西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ボーはおそれている  監督/アリ・アスター

2024年02月21日 23時58分45秒 | 西京極シネマ
【主演】
 ホアキン・フェニックス
 ネイサン・レイン
 エイミー・ライアン

【ストーリー】
日常のささいなことでも不安になってしまう怖がりの男ボーは、つい先ほどまで電話で会話していた母が突然、怪死したことを知る。母のもとへ駆けつけようとアパートの玄関を出ると、そこはもう“いつもの日常”ではなかった。その後も奇妙で予想外な出来事が次々と起こり、現実なのか妄想なのかも分からないまま、ボーの里帰りはいつしか壮大な旅へと変貌していく。

【西京極の評価】
ダメ中年を演じさせれば当代随一の俳優ホアキンと悪夢のような映画を撮らせればこれまた当代随一の監督アリ・アスターがタッグを組んだA24製作の本作。悪夢のような…というより最早悪夢そのものを映像化した作品と言って良いでしょう。誰でもが見る日常で起こった些細な不安事をタネにして肥大化したいつ果てるとも知れぬ悪夢  それも長尺170分の悪夢。観終わったらドッと疲れる。凄い映画だけど一度観たら二度と観たくはない。そんな映画でした。はぁ~、疲れた。もう早よ寝よ。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ 監督/エマ・タミ

2024年02月14日 23時58分46秒 | 西京極シネマ
【主演】
 ジョシュ・ハッチャーソン
 エリザベス・レイル
 パイパー・ルビオ
 マシュー・リラード

【ストーリー】
弟が謎の失踪を遂げ、事件の悲しい記憶から立ち直れずにいる青年マイク。妹アビーの親代わりとして生計を立てるため必死に仕事を探す彼は、廃墟となったレストラン「フレディ・ファズベアーズ・ピザ」の夜間警備員として働くことに。「モニターを監視するだけ」という簡単な仕事のはずだったが…

【西京極の評価】
勧善懲悪というか因果応報、悪いヤツは必ず報いを受けるという昨今では珍しいくらいオーソドックスなホラー映画。ショックシーンやグロ描写はほとんどなく、伏線回収もやや説明不足で中途半端。大人のホラーファンにはやや物足りなさはあるものの、子供に見せても安心なその潔さは見事と言っても良い。まぁ子供に見せるか否かはさておき…続編作る気マンマンですが、果たして実現するのかビミョーなところ。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

2/10 公開トレーニングマッチ AC長野パルセイロ戦(京都・サンガスタジアム)

2024年02月10日 20時52分59秒 | サンガ観戦レポート2024
史上最強のサンガ、ベールを脱ぐ!

沖縄キャンプを終え、地元サンガサポへの初お披露目となるJ3長野を亀岡へ招いての45分×3本勝負のトレーニングマッチ。毎度の事ながら「今年のチームは期待出来るのか?」と期待と不安が半々な気持ちで亀岡へ向かう。今日の試合では大旗持ち込み不可なので、いつもの仕事場であるホームゴール裏とはま反対の東南角のバルコニー席でまったり観戦。

見所は各ポジションでしのぎを削るライバル同士の出来具合。右サイドでは心之助と宮本、左サイドでは鈴木冬一と三竿と響、ボランチでは金子と今季コンバートされた慎平などなど。あと新加入のマルコ・トゥーリオのフィット具合も確認しておきたいな、と。

【試合感想】
1本目:1-0 京都得点者:豊川4
 GK: ソンユン
 DF: 福田、アピ、鈴木義、宮本
 MF: 川﨑、金子、武田
 FW: 豊川、トゥーリオ、原

点差は最小の1だがそれ以上にほぼサンガがピッチ全体を制圧、圧倒していた印象。ほとんどピンチらしいピンチもなく、トヨ&原が無双。将平も運動量が戻っていて調子良さそう。トゥーリオは器用そうだとは思ったが、まだ周囲と噛み合ってない感じ。そこは伸びしろと考えておこう。守備では鈴木義宣がベテランらしく落ち着いてプレー出来ていた。

