霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

冒頭表示 現況 コンソール

76件不表示著作権侵害嫌疑対応暫定)題≦50字律
2 r2 Tw KY(サブ foR Q Oj S C Pj Pe
キーボード配列QWERTYの謎 その仮説は本当に正しいか 猫式トロンキーボード TRON風キーボード はじめてみようμTRONキーボード

ごちゃごちゃ書いてたこと、移動しました。
http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/9327ac54e59c04c4d9590a19c97a2d01

いまどこ ―冒頭表示2

キーボードの2段めと3段目はなぜ互い違いになっていないの - 教えて!goo: に答えてってな形で部分統合しようかナとも思う。 ​http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/c11db5b33d4a1d67900e568ab0dc6273ではちょっとスレ違うと思う。
http://www6.atpages.jp/~raycy/Q/ を  http://www6.atpages.jp/raycy/blog2btron/door やらの作業経過を取り入れつつ、ふくらませるようなかんじで、、

核実験 大気汚染 寒冷化説

2011-08-13 05:05:53 | LinkRecords
核実験 大気汚染 寒冷化説

コメント

政治、、みんなそれぞれの思いを形にする商売?

2011-08-01 04:39:10 | LinkRecords
政治、、みんなそれぞれの思いを形にする商売?

サイレント
思いを語らない人もいる: その人たちの分は 慮(おもんばか)って。

未来の子供たちの 思いもあるかも。

ラウド
思いを語る人もある: 必ずしも 本当に必要なものを 語っているとは限らない。または、別の手段での実現法も あるかも。
コメント

SRIは農学校卒業フランス人宣教師がマダガスカルで1983年ごろ定式化?

2011-08-01 02:53:17 | LinkRecords
SRIはフランス生まれ? ベトナムやらアジア植民地を見たフランス人が?
SRIは農学校卒業フランス人宣教師がマダガスカルで1983年ごろ定式化?

農学校を出、牧師の資格も得たフランス人が、マダガスカルの地で?

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/37251/1/K-02347.pdf
SRI を 開発したのは,マダガスカルにキリスト教の宣教師として赴任したフランス人 Fr. Henri de Laulanie, S.J. 氏である。彼は、宣教師としての活動の傍ら、現地における農民の暮らしを目の当たりにしたことで、農業技術を改良し農村を発展させることの重要性を感じ、独自に農業技術、特にマダガスカルにおいて重要な作物であった稲作に関する技術研究を行ってきた(以上清水、2008)。その経験の中からSRI稲作を構成する技術要素を見つけ出し、1983年にSRIとしてひとつの形に纏め上げた。その後数十年にわたり、マダガスカル以外でSRIが知られる機会はほとんどなかったが、1990年代後半になって米コーネル大の教授であるNorman Uphoff氏が現地においてSRIを知り、彼とマダガスカルに設置されたSRI稲作普及にあたるNGO:Association Tefy Saina の尽力によって世界に紹介されるに至った(佐藤、2006)


清水敬祐 2008 省資源型稲作 System of Rice Intensification(SRI)の実証的検証、

佐藤周一、2006、東方インドネシアにおけるSRI稲作の経験と課題、寝の研究、15(2)、55-61.



http://www.maff.go.jp/primaff/koho/seika/review/pdf/primaffreview2003-10-32.pdf
SRI農法の起源は,つぎのとおりである。
1961 年,マダガスカルに布教のために赴任したアンリ・デ・ロラニエ師は,同国の農民が行っていた稲栽培法を克明に観察し続けた。
これは,フランスの農学校を卒業した後,牧師の資格を取得した同師の経歴がそうさせたのである。やがて,同師は栽培法を変えることによって稲の収量が増加することに気付いた。そして,降水量に恵まれなかった1983-84 年に,栽培法の変更をいくつか組み合わせることにより,驚異的な高収量が得られることを発見した。その後,各種の改良を加えてSRI 農法として定式化し,1990年からはマダガスカルに SRI 農法の訓練を行う民間非営利団体を組織し,同農法の普及に着手して,今日に至っている。
コメント