文珠川慧久の道楽帳2

turezure naru mama ni

PORTABOOKのWindows 10でWindows Updateを止める方法

2018-05-29 | pomera
キングジムの PORTABOOK は、Windowsパソコンではなくてあくまでも、ポメラなんだと考えるといいのかもしれません。PORTABOOKというポメラがWindowsを採用したことで、Windowsが仮名漢字変換を提供してくれるので、欲しい人だけATOKを買えばいい。そしてWindowsがワードパッド及びメモ帳を提供してくれるので、欲しい人だけ秀丸エディタとかMeadowなどを入れればいい。オフィスアプリが欲しければ LibreOffice を入れることもできる。とまぁそういうところについて、理想的なポメラへ向けてのキングジムさんの挑戦に見えました。頑張っていると思いますしこれからも頑張ってほしいと思います。しかし、Windows 10を選んだのが間違えだったと思います。まさかWindows 10がこんな仕様だったとは。

PORTABOOKというポメラを支えさせるはずのWindows 10の不都合は、まず、電源スイッチをオンしてからタイピング可能になるまで、普通のポメラよりもかなり待たされるという劣化が生じてしまいました。更に、Windows 10は自動的にOSが更新される仕掛けになっているので、しかもWindows 10にはOS更新を手動にする設定が提供されないので、必ず更新手順が実行されてしまい、最小限のストレージ容量しか持たされていないPORTABOOKはそれが原因となってOSの更新を途中で失敗して、失敗の前まで自動的に戻ろうとしますがそれも失敗してもはやPORTABOOKが起動しないという故障になることがあります。たとえ失敗前まで正常に戻れたときでも、再びOSの更新手順が自動的に開始しますので、PORTABOOKを使うことができないという事態に必ず陥ります。PORTABOOKは発売当初10万円程度でしたが、あっというまに、3万円弱で投げ売り状態になりました。

小生は、投げ売りされていたときに、あこがれのPORTABOOKを入手しました。小生のPORTABOOKは、入手したその日にWindows 10の更新のおかげで即効で故障してしまいした。更新が途中で終わってしまい以後起動せずということで修理センター送りになりました。

修理から戻ってきたPORTABOOKのWindows10は、そのときの最新版になっていたと記憶しています。その後もWinows 10の更新催促メッセージが現れてPORTABOOKを使えない状況に陥りました。残念ですが、しばらくPORTABOOKを放置していたのですが、なんとかPORTABOOKを活用できないものかと調べました。

Windowsパソコンではなくてポメラとして復活させることができれば、まさにそれがPORTABOOKに小生が求めている本来の姿なのですから、Windows 10の自動更新機能を止めてやればいいという結論に達しました。PORTABOOKにインストールされているWindows 10はHOMEです。

以下手順です。

(1)「電源オプション」で「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外して無効にする。
ネット検索して見つけたサイトで紹介されている方法によるとこの手順が存在しているのですが、小生のPORTABOOKのWindows 10 HOMEには出てきませんでしたので、手順(1)は無視しました。

(2) ファイル名を指定して実行→services.mscと入力しOK。
小生はClassic Start Menuというサードパーティー製ユーティリティーソフトをインストールしてあるのでメニューから選びました。

(3) ABC順になっているので下の方のWindows Updateを左クリック→プロパティ→スタートアップの種類を“無効”にする。
これでWindows Updateを止めることができます。

(4) HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoftを開きます。

(5) "Microsoft"を右クリックし「新規」→「キー」をクリックします。

(6)「新しいキー #1」と表示しますので「WindowsStore」と入力してEnter。

(7)「WindowsStore」を左クリックし、右側の部分を右クリックし、「新規」→「DWORD(32ビット)値」をクリック。

(8)「DisableOSUpgrade」をダブルクリックし、「値のデータ」を「0」から「1」に変更し、「OK」をクリック。

(9) レジストリエディタを閉じる。

(10) Windows Power Shell を管理者で起動する。

(11) 下記のコマンドを打つ。
reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v “NoAutoUpdate” /d “1” /t REG_DWORD /f

