名古屋棋士会

名古屋発!日ごろの出来事や囲碁のこと、身内話など、素顔のままに棋士仲間でつづるブログです。

新企画

2011-08-28 11:59:51 | やっぴー

こんにちは、柳澤です。

先日「夏休みジュニア&プロふれあい囲碁まつり」が開催されました。

 

普通に指導碁などもありますが、この会ならではの特別企画があります。

僕は当日は行かれなかったのですが、

話を聞くと、予想以上に盛り上がったみたいです。

 

企画と運営の中心人物である、

下島七段と大澤初段に、当日の様子を伺ってみました。

 

 

特別企画その1 『謎解きアドベンチャー』

柳澤 「こないだはお疲れ様でした。」

大澤 「お前なんで来んかった?」

柳澤 「ちょっと別用が・・・。でも本当に行きたかった。」

下島 「いや~めっちゃ楽しかったよ。」

柳澤 「謎解きアドベンチャーはどうでした?」

大澤 「子供たちにボッコボコにされた。物理的に。」

 

謎解きアドベンチャーとは、隠された問題を探し出し、

たくさん正解することで賞品をもらえるゲームです。

そして、その問題は棋士の体のどこかに貼り付けてあるので、

必然的に、大勢の子供達が棋士によってたかって、

服をめくったりよじ登ったりしながら探すことになります。

 

下島 「会場を逃げ回ったよ(笑)」

柳澤 「まさにお祭りですね。」

 

特別企画その2 『ふくめん棋士』

 

柳澤 「なんちゅーお面・・・。でも去年と比べるとだいぶ面影が残ってますね。」

 

昨年のふくめん棋士は、Tシャツ短パン、サンダル履きで、

サングラスとマスクを着けて、麦わら帽子をかぶっていました。

それは覆面というか、もはや変た・・・・・・

 

大澤 「ふくめん棋士は最強キャラ。常に本気で負かしにくる。」

柳澤 「今年は誰か勝った子はいましたか?」

下島 「2人いたみたいだね。」

 

特別企画その3 アイテム碁 「カードアイテムを使って棋士を倒せ!」

棋士VS子供達の連碁です。

そして、なんと棋士が黒を持ちます。

そのかわり子供達は、対局を有利にするアイテムカードが使えます。

「アゲハマ20目」 「2手打ち」 「山城」 「目隠し」 「筒」 「早口言葉」 「菜箸」 

以上7つのアイテムがあります。

 

柳澤 「説明が無いと分かりませんね。アゲハマもらえるのと、2手打てるってのは、分かりますが。」

大澤 「山城は山城先生が一手打ってくれる。」

柳澤 「なるほど。目隠しは?」

下島 「棋士に目隠ししたまま一手打ってもらう。スイカ割りみたいな感じ(笑)」

柳澤 「やってみてどうなりました?」

大澤 「宮川先生が、マスの中に置いたので、一手パスになった(笑)」

 

柳澤 「筒(つつ)は?」

大澤 「でっかい望遠鏡みたいな筒を、のぞきながら打ってもらう。」

下島 「まったく碁盤全体が見えないんだよね。」

大澤 「筒が長くて手が碁盤に届かないから、16の四、とかって口で言ってもらう。」

柳澤 「それは誰がやったんですか?」

下島 「鶴田くん。で、言ったところにすでに石があった(笑)」

大澤 「それも一手パスに(笑)」

 

 

柳澤 「じゃあ次は、早口言葉。」

大澤 「打つ前に3回言ってもらって、カンだら一手パス。」 

下島 「その言葉も、僕たちの創作。作るのが楽しかったな。」

柳澤 「なんか、いっぱい作りましたよね。」

大澤 「使ったのは3つだけ。」

 

「秀策 就職」

「山城宏 潮干狩り」

「湯冷め 梅沢由香里 くらり」

 

下島 「これはヒョンジョン(金三段)がやって・・・カンだね(笑)」

柳澤 「普通にカミますよね。しかもプレッシャーのかかる状況で。」

大澤 「子供達が復唱してたのが面白かった。」

 

柳澤 「最後に、菜箸(さいばし)は?」

大澤 「菜箸で碁石をつまんで打つ。けっこう難しい。」

下島 「これは中野先生がやったんだけど、上手いこと石を持ってたよ。」

大澤 「あそこに打ててたら、黒が勝ったかも。」

柳澤 「ということは、結局落ちたんですね?(笑)」

下島 「うん、打つ直前にポロっと。」

大澤 「理想的なオチ(笑)」

 

