ももたろうパートナーズ 2006

視覚障がいのある方といっしょに走るジョギングクラブ・ももたろうパートナーズ 

京山大周回マラニックです。その3です。

2021-01-10 20:18:51 | アーカイブ(過去の活動)

伊東邸エイドでエネルギーチャージを終えた桃パは、北上を始めました。

すき家がある交差点を渡ります。

桃太郎が入った桃が流れてきたという笹が瀬川を渡ります。

左の山がならずやま、右のやまが、ぼうずやまです。

ならずやぼうずって、なんでしょうね。

山裾に向かいます。まずぼうずやまです。

坊さんの頭かなー

はくさん神社です。

案内板がありました。

アップにします。

はくさんじんじゃは、石川県の白山権現から勧請(かんじょう)したそうです。

権現(ごんげん)は仏教の仏さんですから、明治期の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)で、無理やりはくさん神社と改称させられました。

また、古くは吉備の冠じゃであった温羅の頭目の首塚だったそうです。

あおはか神社の伝説につながります。

それにしても、地元の民は散々な目に遭っていますね。

右の首部(こうべ)から東ならず、中ならずと西に向かいます。(地図の右から左へ)

下の地図は、精緻な登山地図です。地元の登山家のグループが作成されました。

昔ながらの狭い路地を通っていきます。

迷子になりそうです。

山がむき出しになっていますね。

2年半前の西日本豪雨で崩れ、今も工事をしているのだと思います。

昔からある道です。古民家も残っています。

山沿いに走ります。

若宮八幡さんです。階段が急です。麓から拝みました。

さらに西を目指します。

記念写真も撮り合います。

貝畑さんはここからお別れです。ありがとうございました。

この階段もとんでもなく急です。おひとり登っています。

天津神社です。あまつと読むのでしょうか。

さて、これから、矢坂をめざします。旧山陽道です。

 

お読みいただきありがとうございました。

その4に続きます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 京山大周回マラニックです。... | トップ | 新春京山大周回マラニック!... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アーカイブ(過去の活動)」カテゴリの最新記事