名古屋棋士会

名古屋発!日ごろの出来事や囲碁のこと、身内話など、素顔のままに棋士仲間でつづるブログです。

志田という男

2014-08-31 23:20:34 | 柳澤理志

あれはもう7年前・・・

 

 広島アルミ杯若鯉戦の本戦トーナメントに出るため、

当時17歳の志田達哉と、名古屋から二人で一緒に広島に行きました。

 

会場入ると、そこに飾られていたトロフィーを見て、

 

「あのトロフィーが欲しいです」

 

とつぶやいた志田。

 

かわいいこと言うなコイツ!

と思ってたら、、、

 

 

本当に取りよった・・・

 

 

      ↑そのトロフィー

 

当時から強いのは知ってたけど、

いきなり優勝するとは思わなかったので、

ビビったのを覚えています。

 

 

その後の各棋戦での活躍はご存知の通りですが、

準優勝が5回

続いています。

 

棋戦じゃないけど、むかし秀行合宿に一緒に行ったときも、

彼は錚々たるメンバーの合宿リーグで準優勝してました。

 

 

それはとても凄いことです。

 

しかし、しかし今回は、、、

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

第39期新人王戦決勝三番勝負が、

志田達哉七段と一力遼七段で争われます。

 

中部総本部の悲願である、新人王獲得に志田七段が挑みます。

 

39期を数える歴史の中で、

一度も名古屋に来ていない新人王。

 

中部所属棋士が決勝を争ったのは、過去3回。

  

第 4期 石田 章七段 2ー1 山城 宏六段

第24期 山下敬吾六段 2ー0 羽根直樹七段

第25期 山下敬吾七段 2−0 羽根直樹八段

 

地名しりとり風に言うと(古い)

新人王がどーーーーしても取れない!

 

 

その第一局が9月11日、志田七段のホームである日本棋院中部総本部で行われます。

 
 
そしてこの三番勝負に際して、
 
 
 
日本棋院中部総本部8Fにて
 
大盤解説会を行います。
 


第1局 9月11日(木) 15時-18時

第2局 9月17日(水) 16時-18時

第3局 9月25日(木) 16時-18時

 

<入場料> 

1,000円

 

 
 一局目は、
 
 

馬場滋九段

 

 

 

伊田篤史八段

 

の師弟二人による解説をお楽しみください!

(2局目以降の解説者は未定です)

 

普段から親しい伊田八段なので、

志田達哉の素顔もいろいろ暴露されるかもしれません。

(暴露されるかどうかは未定です)

 

皆様のお運びを中部総本部棋士会一同 心よりお待ちしております! 

コメント (1)

オープニング動画

2014-08-22 00:57:37 | 柳澤理志

こんにちは、柳澤です。


突然ですが、



格闘技の選手の登場シーンってかっこいいと思いません?



棋士もあんな感じで登場したらいいのに、と前から思っていました。



なので、


作ってみました。

http://youtu.be/yV1IuWy86Ok?list=UU_Gig9kSvEoZ54AOcSfwOJw

 

8月16日、17日に福井で行われた「北陸会員感謝のつどい」。



イベントの最後は、ステージ上で行われた「頭脳総合格闘技」。


映画館さながらの大きなスクリーンにこの動画が映し出された後、

幕が上がって本人たちが登場しました。



よかったら見てください^^

コメント