絵じゃないかおじさん

言いたい放題、自由きまま、気楽など・・・
ピカ輪世代です。
(傘;傘;)←かさかさ、しわしわ、よれよれまーくです。

おぼけ封じ@009 あ忘れた 忘れたことさえ 忘れてた

2018-10-12 07:46:50 | つぶつぶ


  copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ
                       
 

009 あ忘れた 忘れたことさえ 忘れてた


    覚えるから忘れる。
    じゃあ、
    覚えなければいいんだ。



     この項おわり



つぶつぶ(22”22”)・・・・・


コメント

絵じゃないかおじさん あ青春@歌164 君の眼をしっかととらえた オレなりし 想いのかないし幸せに酔う

2018-10-12 07:42:58 | つぶつぶ


「青春のある年ごろに」 → Around the year of youth → 若者の年間約
 



                        copyright (c)Ti  U
ejyanaikaojisan group


 * Tanka English translation

 
   君の眼をしっかととらえた オレなりし 想いのかないし幸せに酔う
   
       ↓
I do not get drunk and happy feelings Hang Ki becomes Shikkato I caught your eye
       ↓

   私は酔っていないと幸せな気持ちがKiはShikkatoなりハングアップ私はあなたの目を引いた


  



164
コメント

あ@KD子だったとは! 028 人なんて そふいふものさ 嘘悪化

2018-10-12 07:40:30 | つぶつぶ




多層構造ぶろぐ→Multilayer structure blog

ピカ輪世代(世に団塊とも)の一断面を目指して。


  copyright (c)地  宇
                                  ち ふ
絵じゃないかぐるーぷ
                       


*  English translation 



  028 人なんて そふいふものさ 嘘悪化







        ↓
      (ほんやっ君のとある無料の英訳)

    People are softer it's a lie worse
         ↓
      (ほんやっ君のとある無料の和訳戻し)

人々はより柔らかいですそれは悪い嘘です





     この項おわり



ぶつぶつ(2”22”2)・・・・・

コメント

あ@つぶ短歌098 学校が休みの日には何となく心のなかに雪が融けてゆく

2018-10-12 07:38:33 | つぶつぶ

 

多層構造ぶろぐ→Multilayer structure blog

ピカ輪世代(世に団塊とも)の一断面を目指して。


  copyright (c)地  宇
絵じゃないかぐるーぷ
                       英訳短歌version0.01


*  Tanka English translation 



     098 学校が休みの日には何となく心のなかに雪が融けてゆく



   

        ↓
      (ほんやっ君のとある無料の英訳)

      Yuku snow melts Some heart somehow
       on the day of the school holidays 


         ↓
      (ほんやっ君のとある無料の和訳戻し)

       ゆく雪は学校の休暇の日に何とかいくつかの心を溶かす 



       


     この項おわり



つぶつぶ(22”22”)・・・・・

コメント

あ@西国 7/9(33-2)紀三井のファファと白はるかキツネ

2018-10-12 07:35:59 | 仮想はてな物語 

            copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ


 それに、目の前で次から次へと、
 ファファから教わった変身術を使って姿を変える、
 はるかに畏怖の念を、抱いたことも否めません。


 このようにして、
 はるかは秀長の寺存続の証文を、
 手に入れることが出来ました。

 次は、少し前に旅立った、
 平二郎の後を追わせることです。
 いくら信仰のためとはいえ、
 戦争の誘いに乗って、
 戦闘に加わり戦死した者、
 感心出来る仏の道ではありません。


 戦争など避ける中道の行いこそが、
 仏に仕える者の取るべき道なのであります。
 戦闘参加は、中道から見ると、
 極端な位置にあたるものなのです。

 どのような戦争と言えども、
 戦争は中道には、ほど遠いのです。
 といっても、平二郎は信仰と寺の存続のために
 戦ったのですから、
 それは己を利するためだけのものではありません。

 点数をつけるとすれば、マイナス60点、
 プラス30点ぐらいでしょうか。
 考慮する余地はありそうだということでありましょう。

つづく
コメント