文珠川慧久の道楽帳2

turezure naru mama ni

ついに大橋堂の万年筆を入手しました

2018-09-20 | メモ帳・ノート・万年筆
持ち歩いて出先でメモをとったり会議などで出席者名簿に名前を記す場面で使いたいと思い、細めのエボナイト製の軸に滑らかな書き味の太字ペン先を備えた万年筆を、ときどき思い出したように探していました。いろいろあるので嬉しく思います。

パイロット万年筆 「カスタム845(¥50,000+税)」
 最大径16mm 全長147mm

セーラー万年筆 「キングプロフィットエボナイト(¥70,000+税)」
 最大径20mm 全長154mm

プラチナ万年筆 「3776マーブルエボナイト(¥37,800)」
 最大径15mm 全長137mm

笑暮屋 「宝珠(税込¥37,800)」
 最大径14mm 全長132mm

大橋堂 万年筆(税込¥37,800)
 最大径14mm 全長135mm 

大手万年筆会社の製品は実用的観点から言えば何かと無難だと思いますが、これが道楽となれば実用的観点よりも別の観点を経験したり味わったりすることができそうかで決める方が面白いというものだろうと思います。ときどきやっているようですが、たまたま、日本橋丸善に「笑暮屋」さんと「大橋堂」さんが展示実演販売というのを催しておりましたので、大橋堂の植原さんにお話を伺いながら試し書きをさせていただきました。

桐の箱入りです。小生が大橋堂の製品(手造りだから作品と呼びたい気持ちです)を選んだ大きな理由の一つに、細めのエボナイト軸であるという点がありますが、細いだけなら笑暮屋さんの宝珠などと軸の太さは同じです。小生の好みなのですが、キャップを閉めた状態でキャップと本体との継ぎ目に段差がなくスーと一本軸に見える姿の万年筆が欲しかったというのがかなり決定的要素となり大橋堂さんのを選びました。


この万年筆で使おうと思ってLIFE社製のN23の文庫本サイズのメモ帳(ホワイトビンテージプレミアム;¥700+税)を買ってきました。このホワイトビンテージノートの能書きはこうなっていますーーー当社が製造段階から品質を指示して抄造したオリジナルペーパー。なめらかな肌触りと、インクによるにじみや裏ぬけが少ないレイド入り高級筆記用紙です。長期の保存にも耐えられる中性紙です。ーーー 植原さんのご説明によるとインクカートリッジはセーラー万年筆の標準品を使うのことでしたのでさしあたり、セーラージェントルインク(ブルーブラック)カートリッジを買ってきました。もちろんセーラー万年筆用のコンバーターも使えるそうですのでそのうち入手しようと思います。


クリップ部分の接写です。


ペン先部分の接写です。いわゆる太字です。ニブ上面に「OHASIDO SINCE 1912 J.S.U 14K」と刻印されてます。「J.S.U」は、「Japan Sendai Uehara」の略であるとどこかの先輩のブログに説明がありました。Ueharaというのは大橋堂の万年筆を製作されている植原さんのお名前であるとも説明がありました。ただしその先輩のブログでは大橋堂の万年筆を製作されている植原榮一さんだと言っておりましたが、本日2018-09-20に日本橋丸善で小生に対応してくださって名刺を頂戴したのは代表取締役の肩書で植原友一というお名前がありました。ペン先のサイドにS-Bなる記号の刻印もあります。SはSoftでBはBoldの意味かもしれません。


試し書きです。用紙はLIFE社製N30のB6サイズのノーブルノートです。LIFEノートN30の罫幅は8mmですので大橋堂のペン先で描かれた線の幅がどのくらいの太さかおよその感触をつかめるのではないでしょうか。
コメント

ナガサワ文具センターの福箱2017 (福)

2017-01-01 | メモ帳・ノート・万年筆
2017-01-01に届きましたナガサワ文具センター福箱(福)の中身でございます。

TRAVELER’S notebook Mini 10th Anniversary Can Set
トラベラーズノート ミニ 10周年缶セット
定価 2,800円(税別)

ASHFORD クエスト 名刺入れ ブラック
型番 8564-011
定価 6,000円(税別)

