文珠川慧久の道楽帳2

turezure naru mama ni

GL07S の LTE を Band 1 対応にして docomo MVNO で使う

2015-10-17 | Android
2008年に、H11HWでEMOBILEの音声回線を契約しましたが自宅が圏外でがっかりし、2013年にGL07Sが登場しこの機種だけはSoftBankへのローミングができるということで物珍しかったので再びEMOBILEと契約しました。味見の結果は、EMOBILEからSoftBankへのローミングはとても使い勝手が悪かった。どこが一番困ったかというと、ウェブサイトなどへのアクセスの祭に、即時始まらないで、始まるまで比較的時間がかかるという点でした。これがローミングの味なのでしょうね、たぶん。

SoftBankがEMOBILEを買収してからも、同じ会社になったにもかかわらず、GL07SでSoftBankの電波を使うときにはローミングのRマークが表示されることも接続に時間がかかることも変わりありませんでした。ちなみに、2015年09月頃までやってますというダイレクトメールで紹介されていた AQUOS Crystal Y ですと、SoftBank電波を使うときもローミング扱いではないのだそうです(未確認情報)ので、たぶん接続に時間がかかる感じはGL07Sで感じるよりも少ないのかもしれません。

さて、それで、GL07SのSIMをSIM FreeのiPhone4SでSoftBank 3G網をしばらく使っていたのですが、SoftBankがEMOBILEを経営するようになってから、GL07SのSIMはGL07Sでしか使えないようにネットワーク側で制限がかけられてしまったため、再びGL07SへSIMを戻しました。原因は、だいたい「イー・モバイルのGL07SにIMEI制限が追加された? いいえ、少し違います」にノートしたようなことらしいです。

GL07Sなら、自宅がEMOBILE (現在のY!モバイル)圏外でもSoftBank圏内なので使えるのですが、接続までに二呼吸くらい時間がかかるという”お味”付きで、どうも旨くありませんし不便です。なので、EMOBILEの契約を切るつもりで、料金、端末分割代金及び手数料の計算をしました。自分の中での結論は、2年縛りあけまで待ってMNPでどこかへ行くことでした。

MNPでドコモあたりへ行って、iPhone6を一括0円購入するのもいいかなぁと考えました。2年という期間で端末代金まで合わせると、3GB程度のパケットプランで計算すると、12万円位なので、SIM Free iPhone6を購入して格安SIM(音声あり)で運用するのとあまり変わらないという見積もりです。ただし、2年経ったら機種変更せず新端末代金を負担しないつもりなら、そのとき格安SIMへMNPしてもいいんじゃないかと。でも、iPhone6Sが既に販売されておりその宣伝文句は、全てがiPhone6から変わった、であり実際ベンチマークも随分高性能化していることを示しているようでした。だからiPhon6を引くのはよしておくことにしました。また、せっかく2年月賦を完済したばかりなのですから、GL07Sをそのまま利用してはどうかという考え方もありますので、MNPでEMOBILE (Ymobile)からマイネオ(mineo)のD(ドコモ)プランへ行ってみることにしました。

さて、GL07Sは、LTEも使えるんですが、1.7GHz帯だけです。ドコモの場合は2.1GHz帯がLTEのメインであり1.7GHz帯は高速道路沿いだそうです。小生の自宅にはドコモの1.7GHz帯は届いていません。ということは、GL07Sの1.7GHzを2.1GHz対応に変更できなかった場合、GL07Sは単なる昔の3Gスマホということになってしまうわけです。しかし、実は、イー・モバイルのLTE対応スマートフォン「STREAM X GL07S」は、Huawei社製の Ascend P2 に”おサイフケータイ”対応させた日本向け日本向けモデルだということらしい。