2本目:4-0 京都得点者:原9、25、平賀37、中野43
 GK: ハーン
 DF: 福田→宮本、アピ→麻田、鈴木義→松田佳、三竿
 MF: 川﨑→谷内田、福岡、武田→中野
 FW: 豊川→平賀、トゥーリオ→一美、原→安齋

あたまから慎平がボランチ、三竿が左サイドに入って2本目スタート。宮本は途中で本職の右サイドで再登場、まずまずの動き。前線では平賀大空が守備に攻撃に顔を出し八面六臂の活躍。期待の安齋クンは積極的に仕掛けるも空回り気味。相手の長野は2本目途中で全メンバー総取っ換えして混乱したのか、終盤に立て続けにサンガにゴールを許す。

3本目:2-3 京都得点者:谷内田20、中野45+3
 GK: 太田→ファンティーニ
 DF: 三竿、麻田→飯田陸、キムラ?
 MF: 平賀、谷内田、中野、佐藤
 FW: 宮吉、山﨑、安齋

3バックにシステム変更して臨んだ3本目。サブと若手で編成したサンガは守備がバタついて連続失点この一本に限って言えば長野に良い様にやられたな。さすがに主力メンバーとの差を感じた。ここが伸びて来ないと長いシーズン厳しくなるぞ、と。ただ来季加入内定の中野瑠馬クンが良い動きで終了間際にはゴールを決めたり、平賀くんがトップ下からボランチまで器用にこなしていて驚いた。今季化ける可能性大。ところで背番号なしユニで奮闘していた(岳志に名を呼ばれていた)謎のディフェンダー「キムラくん」って誰!?


【試合結果】 京都7-3長野

【観客数】 約7,500人

【得点者】
 京都 : 豊川4、原54、70、平賀82、中野88、135+3、谷内田110
 長野 : 安藤113、大野126、近藤135+1

【サンガ選手の個人的評価】
※今回は通常の試合形式ではなかったので仕上がり具合を〇△✕で評価します
 GK: ハーン〇、太田△、ファンティーニ✕、ク・ソンユン〇
 DF: 福田〇、麻田△、松田佳△、アピアタウィア〇、三竿△、宮本△、飯田陸✕、鈴木義〇
 MF: 川﨑△、福岡△、武田〇、安齋✕、金子〇、谷内田△、佐藤△、中野〇
 FW: トゥーリオ△、山﨑△、宮吉△、原〇、一美△、豊川〇、平賀〇
出場無し:塚川、松田天、喜多、鈴木冬、平戸
謎のDF: キムラくん?〇

【本日のTM結果を受けて予想する開幕スタメン】
 GK: ク・ソンユン
 DF: 福田、麻田、鈴木義、鈴木冬
 MF: 川﨑、金子、武田
 FW: 豊川、トゥーリオ、原

人気ブログランキングへ

金で贖える魂などない

2024年02月08日 21時57分53秒 | 日々の雑感
人気漫画『セクシー田中さん』の実写TVドラマ化の騒動は
ドラマ脚本家、TV局、出版社すべてを巻き込んだ挙句
原作者・芦原妃名子さんの自死という最悪の結果を招いてしまった。

ここまで沈黙していた原作マンガの掲載元である小学館編集部が
作者を悼み、事件に向き合う声明文を出した事で騒動は沈静化しつつあるが、
それでもモノ創りを生業とする自分にとって複雑な想いは残る。

もちろん創作というものは自分ひとりで出来るものではない。
しかし創作物の多くはその作者が自分自身を投影し、
自分の経験や人生そのものを削り、魂を搾るようにして創られる。
作品に真摯に向き合う作者の魂がそれに触れた人の心を動かすのだ。
作品は作者の分身であり、魂  心そのものなのだ。

