ももたろうパートナーズ 2006

視覚障がいのある方といっしょに走るジョギングクラブ・ももたろうパートナーズ 

私たちの久保瞳さん、ラジオ深夜便(10月8日午前4時~)に出演しました。

2020-10-08 04:59:19 | 交流・メンバー紹介

途中から聴きました。

4時25分頃からでしたので改めてラジルラジルで聴きたいと思います。

後半部分は、

・目の病気についてのお話。

・義母や実母への介護。

・母への思い

・「見えなくても生きていく覚悟」ができてから、胸をはって生きることができた。

・笑顔で生きていきたい。

・80歳までを目標にフルマラソンを続けていきたい。

・あなたにあえてよかった。

 

追加:ラジルラジルで前半を聴きました。10月8日7時から聴収、

聞き手は、さかぐちけんいちろうディレクターです。

・網膜色素変性症(もうまくしきそへんせいしょう)で失明するまでのお話。

・トレーニングは週3~4日。月200km走ります

・練習場所は岡山県総合グラウンド。オリンピアンの人見絹枝さん、有森裕子さんの銅像がある。

・60歳で伴走者さんに遭って始める。14年間。

・伴走者が一緒に走ってくれて初めて安心して走ることができる。

・ラジオ深夜便で車いすでホノルルマラソンを走った人の話を聴き一念発起する。

・国内でのマラソンを目指す(制限時間がある)→歩くことなく5時間を切ってゴール。

・キルギスマラソンの思い出。1600mの高地マラソン、100余名参加、女性10名、70代1名(わたし)。

 キルギスと人との交流。大歓迎してもらう。そして岡山の自宅にキルギスから来てもらい宿泊も。

・モットー:今日のせい一杯を走る。余力を使い切る。

ここから後半に戻ります↑

-----------------------------------

貝畑さんからメールが入りました。

10月8日(木曜)午前4時に私達のアイドル久保ちゃんが出演します!

朝早い時間ですが、聞きたいです!NHK第一放送(ラジオ)です!

 

もし聞き逃されたら、ラジコ(スマホのアプリ)でも聞くことができますよ。

楽しみですね。

写真は昨年のおかやまマラソンのスタート前の久保さん(中央)です。

久保瞳さんを瀬戸内海放送が取材しています(今年5月)
こちらです。https://blog.goo.ne.jp/kokakuyuzo/e/839b9b8524c6efec41d7d48ba53bba08
 
追記:2020年10月9日
 
NHK 「明日への言葉」に要約が掲載されていました。

久保 瞳(視覚障碍者ランナー)     ・マラソンで得た第二の人生

岡山県にお住いの久保さんは今年74歳、30歳半ばのころ医師から50歳までに失明すると告げられ48歳で目が見えなくなりました。

病名は網膜色素変性症でした。  

マラソンで得た第二の人生、久保さんに伺いました。

月、水、金と土(月に2回)、一ヵ月に200kmぐらい走っています。  

紐を結んで手を取り合いながら走っています。

岡山市総合運動公園は人見絹江さん、有森さんの像がありオリンピックでメダルを取った人です。

50歳の時にマラソンブームがあり、新緑の風を感じて走れたらどんなに気持ちいいだろうと思ったのがきっかけでしたが、伴奏者がいなくて10年が過ぎて、60歳の時に20歳若い私と同じ病気の彼女が電話をくれました。

紐と言葉で段差があるとかカーブがあるとか説明を受けながら走るので安心できます。

ラジオ深夜便の放送で沖縄の男性で両足義足の人がホノルルフルマラソンを完走したという対談を聞いてしまって、私は目は見えないが自分の足があるのでフルマラソンを走ってみたいと衝動にかられました。  

一度でいいからホノルルに行きたいと言ったらリーダーが行こうと言ってくれました。

練習をして、伴奏リーダーが大腸がんになってその年のホノルルマラソンは行けなくなりました。  

ホノルルマラソンは時間無制限ですが、ゆるい制限時間で参加できる大会が日本にもあるという事で、63歳の時に宮崎の世界青島太平洋の大会にエントリーしました。

走る時に伴奏リーダーさんに2つのお願いをしました。 

一つはゆっくりでもいいから歩くことなくゴールがしたい、5時間が1秒でも切れたらという事でした。 

制限時間が6時間30分でした。  

結果は4時間44分11秒でした。 

うれしくて周りに報告しました。

65歳で吉備路マラソン、第一回神戸マラソン、ホノルルマラソン、そのほか沢山のマラソンに参加して走りました。

72歳の時にはオーストラリアのゴールドコーストのマラソンに行きました。  

岡山の盲学校の元教頭の竹内先生がモンゴルに盲学校を作って、その後キルギス共和国に視覚障害者の訓練施設を作って、それを見届けるために行くのでという事を先生から電話があり、シルクロードマラソンもあるという事で走りたいと思って一緒にいきました。  

6000m級の山々が連なっていてまだ貧しい国でした。 

走るところは1600mの高地でした。    

フルマラソンは100名ぐらいの参加で女性は10人で70歳は私一人でした。  

風景などの説明があり想像しながら走りました。

15km付近でお腹具合あが悪くなりトイレに行きたかったが、身振り手振りである男性に伝えて畑のなかのトイレに連れて行ってくれました。  

お礼を言ったら大きなチューリップをくれました。 

言葉は全く通じませんでした。  

チューリップの色は赤でした。 

制限時間は7時間でしたが、5分前にゴールすることができました。  

おばあちゃんがゴールしたという事で大変な歓迎を受けました。

NHKだったと思いますが、「世界ののど自慢」がありキルギスで優勝したグルムさんという女性が日本に来て「涙そうそう」を歌って、岡山でもコンサートという事になりました。

グルムさんを含めて通訳の方とか4人が我が家に一泊泊まっていただくことになりました。  

グルムさんは全盲の方です。

30代半ばで見えない部分がある言うことに医者に行きましたら、網膜色素変性症という事でした。  

50歳までに失明すると告げられとてもショックでした。

私は一般臨床検査師をとりました。42歳で段々見えなくなる中で姑さんの介護をしました。

最後は姑さんは入院しましたが、手をさすっていたらしばらく握って離さなかったんで、私の介護に納得してくれているんだなとほっとしました。 

母の介護もしました。

そのうち天国で母に逢えたら見えなくなったけど大勢の人に支えられて結構楽しい人生だったよと、報告出来るようにこれからも生きていきたいと思っています。

夢は80歳を目標にフルマラソンを走り続けたらいいと思っています。 

自分から笑顔を発信しながら生きていけたらいいと思っています。

転載終わります。

お読みいただきありがとうございました。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 久保さんから練習会の報告が... | トップ | 12日(月)練習会が終了しま... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

交流・メンバー紹介」カテゴリの最新記事