柳澤 「で、結果はどうだったんですか?」

大澤 「最後は白(子供達)の4目勝ち。」

下島 「ここまで細かくなるとは思わなかった。棋士は強いね(笑)」

 

一等は超豪華! お楽しみ抽選会

柳澤 「今年も景品が豪華でしたね。」

 

特賞が当たると、wii、PSP3000、3DS、などのゲーム機か、

 2万5千円相当の碁盤セットの中から好きなのを選べます。

ちなみに4等が花火セットです。

 

大澤 「やっぱり花火はみんな喜ぶ。」

下島 「今年も子供達のエネルギーが凄かったね。」 

 

 

「夏休みジュニア&プロふれあい囲碁まつり」は、来年もまた、さらにパワーアップして開催されます!

乞うご期待!!

 

コメント (2)   トラックバック (1)

思いこみ

2011-08-20 08:27:45 | 山城

碁聖戦第4局は羽根さんが勝って2勝2敗のタイになりました。

第5局は8月29日関西棋院で打たれます。

中部総本部は休館日ですが、15時から解説会を開催します。

前回、中部総本部での挑戦手合いは34年ぶりと書きましたが、

20数年前に加藤正夫王座対羽根泰正九段の対局があったそうです。

思いこみとは恐ろしい。

自分の記憶のいいかげんさに、あきれました。

コメント (1)

夏休みジュニア&プロふれあい囲碁まつり

2011-08-19 10:11:26 | 山城

夏休み恒例のプロ棋士と子供たちのふれあい囲碁まつりを、明日日本棋院中部総本部で

開催します。

入門、13路、19路大会。

プロに挑戦、指導碁打ち放題(ふくめん棋士出現)。

ナゾ解きアドベンチャー。

メインイベント、カードアイテムを使ってプロを倒せ。

お楽しみ抽選会と盛り沢山

高校生以下の人対象です。

当日参加もできます。

時間は13時から。参加料は1500円、指導碁打ち放題2000円。

お待ちしてます。

コメント

仙台七夕震災復興囲碁まつり

2011-08-09 12:43:57 | 山城

8月6日、7日、8日、の3日間仙台に行ってきました。

海外、全国から寄せられた「被災された支部や東北の囲碁ファンのための基金タケフ基金」で、

震災復興囲碁まつりを開催。

そして被災された支部を訪問しました。

参加棋士は小林光一九段はじめ8名。

6日の囲碁まつりは小林九段対地元仙台出身14歳の一力初段の公開対局。

100面打ちを2回。そして地元の方との懇親会。

公開対局では一力初段が勝ち会場は大盛り上がり。

懇親会では、地元の方から震災の時の状況や現在の状況などいろんなお話を伺いました。

2日、3日目は棋士が分散して各支部や仮設住宅を訪問しました。

私の行った多賀城支部は市の3割が津波の被害にあわれたそうです。

信田六段と2人で指導碁を打ってきました。

夜は各地に散らばった棋士や職員が連絡を取りあって仙台の街で一杯。

心が一つになって一体感を感じました。

 

 

 

 

コメント (1)

碁聖戦解説会

2011-08-05 10:40:40 | 山城

名人戦はまたしても羽根ー山下のプレーオフ。

8月8日に打たれます。

碁聖戦第4局の解説会はやらないんですかとの問い合わせをいただきました。

もちろんやります。

3時からです。

今回の碁聖戦解説会は東日本震災のチャリティーでお願いしています。

皆様のお越しをお待ちしています。

なお第5局は29日に関西棋院で打たれる予定です。

中部総本部は休館日ですが、もし打たれれば、3時から解説会を行います。

コメント (1)

碁聖戦第4局

2011-08-02 10:39:03 | 山城

碁聖戦第4局は日本棋院中部総本部で打たれます。

中部総本部で挑戦手合いが打たれるのは、昭和52年天元戦第4局島村先生と苑田8段「当時」

以来34年ぶりではないかと思います。

この局に勝って65歳で天元になった島村先生の姿が今でも目に焼き付いています。

34年前というとちょうど羽根さんが生まれたころ。

時の流れを感じます。

コメント (1)