名古屋棋士会

名古屋発!日ごろの出来事や囲碁のこと、身内話など、素顔のままに棋士仲間でつづるブログです。

囲碁マルシェ2019 開幕!

2019-04-30 15:46:00 | 柳澤理志
こんにちは、柳澤です。
 
4月27日に日本棋院中部総本部で行われた、
 
 「囲碁マルシェ」
 
の模様をレポートします。
 
 
囲碁マルシェとは何ぞや?というと、
こちらのホームページを見て頂けると
わかりやすいかと思います。
 
ここで改めて簡単に説明しますと、
発起人の彦坂直人九段が中心となり、
 
中部の棋士たちで会議を重ねながら形にしてきた、
手作りイベントです!
 
囲碁大使・戸島花さんの総合司会で開会!
 
初回にも関わらず、
100名を超えるお客様にご来場頂きました!
ありがとうございます!
 
豪華な景品もご用意!
年間一位と二位の方には、
さらなる特別な機会が用意されています!!
 
 
このイベントの特徴であるポイントは、
主に棋士の指導碁を受けることで加算されます。
 
そしてその指導碁に、
囲碁マルシェならではの目玉があります。
 
それは…
「鬼 -oni-です。
 
本来指導碁は勝ち負けを
「争う」
ものではありませんが、
 
鬼はプロがあらゆる手練手管を使って、
勝利のみを目指して打ってきます。
 
まさに勝負の鬼です。
 
そのかわり、鬼を退治できれば、
高ポイントを獲得できます。
 
 
希望者がどのくらいいるのか
全くわかりませんでしたが、
蓋を開けてみれば、
 
予想以上の鬼人気。
 
なので急きょ…
鬼と化した羽根直樹九段。
 
この帽子が鬼の証です。
 
さらには、
中野寛也鬼。
 
伊田篤史鬼。
 
六浦雄太鬼。
 
大竹優鬼。
 
の五鬼がみなさんの前に立ちはだかりました。
 
 
ところが、
なんとそれでもまだ
 
鬼不足につき、
 
さらに途中から…
彦坂実行委員長自らも鬼として参戦!
(帽子は5つまでしかなかった)
 
勝たれた方にはポイントだけでなく、
戸島さんがレイをかけてくれて、
一人一人表彰されます。
 
おめでとうございます!
 
 
もう一つの変わり指導碁として、
 
「白番ブース」
 
があります。
 
これは、なんとプロに白を持って打つことができます。
(単に色を変えるだけで、白石で置石します)
 
色が変わると気分もかなり変わります!
このコーナーを担当したのは、山城宏九段。
 
山城先生に白を持つのは、
なかなかすごい記念になりますね。
 
 
9路13路コーナーを担当したのは、高橋真澄三段。
 
とにかく優しい高橋が、
ソフトな語り口で教えてくれます。
 
 (※ちなみに、そんな高橋ものちに鬼化しました。)
 
 
そしてオーソドックスな指導碁ももちろんあります。
吉岡薫八段。
 
鶴田和志六段。
 
わたくし、柳澤理志五段。
(※ちなみに、一局だけお客様に白番をもってもらうパターンもやらせてもらいました!)
王景怡三段。
卞聞愷三段。
西岡正織初段。
 
長徳徹志初段。
寺田柊太初段。
加藤千笑初段。
 
が担当しました。
 
 
そして指導碁だけでなく、
 置碁ソムリエ・馬場滋九段による、上達講座も。
 
 これを聞いて、準備万端で指導碁に臨んでください!
 
伊藤健良二段の詰碁コーナーも、
好評でした!
 
 
その他グッズコーナーも充実!
チェキ撮影会も初の試みでしたが、
順番待ちができる人気でした!
 
 
そして、受付から何から、
会を円滑に進めるべく奔走してくれたのが、
下島陽平八段。
 大澤健朗三段。
文字通り飛び回ってました。
 
 
皆さまのおかげをもちまして無事に、
そして大好評のうちに
第一回を終わることができました。
 
次回の開催は、
921日(土)
を予定しております!
 
ご参加お待ちしております!
 
 
 
 
〜戸島さんファンの皆さまへのおまけ〜
 
 
ここで一句。
 
どう見ても
鬼たちのボス
戸島花
 
 
ありがとうございました! (完)
コメント   この記事についてブログを書く
« 景福会 昇段祝い | トップ | 碁聖戦大盤解説会のご案内 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

柳澤理志」カテゴリの最新記事