西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

変な絵  雨穴/著  双葉社

2022年12月04日 16時49分51秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
見れば見るほど、何かがおかしい?とあるブログに投稿された『風に立つ女の絵』、消えた男児が描いた『灰色に塗りつぶされたマンションの絵』、山奥で見つかった遺体が残した『震えた線で描かれた山並みの絵』…。いったい、彼らは何を伝えたかったのか  。9枚の奇妙な絵に秘められた衝撃の真実とは!?その謎が解けたとき、すべての事件が一つに繋がる!今、最も注目を集めるホラー作家が描く、戦慄のスケッチ・ミステリー!

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆☆★★
  独創性 ☆☆☆★★
 読み易さ ☆☆☆☆★

【西京極の読後感想】
変な家』に続く雨穴さんの小説第2弾。今回はホラーというより純粋に推理ミステリー。落書きレベルのスケッチだが、そこに秘められた謎はなかなかよく考えられている。時系列を前後入れ替えたエピソードで構成されている為にちょっと読む時混乱した。オチへの持って行き方にやや強引さも感じるが、ボリューム的にはダレなくて丁度いい。雨穴さんの次回作が楽しみになってきた。YouTube動画の方も期待してます。

P.S.:
ほとんど同じ装丁なのに出版元が『変な家』の飛鳥新社からなぜか双葉社に変更されてる…。大手出版社に目をつけられた…ってコトか?目敏いな双葉社w

人気ブログランキングへ

変な家  雨穴/著  飛鳥新社

2022年11月28日 19時44分57秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
謎の空間、二重扉、窓のない子供部屋  間取りの謎をたどった先に見た「事実」とは!?知人が購入を検討している都内の中古一軒家。開放的で明るい内装のごくありふれた物件に思えたが、間取り図に「謎の空間」が存在していた。知り合いの設計士にその間取り図を見せると、この家はそこかしこに「奇妙な違和感」が存在すると言う。不可解な間取りの真相は!?突如消えた「元住人」は一体何者!?本書で全ての謎が解き明かされる!

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆★★★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆☆

【西京極の読後感想】
ちょっと前に知ったYouTuberホラー作家・雨穴(うけつ、と読む)さんの小説第1弾。序盤部だけがYouTube動画になっていて、コレが面白い!その続きが小説になっていると知り、読みたくて購入。当初は謎の設計士・栗原サンの妄想レベルの推理なのが徐々に話が広がってくいく展開。真相は二転三転した挙句、最後にもう一つどんでん返しアリ。動画に比べると文章だとちょっと地味な気もしますが、文章に変なクセもなく1日で一気読み出来ます。書籍化第2弾となる『変な絵』も同時購入したので、続けて読みます。人怖ホラー好きな方にオススメ!

人気ブログランキングへ

ホモ・デウス(上・下) ユヴァル・ノア・ハラリ/著  河出書房新社

2022年11月17日 22時57分38秒 | 西京極の本棚
     
【紹介文】
超ベストセラー『サピエンス全史』に続く第2弾。神を目指した人間の未来を描く必読の書。著者による緊急寄稿「文庫版への序文」を巻頭に掲載!コロナ・パンデミックやロシアによるウクライナ侵攻も含め、私たちはすでに「未来」に足を踏み入れている。近い将来に起こることを歴史から読み取り、今現在私たちがどこにいて、どこに向かっているのかを教えてくれる衝撃の一冊。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
  実用性 ☆☆☆☆★
  独創性 ☆☆☆☆☆
 読み易さ ☆☆☆★★

【西京極の読後感想】
上巻では人類誕生以来の懸案であった「飢饉」「疫病」「戦争」を克服し、次のステージへ進化する為の目標を「不死」「幸福の追求」「神性の獲得」に設定するだろうと提言する。このうち「不死」は医学やバイオテクノロジーの進歩を考えれば当然と言えば当然だが、「幸福」とか「神」とかは抽象的な存在だし、その認識も個人差があるので人類全体の目標と言うにはちょっと無理がある気がする。本作でも「幸福とは何か?」から始まり、下巻で「魂の存在は証明できるのか?」や「宗教とは何か?」などを著者独自の解釈で説明されているが、結局は「本当のところは解らない」という結論。そこはがっかり。でも「宗教は人間が他の動物を家畜化する為の方便である」という解釈は目からウロコ。

人気ブログランキングへ

ほねがらみ  芦花公園/著  幻冬舎

2022年09月05日 17時42分57秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
「今回ここに書き起こしたものには全て奇妙な符合が見られる。読者の皆さんとこの感覚を共有したい」  大学病院勤めの「私」の趣味は、怪談の収集だ。知人のメール、民俗学者の手記、インタビューの文字起こし。それらが徐々に一つの線でつながっていった先に、私は何を見たか!?「怖すぎて眠れない」と悲鳴が起きたドキュメント・ホラー小説。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆★★★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆★

【西京極の読後感想】
大学病院勤務の医師「私」の元に集まる色々なホラー話がとりとめもなく並べられる前半と、「私」がそのホラー話の原点を探っていく後半という構成。個々のエピソードは奇妙で、四肢を切断して埋葬するという恐ろしい設定もいいのだけれど、最後の最後まで明確な謎解きはされることないところがスッキリ出来ず不満。まぁオカルトなんて説明がつかないから怖いってところもあるけど、小説でそれをそのまんまやられるとちょっとイヤだな。

人気ブログランキングへ

野良犬の値段(上・下) 百田尚樹/著 幻冬舎

2022年08月13日 22時03分58秒 | 西京極の本棚
     
【紹介文】
突如ネット上に現れた謎の「誘拐サイト」。誘拐されたのは、身寄りのない六人のみすぼらしいホームレスだった。果たしてこれは事件なのか、イタズラなのか。半信半疑の警察、メディア、ネット住民たちを尻目に「誘拐サイト」はなんと、被害者たちとは何の関係もない、大手メディアに身代金を要求する。前代未聞の「劇場型」誘拐事件が幕を開ける!

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆★★★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆★

【西京極の読後感想】
ホームレスを人質に脅迫されたら日頃人道主義を声高に謳うマスコミがどう振る舞うかを、小説というスタイルでシュミレーションする。過去さんざん攻撃されてきた著者のマスコミに対する意趣返しでもあるのだろうが、その着想は素晴らしい。だが、どうにも犯人側を取り巻く設定が整い過ぎててリアリティが薄く感じてしまう点がとても残念。そういうのを気にしないならミステリーとしては楽しめます。

人気ブログランキングへ