西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

流浪の月  監督/李相日

2022年05月27日 22時24分44秒 | 西京極シネマ
【主演】
 広瀬 すず
 松坂 桃李
 横浜 流星
 多部 未華子

【ストーリー】
ある日の夕方、雨の公園でびしょ濡れになっていた10歳の少女・家内更紗に、19歳の大学生・佐伯文が傘をさしかける。更紗は家に帰りたがらず、文は彼女を自宅に連れて帰る。更紗はそのまま2カ月を文の部屋で過ごし、やがて文は更紗を誘拐した罪で逮捕される。“被害女児”とその“加害者”という烙印を背負って生きることとなった更紗と文は、事件から15年後に再会するが…

【西京極の評価】
月はいつも天空を規則正しく動いている(実際は地球の方が回ってるんだが…)。なのにどこか月という存在は頼りな気で、居場所なく浮かんでいる様に見える。そんな儚げな月と、世間から弾き出された主人公・更紗と文の二人を重ねたタイトルは秀逸。世間から見れば異常者であっても、視点を変えてみると自分たちの方が歪で非人間的に映る事もある。すべてを解決するような答えはないけれど、ただ黙って寄り添ってくれる人がいるだけで心が軽くなる。そんなぼんやりした月のような感想を抱く映画でした。難しい役を演じ切ったすずチャンと桃李クン、良い役者になったな。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

乱丸(上・下)  宮本昌孝/著  徳間書店

2022年05月27日 22時23分48秒 | 西京極の本棚
     
【紹介文】
猛将・森三左衛門の三男として美濃・金山城に生をうけた森乱丸。それは織田信長が天下布武を決意した年のことだった。やがて才気溢れる若者に成長した乱丸は、天下人を目指す信長の側近くに小姓として侍ることになる。魔王の覇道を共に歩む近習衆、そして名だたる戦国武将たち。美しき若武者の目に映じた彼らの姿と心の裡とは…。主君の大望を果たすため、乱丸は自らの命を賭ける!

【総合評価】 ☆☆★★★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆★★★
  独創性 ☆☆★★★
 読み易さ ☆☆☆☆★

【西京極の読後感想】
本能寺の変で信長と死を共にした小姓頭・森蘭丸。その生涯を彼の視点から描いた小説ですが…あまりにも信長の所業を全肯定する姿勢に「虎の威を借る狐」的な嫌味を感じてしまった。何をやってもすべてソツが無さ過ぎる。そのキャラ造形は主人公の魅力を減退させている様に思えてならない。宮本昌孝の過去作ではもっと主人公に隙があってそれが愛嬌になっていたんだけど、本作はソレがなかった。脇役として石川五右衛門が出て来るが、ソレも活かしきれてないと思った。残念。

人気ブログランキングへ

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー 監督/曽利文彦

2022年05月26日 22時17分01秒 | 西京極シネマ
【主演】
 山田 涼介
 本田 翼
 新田 真剣佑
 舘 ひろし

【ストーリー】
亡き母に会いたい一心で錬金術最大の禁忌である人体錬成に挑んで失敗し、失った体を取り戻すため旅を続ける兄弟エドとアル。彼らが訪れたセントラルでは、国家錬金術師ばかりを狙った殺人事件が相次いでいた。犯人は額に十字傷を持つことから「傷の男(スカー)」と呼ばれている。エドとアルも命を狙われ応戦するが、圧倒的な強さを誇るスカーにオートメイルを破壊され絶体絶命に追い込まれてしまう。

【西京極の評価】
前作からなんと丸4年が経過しての続編公開。う~ん、さすがに時間経ち過ぎでは?前作ではぎりぎりエド役を演れた山田涼介もウィンリー役の本田翼も歳食ってちょっとキビシくなってる。にもかかわらず、それ以外のキャラも原作コミックに外見を寄せようとし過ぎている。そのせいで真面目なドラマが新春かくし芸大会みたいになって頭に入って来ない。お話も盛り込んだ割にほとんど進んでないし、終わり方も唐突。つづく完結編『最後の錬成』を観るまでは一本の映画として評価も出来ないな。

【総合評価】 ☆☆★★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆★★★
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆★★★

人気ブログランキングへ

やっぱJ1で勝つって大変だな~

2022年05月25日 21時55分58秒 | サンガ雑記
このところ勝てなくて、序盤の貯金を少しづつ取り崩している状況のサンガ。
なんとか今の順位に踏み止まってもらいたいところだけど、
折り返しまでの残り3試合はすべて上位クラブとの対戦ばかり…コレは厳し~いっ!

