、国際化、インターネット、、

    • ーーアメリカでは絡むみたいなんです、、
      ――日本でも安岡孝一先生のお説が2005年に提出されるまでは、絡んでいたような気もするんですけれどもね、
      ーもともと絡むことだけが問題ってわけじゃないってこと。タイプバー同士が衝突すれば、打字がゆがんだり曲がったり 打ててたり打ててなかったりもする、長期的には タイプフェイスがつぶれたり 機構が狂ったり 劣化が促進される。

  • シュタイン、平等原理、



QWERTY、エントロピー、シュタイン
コメント

タイプライター系次ネタ

2010-11-10 10:58:53 | 次ネタ
高さと距離
上段ほど高いQWERTYタイプライター

隣接タイプバー打字機会シミュレーション
テキスト
コメント

次ネタ 次『えんとろぴい』投稿ネタ

2010-10-21 14:43:00 | 次ネタ
  1. 馬場浩太 (粒子間のエネルギー交換の起こっている区間時間あたり箇所数密度)「人間の意見の絡み合い衝突意見交換」)

  2. 通常の物理学では説明のつかないありえない高確率で遭遇する 京都 関東に離れて存在する二粒子、安岡孝一先生とバ冠raycy

  3. 帰り道すがら 歩き追い越しながら立ち聞いちゃいました白鳥紀一黒田光太郎ら
    白鳥紀一「いまやってることは エントロピーなんか関係ないじゃん。」(俺たちのエントロピー)
    森住民際学 別の名前で出したい。昔の名前は、、
    昔の名前でいつまでも出てるなってんだ、だれだ俺たちのエントロピーを汚すやつは、、
    1. (藤田祐幸の場合は「俺のエントロピー学会」?)
      (始まりは、物理学会への米軍資金受け入れ反対?)
      ピークは、柴谷篤弘 サケ遡上論、室田武 かんとか論あたりがピーク、あとは、惰性飛行

  4. 生物処理が経路途中に絡んでも「エントロピー」
    田中良の水処理講演に対して
    白鳥紀一が質問、「水処理のエントロピー、窒素リン処理のエントロピー」
    田中良「生物が絡んでいるから、、もごもご、、今後の課題として、、」

    経路によらず、エントロピー。中間に化学処理が絡んでいようと生物処理が絡んでいようと物理処理が絡んでいようと、入力物質と生成物質とで、効率計算が可能か?
    多様な出口生成物。そのうちで、人間にとって都合のいい生成物として生成させるところが、人間にとっての人間行為の関与介在の意義か。

    エントロピーの法則に則った現象しか起こらない。そのうちで、人間にとって都合のいい安定生成物を得られる経路を促進するだけ。
    太陽光と土地で、稲を通して、コメを獲得生成、、
    太陽光の雑草化率を抑制、、

  5. アレニウスのあれ、、
    衝突、衝撃、振動、 時間、 反応、 劣化、老化、寿命、、

  6. 冷蔵庫だってエントロピー
    腐る  腐らぬように 
    劣化  劣化せぬように 劣化を遅らせるように、 QWERTY
    時間をとめる、時間を遅らせる
    成長を遅らせる エチレンコントロール
    老化を遅らせる なんだ?

    所与エネルギーギャップ内での生物理化学的処理を利用しているに過ぎない生物が、反応環境に依存するのは 当然だしアレニウスの式下に やはりあるのだろう。ただそのうち、自個体 自種が生存存続繁栄するpathを選ぶ。
    そこに原発がどうかかわってくるのか、こないのか。

  7. 長屋だってエントロピー
    馬場浩太 (「人間の意見の絡み合い衝突意見交換」)
    朝永振一郎「会議室の各部屋割りへの時間割り振り」

  8. 言葉だってエントロピー
    そもそも、なぜ私たちはしゃべるのか?
    同室した人々の間には、なぜ話の種があるのか、、
    それぞれがそれぞれの人生を多様に生きている、、
    違う立場、違う意見、、それらを交換、、

