みみサポみやぎ つぶやきブログ

宮城県聴覚障害者情報センター(愛称:みみサポみやぎ)のスタッフが毎日交代であれこれとつぶやくブログです。

「イヤホン(ヘットフォン)難聴」

2022年11月26日 14時33分35秒 | 日記

驚くようなニュースが入りました。

「イヤホン(ヘットフォン)難聴」

11月15日、WHO(世界保健機関)の研究員らが、世界で危険な
音量での音楽聴取により難聴発症のリスクにさらされている若者が
10億人超に上る」と報告されました。
このまま放置すると経済的な損失はかなり大きくなるだろうと警告。
これは驚きです。

最近の、ワイヤレスイヤホンが普及され、本を読みながら、あるいは
スマホを見ながらなど、別のことと同時に音楽を大きな音で長い時間、
聞きっぱなしになっている人が多くなったからです。

WHOによれば、「80デシベル(電車の騒音程度)の音量」、
「1日あたり5時間半(1週間に40時間)以上」聞いた場合、
聞こえが悪くなるリスクが高くなると。

このために内耳の蝸牛にある有毛細胞を弱めてしまう、または壊れて
しまうために聞こえを感じとることが出来なくなってしまいます。
有毛細胞が死滅するとも言われてるので、一旦、悪くなった有毛細胞は
元に戻ることが出来ません。

そうならないためにも
「1時間連続してイヤホンを使用したら、10分休憩すること」
「音量を大きくしない(機器によるが60%以下)こと」
「聞こえがおかしいと思ったときは速やかに耳鼻科に行くこと」

ホントに耳は大事にしましょう。

タイヤ交換で体力の限界を感じなかった松本でした。
まだまだ、やれます!(笑)




今日のみみサポみやぎ花壇

Sさんが植え替えてくれました。きれいになりました。
雰囲気が変わり、これからが楽しみです。
Sさん、ありがとうございました!

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

みみサポ通信発行日です

2022年11月25日 16時55分24秒 | 日記
みなさま、こんにちは。

今日は「大和町サロン」を開催する予定でしたが、

急遽、中止とさせていただきました。

楽しみにしていてくださった方、ごめんなさい。


そして本日25日は、そう、

みみサポ通信発行日です

私がみみサポ通信発行日に、ブログ担当になったときには、

いつも、みみサポにいる🐼を使った

写真を載せるのですが、

今日は、撮影する間もなく、

発送作業が終わってしまいました・・・


みみサポ通信は、手紙 ✉やFAX

LINE 、みみサポ ホームページ

などで読むことができます☆

12月号のURLを貼っておきますので、ぜひご覧ください。

「みみサポ通信12月号」(表面)

「みみサポ通信12月号」(裏面)

新納

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

頑張れ!受験生~!

2022年11月24日 17時41分57秒 | 日記

先日、手話通訳者登録試験対策講座がありました。
12月3日の登録試験に向けて
講師からたくさんのアドバイスがありました。
受講生の後ろ姿をみると
なんか
燃えちゃいます!


これまでの講座で学んだことを
精一杯発揮して欲しい。
でも、体力なくなるほど勉強するのは
かえって良くないからね。

今コロナ感染拡大がまた出ている中ですが、
体調管理を十分に整えて・・・
本番に向かって欲しいです!

遠くから応援しています
中村でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東松島市みみサポサロンへ行ってきました。

2022年11月22日 18時13分16秒 | 日記

今日は東松島市みみサポサロン。
東松島市商工観光課の及川こころさんから、講話「魅力再発見!東松島をもっと知ろう!」を
お願いしました。


東松島市の「食・歴史・文化・体験」を詳しく。
「食」では牡蠣や海苔がとてもおいしく有名。
その他に「かぐや姫」という品種の米があり、かわいらしいネーミングです。ササニシキ系の
米で粘りと甘みの強いお米だそうです。

「ちぢみほうれん草」、「仙台白菜」ほかにとうもろこし、苺やメロンもあり東松島市の
恵まれた気候で育てられた野菜や果物は特別なものがあるそう。

「歴史・文化」では宮戸町にある縄文村歴史資料館の縄文土器や石器、装身具など展示され
その当時の姿を再現してるよう。
また、要予約となりますが、勾玉作りや火おこしも体験できるとのこと。

「体験」でレンタルサイクルを利用して市内各地を巡ること、「宮城オレル奥松島コース」や
「みちのく潮風トレイル」があり、東松島の豊かな自然を満喫できるのがあり、つい体験してみたくなります。

私は、コロナが流行る前、大高森へ登ってそこには「壮観(そうかん)」と名がつくほど、
山頂の展望台からは奥松島のパノラマ景色を望めすがすがしい気分になったことを思い出します。

そんな話を聞きながら知らなかった東松島市の魅力を知ることが出来てとてもよかったと思います。

特に参加した地元の方から見たことのある飲食店の名前があり、初めてどんな店か知ったと言ってくれました。

地元の方でも知らないところがたくさんあってWebとかで調べることが苦手なため‎紙ベースの資料を
もらえてよかった喜んでいました。

サイコロトーク。

地元のおすすめ。
最近食べておいしかったもの。
私のストレス解消法
私の「今年の漢字」など振った目のテーマに合わせてトーク。
どれもこれも東松島ならではの話題が多く楽しいひと時となりました。

納豆もおいしいところがあり、海苔に巻いて食べるといいよーとアドバイスをくれました。
今度、試してみよう。
松本でした。


今日のみみサポ花壇
 

 


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

気付いたときにはもう動けない?!

2022年11月21日 17時08分23秒 | 日記
コロナが出始めてから、3回目の冬です。
忘新年会もなく、満員電車にも乗らず、
(そういや新幹線にもしばらく乗ってないなあ…。)
混みあうようなところには出かけず、
仕事以外は「サッと行って、サッと帰る」ことにしているのですが、
もはやこれが日常になってしまっているというのもなんだかさみしいものです…。

ハロウィンの韓国の事故は、とても痛ましいものでした。
楽しかったはずなのに、どうしてあんなことになってしまったのか、
ニュースではあれこれ原因と思われるものを取り上げていましたが、
「ここから出よう」と思ったときには、もう人波に流されてしまい、
どうしようも動けない状態だったようです。

今日の手話動画のテーマは、圧迫死です

震災後に、仙台で六魂祭が初めて開かれたとき、
県庁市役所前でバスを降りたのもあって「ちょっと見てみよう」と思い、
定禅寺通り方面に行こうと思ったらば、
市民広場あたりで前に進めないほどの混雑に巻き込まれてしまいました。
これは無理だ、と思って迂回しようと思ったのですが、
みるみる人が増えて、
子どもが泣き出したり、押すな!という叫び声が聞こえたり…。
学生時代は毎日ぎゅう詰めの満員電車に乗っていたけれど、
それとは全然違って「怖い」と感じました。

もともと、混んでいるところは好きではないのですが、
コロナで身に着けた(?)ソーシャルディスタンスの感覚が、
それにまた拍車をかけているような…。
庄子でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする