西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

12/15 天皇杯3回戦:横浜FC戦 (京都・西京極競技場)

2002年12月15日 23時07分37秒 | サンガ観戦レポート2002
【サンガのスタメン&ベンチ】
 GK:平井
 DF:鈴木和、手島、角田
 MF:冨田、中払、石丸、鈴木慎
 FW:熱田、黒部、松井
SUB:上野秀、辻本、中村、斎藤、田原

【リポート】
一言で言えば「格」が違う。個人も組織も体力も。
なぜ4得点で終わったかと言えばハット達成の黒部が途中交代したから。
交代で出場した田原…出た直後こそストライカーらしい動きを見せたものの
その後数分後にはただの前線の置き石状態。
地球上での活動時間が3分とはキミはウルトラマンか?しっかりしてほしい。

逆によかったのは平井と冨田のユース出身組。
サポ内では不評だった銀髪(?)をバッサリ切って、スポーツ刈りにした平井。
なにやら安定感も感じられ結局試合後はマンオブザマッチに選ばれてました。
その髪型の方が評判いいぞ、平井くん。
冨田も前半こそぜーんぜん守備しない帝王(熱田)のせいで攻撃参加できなかったものの、
後半3トップ右に入ってドリブル、クロスと大活躍。サポを喜ばせた。

言っちゃ悪いが横浜FCはパス精度がなさ過ぎ。
全て中盤で1対1でインターセプトされていた。
その上良く判らないフォーメーション、2-4-4って何?
敵チームながらつい心配してしまうくらいダメ。
これでは朴抜き、テッシーの久々復帰調整の相手としても役不足。
4-0で終わっているのが不思議なくらいの内容でした。
せめてモネールが出場してくれれば…でも体調不良らしく欠場。
モネールダンス見たかった…

試合後は次の対戦相手が浦和を破って福岡に決まった事でやや盛り上がる。
こりゃいよいよ国立狙えるぞ~。

【試合結果】京都4-0横浜FC

【観客数】 2643人(ほとんどがホームゴール裏の人数)

【得点者】京都:黒部4、27、48、松井25

【サンガ選手の個人的評価】(10段階評価で5が平均)
 GK:平井6.5
 DF:鈴木和5.5、手島6、角田6
 MF:冨田6.5、中払5.5(77分中村-)、石丸6、鈴木慎5.5
 FW:熱田5、黒部6.5(61分田原4)、松井5.5(45分斎藤6)

コメント   この記事についてブログを書く
« 11/30 2nd St. 第15節:ジェ... | トップ | 12/25天皇杯準々決勝:名古屋... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

サンガ観戦レポート2002」カテゴリの最新記事