カフェ まるいち

珈琲の事や
気に入ったお店とか
他にも色々、兎に角気に入ったものの事を
書いています。

ブラジル マルコス・ミヤキ カフェ・ヴィーニョ

2007年11月26日 | 珈琲
こんにちは!

11月17日に

             ブラジル マルコス・ミヤキ カフェ・ヴィーニョ

         品種:ムンドノーボ 標高:1250m 乾燥方法:天日乾燥


を275.5g焙煎しました。
その焙煎の経過と、9日後の今日飲んだ感想を
簡単で恥ずかしいですが書きます。   


          深煎りです。


焙煎の経過は、
0~弱火 11分30秒狐色~強火 14分~1ハゼ 15分30秒~中火
17分30秒~強火 18分30秒~2ハゼ 20分30秒煎り止め です。

275.5g→223.5g 目減り率18.8%

15g70cc湯温80度ネルドリップで飲んでみました。
香りは黒蜜の様な香りでしたが、
口に含むと、さほど甘味は感じられず、
後味に、苦味が少し舌に残りました。 

一緒に食べたブラウニーが甘くて丁度良かったですが、 


目指す「濃厚なのにマイルドな苦味」とは大分違いました。
目減り率からすると、もう少し深く焙煎しても良かったかも知れません。(なんとなくです) 
でも、これはこれで美味しいので、 
もう少し熟成させて変化を楽しみたいと思います。 

久々に深煎りを遣りましたが、
やはり、思い通りに行かせるのは難しい物だなあ。

                深煎りイイーネッ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラジル マルコス・ミヤキ カフェ・ヴィーニョ

2007年11月21日 | 珈琲
こんにちは!

11月10日に

             ブラジル マルコス・ミヤキ カフェ・ヴィーニョ

         品種:ムンドノーボ 標高:1250m 乾燥方法:天日乾燥


を250g焙煎しました。
その焙煎の経過と、11日後の今日飲んだ感想を
恥ずかしながら簡単ですが書きます。  


          中深煎りです。


焙煎の経過は、
0~弱火 12分狐色~強火 15分48秒~1ハゼ 17分12秒~中火
19分12秒~強火 19分50秒~2ハゼ 煎り止め です。

12.5g125cc湯温92度ネルドリップで飲んでみた所、
若干、苦味が主張していて、
苦味の珈琲と言ったらこの様な感じかなと言った印象でした。

カフェ・ヴィーニョとはポルトガル語で果実酒の事だそうです。
ワインの様な、フルーツの香りと甘味が有るそうです。

そして、この珈琲の農園では、最近、除草剤の使用を減らし
雑草をはやす事により、それが、害虫の天敵の住処と成り、
後には、堆肥と成るそうです。
その様な「雑草は味方」だと言う概念を導入したそうです。

なるほど。
物を見る角度によって、全然違う物に見えると言う事なんですね。
なかなか出来無い事だなぁと思いました。
その結果、土壌も良く成ったそうです。 

そして、何時も同じ視点の僕の焙煎はと言うと、
何時もと同じに焙煎したつもりでしたが、
火が弱かった様で、1ハゼが中中こなくて、ちょっと焦りました。
少し慎重に成り過ぎた様です。 

ですが、飲める許容範囲内の味だったので良かったです。
同じつもりでも、やっぱりそうじゃないと云うのが、
(当たり前ですが)ちょっと面白いですね。
こういった揺らぎの様な事に改めて気が付くと、ハッとしますね。(笑)
  
                揺らぎイイーネッ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メキシコ エスパーニャSHG

2007年11月17日 | 珈琲
こんにちは!

