西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

12/28 天皇杯準決勝:サンフレッチェ広島戦 (埼玉・埼玉スタジアム)

2002年12月28日 23時16分16秒 | サンガ観戦レポート2002
【サンガのスタメン&ベンチ】
 GK:平井
 DF:鈴木和、手島、角田
 MF:冨田、斎藤、石丸、鈴木慎
 FW:朴智星、黒部、松井
SUB:上野秀、辻本、中村、熱田、田原

【リポート】
序盤の10分間、広島の猛攻を凌いだのが全て。
ボランチのバモ石丸を下げ気味にし4バックっぽくし広島3トップに対抗。
これが効を奏し、逆に松井の2ゴールが生まれた。

はっきり言って先の名古屋戦と同様の展開。
広島はロングボール主体になって中盤がルーズになり、
サンガは中盤を支配すると完全に試合の主導権を掴む。

名古屋戦との違いはと言えば、朴、黒部の交代時期が早かった事。
そのせいで前線でのタメがなくなり後半は攻め込まれる事になった。
(田原…やっぱスタミナないね、キミ)
それでも交通事故的な森崎浩のミドルによる失点のみに抑えたのは
テッシー、和裕、カクのがんばりのおかげ。あ、平井クンもナイスセーブ!
さあ、夢の元日決戦へ!行くぜ国立!倒すぞ鹿!!

【試合結果】京都2-1広島

【観客数】 8909人

【得点者】
 京都:松井12、20
 広島:森崎浩72

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK:平井6.5
 DF:鈴木和6.5、手島7、角田6
 MF:冨田6、斎藤6、石丸6.5、鈴木慎5.5
 FW:朴智星5.5(45分熱田5)、黒部7(66分田原4)、松井6.5
コメント

12/25天皇杯準々決勝:名古屋グランパスエイト戦(愛知・豊田スタジアム)

2002年12月25日 23時11分23秒 | サンガ観戦レポート2002
【サンガのスタメン&ベンチ】
 GK:平井
 DF:鈴木和、手島、角田
 MF:冨田、中払、石丸、鈴木慎
 FW:朴智星、黒部、松井
SUB:上野秀、辻本、斎藤、熱田、田原

【リポート】
まさにしてやったりの勝利。
名古屋の2トップ(ウェズレイ&ヴァスティッチ)を角田、和裕がマンマーク。
まったく機能させなかったのが直接的な勝因。

もう一つは前線での黒部のキープと松井の運動量。
高い位置でのボールキープとプレス。これを90分耐えるのは厳しい。
さすがの名古屋DFも一回のミスが黒部→松井のゴールを生んだ。

しかしこの試合のキーを握っていたのはボランチ・バモ=石丸。
中盤のコントロールは攻守に渡って完全に彼の独壇場。
この日は「上がりすぎる程の攻撃参加(笑)」の角田のケアまでこなし、
名古屋の決定的なシュートをクリアするなど完璧な出来。

試合終盤に名古屋はパワープレイにしてDFのパナディッチを前線へ送り込むも
平井、テッシーの和製カテナチオの前に無得点。
ピッチの全てのエリアで名古屋を圧倒、まったくサッカーをさせなかった。
チーム初の天皇杯4強。この日のサッカーを続けるならば次も勝てる!
そして元日は夢の国立だ!

【試合結果】名古屋0-1京都

【観客数】 3315人(サンガサポは約100人くらいかな?)

【得点者】京都:松井34

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK:平井6
 DF:鈴木和6、手島6.5、角田6
 MF:冨田6、中払5.5(29分斎藤5.5)、石丸8、鈴木慎5.5
 FW:朴智星5.5(87分熱田-)、黒部6.5、松井7
コメント

12/15 天皇杯3回戦:横浜FC戦 (京都・西京極競技場)

2002年12月15日 23時07分37秒 | サンガ観戦レポート2002
【サンガのスタメン&ベンチ】
 GK:平井
 DF:鈴木和、手島、角田
 MF:冨田、中払、石丸、鈴木慎
 FW:熱田、黒部、松井
SUB:上野秀、辻本、中村、斎藤、田原

【リポート】
一言で言えば「格」が違う。個人も組織も体力も。
なぜ4得点で終わったかと言えばハット達成の黒部が途中交代したから。
交代で出場した田原…出た直後こそストライカーらしい動きを見せたものの
その後数分後にはただの前線の置き石状態。
地球上での活動時間が3分とはキミはウルトラマンか?しっかりしてほしい。

