奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチブルドッグ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

ご当地スイーツ@ザルツブルグ

2018-11-15 | 添乗後記


最近は中欧を廻る旅でも立ち寄ることの少なくなったオーストリア西部に位置するザルツブルグ。神童モーツアルトの故郷として、また名画サウンドオブミュージックの舞台として世界的に知られる街ですが、忙しい旅ではなかなか立ち寄りが難しくなりつつあるのが現状?です。



ところでそんな街にもご当地スイーツがあることを皆さんはご存知でしょうか。街中に点在する有名なカフェのショーケースにも並んではいないので、実は知る人ぞ知るスイーツ。それがザルツブルガー・ノッケルン。この街を取り囲む雪を抱いた山々を形どった焼きメレンゲ風 or スフレ風のお菓子です。雪をイメージさせる粉砂糖が振りかけられ、甘酸っぱいラズベリー系のジャムが添えられているのが一般的。



何しろ注文を受けてから作りはじめるので、メニューにも「待ち時間20分」と但し書きがあるほど。っと、まさにザルツブルグへ行かないと口にすることのできないご当地スイーツです。ちなみにこちらはランチをとったレストランが私専用(つまり完全お独り様用)に焼いてくれたらしく?ひと山ですが、通常はこんな山が3つほど連なってますよ。中はホワッホワのスフレですがかなりボリュームがあるので、2〜3人でシェアして丁度いい量です。



こんなスイーツにはちょっぴりのミルクを入れた濃い目のカフェ・ブラウナーがぴったり。12月を目前にきっと間もなく真っ白な雪をかぶるであろう周辺の山々を眺めながら、ザルツブルグで機会があればぜひお試し下さい。


←ザルツブルグのご当地スイーツにポチしてね。

近況〜名古屋ニャンズ

2018-11-14 | 日常


久しぶりに名古屋ニャンズの写真が届きました。全て元野良ですが、どの子も愛されているのがわかる写真ばかり。お茶目なクマモンに



こちらはノンノン。毛並みもサラサラ、フサフサで、生まれはともかく?育ちのよさがわかります。そんな中、特筆すべきは・・・



実家の庭ニャンから名古屋の家ニャンになったウニ。一番のおチビのはずが、かなりの貫禄。先輩ニャンズに負けない迫力には笑うしかない?ともあれ、みんなで幸せにね(笑)。


←名古屋ニャンズにポチしてね。

街角での出会い@プラハ

2018-11-13 | 添乗後記


ウインタータイムに切り替わり、早々とライトアップされたプラハの街。昼間の街並みはもちろん素敵ですが、ライトの灯った街はまた一段と魅力的。



そんな街角で出会ったこんな風景。小さな商店の入口で一心に店内を見つめるワンコの姿に思わず足が止まりました。



添 : こんばんは。何してるの?
ワンコ : ご主人様を待ってるワン。



愛らしく一途なその姿に思わずキュン。無性に南国の息子に会いたくなってしまった瞬間でした。


←夕刻のプラハで出会った風景にポチしてね。

ひと足早くクリスマスモードに

2018-11-11 | 沖縄生活


帰国後はずっといいお天気で気持ちのいい陽気の続いている沖縄です。湿度が低いだけでこんなにも過ごしやすいのか!と、毎年のことのようにしみじみ。1年中こうだといいのにねぇっ(汗)。



さて。そんな中、昨日は早々とクリスマスツリーを出しました。ちょっと早い気もしましたが、この先のスケジュールを考えると、次回帰って来てからだと逆に遅いかな?と。



まだまだ夏日続きだし、何より半袖だし、クリスマスモードになりにくい地ではありますが。逆に無いものねだりで、最近は寒い寒いクリスマスモードに憧れさえ感じる南国生活です(笑)。


←早々と登場したわが家のクリスマスツリーにポチしてね。

晩秋の風景@プラハ

2018-11-10 | 添乗後記


思いがけず暖かった今回の旅。ちょうどハロウィンを迎えたプラハの街もポカポカ陽気で、午後からのフリータイムは気軽に街歩きできました。



さらに11月頭にやって来る連休(万聖節〜万霊節)の関係で街中はとってもにぎやか。太陽の日差しがいっぱいのテラス席はどこも満席です。



さて。そんな中いつもの習慣で?共和国広場で開かれているマーケットをのぞいて来ました。地元産の蜂蜜や、ビール大国としてはちょっと珍しいワインなどが売られていて興味深いです。



もちろん屋外マーケットには欠かせないソーセージ&ホットドックの屋台も。大っきなソーセージが香ばしい香りを放ってます。



さらに季節を感じさせてくれる花屋さんも。やはりヨーロッパのお盆に当たるこの時季はご先祖様へのお供え用に菊の花もいっぱい。



ところで意外に思う方も多いんですが、北部を除くヨーロッパではハロウィンの習慣はほとんどありません。元々ケルト系民族の習慣が起源ですからね。中欧諸国を歩いていてもハロウィンにちなんだ飾り付けはあまり目につきません。あるとすればアメリカ生まれのショップやファストフード店、それに観光客向けの土産物屋くらい。



だからむしろこんな朱色に染まったほおずきに秋を感じてしまいます。菊の花にしろほおずきにしろ和的なイメージが強いですが、ここヨーロッパでも昔から人々の生活には馴染みのあるもので、深まる秋を感じさせてくれる風物詩なんですよ。