11月10日に

                  メキシコ エスパーニャSHG

                レインフォレストアライアンス認証農園


を250g焙煎しました。
その焙煎の経過と、7日後の今日飲んだ感想を
簡単で恥ずかしいですが書きます。 


          中煎りです。


焙煎の経過は、
0~弱火 10分狐色~強火 13分45秒~1ハゼ 15分15秒~中火
17分15秒~強火 19分27秒~2ハゼ 煎り止め です。

12.5g125cc湯温92度ネルドリップで飲んでみた所、
初めに甘味を強く感じました。 
その後、程良い酸味と、これまたほのかな苦味を感じ、
飲み込んだ後には、甘味が優雅に残りました。

久々に、甘味が印象に残る珈琲に当たりまして、
感動しました。 

どの位感動したかと言うと、
久々に、風太君の可愛らしい立ち姿を、 
TVのチャンネルを回したらたまたま観られた。様な感じです。

この豆はレインフォレストアライアンスと云う
ニューヨークに本部を置く、NGOの認証を受けた農園で作られているそうです。

レインフォレストアライアンスは
熱帯雨林の維持や、野生動物、水資源の保護、保全、
労働環境向上を目指す等の活動をしているそうです。

そして、そこの審査基準を満たした農園に認証を与えているそうです。
この珈琲も、購入すると世の中の為に成ると思われる  
(僕は今の所、二次的満足と勝手に言っています。笑)
商品の様です。
美味しくて(僕にはです)、社会貢献にも成るとは、良い感じの豆ですね。

                       イイーネッ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コロンビア スプレモ・メリノ

2007年11月10日 | 珈琲
こんにちは!

10月27日に

                   コロンビア スプレモ・メリノ 

    標高:1600~1800M 品種:在来種のティピカ種 乾燥法:天日乾燥


を250g焙煎しました。
焙煎の経過と14日後の今日飲んだ感想を簡単ですが書きます。 


          中煎りです。


焙煎の経過は、
0~弱火 10分30秒狐色~強火 13分30秒~1ハゼ 15分00秒~中火
17分00秒~強火 19分36秒~2ハゼ 煎り止め です。

250g→210.5g 目減り率15.8%でした。

12.5g125cc湯温92度ネルドリップで飲みました。


口にした時の、爽やかな酸味が印象的でした。 
そして、ふくよかな甘味も有り、コクも感じました。 
後味にチョコレートフレーバーが残り美味しかったです。

この豆は、コロンビア北部のサンタマルタ湾から出荷されているそうです。
サンタマルタって缶コーヒーで聞いた事が有ります。

豆の解説によると、「カリブ海型の水洗式アラビカ」の特徴が有るそうです。
それは、酸味を抑えた甘味主体のマイルド感だそうです。

もしかするともっと浅煎りでも、酸味が強く成り過ぎずに
飲みやすいのでは無いかと(勝手に)思いました。

甘味は、確かに良い感じでした。
という事で今度は、もう少し浅煎りのハイロースト位にして飲んでみたいです。
なんとかそこそこな感じに焙煎出来たので、良かったです。

                  イイーネッ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モカ イルガチョフG-1

2007年11月03日 | 珈琲
こんにちは!

10月27日に

                    モカ イルガチョフGー1

   標高:1800~2000M 珈琲の樹の種類:Typica、その他 精選法:水洗式


を250g焙煎しました。
焙煎の経過と7日後の今日飲んだ感想を簡単ですが書きます。 


          中煎りです。


焙煎の経過は、
0~弱火 10分狐色~強火 13分00秒~1ハゼ 14分30秒~中火
16分30秒~強火 18分37秒~2ハゼ 煎り止め です。

250g→212g 目減り率15.2%でした。

12.5g125cc湯温92度ネルドリップです。


非常にスッキリとした飲み口で、キレも良くて甘味も有り、
心地良い酸味が口の中に広がりました。

イルガチョフG1は、エチオピア国家最高規格であるGrade 1だそうで、
最高品は大統領官邸へ国賓をもてなすコーヒーとして重宝されているそうです。
なるほど流石に美味しい豆でした。

焙煎も、僕にしてはそこそこな感じに出来て良かったです。

                   イルガチョフいいーねっ! 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加