ASHFORD 革製荷札
不明

BRELIO ブレイリオ 新書カバー
型番 650-10 BK
定価 3,600円(税別)

BRELIO ブレリオ ペンケース
型番 260-70 BL
定価 2,700円(税別)

プラチナ ペン
型番 MWBP-3000 #84 ミストパープル
定価 3,000円(税別)

キングジム
切り離してA5
Lサイズ[210×167mm]
型番 ショットノート(ツインリングタイプ)  9122
定価 660円(税別)

クツワ文具エプロンバッグ  ホルダータイプ ブラック
型番 BE003BK
定価 1,620円(税別) アマゾン価格
コメント

ナガサワ文具センターの福箱2016 (竹)

2016-01-02 | メモ帳・ノート・万年筆
楽しみにしていたナガサワ文具センターの福袋(箱)です。

(1)CASE MEMO,MONOCHROME,PAM-495 WH
   メモ帳 100mm×100mm 500枚
   株式会社Gクラッセ
   2,160円(税込ナガサワ文具楽天ショップ価格)

(2)DESCO DESIGN REG 0105,BOOK STAND
   価格調査中 ?円

(3)DOUBLE ACTION
   ELAN エラン・メタリック シャープペンシル(シルバー)
   MBM-3000 #9, JAN:4977114207617,プラチナ万年筆株式会社
   メーカー希望小売価格(税抜)\3,000
   楽天価格 2,268円(税込)

(4)ZIP CABLEポーチL,TMC-004CBK
   1.5m(microUSB)mobico ZIP Cable Pouch by Toffy
   株式会社Gクラッセ
   定価 2,139円
   アマゾン価格 930円(税込,送料別)

(5)修正テープ, KPA-325A, 5mm×6mm
   株式会社トンボ鉛筆,定価 600円
   アマゾン価格 458円(税込,送料別)

(6)クエスト IDカードホルダー(ブラック)
   ASHFORD, 8771-011
   定価 6,480円(税込)

(7)コインスルー2つ折財布(ロダン ブルー)
   ASHFORD, 8890-075
   Yahooショップでの価格 18,360円(税込)
   ナガサワ文具ネットショップ価格 5,400円(税込)
コメント

無印良品 B6・72枚・6mm横罫 万年筆ダメダメ

2015-11-22 | メモ帳・ノート・万年筆
万年筆で書いても滲まず裏抜けもしない紙質を備えたノートを探している。
無印良品に、そういうノートがあるという噂を聞いたので買い求めに行った。
「万年筆での筆記も可能な上質紙を採用した書き味にこだわった商品です。」と書かれたシールの貼られたノートを見つけた。B6・72枚・6mm横罫ノートで税込み300円だった。


万年筆での筆記も可能な上質紙を採用していると明確に書かれているし、書き味にこだわった商品だとも書かれているので、大いに期待した。パイロット万年筆のカスタム742(ペン先はFA、インクはパイロット純正ブルーブラック)で文字を書いてみた。

再生紙よりは、まだましだが、滲んでる。
では裏写りはどうかと言えば、ご覧のとおり。

ひどい裏写りだ。
何が無印良品だ、品質に偽りあり!
コメント

ナガサワ文具センターの福箱2015

2015-02-15 | メモ帳・ノート・万年筆
★2015-02-15 第二版

(4)ステッドラー万年筆 ノリスデザイン「ファウンテンペン」 [470 R-1]のその後
最近は、カクノ、プレッピー、コクーンなどの低価価格帯万年筆が一般化して、街の文房具店やディスカウントショップなどでも見かけるようになってきたのに、このステッドラー万年筆はむしろ消えてしまった。結構いい配色だし書き味もいいのにと思っていたら、致命的な問題点に気づかされてしまった。それはインクカートリッジがダメだということた。下の写真をご覧ください。右側がこのステッドラー万年筆に付属してきた試用品で、左側がいわゆるヨーロッパ標準型カートリッジです。一見同じに見えるのですが、このステッドラー万年筆にはヨーロッパ標準型カートリッジがささらないのです。いくらやってもダメです。

