名古屋棋士会

名古屋発!日ごろの出来事や囲碁のこと、身内話など、素顔のままに棋士仲間でつづるブログです。

授業参観パート2

2009-04-27 11:59:12 | 山城
新学期を迎え娘も中2
またまた授業参観に行ってきました。
今回の選択授業は英語。
授業参観というよりは、授業を受けに
来てる感覚で、
今の英語の授業はクラスでは無く、できる子と
そうで無い子に分け小人数で教えています。
考えてみれば、高段者と級位者を一緒に教える
より分ける方が先生も生徒もやり易いのは
もっともです。
実は今年から独学で英語の勉強をしています。
きっかけは本屋で見つけた2冊の本。
「50イングリッシュ」50の基本文を死ぬ気で暗記せよと、
1分間英単語1600の2冊です。
50の基本文をマスターし1600の単語を憶えれば
何とか話せるのではと思ったので、
今年の目標は50の基本文の暗記と600くらいの単語。
年が年なので3年計画くらいでぼちぼちやります。
授業の最後に先生から父兄に感想を求められ。
「大変勉強になりました。」
コメント (1)   トラックバック (1)

NAGOYA AMIGO

2009-04-25 22:52:42 | 大澤
先日は代表挨拶と言う事で、固い文章になってしまいました
ホームページはまだまだ未完成ですが、近いうちにワークショップなど企画したいと思っています
囲碁の教室はもちろん、懇親会も開いて楽しみたいと思っています。

どっちがメインかな??

ワークショップなどの案内は、随時ホームページにUPして行きますので是非チェックしてください

ご意見、ご質問、ご指摘は、
NAGOYA AMIGOの「お問い合わせ」までお願いします


コメント

代表者あいさつ

2009-04-22 18:58:07 | 大澤
はじめまして。この度、「NAGOYA AMIGO」のホームページを開設させていただきました。
幹事をやらせていただいていている、日本棋院中部総本部の大澤健朗です。

今、東京を中心に活動をしている「IGO AMIGO」と言う、20~30代への囲碁普及プロジェクトがあります。
「NAGOYA AMIGO」は、「IGO AMIGO」の名古屋支部と言うような形で、東海地区を中心に活動していきたいと思っています。

以前、同級生に囲碁のイメージを聞いてみました。
「オタクッぽい」「難しい」「時間かかる」「波平が縁側で・・・」など・・・
このようなイメージを払拭していくため、今回「NAGOYA AMIGO」を立ち上げました。

囲碁は歴史のある素晴らしい文化です。
ですが・・・
今の若い世代の方から見て、「文化」というイメージは薄いような気がします。
ならば、「文化」と言う枠から抜け出して、いちボードゲームとして、囲碁のおもしろさ、深さを広めていくのが私たちの役目だと思っています。
その上で「文化」と言う認識を持っていただけたらうれしく思います。

今後、ワークショップなどのイベントを計画していきたいと思います。
イベントの案内などは、随時、ホームページに更新していきますのでご覧になってください。
なお、ご意見、ご質問などは、「NAGOYA AMIGO」のお問い合わせからお願いします。

NAGOYA AMIGO 代表幹事 大澤健朗
コメント (1)

春です

2009-04-05 09:46:14 | yuki
すっかりごぶさたです。
(と、いつも書いている気がします。。

今年に入ってから家の近くの小児病棟で、
入院しているお子さん達と囲碁をしています。

だいたい週1回ペースで1時間ぐらい、
小児病棟内のプレイルームに集まります。

お母さんも一緒に参加して下さるので、
10人ぐらいになることもあります。

体調によって誰もこないとき。
突然退院でいなくなってしまうお子さん、
「さよなら」も言えずに。

しんどくて囲碁する元気はないけど
プレイルームにきてくれるお子さんと、
一緒に碁石で絵をかいたりします。

『入院して良かったわ!囲碁が習えたから~』
と笑って冗談をいうお母さん。

いろいろな事をここで学ばせてもらっています。
春からはダンナにも手伝ってもらう予定です。







コメント (1)