(12) PORTABOOKのWindows 10 HOMEを再起動する。

(13) Windows 10の自動更新をブロックできるツールのダウンロードして実行
ダウンロードもとのURLは次の通りです。
http://download.microsoft.com/download/F/2/2/F22D5FDB-59CD-4275-8C95-1BE17BF70B21/wushowhide.diagcab
下のブログの作者様がその使い方の手順を紹介してくださっています。
http://mahills.com/2407.html

(14) PORTABOOKのWindows 10 HOMEを再起動する。

(15) C:\Windows10Upgrade フォルダをフォルダごとゴミ箱に捨てる。

以上ですが、はたして上記全てを実施する必要があるのか無いのか確証がありません。小生は(2)から(15)までその順番で処置しました。ちょっと記憶が曖昧になっているかもしれないのですが、1に設定したはずの以下のレジストリがいつのまにか0になっていたことがありました。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU\NoAutoUpdate
再び1に設定しなおすまでは、8GB必要なところメモリが足りなくて重要なセキュリティアップデートがでませんというポップアップ画面が現れていました。

ーーーーーーー

ここでキングジムさんへ以下のエールを送っておこうと思います。

この初代PORTABOOKの教訓を生かして次を造って欲しいものです。そのときにはPORTABOOKが提供する機能は、パソコンでなくあくまでもポメラ(POMERA)という機能にして欲しいと願います。もちろんDM30という独自仕様に閉じた純粋ポメラ種は正解だと思いますが、標準的な側面を備えた柔軟ポメラ種があっていいと思うのです。

柔軟ポメラ種にはWindowsは似合いません。なぜならばマイクロソフトの危険でどうにもならない危険な爆弾みたいなブラックボックスを飲み込むことになり、上記の二の舞だからです。かと言って純粋ポメラ種の基本ソフトでは柔軟性が乏しくて面白くありません。たとえば LINUX (UbuntuでもMintでもいいですが)を採用して、OS及びアプリの更新機能は停止したオープンネスを備えたらいいと思います。OS及びアプリの更新機能を停止する理由は簡単です。検証できないからです。ポメラとして検証した時点の版で止めるということです。そして、テキストエディタとかな漢字変換をポメラとして提供するということです。

普通に使うユーザにはLINUXを見せずパソコンではなくてポメラとして提供するわけです。そして、ITスキルが十分にあるユーザは、サードパーティアプリを自己責任で追加インストールして使えるというオープンネスのありかたがよいと思います。ITスキルが十分にあるユーザだけ、たとえば LibreOffice を使いたいなら、それをインストールして使えるということです。

参考:

ポメラ DM300 が開発されるなら…
https://bebelog.wp-x.jp/gadget/mobile/pomera-4
コメント

ポメラDM10

2016-10-02 | pomera
<2016-10-02>

2014年春に3,980円でポメラDM10の新品を購入してから2年ほど経過した今、たまたまアマゾンで価格を見て高騰ぶりにぶったまげました。もはや実用的価値というよりも骨董品的収集価値になっているのかもしれませんが、それにしてもびっくりです。2016-10-02現在、アマゾンで価格をチェックしたところ、「キングジム デジタルメモ ポメラ DM10 パールホワイト¥17,273(税込、配送無料)とありました。
https://www.amazon.co.jp/キングジム-デジタルメモ-ポメラ-DM10-パールホワイト/dp/B001KT0KNW

それから、もう一つ、びっくりしたというか困ったことがあります。それは、ポメラの表面がベタベタになってきて、そこに塵や埃が絡まってまるで埃の天ぷら状態になってしまって、とても汚らしいという問題です。このベタベタの原因は、製品の表面に柔らかいゴム状の特殊な塗装を施す、ラバー塗装又はラバーコーティングというものらしいです。しっとりとした手触りとマット調の質感を、塗装だけで安く実現できるため、安普請のプラスチックの筐体に偽物の高級感を表現するのに最適なので、コストを下げて儲けを出そうとするメーカーがよく誘惑される選択肢になっています。しかし昨今は、このような偽の高級感の為のラバー塗装(ラバーコーティング)を嫌うユーザが増えています。



