goo

ぱちもんとはいわせない

撮影用のLEDライトはストロボ型?に限る、と考えていたけれど
(傘やらソフトボックスやらが流用できるから)
でも面光源の硬い光もアリだなーと最近思うところがあって
amazonみてみるとあるわあるわ、made in Chinaのぱちもんが・・
値段も超手ごろだから、試してみる価値ありか


検討の結果(たいして検討してないけど)
なんて読むのか NEEWERというブランドの NL 660ってのを購入
(NEEWERのデジカメ用ぱちもん電池をいくつか使用中)
値段はこのとき8,999円、安い
白いLEDと黄色いLEDが330個ずつあって
それぞれの出力の加減で色温度3200Kから5600Kに変化させられるとある
カラーメーターで測ってみると乳白アクリル板抜きで3100Kから5100Kほど
付属のアクリル板は400K下げちゃうからちょっと使いたくない
LEDの直前に入るからそれほど拡散の効果もない

ぱちもんといったけど作りは至って丁寧
1万円でお釣りがくるとは思えないクオリティ
これのOEMが日本の商社なんかを通ったら値段は数倍に跳ね上がりそう

どうも黄色と白の混合で色温度を変えるってのには否定的考えだったのだけど
それも含めてお試しなのだ


全灯フル出力で40W
白だけ黄色だけだと明るさ半分、一絞り暗くなる
もう少し明るさがほしいところだけど
2倍のお金をだせばそーゆーのもちゃんとある

Godox SL60W(ストロボ型)と併用してみた
色温度を合わせられるのはやはり便利で
ぱちもんソニー型電池を買えば(本物買えばいいんだけど・・)
バッテリー駆動もできる!
ただしACでの運用はアダプターを使わなくてはならない
これが一番いやなとこ
そのうちぱちもん電池買おーっと




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

座敷わらしに河童に天狗

 

ツボにはまりました
もののけ、あやかし、やっぱ好き
それと男性作家の描くヒロインもやっぱ好き
「女性はこうあってほしい」フィルターがかかってるっていうか

ダブルファンタジーの奈津なんて
初めこそ共感(同情)できたけど
だんだん怖くなってきた

逢魔が時にまた会いたい
続編に期待
でも当分なさそうだけど









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

杉峠は期待を超えていたがな

9月23日(日)、晴れのちくもり
6時に上小池駐車場を出発
お盆以来の山のわりにはなぜか調子よく
9時4分には三ノ峰山頂に到着
上小池~三ノ峰3時間4分は自己最速なのであった

そして今日のメインイベント、杉峠に突入

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

買ってまぁた

まえから欲しかったのだけど
むらむらっとくるたび自制して自制して
自制してきたのに~
ポチッ
価格コム最安値よりやすいんだも・・

2012年発売のちと古いモデルなんだけど
いまどきの4Kは撮れないんだけど
APS-Cサイズの大きな受光素子が映し出す絵はやっぱええわ
ホームビデオとは次元が違うわ
といってもハンディカム一家の一員だから
フルオート撮影が基本です
室内で試した限りはとくに不満はないな
でも屋外ではどうかな?
高品位な絵が撮れるから三脚使わなきゃね
これがずっとほしかった理由は
手持ちの写真用レンズがほとんどくっつくから~

タムロン18-200mm Eマウント用を付けてみる
おー、シルバーのレンズがしっくりくるねー

SONY NEX VG-30
買っちゃったの巻





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

帰るなりプシュッ・・あ、体重はかろ

昼飯抜き
脱水ぎみ
おお、夢の60キロ台が・・




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