西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

言い忘れたさよなら(1974) 古谷一行

2022年09月02日 20時39分25秒 | 西京極サウンド
僕の大好きな俳優さんの一人である古谷一行さんの訃報が届いた。

石坂浩二主演映画『犬神家の一族』の大ヒットを受けて始まったTV番組『横溝正史シリーズ』。その番組で石坂浩二とは少し違った飄々とした金田一耕助を演じて一躍人気を博した。原作者の横溝正史は「小説のイメージに一番近い」と言わしめた古谷一行の金田一。思案する際に逆立ちをするのが名物シーンだった。

同時期にTV放送されていた『新選組始末記』ではとぼけた金田一とは真逆の土方歳三をクールに演じて演技の幅を感じさせてくれていたのを記憶している。肺がんで闘病中だったそうだが、78歳という年齢は亡くなるには早い。残念です。

その古谷一行、あまり一般には知られていないかもしれないが、ミュージシャンとしてアルバムを5枚発表している。僕は全部持ってた。歌は味があって、作詞も作曲もやっていた(はず)。古谷が演じた役柄同様、どのアルバムも朴訥としていて、どこか寂し気で、大人っぽい雰囲気を漂わせていた。「金田一耕助が歌を歌ったらこんな感じやろな」と思いながら耳を傾けていた。

その死を悼む意味で、彼のファーストアルバムを紹介したい。おそらく今では入手は不可能だとは思うが、ネット動画で聴けるかもしれない。

 01. ほろ苦いあの頃
 02. そよ風のほほえみ
 03. わかれ
 04. 絵描きの部屋
 05. 名前も知らない恋人へ
 06. あてのない旅
 07. さすらい人のように
 08. 風のあとを
 09. 妹に
 10. 燕の来る頃に
 11. 言い忘れたさよなら

7曲目の『さすらい人のように』はシングル曲として発売されたもので、この曲の雰囲気がミュージシャン古谷一行のイメージだと言っていい。息子がDragon Ashのボーカリストなのは、やはり血筋なのだろう。
ご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

M八七(2022)  米津玄師

2022年06月21日 19時59分02秒 | 西京極サウンド
1. M八七
2. POP SONG
3. ETA


現在大ヒット公開中の科学特撮映画『シン・ウルトラマン』のエンディングが1曲目。
2曲目の『POP SONG』もプレステのCMソング。
そして『ETA』の3曲が収録されたEP盤。
3曲ともクオリティ高く、かなりお得感がある。

米津玄師ってあらためて才能に恵まれてるな、と再認識させられた。
リアタイ世代ではないのにウルトラマンの世界観に対する理解力ハンパない。
ヒーローの孤独と誇り、そして愛  それが歌詞に見事に昇華されてる。
映画を観るまでは「なんで主題歌が米津玄師?」と思ってたけど、
実際エンディングで米津玄師の歌声が流れたら胸に来た。
こんな曲が創れるなんて…スゴイとしか言い様がない。

おまけにこのジャケットイラスト。
米津玄師が描いたらしいが、もはや絵もプロ並みやん!?
天は二物も三物も与えたって事やね。

Rio(1982)  Duran Duran

2021年01月04日 16時00分35秒 | 西京極サウンド
毎年正月恒例のアルバム紹介。
今年はMTV世代80’sポップスを代表するヴィジュアル系バンド、デュラン・デュラン。
当時はカジャ・グー・グーと人気を二分していた印象がありました。
僕はどちらかというとカジャ・グー・グーの方が好きでしたが、
このアルバムだけはすごく気に入っていて、
カセットに録音して毎日のようにドライブの時にカーステで聴いてました。

4曲目の「Hungry Like The Wolf」は全米2位の大ヒット曲となりましたが、
僕はオープニングナンバーでアルバムタイトルでもある「Rio」がイチオシ。
今でもこの曲を聴くと夏の強烈な日差しを感じます。
今年の夏は暑く、明るい、ハジけた夏になってくれる事を願っています。

1. Rio
2. My Own Way
3. Lonley In Your Nightmare
4. Hungry Like The Wolf
5. Hold Back The Rain
6. New Religion
7. Last Chance On The Stairway
8. Save A Prayer
9. The Chauffeur

