霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

19世紀末の「大不況」 と 恐慌 との関係。「大不況」期=(恐慌を伴う不況期&回復期)×2~3回?

2008-12-16 05:57:54 | LinkRecords
http://ci.nii.ac.jp/naid/120000939660/
池田, 嘉男; イケダ, ヨシオ; Ikeda, Yoshio
19世紀末「大不況」期におけるアメリカ鉄道投資の進展とイギリス資本輸出
The American Railroads and the British Investment, 1873-1896
千葉大学教育学部研究紀要. 第1部 34,149-166,1985-12-20(ISSN 0577-6856) (千葉大学教育学部)

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004714791/
池田,嘉男
大不況期のイギリス資本輸出と産業循環
The Export of British Capital 1873-1896
千葉大学教育学部研究紀要. 第1部 23,175-200,19741200(ISSN 05776856) (千葉大学教育学部 編/千葉大学教育学部/千葉大学)」

19世紀末の「大不況」 と 恐慌 との関係

「大不況は、、 、、通例は「19世紀末大不況」の意味で使用される。 小澤光利研究室掲載
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://prof.mt.tama.hosei.ac.jp/~mitozawa/newpage8.htm 」

The Long Depression (1873–1896)
http://b.hatena.ne.jp/entry/http%3A//en.wikipedia.org/wiki/The_Great_Depression_(1873-1896)
19世紀1873-1896年の「The Great Depression」は、1929-1932、3年を経て後者がチャンピオンということになって、Theグレートの座を奪われ、
19世紀末1873-1896年の現象=>和訳 19世紀末「大不況」期、、(The Long Depression (1873–1896))
1929年の恐慌に始まる1929-1933年の現象を 和訳「世界大恐慌」
と、呼び分けられられているといった説。
和名に関しては小澤光利研究室 http://prof.mt.tama.hosei.ac.jp/~mitozawa/ 掲載の説を採り、英名に関しては英語版ウィキペディアの説を援用補正。
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Great_Depression_(disambiguation)
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Great_Depression_(1873-1896)
のページには 要 追加引用元、とあるようで、審議中か、、。


1929年の大恐慌に連なる不況期の終わりまでの、期間の取り方、に関しても、
小澤光利研究室掲載説では1929-33年で 和訳「世界大恐慌」
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Great_Depression の説では
The Great Depression was a worldwide economic downturn starting in most places in 1929 and ending at different times in the 1930s or early 1940s for different countries.
1929-the 1930s or early 1940s年 20世紀の大不況期 かな。


19世紀末大不況期は、1929年に連なる期とはパターンがちょっと違った印象で、いささかマイルドというか、、か、期間のとり方の問題かもしれないな。
3度の恐慌と間に挟まれた2度の好況期よりなるシリーズだと。
人々のなかに上昇イメージがあり、不況はもう終わった、と希望的予断を持っては裏切られたことが2度あったということかな。

英語版ウィキペディアのように、
20世紀の大不況期とみれば、1929-33年のは、恐慌に連なる小不況一個で、その後にいくつかあった国もあると、、

「大不況」期=( 恐慌を伴う不況期&回復期)×2~3回ぐらい。?


大不況で、ドカンと恐慌 少し戻して、またスモールどかん。また少し戻して、、


http://elib.doshisha.ac.jp/cgi-bin/retrieve/sr_bookview.cgi/U_CHARSET.utf-8/BD00005557/Body/034057030003.pdf
不況期間は全期間のなかに含まれる中間的な好況期よりも長い.」
下降局面の期間の長短の比を論じているんであって、局面の数絶対値レベルの話ではないのかな、、


大局の基本モードは氷期だが、少し温暖化戻して、またどかん?逆か、、
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« やせ我慢の経済学 男の美学... | トップ | エクセルギー(⇔いわゆるエネ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実態ではなく、概念呼称「19世紀末の大不況」が生まれたのは20世紀になってからか? (raycy @ ウィキ)
2009-01-06 01:40:45
その歴史実態が19世紀にあったとされる。
だが、その概念が確立したのは20世紀、、
19世紀末と付いたり、大恐慌ではなく大不況と区別したり、といったことが明瞭となっていったのは早くとも1929年以降のことではなかったろうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

LinkRecords」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

普通の「大不況」と安岡孝一氏の歴史学における大不況。 (一般KY論入門:raycy)
普通の「大不況」は、 英国1873年ごろをピークとして1873年に始まり1896年までを、さすのではないかな。 米国鉄道株をみても 19世紀末の「大不況」 と 恐慌 との関