先端クローズアップ写真がこれです。
    ↓


★2015-01-01 初版

神戸インク物語のナガサワ文具センターが提供してくださった福箱(10,800円)をインターネットで予約しました。2015年元旦に届きましたので、おとそ気分で開封の儀を執り行いました。長く使えそうなしっかりした文房具ばかりだったのでとても良かったと思います。ナガサワ文具センターへの好感度300%アップといったところでしょうか。

ちなみに、やはり気になりますので、中身をネットで調べ、定価での合計をしてみたところだいたい 36,858円になりました。あちこちのインターネットショップのディスカウント価格を調べて合計してみたところだいたい 31,930円になりました。ひとつひとつ個別に購入するとこれに送料も加わることになりますから、福袋らしいお得感だと思いました。

中身は次のとおりでした。ただし情報は正確ではないかもしれません。

(1)ASHFORD ライフオーガナイザー タタンカ A5+A5 15mm[3701]
定価 20,000円+税
どこぞ不明のネット価格 17,000円+税 (18,360円)
http://www.ashford-style.com/products/detail_c3701-011.html
*色は黒でした。
*内側に数センチの傷がありましたが実用上の問題にはならないので構いません。
*A5版システム手帳の使い道を考え中。


(2)ASHFORD ロダン 名刺入れ [8478]
定価 4,500円+税
どこぞ不明のネット価格 3,800円+税 (4,100円)
http://www.ashford-style.com/products/detail_c8478-011.html
*色は黒でした。
*名刺入れが壊れたところだったのでちょうどよかった。


(3)USB電源式卓上パーソナル超音波加湿器 マトリョーシカウッドBRUNO
定価 5,400円+税
ネットショップ(ポンパレモール)価格 3,479円(税込)
http://store.ponparemall.com/aqua/goods/brn-mtrsw/?vos=afppmpvczzzzx0000003
*他の色よりウッド(茶色)が少し高いんですね。
*動作確認しました。
*冗談グッズ的な先入観でしたが、冬に乾燥した部屋でパソコンするとき良いです。


(4)ステッドラー万年筆 ノリスデザイン「ファウンテンペン」 [470 R-1]
定価 2,500円+税
ネットショップ楽天価格 2,160円+税 (2,333円)
http://item.rakuten.co.jp/penroom/11370/
*阪神タイガースグッズかと思ったらステッドラーでした。
*ステッドラーなのにMONOQLO 2015年2の「U5千円万年筆ベストランキング50」に登場せず。
*書き味はヌルヌル系でとても良好です。
*インクフローもとても良好です。
*極太よりも太いかも。
*普通に持ち歩いただけなのに本体とキャップ内で若干インク漏れしました。


(5)プラチナ ダブルアクション [MWBK-3000]
定価 3,000円+税
アマゾン価格 2,200円(税込)
バインダークリップ付き3機能複合筆記具(シャープペン+ボールペン黒+赤)
#11(スカイレッド)
*ちゃんと取説を読んでから操作したので戸惑いなし。
*ボールペンは筆圧低めで細い字を書くつもりなら問題ありませんが筆圧を高くするとかすれます。


(6)ライツ ワオシリーズ ノート A5サイズ 罫線 80P グリーン [4627-10-64]
8mm罫線 紙質:90g/m2 ノルディックスワンラベル取得 H217×W155×D14mm
アマゾン価格 864円(税込)
http://www.amazon.co.jp/ライツ-ワオシリーズ-A5サイズ-グリーン-4627-10-64/dp/B009O0STP0/ref=pd_sxp_f_i
*型番末尾64がグリーンを示します。
*ノートを広げている下の写真は表紙が青のノートになってますがグリーンが一冊です。
*ボールペン、シャープペン、鉛筆などなら問題ありませんが万年筆だと滲みますし裏抜けします。


(7)ユニパペル パピルスノート タイプフェイスノート(小)
信頼文具穂 価格 594円(税込)
http://www.wada-denki.co.jp/bunguho/menu3300.html
*下の写真には二種類のパピルスノートが写ってますが小さい方です。
*ボールペン、シャープペン、鉛筆などなら問題ありませんが万年筆だと滲みますし裏抜けします。
*鍵穴みたいな切り欠きは何に使うとよいのだろう?