←プラハで見つけた秋の風物詩にポチしてね。

野鳥の園@プラハ

2018-11-09 | 添乗後記


今回の中欧の旅。わずかではありますが、後記をお送りしたいと思います。まずは旅のはじまりのプラハから。



いつも小高い丘の上に建つプラハ城からカレル橋を渡って旧市街へ向かうんですが、その道中の細い路地にはこんな可愛らしいショップが点在。



時間があればちょっと立ち寄ってみたい誘惑がいっぱいです。とはいえ先を急ぐ観光の中ではそうもいかず、いつも後ろ髪引かれる思いで通り過ぎてます。



そんな中、通り過ぎてしまうことができなかった場所がこちら。カレル橋の少し手間。



モルダウ(ヴゥルタヴァ)川のほとりになんと野鳥の楽園を発見してしまいました!



コニー : 私はコニー。日本から来たの〜
添 : そんなに近づいたらまた突つかれるよっ〜



白鳥や鴨、そして・・・名前は不明ですが大小様々な鳥たちが太陽の下で気持ちよさそうに日向ぼっこしてます。観光地プラハの旧市街に程近い場所にこんな野鳥の楽園があったなんて〜 ♪ 私的には百塔の街プラハでの大発見でした。


←百塔の街プラハで見つけた野鳥の楽園にポチしてね。

帰国しました

2018-11-07 | 添乗日記


昨日は予定通りブダペストからヘルシンキを経て成田へ。さらに成田から南国へ直行し、無事わが家へ戻りました。



ここのところ、こんなパターンが続いていますが、さすがにキツい。



時間的&金銭的効率のよさがある反面、ワンクッション置かずにこれだけの距離を飛ぶことの身体への負担は半端ありません。



若い時ならまだしも、さすがに老体にムチ打つのはそろそろ、ねぇ・・・



それでも可愛い息子に早く会いたい一心で母は頑張ってます。



って、こっちでまたひと仕事はじめてしまったことも理由のひとつなんですけどね。貧乏暇なしです(汗)。



それでもしばしの休息タイム。また戻ってきたらしい夏日続きでちょっと暑いですが、息子に疲れを癒してもらうことにします。


←無事の帰国にポチしてね。

旅のおわり@ブダペスト

2018-11-06 | 添乗日記


前回のロシア同様、びっくりするほど暖かい秋を満喫できた?今回の旅。ずいぶん久しぶりにやって来たブダペストの空港はリノベーションが済んだようで(って、古い空港はほとんど覚えてませんが)かなり近代的になりました。考えてみると中欧の旅ではここブダペストがスタート地点であることが多いですからね。以前ここから帰国したのはいつのことやら?



そんなわけで思わずキョロキョロ。あちこちの店先にはハンガリー土産の筆頭であるパプリカがいっぱい。街中に比べたらもちろん高いですが、色々な種類が揃ってますよ。ま、私は眺めてる派ですけど。ではこれよりムーミンの国を経て、またわが家までの長い長い旅に出ます。どうか予定通り帰れますよ〜に!でもってしっかり荷物が届きますよ〜に!



コニー : 荷物積んだかな〜
添 : 積んだかね〜


←旅のおわりにポチしてね。

ハンガリーは夏模様@ブダペスト

2018-11-05 | 添乗日記


早くもウィーンの街を後に国境を越え、いよいよ最後の街となるハンガリーのブダペストに到着しました。あいも変わらず季節外れの暖かさは続いていて、日中はなんと20℃超えの陽気。薄手とはいえセーターなんぞ着込んでいようもななら、汗びっしょり!全くどうなってるんだか?



さて。そんな中やって来たのは、王宮の丘と呼ばれるブダ地区の高台。漁夫の砦と呼ばれる展望台ではたくさんの観光客がモデルばりのポーズで記念撮影してます(笑)。まあ、人目をはばからずそんな写真を撮りたくなるほど素敵な場所ってことです・・・



ではコニーも負けずにハイ、チ〜ズ♪ ここハンガリーも時折ハッとするはど綺麗な紅葉を見る機会があります。ただすでに時は11月。でもこういう時って、ある日突然冬を迎えてしまうのかも知れませんね。


←夏模様のブダペストにポチしてね。

週末の風景@ウィーン

2018-11-04 | 添乗日記


すでに国境をまたぎ、オーストリアの首都ウィーンへと到着しています。半日の観光を終えて迎えたフリータイム。街の中心となるシュテファン寺院前の広場はいつもながらものすごい人・人・人。



明日の日曜日はほとんどの店が閉まる、今どき珍しいくらい昔ながらの習慣を残すここオーストリアですからね。土曜日の今日は周辺のどの店も買い物客でにぎわってます。



それにしても11月だっていうのにここ数日はびっくりするほど暖かく、今日も軽めのジャケットも邪魔なほど。そんなわけでカフェのテラス席は満員御礼状態です。ホントにヨーロッパの人たちって、オモテが好きですよね。まあ、私も負けずに好きですけど(笑)。



すでに通りのあちこちにイルミネーションも取り付けられてるし、市庁舎ではクリスマスマーケットの準備が始まっていますよ。これから来月にかけて街は日に日にクリスマスモードになっていくことでしょう。


←にぎわう週末のウィーンにポチしてね。