ミッドウィークのアウェイゲームで今回対戦するのは現在3位のマリノス。
ツバ吐き事件で出場停止のA・ロペス抜きでも、強い。
その相手から勝ち点をもぎ取りたいが…


J1リーグ第15節 at.ニッパツ三ツ沢球技場
横浜M2-0京都
【京都得点者】 なし


本日、自宅にてDAZN観戦。
スタメンにはオギが復帰し、ワカがゴールマウスを守る布陣。
前半マリノスに攻められまくるもワカが好セーブで耐える。
前半をスコアレスで凌ぎ切りたかったところ、41分に失点。
後半メンディを入れて3バックにシステム変更。それでも流れを引き寄せられず。
2点目を奪われてから、カードを切り終えたマリノスに負傷退場者が出て
数的有利になっても反撃は出来なかった…

スコア以上に力の差を感じる試合内容だった。
これがあと2試合続くと思うと…う~んツラい。

人気ブログランキングへ

戦国武将のお宅訪問 55 - 毛利輝元 / 広島城 -

2022年05月24日 18時04分33秒 | お城探訪
サンガ12年ぶりのJ1復帰で、待ちに待った広島遠征。試合の方は…デシタが、試合後ちょっと広島市街へ寄り道して久々のお城巡りに行きました。広島城は、中学校の卒業旅行で友人と一緒に来て以来今回が2度目です。

この広島城。戦国時代の中国の覇者・毛利氏の本拠として文禄元年(あるいは慶長4年とも言われる)に当時の当主であった輝元が築いた平城。なのですが、築城途中で起きた関ケ原の合戦で西軍についた毛利家は敗者となり、勝者・徳川家康の命で長門・萩への転置減封。築城作業は毛利氏の後に入国した福島正則に引き継がれ、正則が近世城郭としての広島城を完成させました。その正則も幕府の許可を得ず石垣修復した咎を受け、領地没収。以後、浅野氏が安芸国・広島城に入り、明治維新を迎える事となります。


これが平成元年から3年かけて復元された二の丸の建物群で城跡の東南角に位置する平櫓。案内板を見ても解かりますが、二の丸自体が本丸を防御する“出丸(馬出)”の形になっているのが特徴。

その二の丸エリアへ入る為の御門橋。それを渡った先には表御門があります。今、広島城内には門はコレしかありませんが、元は十二の門があったそうです。
御門橋の先には表御門
表御門を潜って右手に平櫓や多聞櫓、太鼓櫓などの復元建築物内部を見学出来る出入口があります。ココは無料。
平櫓内は畳敷き
多聞櫓内に展示されていた鯱レプリカ
太鼓櫓は一階部分は見学出来ましたが、二階には上がれず。階段の脇に太鼓だけが置かれていました。


太鼓櫓から二の丸跡を臨む。

二の丸跡には番所跡やら馬場跡やらがありました。
二の丸広場から見た太鼓櫓

二の丸広場から本丸エリアへ渡る。途中には立派なユーカリの樹がありました。このユーカリ、被爆しているらしい。すごい生命力。

本丸内には護国神社があって、ここの狛犬(?なのかそうでないのか?)がちょっと変わってて、頭にツノが生えてます。護国神社を通り過ぎ、イイ感じの公園を抜けると天守が見えてきます。(記事冒頭の写真)

太平洋戦争まで現存していた旧広島城天守は国宝に指定されていましたが、言うまでもなく広島に原爆投下された際、天守は石垣を残して跡形もなく吹っ飛んでいます。(あ~戦争はイヤだ、イヤだ!)現在の天守は旧天守の意匠を忠実に再現はしていますが鉄筋コンクリート製。五層望楼型の外観はどことなく大坂城に似ていて僕好み。漆喰部分より板張り部分の方が多く、大坂城に比べるとシブいが、ソレもイイ。

天守内部は甲冑や書画・刀槍など工芸品、さらに広島城の歴史を解説する資料などが展示されていました。基本的には全館撮影禁止でしたが、唯一撮影可だったのが上のゆるキャラ“しろうニャ”の展示スペース。なんでネコなのかは不明。天守に入るのは有料で大人370円。65才以上のシニアと高校生は180円で中学生以下は無料。

天守の最上階から南西方向を臨む。マンションの先に立ち並ぶタワークレーン群がありますが、ココは広島カープの昔の本拠地・広島市民球場跡で、今建築しているのは2024年春完成予定の新サッカー専用スタジアム。完成した暁には是非遠征したい!っていうか、その時までJ1に残留し続けねば!!