出版社にとってコンテンツは消耗品かもしれないが、作者にとっては違う。
「ドラマ化すれば原作マンガも人気が出てお金も儲かるから良いだろ?」
そんなビジネス視点で己の魂を切り売りできる人も中にはいるかもしれないが、
すべての創作者が金で魂を売る訳ではない。

TV局はともかく、出版社だけは作家に寄り添ってあげて欲しい。
創作者の魂を金で搾取しようとする人たちに対する防波堤であって欲しい。
そして納得のいくまでコミュニケーションを交わして欲しい。
外に向けても、内に向けても。それが出版社の役割だと思う。
作家を愛さない出版社は、読者からも愛されない。

もうこんな悲劇を繰り返して欲しくはない。

心より芦原先生のご冥福をお祈りします。

「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ 監督/外崎春雄

2024年02月05日 22時43分09秒 | 西京極シネマ
【声の出演】
 花江 夏樹(竈門炭治郎)
 鬼頭 明里(竈門禰豆子)
 花澤 香菜(甘露寺蜜璃)
 岡本 信彦(不死川玄弥)

【ストーリー】
鬼殺隊の竈門炭治郎は自分の刀を打ち直すために訪れた刀鍛冶の里で上弦の肆・半天狗の襲撃を受ける。激闘の末、半天狗を倒した炭治郎の前に鬼の弱点である太陽光を克服した妹・禰豆子が現れる。その喜びもつかの間、宿敵・鬼舞辻無惨との決戦に向けて行われる鬼殺隊士たちの過酷な修行  柱稽古が幕を開ける。

【西京極の評価】
TVアニメ『鬼滅の刃』の第4シーズンへのお布施のつもりで鑑賞。「刀鍛冶の里編」はTVで観たし、初公開部分である「柱稽古編」はほんの取っ掛かりのみ。前回の劇場公開と同様、一本の映画としては中盤にクライマックスがくる非常にアンバランスな構成。この方式が今後も続くのは観客に対して不誠実な気がするのだが…そんな事ないか?面白かったんだけどね。それゆえ敢えて不満を述べてみました。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

A Ω -アルファ・オメガ- 超空想科学怪奇譚 小林泰三/著 角川書店

2024年02月03日 09時10分41秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
旅客機の墜落事故が発生。凄惨な事故に生存者は皆無だったが、諸星隼人は1本の腕から再生し蘇った。奇妙な復活劇の後、異様な事件が隼人の周りで起き始める。謎の新興宗教「アルファ・オメガ」の台頭、破壊の限りを尽くす大怪獣の出現。そして巨大な「超人」への変身  宇宙生命体“ガ”によって生まれ変わり人類を救う戦いに身を投じた隼人が直面したのは、血肉にまみれた地獄だった。科学的見地から描き抜かれたSFホラー超大作。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆☆★★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆★

【西京極の読後感想】
明らかに元ネタは『ウルトラマン』の第1話「ウルトラ作戦第1号」。ウルトラマン誕生秘話をグッチャグチャドロッドロのスプラッターなホラー演出で再現しているところが面白い。中盤は怪獣(っていうより『遊星からの物体X』)との戦い、終盤は『デビルマン』のアルマゲドン。58歳で早世した著者と僕は同年代だからそりゃ好みも一致するわなwちょっとオチが弱い気もするけど、特撮モノと怪奇って相性が良いんだよね、ウン。

人気ブログランキングへ

2024シーズン戦闘服☆到着

2024年02月02日 23時22分55秒 | サンガ雑記
今シーズンのサンガユニ届いたぞ!
今年の先行予約の特典は専用洗濯ネット。
で…し、しまったぁ~っ!!
背番号12で注文したつもりがナンバーなしやったぁ~!!
ま、ソレでもエエけどね。