逆によかったのは平井と冨田のユース出身組。
サポ内では不評だった銀髪(?)をバッサリ切って、スポーツ刈りにした平井。
なにやら安定感も感じられ結局試合後はマンオブザマッチに選ばれてました。
その髪型の方が評判いいぞ、平井くん。
冨田も前半こそぜーんぜん守備しない帝王(熱田)のせいで攻撃参加できなかったものの、
後半3トップ右に入ってドリブル、クロスと大活躍。サポを喜ばせた。

言っちゃ悪いが横浜FCはパス精度がなさ過ぎ。
全て中盤で1対1でインターセプトされていた。
その上良く判らないフォーメーション、2-4-4って何?
敵チームながらつい心配してしまうくらいダメ。
これでは朴抜き、テッシーの久々復帰調整の相手としても役不足。
4-0で終わっているのが不思議なくらいの内容でした。
せめてモネールが出場してくれれば…でも体調不良らしく欠場。
モネールダンス見たかった…

試合後は次の対戦相手が浦和を破って福岡に決まった事でやや盛り上がる。
こりゃいよいよ国立狙えるぞ~。

【試合結果】京都4-0横浜FC

【観客数】 2643人(ほとんどがホームゴール裏の人数)

【得点者】京都:黒部4、27、48、松井25

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK:平井6.5
 DF:鈴木和5.5、手島6、角田6
 MF:冨田6.5、中払5.5(77分中村-)、石丸6、鈴木慎5.5
 FW:熱田5、黒部6.5(61分田原4)、松井5.5(45分斎藤6)
コメント

11/30 2nd St. 第15節:ジェフユナイテッド市原戦 (京都・西京極競技場)

2002年11月30日 23時02分34秒 | サンガ観戦レポート2002
【試合前】
J1リーグも今日が最終戦。
今年のサンガは1stステージ4連敗に始まり8連勝。
2ndステージもここまで7勝7敗の五分の星。
降格の心配をする事もなくシーズンを終えようとしている。
それはそれで上々の出来であったとも言えるが、
ホームでの最終戦をきっちり勝って勝ち越して、有終の美を飾ってほしい。
昨年は仙台に西京極で昇格をプレゼントしたおかげで
試合後の選手パレードがイマイチしまらなかった。
今年こそ盛り上がらせてくれよホンマ。

この日のサンガのスタメン&ベンチは、以下の通り。

 GK:中河
 DF:鈴木和、角田、辻本
 MF:冨田、野口、石丸、鈴木慎
 FW:朴智星、黒部、上野優
SUB:平井、中村、中払、松井、田原

この日までにチームから戦力外通告を受けた3選手が揃って先発。
キャプテンでありMrサンガであったMF野口。
J1復帰の立役者だったGK中河とFW上野優作。
メンバー選びに私情をはさまないタイプのゲルトにしては珍しい事。
彼ら3人にとって最後のサンガでのプレイになるかもしれない…涙出そう。

今日はサポも気持ちを前面に出そうという事で試合前の練習時から応援を開始!
いつもと違うこの気持ちが選手に届くものと信じたい…

【前半】
黙祷のあと、キックオフ!序盤の展開は予想通り。
引いてカウンターの市原、高い位置からのプレスで3トップへ繋ぐ京都。
ところがこの開始5分の時間帯に名手・慎吾がミス。
自陣内でキープしたボールを市原に奪われ後追いしてペナルティエリア内でファウル。
PKをとられてしまう。止めてくれっ!ピーコ(中河)!!!!!
だが、その願いも神サマには届かず…
ピーコの気迫の読みの先を越え、崔龍洙にゴール右隅に決められ市原に先制を許す。

この後も京都の左サイド和裕-慎吾をカウンターで攻め続けられ、苦しい展開。
そんな中またしてもアクシデント発生!
前線で健闘していた優作が相手との接触プレイで負傷。急遽松井に交代となる。
サンガ選手としての最後のピッチを去る優作…悔しいだろう。

♪うえーのゆーさく!ウォウ!ウォウ!
 うえーのゆーさく!ウォウ!ウォウ!♪

サポーターからの声援を背に紫の勇者が一人消えていった。
俺達は忘れないぞ、優作!!
その優作の魂は交代で入った松井が受け継いでいた!
松井が左ボランチの位置まで守備にまわり、前線まで攻めあがる!
それまで攻め込まれていたサンガ左サイドが一気に活性化する!

