みみサポみやぎ つぶやきブログ

宮城県聴覚障害者情報センター(愛称:みみサポみやぎ)のスタッフが毎日交代であれこれとつぶやくブログです。

今日は静かだなぁ・・・

2019年07月10日 17時59分45秒 | 日記
みなさん、こんにちは
今日は、職員3名だけじゃ。
(土曜日よりは多い方ですが…)
静かですが
来所者がいっぱいで
対応に忙しそう…
特に聴者は電話対応もしているので
ペンをとる時間が
私よりはなかなか取れていない。
おつかれさまです~

ブログ担当の日は
ネタ(話題)探しに悩みます・・・。
中村でした
コメント

補聴器は湿気などが苦手。

2019年07月09日 11時02分03秒 | 日記
6月の暑い時に、イヤホンチューブ交換のため
補聴器販売店に行くと、いつもよりお客様が多い・・・。

店員さんに聞いてみたら、この時期ならではの故障で修理が
多いんだとか。

そう、梅雨、汗のかきやすい時期だからなんだね。

補聴器は精密機械なので湿気などが苦手。

湿気や汗が補聴器本体の中にしみこみ放棄してしまうと
部品がさびてしまいます。

こうなってくると修理のために部品交換となり、修理代が
高くなるかもしれません。
それと修理するまでの代替え補聴器に初めは慣れなくて
違和感があるかもです。

自分も過去にわかっていながら何度も修理したことか。
お金と時間をたくさん取られたことあり・・・。(汗)

今は、そうならないように、乾いた布などでまめに
ふき取り、寝るときには乾燥剤の入ったケースの保存しています。

補聴器を利用されている皆さん、補聴器を長く愛用するためにも
湿気などには注意しましょう。
(中には大切に利用し10年以上持ったユーザーもいました。)

前日、補聴器をつけたまま風呂に入ってしまった松本でした。
(あとで気づき、急いでドライヤーで乾かしましたとさ。(笑))



県庁北側にある遅れて咲いたツツジの花。
コメント

手話動画更新! 元号オモシロ話

2019年07月08日 16時00分04秒 | 日記
こんにちは。

TV  で
「天の川は、空に川があるってこと」と言っている人もいたり。
皆さんは昨夜、
天の川を見られましたか?

 願いことが・・・叶いますように 

今日は週の初めの 月曜日
更新された手話動画は
元号オモシロ話

平成31年4月30日が
翌日は
令和元年5月1日になりました。

再び、大晦日・新年を迎えた感じだったのを覚えています。

今回の改元に伴い
令和初」のフレーズには
この間、何かとお世話になっています。

昔は645年「大化の改新」と学びましたが、
今は「乙巳の変(いっしのへん)」と習っているそうですが、
その「大化」が1番目の元号で
それから248番目の元号が「令和」だとか。

元号に関する さまざまなオモシロ話! 
ぜひ ご覧ください。

元号「和治」を推奨していた知り合いは
七夕の前夜に天の川を眺めたそうです。

いい年になりますように。
佐藤でした。
コメント

出前講座に行ってきました!~東北厚生局「障害者とのつながり研修」~

2019年07月06日 15時06分34秒 | 日記
昨日、東北厚生局主催の職員研修に、
視覚障害者情報センターさんと一緒に、出前講座に行ってきました。

前半は、障害やコミュニケーションについてお話させていただいて、
後半は、ちょこっと手話に触れていただくプログラムを組みました。


お話は松本施設長が担当しました!

今回、視覚障害と聴覚障害をダブルで学んでいただいたのですが、
後半は、2班に分かれていただいて、
みみサポが担当するほうは、そこをさらに2グループに分かれていただき、
手話にレッツトライ!


松本施設長グループ。


中村グループ。


全体でみると、こんな感じ!


手前と奥。
この写真の左手のほうでは、視覚障害の「いろいろな見え方とガイド」の実習を行っています。


外見からはわかりにくい聴覚障害。
お話の際には熱心にメモをされていたり、
実習では楽しそうに手話に挑戦していただいたり…。
今日の出前講座でお伝えしたことを、
職員の皆さんの日頃の業務、また職員の皆さんそれぞれが暮らす地域の中で、
いかしていただけたら嬉しいです!


ジョッキをぐいっと、の動きで表す「飲む」という手話。
皆さんの表情がぱあっとなって楽しそうだったなあ…。
庄子でした。


コメント

救命救急講習を受講しました

2019年07月05日 15時15分45秒 | 日記
みなさまこんにちは。

タイトルの通り先日、救命救急講習会へ行ってきました。

これまでの人生で数回受講していますが、最後に受講してから4年ほど経っていました。

胸骨圧迫やAEDの使い方など、ポイントとなる部分は覚えているのですが、

その前後の行動は?というと、忘れているもので・・・。

例えば、

“まわりの安全確認”とか、

“他の人に119番にかけてもらう、AEDを持ってきてもらうなど協力をお願いをする”など、

倒れた人を発見し、救急隊が駆け付けるまでの全体の流れを覚えておく必要があると、改めて勉強になりました。


受講したとはいえ、突然!目の前で人が倒れたら・・・私は多分、いや、きっと慌てます。

スマートフォンが普及し、応急手当や心肺蘇生法の一連の流れを音声やイラスト、動画で教えてくれるアプリも今はあるそうです。

ダウンロードして備えておくと、落ち着いて対処できるかもしれませんね。

もしもの時のために、講習会や訓練に参加すること、備えること、本当に大切ですね。

家族とも話し合おうと思います!


新納


コメント