ゴムなのでシンナーなどの有機溶剤が効くのではないかと考えましたが、それではプラスチックの本体も溶けてしまうに違いありませんから、シンナーはやめておきました。それで、とりあえず、ティッシューに水を付けてこすってみましたが、全然利きませんでした。水分が無くなるとティッシューがゴムに絡みついて衣になってしまいましたので、これを爪でコリコリやって除去すると、本体表面が傷になってしまいました。では、無水アルコールならどうかと、ボロ布につけてこすってみたところ、はるかに有効でした。効果のほどは、キーボード支えはツルツルになりましたし、電池蓋ロックマークやmicroSD文字が完全に消えているところからも推察できるのではないでしょうか。下の写真をご覧ください。



<2014-03-01>

有楽町ビックカメラアウトレットにて、消費税込み3,980円で、新品のポメラDM10が売られていた。数量限定という札があったが、2014年2月27日現在、二カ所の棚に合わせてまだ数十台あった。ちなみに、DM5も2,980円という安値で売られていた。なんとなく、半年周期位に、どこかのデッドストックが発掘されは流れてきて、店頭に並んでいるのではないかという感じがする。

実は、以前からポメラ愛用者のひとりである。2011年1月にアマゾンにて20,480円でポメラDM20を購入し、2013年7月にアマゾンにて7,200円でポメラDM11GL(ランバラルモデル)を購入し、今回2014年2月に、ビックカメラアウトレットにて3,980円でポメラDM10を購入した。これらの三台は、全て新品。そして全て今でも現役で活躍中である。ちなみに、小生は、ポメラ新機種の発売順とは逆順で買い求めている気がする。

DM10には無くてDM11にある機能

(1)デフォルトのファイル保存先
デフォルトのファイル保存先を、本体メモリ又はmicroSDカードに設定する機能。
(2)デフォルトファイル名
新規作成したファイルを保存する際のデフォルトファイル名を「無題、文頭18文字、タイムスタンプ」のどれかに設定できる。
(3)付箋検索メニュー
DM10では、書式メニューにある付箋文設定で、付箋にする文字列を設定し、F1で付箋文の挿入、F5で前方へ付箋文を検索、shift F5で後方へ付箋文を検索する。DM11では、F1と同等の機能が「検索/挿入」メニューに追加された。
(4)QRコード表示
ポメラで開いているファイルに格納されている文章を、ポメラの画面へQRコード表示する機能。
(5)ショートカットキー一覧
取扱説明書を持っていないときに、メニューに無い機能を知る手段として必要不可欠です。
(6)電池設定
アルカリ乾電池又はeneloopを指定できる。
(7)階層ディレクトリ
DM10では、microSDカードのPOMERAという名前のディレクトリの下にテキストファイルが置かれる。DM11では、POMERAとは異なる名前のディレクトリの下に置かれたテキストファイルも扱える。
(8)ファイルサイズ
DM10では、全角で8,000文字まで。DM11では、全角28,000文字まで。

ネットをググるとポメラの機種比較がもっと詳しく報告されているサイトがあります。
例えば、
http://www28.atwiki.jp/pomera/pages/48.html
コメント