今年の年始は近所の神社へ家族と犬を連れて初詣に行きましたが、
コロナ自粛の為か例年のような混雑もなく、スムーズにお参りが出来ました。
初詣に関してだけは今後もこのくらいがイイっすね~。

The Best of Both Worlds (2004)  VAN HALEN

2020年10月07日 20時38分55秒 | 西京極サウンド
今朝、訃報が届いた。
エドワード・ヴァン・ヘイレンが天に召されたのだ。享年65。
以前から癌で闘病中とは聞き及んでいたので驚きはしなかったが、
「嗚呼…遂にか」という寂しさがあった。

思えば僕とヴァン・ヘイレンとの出会いは
キンクスの名曲をカバーした「You Really Got Me」だった。
キンクスVer.より明らかに派手でポップで、特にエディのギターはインパクトがあった。
どんなイカつい兄ちゃんが弾いているんやろうと思ったら、
後に「Jump」のPVで画面横からちょろっと顔を出す
お茶目でニコニコ笑顔のギタリストがエディだと知る。
サウンドとプレイヤーとのギャップに当時はかなり驚いた。

一時モメて脱退したデイヴがヴォーカルに復帰し活動再開したヴァン・ヘイレンが
2014年に出したオリジナルアルバム「A DIFFERENT KIND OF TRUTH」がエディ最後の…
いや(おそらく)ヴァン・ヘイレン最後のアルバムになろうとは…残念だ。

エディの死を悼み、彼の功績を振り返る意味で
今回はヴァン・ヘイレンのCD2枚組ベストアルバムを紹介したい。

【DISK1】
 01. Eruption
 02. It's About Time
 03. Up For Breakfast
 04. Learning To See
 05. Ain't Talkin' 'Bout Love
 06. Finish What Ya Started
 07. You Really Got Me
 08. Dreams
 09. Hot For Teacher
 10. Poundcake
 11. And The Cradle Will Rock...
 12. Black And Blue
 13. Jump
 14. Top Of The World
 15. (Oh) Pretty Woman
 16. Love Walks In
 17. Beautiful Girls
 18. Can't Stop Lovin' You
 19. Unchained

【DISK2】
 01. Panama
 02. Best Of Both Worlds
 03. Jamie's Cryin'
 04. Runaround
 05. I'll Wait
 06. Why Can't This Be Love
 07. Runnin' With The Devil
 08. When It's Love
 09. Dancing In The Street
 10. Not Enough
 11. Feels So Good
 12. Right Now
 13. Everybody Wants Some!!
 14. Dance The Night Away
 15. Ain't Talkin' 'Bout Love (Live)
 16. Panama (Live)
 17. Jump (Live)

MAGIC MONKEY (1978)  Godiego

2020年05月13日 20時01分55秒 | 西京極サウンド
5/12、ゴダイゴの元ギタリスト浅野孝己氏が亡くなった。享年68。
天寿というには早過ぎる死である。

思えばこの『MAGIC MONKEY』というアルバムを聴いた時、
TVドラマ『西遊記』のサントラという扱いだったにもかかわらず、
ゴダイゴのサウンドにはドラマの世界観を遥かに超えた広がりと無国籍感があった。
全曲完全英語歌詞。
1曲目インストからの『西遊記』オープニングのハイスピードロック「MONKEY MAGIC」。
そして続く2曲目がエンディング曲のバラード『ガンダーラ』。
この2曲でゴダイゴのバリエーションの広さを見せつけてくれる。

タケカワユキヒデのボーカルは日本人離れしたネイティヴな発音で英語歌詞を歌い、
ミッキー吉野の創造した曲もワールドワイドに通用するクオリティだった。
当時の日本のバンドで世界に挑戦出来そうだったのはラウドネスとこのゴダイゴくらい。
X-JAPANなんてまだ存在もしてなかった(はず)。
その偉大なゴダイゴのオリジナルメンバーだったのが浅野サンだった。
彼もまた世界に通用するギタリストの一人だった。
ご冥福をお祈りしたい。

1. THE BIRTH OF THE ODYSSEY~MONKEY MAGIC
2. GANDHARA
3. ASIATIC FEVER
4. WE'RE HEADING OUT WEST TO INDIA
5. THANK YOU, BABY
6. STEPPIN' INTO YOUR WORLD
7. HAVOC IN HEAVEN
8. DRAGONS AND DEMONS
9. A FOOL !
10. FLYING
11. CELEBRATION