城見学を一通り終えて帰る途中にあったのは、所得倍増計画をブチ上げた地元広島出身の政治家・池田勇人の銅像。同じ広島出身の総理大臣としてキッシーもココに銅像建てて欲しいのかにゃ?減税してくれたら建ててもらえるかもしれにゃいにょww

復元された多聞櫓と太鼓櫓を堀の外から臨む

5/21 第14節 サンフレッチェ広島戦(広島・エディオンスタジアム広島)

2022年05月22日 10時13分15秒 | サンガ観戦レポート2022
これがJ1の厳しさ…紫ダービー完敗

完全ターンオーバーで臨んだルヴァン杯予選グループ最終節、大吾のアシスト&大前クンのゴールでプレーオフ進出を果たしたサンガだが、リーグ戦ではここ4試合勝ちから遠ざかっている。幸い守備は安定してきているので、あとは得点力。ここらでサンガFW陣の奮起に期待したい。

今節アウェイで対戦するのは現在6位のサンフレッチェ広島。試合会場となる通称ビッグアーチ(現・エディオンスタジアム広島)に行くのは12年ぶり。調べてみると前回遠征した時はテッシー(現・サンガU-15監督の手島和希)の現役最終戦やった。時の流れを感じるわ~。サポ仲間のMクンの車で朝6時に京都を出発。途中事故渋滞に2度ほど巻き込まれつつも入場開始1時間前の午前10時にスタジアム到着。共に紫がチームカラーのクラブ同士の対戦ということで、スタジアム周辺はどこもかしこも紫ユニだらけ。なんだかアウェイ感がなくて落ち着くな~(笑)

【サンガのスタメン】
 GK: 上福元
 DF: 白井、アピアタウィア、麻田、荒木
 MF: 武田、川﨑、松田
 FW: 宮吉、ウタカ、武富
SUB: 若原、井上、福岡、金子、山﨑、豊川、大前

スタメンは、カップ戦で良かった大吾が左アクセルに入った以外リーグ前節・清水戦のまんま。同じくカップ戦で結果を出した元紀と慎平はベンチスタート。カップ戦で予選突破した勢いをリーグ戦でも見せてくれるだろうか?

「今日こそは勝利を!」と期待するサンガサポ

【試合感想】
そんな淡い期待は試合開始5分で粉砕された。GK上福元の前線へのフィードを相手に跳ね返されるとそのままカウンターの形にされ、広島MF満田にハイラインの裏に抜け出され、そのままゴール。26分にも最終ラインの裏にパスを通され、サントスに決められ2点差に。あ…あかん。

とにかく前半は広島にいいようにやられた。まず前でプレスがかからない。プレスには行っているが、ほぼ相手に躱されてしまう。そしてサンガのハイラインの裏スペースにボールを放り込まれる。必然的に守備ラインは下がり、間延びする。すると前線に人数が不足してさらにプレスがかからなくなるという悪循環に陥っていた。前半はほとんどチャンスを作れず、42分に武富のシュートが決まったのが唯一の見せ場と言っていい。

さすがに「こりゃマズい」と思ったのかキジェさんはハーフタイムで3枚替え。黎生人をDFラインに組み込んでアピ、将吾、黎生人の3バックに。コレが功を奏して後半は守備が安定した。しかし攻撃の方は相変わらず。ウタカには3人がかりでマークがついているし、ミヤに代わった豊川は復帰明けで試合勘が鈍っているのかボールが足につかず、後半28分に投入した元紀もチャンスメイクまでは出来てもシュートには至らず。後半にも広島にゴールを許し、為すところなく敗戦を喫した。

【試合後】
広島には格の違いを見せつけられた。これがJ1とJ2の差なのか…そう思い知らされた試合内容だった。サンガが目指すサッカーをJ1で完遂するには攻撃面でも守備面でもより精度を上げていく必要がある。リーグ戦折り返しまで残る対戦相手はマリノス、フロンターレ、アントラーズ、すべて優勝を狙う上位クラブだ。相当の覚悟と気概を持って戦わなければ勝ち点1さえ奪えない。逆にここで勝ち点をもぎ取る事が出来れば…リーグ後半に向け自信となるのだが。
僕らとしては選手の奮起を信じるしかない


【試合結果】 広島3-1京都

【観客数】 7,165人(サンガサポは結構来てたけど…メインもバックスタンドもガラガラ)

【得点者】
 広島 : 満田5、ジュニオール・サントス26、ナッシム・ベン・カリファ66
 京都 : 武富42

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK: 上福元5.5
 DF: 白井5.5、アピアタウィア5.5、麻田5、荒木5.5
 MF: 武田5(HT 金子5.5)、川﨑5.5(68分 福岡5.5)、松田5(HT 井上5.5)
 FW: 宮吉5(HT 豊川5)、ウタカ5.5、武富5.5(68分 大前5.5)

【今日の私的MOM】
 アピアタウィア 久 : 3失点もアピ一人は安定した守備が出来ていた


不甲斐ない試合内容でごめんなさい…な選手たち
人気ブログランキングへ

やった~っ!!!!!