Ascend P2 は1.7GHz帯にも2.1GHz帯にも対応している。当然LTEバンドをいじるとなればルート化必須です。Ascend P2 のルート化ツールを流用して GL07S もルート化できるらしい。試してみたところできた。
EMOBILE GL07S root | イーモバイルGL07S ルート化

mineoのDプラン用APN設定は以下の通りです。Aプランの設定とは異なるので注意が必要です。
APN: mineo-d.jp
User ID: mineo@k-opti.com
Password: mineo
MCC: 440
MNC: 10
Auth Type: CHAP
APN protocol: IPv4

RBB Speed Test アプリで GL07S (Band 1)を測定してみますと次の成績でした。
1回目:
 PING: 79 ms
 Down: 4.80 Mbps
 Up: 12.41 Mbps
2回目
 PING: 89 ms
 Down: 14.32 Mbps
 Up: 1.56 Mbps

ご参考:RBB Speed Test アプリで XPERIA Z Ultra (Model: C6833)「みおふぉん」を測定してみますと次の成績でした。
 PING: 57 ms
 Down: 28.10 Mbps
 Up: 5.67 Mbps

ルート化したら次の作業はLTEバンド対応です。これは、Ascend P2 の modem ファイルを GL07S のと入れ替えるだけです。

さよならEM、STREAM Xでband1をつかめ

GL07S root化とband1

modemファイルを入れ替えたあと、modemファイルをもとどおりに戻してみましたところ、相変わらずLTE Band 1 (2.1GHz帯)の利用が可能でした。

modemファイルを入れ替えてLTE Band 1に対応したところ、かなり実用上困ったことが発生いたしました。それは、「選択したネットワークが見つかりません」というダイヤログがポップアップするようになったことです。この問題を解決する方法があります。

方法:

ネットワークオペレーターを自動選択に設定する。
設定 → モバイルネットワーク → ネットワークオペレーター → 自動選択

ーーーーー

★GL07SにMVNO SIMを挿してテザリングする

モバイルネットワークの設定で、予め docomo MVNO {今回はマイネオ(mineo)Dプラン}用APN設定をしておきます。

/data/data/com.android.providers.telephony/databases/telephony.db
をadbコマンドでPC側へpullして、SQLエディタで編集。
※この記事のSQLエディタの部分が参考になるでせう。
   ↓
 ”auスマホ端末 XPERIA VL (SOL21)を入手、mineo用に便利化
 
リストは100項目以上と長いのですが、その最後か最後から何番目かに em.lite のAPNが登録されてます。また、あらかじめ登録したマイネオDプランのAPNが最後にあります。テザリング時には em.lite にGL07SのAndroid OSができているようなので、この em.lite をマイネオ(mineo)DプランのAPNと同じになるように書き換えます。ただし、この行の先頭にある em.lite という題名はそのままにしておかねばなりません。

--- ご参考 ---

GL07S Stream X で Root 化せずに DMMmobile のテザリングに成功
などのブログを拝見し、
adb shell content insert --uri content://settings/secure --bind name:s:tether_dun_apn --bind value:s:mineo,mineo-d.jp,,,mineo@k-opti.com,mineo,,,,,440,10,2,*
としてみたところ、当方のGL07Sでは invalid int:"" というエラーが帰ってまいりました。

ーーーーー

★AGPS設定アドレスの変更

*#*#2846579#*#* → ProjectMenu → Background setting → AGPS Settings

221.176.0.55:7275
   ↓
supl.google.com:7276
(supl.google.comのIPアドレスはpingすればわかる)


以上
コメント

YOGA Tablet 2 の充電のコツは、USBケーブル選び

2015-10-04 | Windows Tablet
小生のブログ記事へのコメントをヒントにして下の記事を投稿しました。

| 使用中に充電ケーブルを挿しても「充電していません」と表示される。
| 一晩中充電しても100%にならない。


YOGA Tablet 2 を充電するには、コツが要るようです。そもそも、民生用の電子機器を充電するのにコツがあるなんて、機器として不出来だと言わざるを得ません。しかし、そんなこととは露知らず、知りませんよね普通、購入してしまったからには、否が応でもコツを覚えて付き合っていかざるをえません。不幸中の幸いで、充電のコツは、覚えて付き合うのにそれほど我慢を強いられない程度だと感じました。もちろん我慢には違いありませんので、許容できるかどうかについては、ひとによるのだろうと思います。

