名古屋棋士会

名古屋発!日ごろの出来事や囲碁のこと、身内話など、素顔のままに棋士仲間でつづるブログです。

とある木曜日の光景

2013-05-31 12:20:36 | 柳澤理志

プロ棋士が対局後、ほぼ100%やること、それは・・・

 

検討。(感想戦ともいいます)

 

木曜日は、棋士の対局日。

朝10時に始まった対局も、18時頃には大体終わってきます。

 

この時間帯の棋士たちの様子に、スポットライトを当ててみました。

 

日本棋院中部総本部2Fロビーでは、その日最も注目の対局が観戦できる、モニターが設置されています。

この日(5月30日)は、羽根直樹九段VS清成哲也九段の王座戦本戦。

すでに対局は終了し、検討の模様が映し出されています。

ちなみに、無音です。

 

対局は3Fで行われています。

生で見たいと思っても、関係者以外は入れません。

 

僕は、まんざら関係がないこともないので、対局室に突入してみました。

真剣な検討が続いています。

 

日本棋院中部総本部1Fには、囲碁カフェ&レストラン 「UN-CHAIN(アンチェイン)」があります。

木曜日は、対局の終わった棋士が来ることが多いです。

 

対局の終わった棋士たちが検討してました。

左から、山本賢太郎五段、大澤健朗二段、下島陽平八段です。

大澤二段は、UN-CHAINのオーナーでもあります。

 

それにしてもこの男達、

「見た目が棋士っぽくない棋士選手権」

があれば、確実に上位を独占するでしょう。

 

結果は、このような紙に勝者が記帳します。

羽根VS清成戦は個室でしたが、多くの対局は大広間で行われます。

 

大広間で、最後に残っていた一局が終局しました。

中野寛也九段VS鶴田和志二段

激戦の熱が冷めやらぬまま、布石から振り返って検討しています。

結果はどうだったのでしょう?

 

再びUN-CHAINに戻ると、棋士が増えてる!

そして爽やか棋士下島陽平の、ゴリラっぽい瞬間を捉えてしまいました。

 

宮川史彦七段と伊藤庸二九段が検討の中心になっています。

文明の利器、アイパッドで検討。

 

そうこうしていると、鶴田二段が検討を終えて降りてきて、

「中野先生にどうやったら勝てるのでしょうか・・・」

とつぶやく。

 

彼は今年、中野九段と二回手合いで当たって、二回とも・・・・・・・だそうです。

 

ちなみに彼の今年の成績は九勝二敗。

 

全対局が終了した大広間。

プロ棋士たちが己の存在を懸けて戦った熱気が、まだ残っています。

 

先日の記事で重野二段が

「熱気ムンムン」

形容していましたが、大げさではありません。

 

入った瞬間に、明らかに空気が異質です。

揮発した血と汗と涙が飛散している感じがします。

  

未だ、その生態の大部分が謎とされているプロ棋士。

 

プロ棋士は、複数集まると碁の検討を行うという習性があります。

「勉強しなきゃ」 と思ってやってるわけではなく、習性なのです。

 

大勢で検討し始めると、終わらなくなります。

時に、飯を食うのも忘れて延々と検討し続けます。

 

誰かが「飯食いに行こうよ」と言っても、

大体シカトされて検討が続きます。

 

空腹にたまりかね、無理矢理ザーッと石を片付けても、

みんな頭の中でイメージできるので、平然と検討を続けます。

 

だったら飯食いながらでもできるじゃん・・・・・・

 

それが、プロ棋士です。

 

突然このようなリポートをしてみましたが、

いかがだったでしょうか?

 

以上、柳澤でした。

 

コメント (4)

中部総本部の木曜日

2013-05-09 15:43:38 | NAGOYA

中部総本部では今も昔も和室での対局です。

今日の大広間は羽根泰正九段、山城九段、小県九段、等など勢ぞろい。個室では彦坂九段vs伊田4段の対戦がネット中継されています。

繰り広げられる盤上の闘いに、各部屋はもう熱気ムンムン~!

これから折にふれ中部総本部の対局の様子を写真&棋譜等を交えて、お伝えする事になりました。皆さま乞うご期待下さい!

 

コメント