絵じゃないかおじさん

言いたい放題、自由きまま、気楽など・・・
ピカ輪世代です。
(傘;傘;)←かさかさ、しわしわ、よれよれまーくです。

絵じゃないかおじさん あ青春@歌155 月に二回のデートを約し日日送る 金の無きなど何のその

2018-10-03 06:01:00 | つぶつぶ


「青春のある年ごろに」 → Around the year of youth → 若者の年間約
 



                        copyright (c)Ti  U
ejyanaikaojisan group


 * Tanka English translation

 
   月に二回のデートを約し日日送る 金の無きなど何のその
   
       ↓
Without such Nan'nosono gold promised to send daily date twice a month
       ↓
   
そのようなNan'nosono金なしで月二回、毎日日付を送ることを約束し

  


155
コメント

あ@KD子だったとは! 019 人なんて そふいふものさ 嘘つぶし

2018-10-03 05:55:29 | つぶつぶ



多層構造ぶろぐ→Multilayer structure blog

ピカ輪世代(世に団塊とも)の一断面を目指して。


  copyright (c)地  宇
                                  ち ふ
絵じゃないかぐるーぷ
                       


*  English translation 


   019 人なんて そふいふものさ 嘘つぶし

  






        ↓
      (ほんやっ君のとある無料の英訳)

    People are softer and lie crush
         ↓
      (ほんやっ君のとある無料の和訳戻し)

人々はより柔らかく、圧倒される





     この項おわり



ぶつぶつ(2”22”2)・・・・・
コメント

絵じゃないかおじさん あ@つぶ短歌(毎日)094 毎日が休みの日には何となく封筒の束なかなか減らぬ

2018-10-03 05:52:54 | つぶつぶ




多層構造ぶろぐ→Multilayer structure blog

---------------------------------------------------
網の彼方よりの哲学的深層翻訳利用
 ↓
Philosophical depth translation use of than Beyond the net
 ↓
ネットを越えてよりの哲学奥行き翻訳使用
---------------------------------------------------


  copyright (c)地  宇
                                  ち ふ
絵じゃないかぐるーぷ
                       英訳短歌version0.01


*  Tanka English translation 


  094 毎日が休みの日には何となく封筒の束なかなか減らぬ



        ↓
      (ほんやっ君のとある無料の英訳)

    Unexpected somehow reduce quite a bundle of envelopes on
     the day of rest every day
         ↓
      (ほんやっ君のとある無料の和訳戻し)

    休みの日は毎日の封筒のかなりの束を減らす何とか予期しません
       


     この項おわり



つぶつぶ(22”22”)・・・・・

コメント

あ@西国 4/6(33-1)ラ行さんと那智のイーリー

2018-10-03 05:50:54 | 仮想はてな物語 

            copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ

 時間も忘れ、己が人間であることも忘れて、
 カブトガニになりきって、
 生活していたものですから、
 とんとわかりませんでした。


 そんなある日のこと、陸地が見えてきました。


 そこは、和歌山県の熊野浦でした。
 上人は、海の生活にも求めるものは、
 結局得られませんでしたので、
 再び人間の姿に戻りました。
 そして、
 熊野の山の中を、
 修業の地を求めて、歩き続けました。


 そんな上人の目の前に、
 滝が飛び込んできたのであります。
 上人の育ったインドの地方は、
 平原ばかりで、滝などはありませんでしたので、
 珍しくてなりませんでした。


 多くの人々が、川の中に入り、
 身体を清める姿は、
 小さい時から、見続けていました。


 上から落ちてくる水に打たれたら、
 もっと効果があがるのではないかと、
 ふとお思いになりました。


 それからというものは、
 来る日も来る日も滝に打たれて、
 一心不乱に修業されました。

 それを、
 イーリーは、
 ぢっと見守っていたのです。

つづく

コメント

仮想はてな物語 浦島太郎に?! 6/18

2018-10-03 05:46:06 | 仮想はてな物語 
copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ




 ふとその時、海亀が気になったので目をやった。
 犬に脅されて隠していた首を出しきって、上下に振っている。


 あれは、お礼を言っているのか?
 それにしては、回数が多すぎる。
 よく見ると、右手も出していて、オイデオイデをしているではないか!


 私は、また例のサヤカの力を借りる事にする。
 すぐさま、ガソリンの給油口を開け耳を当てる。


 {オッさん、ありがとう。助かりました}

 私を、オッさん呼ばわりする奴がここにも居たのか!


 有り難いと言おうか、情けないと言おうか、
 とんだ有名人になってしまったものだ。
 これも元はと言えば、すべてはサヤカの所為だし、お陰でもある。


 {お礼にいい所へ、ご案内しましょう。
  海に潜る道具は持っていますか?}


 そんなもの、ツーリングに持ってくるわけない。
 それに趣味ではない。
 かといって、いい所と言われると行きたくなるのが、私の性分。


 その上、助けた亀といい所、これは浦島太郎に違いない。
 しかし、何とも安上がりな太郎なのだろう。
 石つぶて、たったの10個足らず。
 もう、これは運だ。



つづく
コメント