いまさらですがポメラ(pomera)買いました。

2013-07-04 | pomera
 じつは、何年も前からずぅとポメラが気になってました。初代機はDM10という型番で2008年11月10日に発売されました。実際に発売されると販売元(キングジム)の予想を超える出荷台数を記録したそうです。NHKの朝の番組でも取り上げられてました。
 そう、こういうを待っていたのだと思いました。早速ポメラを店頭で操作できるように展示している量販店を確認して、見に出かけました。そのときの最初の印象は、画面表示の鮮明性でした。バックライト無しの反射型モノクロ液晶なのですが、黒い文字がくっきりとしたコントラストが出ていて、当時まだあったモノクロ画面のノートパソコンやワープロの画面に比べて圧倒的に見やすかったことを思い出します。また、文字フォントもジャギーが感じられないし字体も洗練されていて、とても好感が持てました。キーボードが普通の大きさなので無理なくタッチタイピングできてこれまた結構だと思いました。
 発売当時は、どうしてもノートPCを持ち歩かなければならない状況で、ノートPCの電池が残っている限り、残念ながらpomeraの出番が無さそうでしたので、購入をためらっていました。ノートPC持参を余儀なくさせられていない友人、たとえばブロガーや物書き、の方々の中にポメラーがポツリポツリと登場しておりました。比較的小さな電子テキストを作るという事なら、明らかにPCよりもpomeraに軍配をあげたいと思いますからね。
 初代pomeraが2008年に登場してから5年経った今年2013年、大きな状況変化が訪れていると思います。それは、それまでノートPCでしかできなかったことが、スマートフォン及びタブレットだけでもできるようになったということです。初代iPhone発売日が2007-06-29、初代iPad発売日が2010-03-12、Android 4.0ソースコードリリースが2011-10-18でした。
 ブログや雑誌等の記事くらいの分量の電子テキスト作成ならば、スマートフォン及びタブレットだけでも不可能ではありませんし、Bluetoothキーボードを別途調達すれば、タイピング効率を向上させることができます。そう思って実際に長期間ロードテスト的なことを自分自身でやってみました。人によりけりだと思いますが、小生の結論は、iPhoneやiPad (Androidタブレットも)は、メールの返信や検索語彙入力等のタイピングは行うけれども基本的には見る方を専らとした利用方法がよいということです。長文メールや、ちょっと長めのブログや雑誌記事のテキスト作成作業は、思い切ってpomeraに移行してしまうのがよいということです。そしてBluetoothキーボードは持ち歩かない、というか、pomeraがiPhone/iPadのBluetoothキーボードになる機能を備えてくれるまで待つのがよい。
 と、まぁこんなふうに思っていた矢先のこと、pomeraがアマゾン.comで魅力的な価格で売られていることを友人が教えてくださいました。2013-07-05現在、なんと魅力的なことに! DM11Gランバ・ラルモデルが7,200円、DM11Gジオン軍モデルが7,500円、DM11Gシャア・アズナブルモデルが9,800円です。これらは新品の価格で、それぞれモデルイメージに合わせてデザインされたケースが含まれています。ガンダムキャラクタでバンダイとのコラボがうれしい人もいるでしょうけれど、そのことよりも、元々3万円くらいだったPomera DM11を1/3以下の負担でしかも新品入手できてとてもよかったと思います。 

 

【Bluetooth】
さて,その後,少々調べてみたところ,iPhone/iPadのBluetoothキーボードになる機能を備えたポメラが既にDM100という型番で製品化されていました。さっそくヨドバシアキバへ行って触ってみました。ところがiPhone 5とBluetoothでペアリングできませんでした。別の日に,今度は,有楽町ビックカメラへ行って触ってみました。なんと,こちらでもiPhone 5とBluetoothでペアリングできませんでした。

【WiFi】
DM100というポメラですと,更に,TOSHIBA FlashAir SDカード 8GB SD-WB008Gを利用してEvernoteへ投稿可能になってしまうようです。
http://www.kingjim.co.jp/resource/media/support/pomera/DM100_FlashAir_manual.pdf
これならWiFi接続でファイル交換できちゃいますね。
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1306/19/news017_3.html

アマゾン価格
DM100    19,900円
FlashAir 8GB 3,640円
---------------------
合計     23,540円

ヨドバシだとポイント還元でDM100の価格がアマゾンよりも10円安いです。
コメント