西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ゴーストバスターズ フローズン・サマー(日本語吹替版) 監督/ギル・キーナン

2024年04月10日 22時06分25秒 | 西京極シネマ
【主演】
 ポール・ラッド   (声:木内 秀信)
 マッケンナ・グレイス(声:上白石 萌歌)
 フィン・ウルフハード(声:梶 裕貴)
 キャリー・クーン  (声:朴 璐美)
 ビル・マーレイ   (声:安原 義人)
 ダン・エイクロイド(声:玄田 哲章)

【ストーリー】
真夏のニューヨーク。日差しが降り注ぐビーチで大勢の人々が海水浴を満喫するなか、海の向こう側から突如として巨大な氷柱が大量に現れ、街は一瞬にして氷に覆われてしまう。ゴーストバスターズとしてニューヨークの人々をゴーストたちから守ってきたスペングラー家は、その元凶が全てを一瞬で凍らせる「デス・チル」のパワーを持つ史上最強のゴーストであることを突き止め、事態を解決するべく立ち上がる。

【西京極の評価】
良くも悪くもゴーストバスターズ前作でこのマンネリズムを打破したかに思えたが、本作でまた先祖返りしてしまった印象。そしてこのシリーズの魅力の一つである個性的なゴーストたちが本作では「どこかで観た事ある」ものばっかりだったのが残念。あとレイ・パーカーJr.のおなじみのテーマ曲を聴いたあとで新しい学校のリーダーズの変なアレンジ曲は聴きたくなかった…

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆★★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆★★

人気ブログランキングへ

オッペンハイマー  監督/クリストファー・ノーラン

2024年04月04日 23時13分59秒 | 西京極シネマ
【主演】
 キリアン・マーフィー
 エミリー・ブラント
 マット・デイモン
 ロバート・ダウニー・Jr.
 フローレンス・ピュー

【ストーリー】
第2次世界大戦中、才能にあふれた物理学者のロバート・オッペンハイマーは、核開発を急ぐ米政府のマンハッタン計画において、原爆開発プロジェクトの委員長に任命される。しかし、実験で原爆の威力を目の当たりにし、さらにはそれが実戦で投下され、恐るべき大量破壊兵器を生み出したことに衝撃を受けたオッペンハイマーは、戦後、さらなる威力をもった水素爆弾の開発に反対するようになるが…

【西京極の評価】
唯一の被爆国の日本人である自分が観たらまるで加害者からの謝罪を3時間15分聞かされ続けている居心地の悪さを感じずにはいられなかった。いくら贖罪の弁を述べられようとも多くの命を奪った事実は拭い様もない。納得できる落としどころの無い事ではあるけれど、それをお互いが我が事として己に問いかけ続ける事こそが大事なのだ。神から盗んだ火を人に与えたプロメテウスは永劫に続く死の苦しみを受けた。人の世に核兵器という存在を齎したオッペンハイマーはプロメテウスそのものだった。そして抑止力としての核に怯えて暮らすしかない我々もプロメテウス同様永遠に苦しまねばならないのかもしれない。しんどいけれど今、観るべき映画。

【総合評価】 ☆☆☆☆☆(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆☆
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像    ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章 監督/黒川智之

2024年03月28日 23時51分12秒 | 西京極シネマ
【声の出演】
 幾田 りら(小山門出)
 あの   (中川凰蘭)
 種崎 敦美(栗原キホ)
 入野 自由(大葉圭太)

【ストーリー】
3年前の8月31日、巨大な宇宙船「母艦」が突如として東京に襲来し、世界は終わりを迎えるかに見えた。その後、絶望的な状況は次第に日常に溶け込み、上空に母艦が浮遊する異様な光景が当たり前となっていた。そんな中、女子高生の小山門出と「おんたん」こと中川凰蘭は、担任教師の渡良瀬や仲の良い友人たちとともに何気ない学生生活を送っていたが…

【西京極の評価】
浅野いにおの原作コミックは週刊誌連載で読んでたけど、アニメ化されたことで巧くストーリーが整理され飲み込みやすくなっています。非常事態下にあっても若者には若者の日常があり、大人には大人の日常がある。お互いが他人の領域に踏み込むことは出来ずとも、それと共存していかなければならないと言う事か。声優初挑戦(だと思うけど)の幾田りらの門出とあのちゃんのおんたん、ハマリ過ぎててもう彼女ら以外は考えられません。非常に丁寧に作られたアニメで5月公開の後章が楽しみです。

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ

デューン 砂の惑星 PART2  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ

2024年03月19日 22時14分33秒 | 西京極シネマ
【主演】
 ティモシー・シャラメ
 ゼンデイヤ
 レベッカ・ファーガソン
 オースティン・バトラー
 フローレンス・ピュー
 レア・セドゥ

【ストーリー】
ハルコンネン家の陰謀により一族を滅ぼされたアトレイデス家の後継者ポールは、ついに反撃の狼煙を上げる。砂漠の民フレメンのチャニと心を通わせながら、救世主として民を率いていくポールだったが、宿敵ハルコンネン家の次期男爵フェイド=ラウサがデューンの新たな支配者として送り込まれてくる。

【西京極の評価】
ヴィルヌーヴの壮大な映像美とハンス・ジマーの重厚な音楽世界にどっぷり浸れる2時間46分間。お話は今作で完結した訳ではないけれど、良い節目は付いているのでモヤっと感はなかった。宗教と政治と戦争をど正面から描いた本作の公開と、今のパレスチナ・イスラエル紛争の現状との恐ろしいほどの符合…ヴィルヌーヴこそ預言者じゃないかと思えてしまう。どうやら原作の第3部まではヴィルヌーヴが映画化する構想はあるっぽいのでそれに期待したい!本年初の満点評価です。

【総合評価】 ☆☆☆☆☆(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆☆
 演出/演技 ☆☆☆☆★
 映像    ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆☆☆

おまけ:
今回あらためて感じたのは、『スターウォーズ』も『ガンダム』も『ナウシカ』も80年代サブカルはほぼすべて『砂の惑星』の影響を受けているんだな、という事。それらとの共通点を探すのも楽しいと思います。

人気ブログランキングへ

変な家  監督/石川淳一

2024年03月18日 19時35分54秒 | 西京極シネマ
【主演】
 間宮 祥太朗
 佐藤 二朗
 川栄 李奈
 斉藤 由貴

【ストーリー】
オカルト専門の動画クリエイター・雨宮はマネージャーから、購入予定の一軒家の間取りについて不可解な点があると相談される。そこで雨宮は、自身のオカルトネタの提供者であるミステリー愛好家の設計士・栗原に意見を聞いてみることに。間取り図から次々と浮かび上がる奇妙な違和感に、栗原はある恐ろしい仮説を導き出す。

【西京極の評価】
ホラーYoutuber雨穴のエピソード『変な家』を基に劇場版映画化された本作。元の動画小説も面白かったので、それをどんな風にスケールアップしてくれたのかを確認する意味で鑑賞。結果は…う~ん、ホラー演出はなかなか良いんだけど、キャスティングがちょっと僕の脳内イメージと違う。いや、かなり違う。主人公の“雨穴”ならぬ“雨男”役の間宮祥太朗は雨穴さんのちょっとヌケた感じがなく、逆に頭脳明晰な栗原さん役の佐藤二朗はとぼけ過ぎててどうも違和感が…。一方、ヒロイン柚希を演じた川栄李奈は彼女が演じているとは気づけないほど見事に陰キャ女に成り切ってた。あと客入り凄かった!ここまでイマドキの若者に響いているとは…意外。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像    ☆☆☆★★
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