ロシア日記

~ペルミより愛を込めて~
日本語教師と雪のダローガと足跡

~サンクトペテルブルグ~
雪の上の足跡

再会の街

2017年06月05日 | 日記
  パーシャとはいつもネフスキープロスペクトにある大型書店ドム・クニーギの前で待ち合わせ、その時にパーシャは必ず葉書を買います。今日選んでいたものは、橋を渡った先のビルジェバヤ広場の赤い塔が描かれただけの寂しげなもので、どう思う?と聞かれたので、淋しい、と答えました。

  私のここでの友達はリョーシャと孤独が大半でしたが、パーシャが仕事先のシベリアから帰って来た時には、詩やロシア語を教えてもらっていました。彼は石油関係のエンジニアで仕事の時は1か月間、石油地帯に赴き、任務が終わればまた1か月こっちに戻ってくるという生活です。日本でロシアのことを何も知らずに夢見ていた頃、石油の掘削員なんて聞くと空一面に星空が見えるようなだっだぴろい零下何十度にもなるようなシベリアの奥地で土臭い男たちが力強く仕事に精を出している絵図をロマンチックに思い描いていたものですが、今回会ったパーシャの苦悩に満ちた顔から読み取れるのはそれとはまったく違うものです。

  ジプシーみたいな生活なんだ。トレイラーで暮らして低水準の生活だよ、と。
それに一か月ごとに行き来する生活はもうしたくない、とも。
だけど今の現状では行き着く先がない、自分の上のポジションは一生シベリアの奥地でデスクワーク仕事になるけど、それに一生を費やしたくない。
エンジニアで英語もできるからいいね、と言われるけど実際仕事を探したらどこも自分を必要としない。
フィールドを変えたいと思うけど、自分は石油関係の仕事の経験しかないから、プログラマーの分野に移動するにしても経歴がないからなかなか雇ってもらえない。ディプロマを取るために大学に入り直そうかと思って調べたら年間の学費は400,000ルーブル(80万)する。今の仕事を続けながらお金も溜めて大学院に何年も通うことになる。
ロシアは大学は無料なんじゃないの?と質問したら、一校目は国費で行けるけど、二校目以降は自分で払わなきゃいけないという答えが返ってきました。そして、本当にどうにかしたいと思っている、と言いました。
  初めて会った時、青年のようだった彼の顔にも暗い苦悩の影みたいなものが見て取れて人生の厳しさを感じました。なんで石油関係のエンジニアを選んだの?と質問したら、毎日、学校に行って帰ってきてただけの男の子がある日突然、仕事を選べと言われて先のことまで見通せるか?という答えが返ってきました:)

                   ♧

  話は政治にも及んでプーチンの話題になりました。
話はこうです。2000年から2008年、初めてプーチンが大統領に就いた任期中、ロシア経済は石油の恩恵で空前の潤いとなりました。人々の生活水準は向上し物価も高騰しました。その後、リーマンショックが起き世界中が経済混乱に陥った後、ヨーロッパやその他アジアの国はそれを乗り越えました。けれどロシアのお金はすべてプーチンのポケットマネーとなり、石油価格は暴落し経済は今でも低迷したままです。そんな中、プーチンの莫大な資産は海外の銀行に預けられ子供たちもすべて海外で生活している。いつ何時政変が転覆しても亡命できるようにに逃避先を確保しているわけです。一国の大統領としておかしくないか?と彼は言います。
  また、ロシアの腐敗した官僚制度と賄賂、汚職、縁故雇用などにも話は及び、プーチンが独裁者として17年間も君臨しなければ、ロシアはバルト三国のように今までとは違う道を行く可能性だってあったのに、彼が全部潰してしまった。その間にBricsと呼ばれた中国が経済的に発展してインドでさえロシアより経済成長率がいい、ロシアは2017年ここ最近で最低の経済成長率だ、とパーシャは言っていました。

  私はロシアの現状に興味があるから聞いていて楽しいけど、彼にとっては他人事ではありません。私がロシアを去る決心をしたのも経済的問題が大きいからです。流暢に英語を操る彼も一度も海外へ出たことはありません。私がこの半年、働かずにここで暮らして、これからイギリスの大学院に入ることも彼の経済状況からはとても考えなれないことです。経済のことだけを言えば、国によって通貨価値も違うし、生活水準も違うし、それによって与えられるチャンスも違ってきます。お金で得るチャンスもあれば、お金がないから逃すしかないチャンスもたくさんあります。

  私がパーシャに言えたのは、数学や物理が好きな数字に強い理系の頭はラッキーなんだから、それに語学もできれば語学はただのツールとして使って、スペシャリティを持っている理系の頭は最強なんだから、私はいつも理系の頭に憧れている、だからそれを活かして、と。

  パーシャとは駅で別れました。
もうこの先、私がロシアを訪れない限り会えないかなと思うと胸が切なくなりました。ロンドンの住所が決まったら教えて。葉書を送るよ、と言ったので、choose a nice oneと言って別れました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« マヤ | トップ | London »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事