西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ずうのめ人形  澤村伊智/著  角川書店

2018年10月18日 21時07分27秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
不審死を遂げたライターが遺した謎の原稿。オカルト雑誌で働く藤間は後輩の岩田からそれを託され、作中の都市伝説「ずうのめ人形」に心惹かれていく。そんな中「早く原稿を読み終えてくれ」と催促してきた岩田が、変死体となって発見される。その直後から、藤間の周辺に現れるようになった喪服の人形。一連の事件と原稿との関連を疑った藤間は、先輩ライターの野崎と彼の婚約者である霊能者・比嘉真琴に助けを求めるが  !?

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆☆★★
  独創性 ☆☆☆★★
 読み易さ ☆☆☆☆★

【西京極の読後感想】
ぼぎわんが、来る』が面白かったので、すかさず読んだ2作目ですが…アレ?ちょっと期待外れ?ボリュームが1.5倍になった分、展開は遅くなったし、話の密度も希釈された印象。『ぼぎわん~』は確かにオカルトだったけど、本作はどちらかというと推理サスペンス。と言うのも、オカルト要素である呪いの仕組みはかなり曖昧で、お話のキモが呪いを放った犯人探しになっているから。要するに僕の期待した内容じゃなかったって事。それにしてもこの小説の中で『リング』が既に古典ホラー扱いになっていて「ああ、もうそういう時代になったのかぁ」と思ってしまいました。

人気ブログランキングへ
コメント

ぼぎわんが、来る  澤村伊智/著  角川書店

2018年10月06日 10時08分50秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
“あれ”が来たら、絶対に答えたり、入れたりしてはいかん  。幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。それ以降、秀樹の周囲で起こる部下の原因不明の怪我や不気味な電話などの怪異。一連の事象は亡き祖父が恐れた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのか。愛する家族を守るため、秀樹は比嘉真琴という女性霊能者を頼るが…!?全選考委員が大絶賛!第22回日本ホラー小説大賞“大賞”受賞作。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆☆☆★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆☆

【西京極の読後感想】
12月公開予定の中島哲也監督作映画『来る』の原作ホラー。人を泣かせるのは容易く、笑わせたり、怖がらせるというのは結構難しい、と僕は思っている。その点、この小説は見事に怖い。特に序盤は気味悪く怖い。言葉の選び方が怖い。そして三部構成という構造も良い。一つの事象に対して三人の登場人物各々の視点で語らせる事で心のズレを読み手に感じさせてくれる。魔はその心のズレ  隙間に忍び込んでくるのだ。世の旦那サマ方、解っているつもりの奥方やお子さんの本当の気持ちなんて…解ってないカモよ。僕自身そう思っちゃうから尚更怖い  そんな小説。

人気ブログランキングへ
コメント

コンビニ人間  村田沙耶香/著  文藝春秋

2018年09月28日 22時06分29秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
「いらっしゃいませー!」お客様がたてる音に負けじと、私は叫ぶ。古倉恵子、コンビニバイト歴18年。彼氏なしの36歳。日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる。ある日婚活目的の新入り男性・白羽がやってきて…。現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆☆☆★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆☆

【西京極の読後感想】
過去、芥川賞受賞した小説をいくつか読んだが、イマイチ面白さが解らなかった。又吉直樹の『火花』も読み易くはあったが、本作の方が読後感が良い。“普通”という名の同調圧力に苦しむ主人公・古倉サン。彼女の様な人は実際にいそうだ。そして自分の抱く不満をすべて社会や他人のせいにするダメ男・白羽みたいな人もいる。最初から最後まで「古倉サンがんばれ!世間に負けるな!」と思いつつ、一方で「こんな人生でなくて良かった」と思ってしまう自分にちょっと嫌悪感も…(苦笑)

人気ブログランキングへ
コメント

サイコパス  中野信子/著  文藝春秋

2018年09月25日 21時48分17秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
とんでもない犯罪を平然と遂行する。ウソがバレても、むしろ自分の方が被害者であるかのようにふるまう……。脳科学の急速な進歩により、そんなサイコパスの脳の謎が徐々に明らかになってきた。私たちの脳と人類の進化に隠されたミステリーに最新科学の目で迫る!

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
  実用性 ☆☆☆★★
  独創性 ☆☆☆★★
 読み易さ ☆☆☆☆★

【西京極の読後感想】
以下、本書で紹介されるサイコパスの特徴。外見や語りは魅力的。恐怖や不安を感じにくく、常に堂々としている。一般的な倫理感を持たない。常習的に嘘をつき、話を盛る。飽きっぽく、物事を最後までやり遂げるのが苦手。傲慢で尊大、批判されても気持ちが折れず、懲りない。人当たりは良いが、他者に対する共感性が低い。コレ、どっかのプロサッカークラブの強化部長サンの事ですね(笑)およそ100人に一人の割合でサイコパスは存在するらしい。さらにサイコパスには「勝ち組」と「負け組」があって、負け組サイコパスはすぐに犯罪がバレて捕まるが、勝ち組サイコパスは社会的に成功してサイコパスだと気付かれないらしい。強化部長サンは勝ち組サイコパスですか?

人気ブログランキングへ
コメント

巨神覚醒(上・下)  シルヴァン・ヌーヴェル/著  東京創元社

2018年09月18日 22時10分42秒 | 西京極の本棚
       
【紹介文】
ロンドン中心部に突如現れた、第二の巨大ロボット  あれから9年、ついに恐れていた事態が現実になったのだ!6000年前、地球に巨大ロボット・テーミスを残していった異星種族のものであるのは間違いない。圧倒的な存在を前に、人類の命運はテーミスを擁する国連地球防衛隊に託された…。原稿段階で映画化決定のデビュー作『巨神計画』待望の続編、空前のスケールで登場!(和訳:佐田千織)

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆☆☆★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆☆

【西京極の読後感想】
『巨神計画』三部作の二作目。前作同様、大半がインタビュー形式である為、読み易く没入感がある。今作では異星人側の巨大ロボットが大挙襲来し、人類を抹殺しようとするスペクタクルな展開なのだが、その方法がスゴく地味。さらにこの敵ロボットを人類が撃退する方法がさらに地味(苦笑)でも下巻ラストが次回作への導入になっているので、早く読みたい!(でも日本語版の刊行は来年以降になりそう…うううっ)

人気ブログランキングへ
コメント