文珠川慧久の道楽帳2

turezure naru mama ni

いまさらですが iPod Touch 4 買いました

2013-06-24 | iPod
 第4世代の iPod Touch いわゆる iPod touch 4G というやつの格好が好きである。iPhoneに比べて薄くて小さくて背面が銀色でピカピカです。ソニーのメモリーオーディオプレーヤも持っているし、iPhone4もiPhone4Sも持っているし、iPad2も持っているので、いまさら iPod Touch 4は必要ないのは百も承知です。でも、背面のピカピカ仕上げのメモリーオーディオプレーヤを所有したいといういわゆる道楽ですな。

 道楽で、必要ない物を買おうというわけなので、いつでも欲しいときに買えばいいわけ。でも、ここでもう一つ、いつどこで買うかというのも道楽の大切な要素、むしろ、そちらの要素が大切だというわけでござんす。
 2013年5月下旬、iPod Touch 4 (MD058J)の32GB版の価格を価格ドットコムで調べてみると 18,120 円だった。名古屋観光する機会があり、もちろん大須(名古屋の秋葉原とも言われている)も観光ルートに入れていた。観光先でガジェットを買うと思い出になる。大須には、ツクモがあって、32GB版のiPhod Touch 4を広告の品です、残りあと2個だよ~んとして 15,800 円で販売しているところを目撃した。名古屋観光の思い出とダブらせてここでこれをゲットすることにしました。中古扱いではなかったので新品だと思われるが確証なし。
 iOSのバージョンは5.1.1が希望でしたが、新品扱いで販売しているわけだからあり得ないよね、それで6.0だった。iPod Touchの楽しいところは、基本的には音楽プレーヤーなんだけど、気の利いたWiFi機能を搭載しているし、iPhoneアプリの「050plus」とか「Skype」とか普通に使えるので、あたかも電話みたいにしても使えるところが面白いわけ。ほかにもiPhoneアプリでSnapCalのようなカレンダーアプリもメールアプリも動く、そういうところが面白いわけ。
コメント

MacBookPro LION→SnowLeopard 戻して快適

2013-06-23 | Macintosh
iBookstoreで電子書籍を販売してみたくて、MacOSX LIONを購入してOSをスノーレオパードからライオンへとバージョンアップしましたが、結局、できそうにないことがわかりあきらめました。iBookstoreでの書籍販売ができないのであれば、MacOSX LIONは、ただ単純に処理速度が遅くなっただけで、便利なところが何もないことがわかり、スノーレオパードへ戻しました。実にサクサクと小気味よく動いてくれますので、戻して快適です。

システムソフトウェアの概要:
  システムのバージョン: Mac OS X 10.6.8 (10K549)
  カーネルのバージョン: Darwin 10.8.0
  安全な仮想メモリ:有効
  64 ビットカーネルと拡張機能:いいえ
ハードウェアの概要は、次のとおり。
機種名: MacBook Pro
機種 ID: MacBookPro7,1
プロセッサ名: Intel Core 2 Duo
プロセッサ速度: 2.4 GHz
プロセッサ数: 1
合計コア数: 2
二次キャッシュ: 3 MB
メモリ: 4 GB
バス速度: 1.07 GHz
コメント