2022年05月18日 22時01分41秒 | サンガ雑記
ルヴァン杯予選グループリーグ突破のかかる一戦。
本来なら会社をズル休みしてでもアウェイ遠征したいところですが、
さすがにそうもいかず、遠征断念。
その上、試合時間は用事があって試合経過を確認出来ず…
用事を済ませて自宅へ戻ってから試合結果を恐る恐る確認。


ルヴァン杯グループC予選リーグ第6節  at.三協フロンテア柏スタジアム
0-1京都
【サンガ得点者】 大前73


か…勝った~っ!!!
予選リーグ突破や~っ!!!!
やった~っ!!!
やった~っ!!!
元紀、仕事したな~っ!!
アシストは大吾か~っ!キミもようやったな~っ!

これでサンガの属するCグループの順位が確定した。

1 京都 勝ち点10
2 札幌 勝ち点8
3 柏  勝ち点8
4 鳥栖 勝ち点6


サンガ、グループ首位でプレーオフステージ進出!
得失点差が-3なのはご愛嬌w
プレーオフステージで対戦するのは…Bグループ2位の名古屋かな?
楽しみだ。

柏遠征されたサポのみんな、お疲れ様でした!
久しぶりの勝ち試合の味はどうでしたかね~?羨ましいな~!
勝ちの喜びを噛みしめつつ気をつけて帰ってきてくださいませ!

死刑にいたる病  監督/白石和彌

2022年05月17日 20時50分12秒 | 西京極シネマ
【主演】
 阿部 サダヲ
 岡田 健史
 岩田 剛典
 中山 美穂

【ストーリー】
鬱屈した日々を送る大学生・雅也のもとに、世間を震撼させた連続殺人事件の犯人・榛村から1通の手紙が届く。24件の殺人容疑で逮捕され死刑判決を受けた榛村は、犯行当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよく店を訪れていた。手紙の中で、榛村は自身の罪を認めたものの、最後の事件は冤罪だと訴え、犯人が他にいることを証明してほしいと雅也に依頼する。

【西京極の評価】
見事な脚本にまんまとミスリードされました。主人公・雅也と一緒にヒトの心の闇の深淵を覗き込んだ気持ちになりました。阿部サダヲ、怖い。劇中でまったく目に光無く薄っすらと笑みを浮かべる顔が本当に怖い。共演のEXILEガンちゃんも、ミポリンも、アイドル時代のオーラを完全に消しての鬱演技に息を飲みました。スタッフクレジット観なきゃガンちゃんやミポリンって気づかないかも…(苦笑)イヤミスがお好きな方は是非ご覧下さい!

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

5/14 第13節 清水エスパルス戦(京都・サンガスタジアム)

2022年05月14日 22時27分29秒 | サンガ観戦レポート2022
互いにフィニッシュに精度欠き、悔しいドロー

GW3連戦、1分2敗と苦戦中。順位もじわじわと下降して現在10位。オギと颯太の離脱が影響しているとは言え、これ以上順位を落としたくない。J1残留の目安である「試合数<勝ち点」の法則から言っても、上位クラブとの対戦を残すサンガとしてはここらで勝ち点を積み上げておきたいところである。

今節ホームに迎えるのは清水エスパルス。現在リーグ14位ながら過去の対戦成績ではサンガの5勝3分19敗と大きく負け越している相手。メンバーも違うし、キジェ監督になってからのスタイルも違うので過去の戦績は関係ないって言いたいが、不思議とチーム間の相性って継承されるんだよね。なので、今回勝って嫌なイメージを払拭したい。

昨晩から明け方にかけて降っていた雨は上がり、亀岡に着いた頃には日差しがあって暑いくらい。駅北広場のかめおかマルシェもいつもの五割増しくらいの人出で賑やかだ。オレンジユニも多く、エスパルスサポのこの試合に懸ける気持ちの強さを感じます。