そして…優作の魂を受け継いだ漢、松井が黒部との華麗なワンツーパスを決める!
市原のお株を奪うカウンターで、黒部から松井、さらに松井が市原DFの股抜きで再び黒部。
それを受けた黒部が右足を振り抜く!ゴール右隅に魂の同点ゴール!!!!

♪ウラウラウラウラーッ!べっかんこーっ!!
 くろべー!くろべー!サーンガのくろべー!
 くろべー!くろべー!ダダンダダンダンダン!ヘイッ!♪

ここからは一方的なサンガペースに!
選手の気迫と意地が伝わってくる緊張感のある試合となるが、
何度かあったシュートチャンスもお互い守りを崩すまでは至らず1-1のまま前半終了。
か…勝ちたい!意地でも…

【後半】
後半になっても状況は変わらず。
両サイドから積極的に崩しクロスをトップ3人に入れる京都。
徹底的に守りを固めて一気のカウンターを狙う市原。
応援する声もヒートアップする。

そんな緊張感ある一進一退に変化が出たのが後半18分。
市原MF佐藤からのパスをゴール前で崔がトラップ。
ゴール右へシュート!!!…と見せかけてGKとDFを引きつけ、ボールを左へ落とす。
そのボールを体勢をすばやく整えてゴール左へゴール!
あぁ…またしても勝ち越される…1-2。
(う~ん、あのフェイントは敵ながら天晴れとしか言いようがない)

しかし…この日のサンガは諦めない!
徐々に疲れから運動量の落ちてきた市原は攻めに積極性がなくなってきた。
それを突いたのは、この日今季最高のキレを見せていた右サイドの冨田。
後半26分。右サイドを駆け上がる冨田!
中央、縦に走りこんだ朴へ押さえの効いた絶妙のスルーパス!
それを受けた朴が狙いすましたシュートはゴール左に!
どぅぉぅてぃえぇぇぇぇんっ!!!!!
いいぞ冨田!やったぜ朴!これぞワールドクラス!

こうなったらもう京都の勢いはとまらない!
その2分後、キャプテン野口から左サイドの慎吾へパス!
慎吾が敵陣深く切れ込んで、中央へクロスをあげる!
そのクロスに飛び込んだのは松井のヘッド!!!

ゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォウル!!!!!!

逆転!大逆転!3-2!
これで勝ちを確信したのか、ここでキャプテン野口が交代。

♪のぐちひーろし、のぐちゴール!のぐちひーろし、のぐちゴール!
 のぐちひーろし、のぐちゴール!のぐちひーろし、のぐちゴール!♪

今季リーグ戦最後の野口コールに送られて、また一人紫戦士がピッチを去った。
代わって入ったハライは元気にイエローもらいました。(笑)それもまた良し!
その後は市原に付け入る隙を与えず終了。
文字通り今季最終戦を勝利し、有終の美を飾った。
過去最高の順位、年間成績5位。素直に喜びたい。

試合終了後、今季限りで引退するGK中河は泣いていた。
でもその涙は後悔の涙ではなく、まぎれもない満足の涙だった。
ありがとうピーコ。
最終ラインに勇気を与えるキミの声は俺達の耳に永遠に残っていくよ。

♪ピーコ!ピーコ!ピーコ!ピーコ!ピーコ!

【試合結果】京都3-2市原

【観客数】 10624人

【得点者】
 京都:黒部36、朴智星71、松井73
 市原:崔龍洙5(PK)、63

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK:中河5.5
 DF:鈴木和5.5、角田6、辻本5.5
 MF:冨田7.5(89分中村-)、野口5.5(75分中払5.5)、石丸6.5、鈴木慎6
 FW:朴智星6、黒部6、上野優5.5(27分松井7)

【サンガの最終成績】
2ndステージ順位:7位(勝ち点:22)↑
  年間総合順位:5位(勝ち点:46)↑
コメント

11/23 2nd St. 第14節:ガンバ大阪戦 (大阪・万博競技場)

2002年11月23日 23時56分43秒 | サンガ観戦レポート2002
【試合前】
セカンドステージも残り2試合。
前節磐田の完全制覇に王手をかけるお手伝いをしたサンガ。
今日の相手は唯一逆転優勝の可能性を残す2位ガンバ。
元々ガンバとの相性は良かったのだがここ3年ほどは勝ててない。
前回の対戦では試合内容では押していながら、0-2で負け。
そのリベンジの意味も込めて、ガンバの望みを断つ悪役となれ、サンガ!