(8)ナガサワ文具センターオリジナルINK物語絵葉書 1枚
たぶんおまけ。

以上
コメント

万年筆で滲みと裏抜けの少ないシステム手帳用のリフィル

2015-01-03 | メモ帳・ノート・万年筆
2015年ナガサワ文具センター福箱で、アシュフォード(ASHFORD) ライフオーガナイザー タタンカ A5+A5 15mm[3701]というシステム手帳を入手しましたので、使い心地を味わってみることにしました。まずは、リフィル選びを楽しもうとグーグルで検索したところ、万年筆と相性が良好で、インクの滲み及び裏抜けの少ないリフィルというものは存在することがわかりました。それらの製品型番を控えて近所の文房具屋やスーパーや量販店を見に行ったところ、たとえば Raymay DAR4008W という 111 枚で税抜き 420 円(ある安売り店では税抜き 294 円)の再生紙製で安いリフィルならば置いてありましたが、せっかく控えていった、万年筆との相性良好リフィル製品は見つかりませんでした。しょうがないので大手文房具専門店(今回はとりあえず伊東屋の横浜高島屋店)へ行きましたが、控えていった型番の製品は、ひとつも見つかりませんでしたが、代わりに KNOXBRAIN というブランドのリフィルが置いてありました。型番は KNOXBRAIN 524-503 というもので、行間 6 mm 31 行、100 枚で 600 円(税別)でした。

試し書きには、記号FA、フォルカン(ファルコン?)のペン先を付けた PILOT Custom 742 を使いました。このペン先は、インクフローが大変よろしいのです。書き味は、滑らかですが滑らかすぎずとても良好でした。インクの乗りも良好でした。KNOXBRAIN 524-503 の紙厚は、結構薄いんですけれども、裏抜けは、ありませんでした。

▼KNOXBRAIN 524-503 リフィル(A5版6穴)


▼PILOT Custom 742 (ペン先はフォルカン[FA])
▼インクはPILOT純正BlueBlackカートリッジ


▼滲みは見られず裏抜けも見られず(すばらしい!!)


せっかくなので、お試しも楽しみのうちだよねとの考えから、Raymay DAR4008W という 111 枚で税抜き 420 円(ある安売り店では税抜き 294 円)の再生紙製リフィルも買ってまいりましたので、こちらのリフィルについても試し書きしました。

▼Raymay DAR4008W は、こんなパッケージです。


▼リフィル紙 Raymay DAR4008W にインクで文字を書いてみました。
▼再生紙なので、やはり紙の繊維に沿ってインクで書いた線から髭が出てますし、滲みもあります。
▼赤い文字は解説です。


▼リフィル紙 Raymay DAR4008W にインクで文字を書いたときの裏側です。
▼解説をつけるために使用した赤インク以外はしっかり裏抜けしてます。
コメント (1)

浅草 - 満寿屋 - MONOKAKI ノートを利用した自作スケジュール帳

2014-12-31 | メモ帳・ノート・万年筆
2011年1月1日から2014年12月31日の4年間、A5サイズのジークエンス社の「360ノート」を使いました。4年間かけて400ページ強の分厚いノートを使いきりました。タイ王国製のこのノートは、360°開き折り返して持って使えるところがお気に入りでした。紙質はボールペンとの相性が良好でした。モンブラン(MONTBLANC)の「マイスター シュテュック クラシック164」ボールペンとの組み合わせで長い間愛用しておりました。

ところが、2014年10月頃に、残念なことに、このボールペンを破損してしまったため、長い間署名専用だった太字万年筆(有隣堂で25年前2万円で購入したセーラー万年筆「プロフィット」)の再登板となったのですが、ジークエンスノートと万年筆との相性は、とても悪く、滲みまくりの裏抜けしまくりでした。

2015年は、万年筆と相性良好のノート又はメモ帳にしようと思いました。システム手帳やダイヤリ型ノートのようなものでもいいのですが、普通のノートをノートカバーと組み合わせるという方法が、しっかりした造りで軽くて実用的ではなかろうかと考えました。