USBケーブルを用いてACアダプタと接続したあと、マウスカーソルを電池アイコンのところでもっていきますと、充電しているつもりなのに「充電していません」と表示されることがあります。そういう状況では、たとえ一晩中充電しても満タンになりません。でもこれ、故障ではないのです。でも、なんでこうなの?というのが素朴な疑問だと思います。

本当は、YOGA Tablet 2 本体側の充電回路の設計に問題があるという見方が普通だろうと思います。なぜならば、YOGA Tablet 2 本体側の回路なんて利用者には触りようがありませんし、ACアダプタのUSB出力電圧は5V(4.8V~5.2Vくらいばらついている)に決まっていて利用者が調整できる仕組みにはなっていないからです。また、充電動作によりACアダプタから電流が流れるとACアダプタからの出力電圧は降下します。従って、利用者が意図して選べるのは、残念ながら充電に使う「USBケーブル」だけです。だから、コツは「USBケーブル選び」という少しずれたような答えになります。

ACアダプタのUSB出力電圧は5Vに決まっていますが、実際には4.8V~5.2Vくらいでばらついています。では電圧高めの5.2V品のUSB充電器を選び出せばよいのかと言えば、必ずしもそれだけでは十分でなく、容量が少なければ電流が流れて電圧降下して、充電していませんということになるでしょう。さらに、USBケーブルに使われている電線が細いと抵抗が高くなるので、電流が流れて電圧降下の原因になります。というわけで、十分な容量を備え少々高めの出力電圧のUSB充電器(もちろん本体付属の純正品をベストとする)を選び、太い電線を使って作られたUSBケーブル、またはできるだけ短いUSBケーブル、を利用するのがコツでしょう。

いろんな種類のUSB充電ケーブルを試してみるとき、間接的にではありますが YOGA Tablet 2 本体側で定量的に数値にて、診る方法が無いでもありません。たとえば、BatteryBar というソフトウェアがあります。下記のブログがとても参考になりました。

Lenovo YOGA Tablet2 充電ケーブル ミヨシ SCB-L212/BK
http://orejunk.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/lenovo-yoga--10.html
コメント

YOGA Tablet 2 休止状態で節電

2015-10-03 | Windows Tablet
小生のブログ記事へのコメントをヒントにして下の記事を投稿しました。

| スリープ時も消費電力が多いのか一日持たない。


この問題は、Windowsシャットダウンメニューに「休止状態」という項目を導入することで解決できます。その方法は、小生のこのブログで紹介済みです。
Lenovo Yoga Tablet 2 with Windows 1051L SIM Free (10インチ)
以下その記事の抜粋です。

(8)休止状態にできるようにする

ThinkPad Tablet 2 でもそうだったが、YOGA Tablet 2 の電源メニューにも「休止状態」いわゆるハイバネーションが無い。これは、Windowsタブレットのくせに、超軽量パソコンとしてではなくて、あたかもAndroidケータイみたいに無線モジュールを停止させないで、メールなどのプッシュ受信や定期受信を行うために休止状態にしないということらしい。この仕組みは、Connected Standby という名前で始まり、最近は Instant Go という名前に変えられたらしい。しかし、いずれにせよ、もともとパソコンなのにそんなことしたらオフィスアプリを使うときにいつのまにか電池が無くなったということになる。だから電源メニューに休止状態を取り戻す。
下記のサイトが参考になる。
ASUS TransBook T100TA(Windows8.1タブレット)休止状態のやり方
http://ameblo.jp/conpe/entry-11896958789.html
コメント