日々徒然なるままに

日々感じたことを書いていきます、よろしくお願いします

夏越の大祓い、斎行致しました

2017-06-30 21:24:25 | 神様等について
こんばんは。
昨夜、このブログを書き終えた後くらいから、だんだんと雨脚が強くなり、ああこれで本降りの良い雨だと感じていたのもつかの間。
夜中に掛けて、3年前の豪雨を思い起こさせるような酷い降り方に変わっていきました。
雷も鳴るし、その音も近いですし、どうなるんだというくらい凄まじい降り方。
それでも、そのうちに小康状態となり、これなら大丈夫かなと眠りについたのですが、ふと目覚めると先ほどよりもより強い雨脚と雷。
目が閉じていても、ピカッと光るその感じが伝わってくるほど、もちろんカーテンは閉めているのにです。
いやぁ、これ大丈夫?と思いながら過ごした一晩でした。
それでも明けると、なんとか雨も小降りとなっており取り敢えずは安心しました。
小、中学校は今日は休校となったようでしたね。
そんな朝は、こんな感じ。
雲も低く垂れ込めているようでした。

                                
                                  

日中は、今度はむしむしとした体感に。
そんな中でしたが、今日は夏越の大祓いを斎行致しました。
申したように、この半年間に溜まった罪・穢れを取り除き、これからの半年間を息災に過ごせますように、と祈念させて頂きました。
またこれもお伝えしたように、うちの講社では茅輪は設けておりませんので、人形で身体を撫でさすり、最後にその人形にフーと息を吹きかけて
頂くことで、ご自身の、罪・穢れをそれに寄り付かせて頂き、最後にそれらを焼き上げるという形にて、夏越の大祓いとさせて頂いております。

その大祓いを致す前、一本の電話が掛かって参りました。
信者さんのお一人で、つい二、三日前まで入院しておりましたとおっしゃいます。
どうされたのですか、と驚きながらもお尋ねすると、農作業をしていると急に寒気を覚え、家に戻りお湯に浸かって温まったけれどどうにも
寒気が取れない。そのうちに意識も朦朧としてきたようで、家族の方があわてて救急車を呼んだとのことでした。
原因はどうやらマダニに噛まれておられたらしく、点滴とともにかなりきつい抗生剤を二種類、二週間にわたり服用されたとのことでした。
また、その元となったマダニも当然、医師に取り除いてもらわれたと話しておられました。
ダニなどは、下手に自分で取ろうとすると皮膚に食い込んでいる分、上手く処理できないことも多いとも聞きます。
早めの受診、並びに今回のように素早い治療が効をなしたと言えると感じました。
「神様のお陰で、助けていただきました」とおっしゃっておられましたが、そのお心掛けがあるからこそなのでは、とも感じたことでした。
尚、この方やご家族の皆様の大祓いは、遠方でもありますので郵送にてお送り頂きました人形の焼き上げとさせて頂きましたが、これからの
半年間は、どうぞ無病息災であられますように、と一層祈念させて頂きました。


上記のようなことをうかがいまして、皆様もこれから迎える夏に向けて、屋外、殊に草むらなどで作業をされる場合は素肌をさらすような半袖では
なく、暑くとも長袖、長ズボンにで行われますようにと思う次第です。

                                  

明日からもう七月。
あと三週間もすれば子供らは夏休み、本当に早いですね。
半年間が、あっという間に過ぎた気が致します。
今年もそう考えると後半に入るということですね。
これを機に、また新たな気持ちで過ごして参りたいと思います。
皆様もどうぞ佳き半年、後半となられますように。

                                 


今日もこのブログへのお付き合い、有難うございました。
感謝申し上げます。



ご相談等、承っております。
 
  kimikimiblue13@gmail.com

此方の方へお知らせ頂ければと存じます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏越の大祓い | トップ | エネルギーの違い? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神様等について」カテゴリの最新記事