西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

アリー/スター誕生  監督/ブラッドリー・クーパー

2018年12月26日 23時58分40秒 | 西京極シネマ
【出演】
 レディー・ガガ
 ブラッドリー・クーパー
  
【ストーリー】
昼はウエイトレスとして働き、夜はバーで歌っているアリーは、歌手になる夢を抱きながらも自分に自信が持てなかった。ある日、ひょんなことから出会った世界的シンガーのジャクソンから歌を高く評価される。アリーは彼に導かれてスター歌手への階段を上り始め、やがて二人は愛し合うようになるが、ピークを過ぎたジャクソンは、徐々に歌う力を失っていく。

【西京極の評価】
女は未来に目を向け、男は過去を振り返る。洋の東西を問わず、そういう生き物なのだなと思わされるお話。70年代にバーブラ・ストライザンド&クリス・クリストファーソンでリメイクされた『スター誕生』でストーリーは知っていたので、今作の中盤でガガ様とブラッドリーがデュエットするシーンが二人にとってベストであり、その後は只々破滅に向かっていくのを観るのが辛かった。健気な女を演じたガガ様も良かったが、初監督であり、歌まで挑戦したブラッドリー・クーパーが凄過ぎる!後半やや演出がダレた分、僕の中では『ボヘミアン・ラプソディ』に及ばなかったものの、今年観るべき一作である事は確か!

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 家康、江戸を建てる  門井... | トップ | 感謝したり、しなかったり »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事