いちゃりばちょーでー

多摩湖・狭山湖周辺の自転車サイクリングの日記。関東近辺の山歩き、奥秩父某山小屋でのお手伝いなど。

廃線跡ポタリング 走行編

2005-10-29 21:24:07 | 漕ぐ
今日、ブログやミクシィで知り合った方々やそのお知り合いの人たちと羽村堰~狭山湖の廃線跡ポタリングに行った。
この廃線跡は狭山湖を作る時に物資を運ぶ為に作られたトロッコの跡で、現在はサイクリングロードとして整備されている。
午前9時に集合、挨拶を交わしてすぐに出発した。総勢5名でのサイクリングである。こんな大人数で走るのは初めてだなぁ。


羽村駅。今回初めて来た


横田基地方面に向けて一般道を走る


本来ならこの廃線跡、羽村から狭山湖まで残っていてもいいハズだが、途中横田基地があるためその区域は走ることが出来ない。基地に沿う細い一般道を走るとようやく廃線跡に出た。




天気予報通り、ここで雨がパラついて来た。しかし5人で走っていると冗談で「もう解散かぁ?」などと言って笑っていると楽しく、雨もやんでしまうような気さえしてくる。
果たしてその思いが通じたのか雨もすぐにあがり、再び快適なポタリングとなった。


武蔵村山あたり



多摩湖近くの山中で休憩


みんなでワイワイやりながら走っていると距離を稼ぐのも早く、たいしたペースではないのにアッという間に多摩湖自転車道まで来てしまった。もう私にとっては庭のようなところである。それでも自転車で走ること自体が楽しいのでゆっくり走りながらも走れる限りは廃線跡を忠実にトレースしていく。


多摩湖の北側



狭山湖堰堤へ


羽村駅を出発して一時間ちょっとだろうか、一応の目的地である狭山湖畔に到着した。天気予報とは違ってこのあたりで日が射して来た。どなたか晴れ男か晴れ女がいたのでしょうか。
狭山湖堤防で休憩をしたが、ここには狭山湖の歴史の看板があり、線路についての記述もあった。ここで勉強してから走ればよかったねなどといいつつそろそろというか早くもというか、とにかく朝からの運動で空腹になっているということで一致した。

狭山湖
狭山湖の歴史についての案内板


…と、私はこの近くに住んでいるにもかかわらず、皆さんを案内できるような食い物やを知らない。さて、どうしたものかと考えていた。

つづく




人気ブログランキング参加しています
クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓ 

自転車関連ブログがいっぱいあります。



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 仮称 早朝多摩湖ポタリング... | トップ | ノスタルジックとエスニック »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした! (hal&金魚)
2005-10-29 22:14:48
今日は楽しかったぁ。お疲れ様でした。

いやああああ...自転車担いでの山道は短距離とはいえ初体験の金魚はヘロヘロP~~。



ビ~ルの美味しかったこと。



また行きましょうね。

TCNのアドレス貼り付けておきます。
halさん&金魚さん (nuruhati1559)
2005-10-29 22:43:58
本日はありがとうございました。

とても楽しかったです。是非また行きましょう。

昼に飲むビール、最高ですネ。
もしかして・・・ (mory)
2005-11-01 01:21:57
はじめまして、こんにちは。

moryと申します。

私、実はnuruhati1559さんの「いちゃりばちょ-でー」の以前からのファンでした。

同じ狭山湖周辺に巣くう者(所沢側ですが)として「もしかしたらさっきすれ違ったかな?」と考えながら拝見しておりました。がっ!

廃線跡ポタリングを見ていたら、ファンキーステッカーを貼った小径車(BD-1ですか?)が写っているじゃありませんか。

ちょうど横田基地の端の交差点(新青梅街道が潜り込む手前の6~7差路?)で信号待ちをしていた黒いi-driveに乗った髭が私です。

ろくに挨拶もしなくてすいません。

ファンキーステッカーを見た瞬間「ファンキー」と言って親指立てようか迷っているうちにすれちがってしまいましたね。

今度会った時にはきちんと挨拶させていただきますのでよろしくお願いします。
moryさん (nuruhati1559)
2005-11-01 08:31:38
はじめまして。コメントありがとうございます。

信号ですれ違った黒のGT、覚えてます!すれ違う時に笑顔で会釈をしていただいた記憶があります。moryさんでしたか。私はファンキー仕様のBD-1の後ろを青のGARYFISHERに黒い帽子、メガネを掛けてすれ違いました。

私も平日の朝や土日に多摩湖・狭山湖を走ってますのでお会いできるかもしれませんね。今後もよろしくお願いします。

コメントを投稿

漕ぐ」カテゴリの最新記事