人気ブログランキングへ

アクアマン 失われた王国  監督/ジェームズ・ワン

2024年02月01日 17時09分55秒 | 西京極シネマ
【主演】
 ジェイソン・モモア
 パトリック・ウィルソン
 ニコール・キッドマン
 アンバー・ハード
 ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世

【ストーリー】
はるか昔、南極の氷河の奥深くに封印された「失われた王国」。そこには、世界を滅亡させるほどの力を持つ伝説の古代兵器ブラック・トライデントがあった。ある日、アクアマンへの復讐を誓うブラックマンタがブラック・トライデントを見つけ出し、邪悪な力が解き放たれてしまう。海底アトランティスの王アクアマンは、かつてない脅威から海と地上の世界を守るため、仲間たちとともに立ち上がるが…

【西京極の評価】
前作で敵対した弟・オームと今回は協力してブラックマンタと戦うってお話なのですが、展開もヴィジュアルもどこかが『スターウォーズ』っぽかったり『LOTR』っぽかったりと既視感バリバリ。それってもはやDCやマーベルなどのヒーロー物もネタ切れし始めてるって事かもしれません。今後DCを仕切り直すジェームズ・ガンの手腕に期待するしかないのかな?あと、アトランティスの王様にはアクアマンより弟のオームの方が向いてるって思いましたw

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

哀れなるものたち  監督/ヨルゴス・ランティモス

2024年01月31日 22時57分13秒 | 西京極シネマ
【主演】
 エマ・ストーン
 マーク・ラファロ
 ウィレム・デフォー

【ストーリー】
不幸な若い女性ベラは自ら命を絶つが、風変わりな天才外科医ゴッドウィン・バクスターによって自らの胎児の脳を移植され、奇跡的に蘇生する。「世界を自分の目で見たい」という強い欲望にかられた彼女は、放蕩者の弁護士ダンカンに誘われて大陸横断の旅に出る。大人の体を持ちながら新生児の目線で世界を見つめるベラは時代の偏見から解放され、平等や自由を知り、驚くべき成長を遂げていく。

【西京極の評価】
邦題である“哀れなるもの”とは何なのか?観ている間ず~っとソレを考え続けた。当初は主人公のベラの事であったが、ベラの成長に伴って“哀れ”なのはベラを取り巻く者  特に男たちなのが明確になってゆく。エロとグロに塗れた退廃的なお話なのにどこか美しく魅力的。人の成長を体当たりで演じきったエマ・ストーンには脱帽です。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像    ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ

ゴールデンカムイ  監督/久保茂昭

2024年01月25日 22時55分51秒 | 西京極シネマ
【主演】
 山崎 賢人
 山田 杏奈
 矢本 悠馬
 玉木 宏
 舘 ひろし

【ストーリー】
日露戦争での鬼神のごとき戦いぶりから"不死身の杉元”の異名を持つ杉元佐一。一獲千金を狙う彼は、アイヌ民族から強奪された莫大な金塊の存在を知る。金塊を奪った「のっぺら坊」と呼ばれる男は、捕まる直前に金塊を隠し、その在処を暗号にした刺青を24人の囚人の身体に彫って彼らを脱獄させた。金塊を見つけ出すべく動き始めた杉元は、野生のヒグマに襲われたところをアイヌの少女アシㇼパに救われる。

【西京極の評価】
野田サトルの人気コミックの実写映画化。果たしてどこまでマンガを再現出来るのかが焦点だったが、ものすごぉ~く『ゴールデンカムイ』だった!杉元も杉元だったし、アシㇼパさんもアシㇼパさんでした。シンプルなストーリー展開といい、アクションのキレといい、主要キャラの紹介を兼ねた導入としてはほぼ完璧な出来です。満点評価にしたいところですが、どこまでいっても導入編。お話が面白くなるのはまだまだこれからなので評価は☆4つ。続編が待ち遠しいけど、『キングダム』といい、『ゴールデンカムイ』といい、両シリーズで主役を演じる山崎賢人クンますます大変やな…

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像    ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