【サンガのスタメン】
 GK: 上福元
 DF: 白井、アピアタウィア、麻田、荒木
 MF: 武田、川﨑、松田
 FW: 宮吉、ウタカ、武富
SUB: 若原、本多、長井、井上、中野、山田、山﨑

非常に期待したくなるスタメンである。怪我で離脱していた颯太と武富がいきなりスタメン。前節最終ラインで存在感を示したアピは将吾と最終ラインを組む。そして左アクセルの大吾。彼の出来が試合の行方を左右しそうな気がする。

【試合感想】
その大吾、今日はしっかり守備が出来ている。ただプレーの比重が守備に偏った分、攻撃に回った時の迫力に欠けるか。この辺は評価が難しい。中盤ではやはり颯太が入ったおかげでかなり球際のインテンシティが高くなっている。奪われたら奪い返す  そのその意識はプレーから伝わって来る。

その一方で攻撃面では物足りなさがあった。ウタカにはなかなか良いボールが入らず、ミヤも武富も相手BOX内では仕事らしい仕事をさせてもらえない。試合はお互いに決定機を決めきれず前半をスコアレスで折り返す。

そしてこのところサンガの失点が続く後半開始15分。個人的にはこの時間帯を守りきれば流れは必ずこちらへ引き寄せられると思っていたので、この時間帯をゼロで乗り切ったのは大きかった。

後半、両軍共に交代カードを切り、主導権を奪い合う展開が続くが、もう一歩が届かない。サンガは武富に代えて出場したU-21代表キャンプ帰りの楓喜が何度かチャンスを演出するが、最後のところが上手くいかない。最終盤でウタカからのスルーパスに抜け出した決定機、楓喜がシュートを外す。これには思わず頭を抱えた。これは決めないと…

【試合後】
試合はお互いにチャンスをモノに出来ず、悔しい悔しいスコアレスドローとなった。なにせシュートが少ない。ボールを大事にし過ぎている気がした。遠目からでももっとシュートを撃っても良かったのではないだろうか?

いずれにせよこれでリーグ戦5試合、ルヴァン杯を入れれば7試合勝ちがない状態。まだ残留や降格、順位を気にする時期ではないかもしれないが、
ちょっと心配になってきたぞ


次、勝とう!次っ!

【試合結果】 京都0-0清水

【観客数】 12,398人(4千人無料招待で来られた皆さん、今度はお金払って来てね♪)

【得点者】 なし

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK: 上福元6
 DF: 白井5.5(82分 長井5.5)、アピアタウィア6、麻田6、荒木5.5(61分 本多5.5)
 MF: 武田5.5、川﨑6(61分 井上5.5)、松田5.5
 FW: 宮吉5.5(82分 山﨑5)、ウタカ5.5、武富5(73分 山田5.5)

【今日の私的MOM】
 上福元 直人 : 集中力切らさず枠内シュートはほぼ防ぎ切った

人気ブログランキングへ

ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス(吹替版) 監督/サム・ライミ

2022年05月13日 20時04分21秒 | 西京極シネマ
【主演】
 ベネディクト・カンバーバッチ(スティーヴン/声:三上哲)
 エリザベス・オルセン  (ワンダ/声:行成とあ)
 ソーチー・ゴメス    (アメリカ/声:鬼頭明里)
 レイチェル・マクアダムス(クリスティーン/声:松下奈緒)
 ヴェネディクト・ウォン (ウォン/声:田中美央)

【ストーリー】
マルチバースの扉を開いたことで変わりつつある世界を元に戻すため、アベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチに助けを求めるストレンジ。しかし、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類に迫っていた。その脅威の存在は、ドクター・ストレンジと全く同じ姿をした、もう一人の自分だった。

【西京極の評価】
鑑賞前、ネット上で「MCUがサム・ライミに死霊のはらわた化されてる!」というレビューが飛び交っていたので、「え、今度のドクター・ストレンジはスプラッタ・ホラーなの?」と思いつつ鑑賞。なるほど禁忌とされる魔導書を巡るストレンジVSスカーレット・ウィッチの戦いの物語なので、設定的に『死霊のはらわた』感はありました。でもホラーっぽくはないし、グロいスプラッターシーンはありません。サム・ライミが監督していても、そこは安定のマーベル映画です。不満点があるとすればワンダの行動動機が男の僕には今一つピンとこなかった所。女性なら共感出来るのかもしれませんが…。アイアンマン亡き後、MCU今後のマッチポンプ役はドクター・ストレンジなんでしょうかね?

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