万年筆との相性良好のノート選びで参考にさせていただいたブログは次のとおりです。

万年筆用インクについて
http://www.k4.dion.ne.jp/~outdoor/stationery_01/pen_kou/ink_kou_01.html

顔料インクファン待望!万年筆用の顔料系青インクです!本格ブルー文字用 超微粒子 プラチナ 顔料ブルー
http://www.sumi-ri.com/platinum-inkg-1500-60.html

万年筆ユーザー永遠の課題|万年筆の裏抜け検証をしてみた
http://cocco00.hateblo.jp/entry/2013/03/26/073121

ロディア エピュレ ノートでの万年筆のインク比較(6)
http://plaza.rakuten.co.jp/rokeroke3/diary/200704200000/

万年筆と相性の良い定番ノート比較
http://ambient-gedgets.blogspot.jp/2014/09/blog-post.html

MDノート、24冊使いました! ノートジプシーをやめて、MDノートを薦める3つの理由
http://genkiszk.com/mdnotebook-point/

万年筆な日々 万年筆に嵌ったファッションデザイナーの記録
http://bbink.blog.jp/archives/5406840.html

『開きやすいノート A5・横罫・96枚』(無印良品)を買ってみた [紙]
http://stationery-station.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303388831-1

無印良品・開きやすいノート ~にじみ・裏抜け調査~
http://nekobungu.blog.fc2.com/blog-entry-46.html

万年筆の裏抜け防止用インクは?中国製&日本製モレスキンとの戦い
http://nomabot.com/blog/2014/02/24/fountainpenink1/

赤モレスキン開封&裏抜けチェック!
http://nekobungu.blog.fc2.com/blog-entry-117.html

「モレスキンでも裏抜けしない万年筆のインク」を教えてもらいました!
http://moleskinerie.jp/2012/09/27-4.html

モレスキンと万年筆の相性(3)モンブラン ミッドナイトブルーを試してみた
http://blog.livedoor.jp/shokun1108/archives/22903387.html

モレスキンとMDノートとロイヒトトゥルム
http://d.hatena.ne.jp/mozunikki/20131227/1388108042

万年筆の余滴 紙探しの旅
http://members.jcom.home.ne.jp/y-mo/fullhalter/ink37.html

【万年筆】最高のグレーインクを求めて・・。万年筆用インク『霧雨』『ストーングレー』『冬枯れ』『極黒』の比較!!
http://cgchips.com/stationery-compare-gray-inks-2922.html

アピカプレミアムCDノート CDS120S 5ミリ方眼罫 B5サイズ カスタマーレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/cr/rR13W7O9KL28B0U

ジェットストリームで実感した、裏抜け(にじみ抜け)
http://nuinui358.dreamlog.jp/archives/35552246.html

2014年の手帳を考える(主に、EDiTマイナーチェンジについての悲嘆)
http://kn.hatenablog.jp/entry/2013/10/13/204432

他にもっと適当な製品があるのかもしれませんが、とりあえず銀座の伊東屋と東京丸の内の丸善で探した結果、ノートカバーとしては、「レイメイ藤井」社製の「マルチカバーノート」でサイズはA6の色はブラックを選び、ノートとしては、浅草・満寿屋のMONOKAKIノートでサイズはA6判の型番 N7 (8mm グレー罫 16行 160ページ, 850円(+税))を選びました。

MONOKAKIノートN7の先頭から25ページ分にスケジュール帳を自作しました。写真3及び写真4を参照してください。

▼写真1

「レイメイ藤井」社製の「マルチカバーノート」



▼写真2

浅草・満寿屋のMONOKAKIノートでサイズはA6判の型番 N7

いっしょに写っている万年筆は、セーラーのプロフィット極太ではなくて、プラチナ万年筆の#3776センチュリー#51シャルトルブルー細字(F)です。A6判ノートの自作スケジュール表へ記入するために、細字ペン先を備えたの1本を新たに入手いたしました。



▼写真3

自作スケジュール表



▼写真4

自作スケジュール表の寸法割

コメント