万博のゴール裏は芝生席なのでいつもピクニック気分。
ちょっとビールなんか飲ませてもらってから試合に臨む。
この日のサンガのスタメン&ベンチは、以下の通り。

 GK:平井
 DF:鈴木和、角田、辻本
 MF:冨田、中払、石丸、鈴木慎
 FW:朴智星、黒部、松井
SUB:中河、中村、熱田、上野優、田原

PSV移籍が囁かれる朴といまやサンガの守備の一角を担う角田が復帰。
あとはテッシー(手島)だけだが…う~んまだ無理か…
アレ?斎藤がベンチにも入っていない。どーしたの?

【前半】
試合開始のホイッスルと同時に全員黙祷…そして試合開始。

今日のサンガの作戦は明白。
まず中盤のプレス。
そしてガンバの得点源・マグロンへは体をぶつけて十分な体勢でヘッドさせない事。
特に辻本はそれをよくやれている印象。GK平井との連携もまずまず。

先制したのもその辻本でした。(サポ側からは誰が入れたかよく判らなかったが)
前半20分、ガンバ陣内ペナルティエリア左角付近からのFK。
冨田のクロスをニアサイドに入れたところを辻本がヘッドでゴールした…ようだ!

♪つーじもとしげき!しげき!しげき!
 つーじもとしげき!オーオーオオー!♪…あれ?なんかヘンやぞ?
※このメロディは…ミニラ(中村)の応援歌でした(汗)
みんな興奮しててまちがいましたね、ハハハ。

他にもチャンスがあった。
冨田のシュートなんか、ほんと惜しかった…
黒部のゴール!!!…になりかけたシュートもあった…
でも前半は完全にサンガのペースでした。
しかし…この再三のチャンスに決められなかった事が後の悪夢となるのだった。

【後半】
後半に入ってガンバはマルセリーニョを投入。
これが流れを一変させる。
マルセリーニョが中盤を支配し始めると、ガンバのサイド攻撃が炸裂。
とくに新井場からえぐられる事が多くなり何度もマグロンに合わされる。

しかし前半から個人的にマグロンより警戒すべきヤツとにらんでいた吉原。
案の定、ヤツのドリブル突破にやられる。後半12分でした。1-1。

まだ同点や!立て直せ!
ここから3トップを次々と交代させるサンガ。
まずボールキープが出来ていなかった松井に代えて田原。
そしてゴール前の競り合いで足を痛めた朴に代えて熱田。
最後はここまでチャンスは作ったものの決められなかった黒部に代え優作。
この交代、特に熱田が入った事でリズムは再びサンガへ。

残り10分は完全にサンガのペース。
最大のチャンスはラスト5分あたり。
途中出場の熱田が絶妙のクロス!
またまた途中出場の優作がゴール前へヘッドで落として、
それをこれまた途中出場の田原がごっつあんゴール…って
え?
はずした?
アレを?
あの簡単な、触っただけで入るシュートを?

あーもーアレを入れたら決まりやん…アホかお前は!?
はぁ~。結局1-1のまま延長戦へ突入。

【延長】
延長前半開始のキックオーフ!
さ、延長に入ったらウチは強いよ~。
♪さぁいこうぜ!胸をはぁって、紫のゆうしゃ…
アレ?
ゴール?
中山に?
終わったの?
マジで?

「勝てる試合やったやんけっ!!アホか、お前ら!?」
捨て台詞を残してとっとと帰りましたよ、あたしゃ。ええ帰りましたとも!
試合後のガンバのホーム最終戦選手パレードなんか観たくもない!!
最終戦は有終の美を飾ってくれへんかったら承知せーへんでマジで!

【試合結果】G大阪2V-1京都

【観客数】 10545人(優勝の可能性あったのにこの程度なの、ガンバって?)

【得点者】
 G大阪:吉原57、中山90V
 京都:辻本20

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK:平井5.5
 DF:鈴木和5.5、角田5.5、辻本6
 MF:冨田6、中払5.5、石丸5、鈴木慎5.5
 FW:朴智星5.5(78分熱田5.5)、黒部5.5(79分上野優5.5)、松井4.5(66分田原5)

【サンガの現在の成績】
2ndステージ順位:8位(勝ち点:19)↓
  年間総合順位:6位(勝ち点:43)→
コメント