    口を動かしたい、キーボードを叩きたい、、

  9. しゃべりたい、会いたい、歩く、移動する、
コメント

次ネタ

2009-04-14 20:58:24 | 次ネタ
次ネタ
どう言えばいいのかな?『エントロピー再考』の流れの中で、、
  1. 丸山真人の質問(2004)。ネゲントロピー、エクセルギーへの顧慮、、
    物理価値、ネゲントロピー、有効エネルギー、エクセルギー、 佐藤正隆・中西重康(1979)・河宮信郎(1984)・神里公(1980)の理解認識と、それが 井野博満(2003、2005)、白鳥紀一(2005)らにも認知されるまで、、。
    エントロピー学会の「20年」とは
    http://mlabo.seesaa.net/article/28601012.html
    エントロピー学会が発足直前直後に選択した理論モデルは、槌田モデル、かな。
    理研シンポジウム第一回の押田勇雄、高橋秀俊、寺本英らの路線を捨象することだったのかな、、でもま、目指すところは、エネルギー変換懇話会
    http://ppd.jsf.or.jp/dec/
    とは、違う流れとはなろうが、、
  2. 安田祐介(2006)の問題提起
    1. エントロピーはなぜ分かりにくいのか?(『エントロピー増大則』ならまだまし、だが当たり前すぎて、客観把握が却って困難?)
      自由エネルギーが、安田祐介感覚にフィット、分かりやすい、と、、
    2. 安田祐介(2006)エントロピー増大速度の加速増速モデル
      文意あるいは意図、提起された問題を読もうとするか?読みとりに行くか、あるいは触発されて勝手に深読みするか、、
      森住明弘、山田國廣、
      1. 安田祐介(2007)触媒・水飲み鳥の関与介在による、世界のエントロピー増大速度の増速モデル。
        安田祐介(2007)水飲み鳥に対する反応。
        1. エントロピーの時間二回微分。 数式で見ようとするか、、
          白鳥紀一、川島和義、、、
        2. 実験
          相対湿度 ほどほど >>> 温度差2度の二熱源で作動する熱機関
          桐山信一・黒川冨秋
    3. 人為が関与したこの近代鉱工契業化世界は、定常か?
      石油採掘量速度 地球面上 毎年8cc(大匙半分程度)/平米、 地球面上一平方メートル当り毎年大匙半分の原油採掘
  3. 馬場浩太(2008,2009) エントロピーの次元
    エントロピーの次元 個(パーティクル分子数)

定常状態、過渡状態
  、、定性的に見る、定量的に見る、、数式でみる、、 、、文意をみようとする、、
提起しようとした問題は何なのか。

my認識は 森住、山田に近い。数式にmy疎いからだろう、

水飲み鳥が関与している世界と、水飲み鳥が関与していない世界とでは、
水飲み鳥が関与している世界のほうが、エントロピー増大速度が、加速増速されているような気がした、、。

水飲み鳥については先に書いた
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/8d01855821fd7ba4b8c345064e371798
室内の相対湿度の平衡点定常状態⇔暫定バランス点が、若干高湿度側に移動したであろう。部屋が加湿されたであろう。水飲み鳥加湿器。そしてコップの水の減少は加速増速されたであろう、、

見直しが必要になるのかな、、
桐山・黒川らの実験から、時間での二回微分は、、 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
エントロピーの次元
馬場浩太 個(パーティクル分子数)
佐藤正隆 無名数 無次元

温度は、一分子自由度辺りの内部えねるぎー(ジュール/一分子・自由度当り)

エントロピー学会誌名『えんとろぴい』の対数多様度。
えんとろぴいのエントロピー
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/906c4c4a0968637e6b03674467d6f005
http://www6.atpages.jp/~raycy/iTMeng/_tIcLhuP.htm
ーーーーーーーーーーーー
コメント