虹の国へ-日々を楽しんだり嘆いたりしちゃったりして-

平成21年度3次隊青年海外協力隊として
南アフリカ共和国での活動記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私がどうして魚料理なのか?

2011-05-31 14:14:09 | 南ア-生活-

田舎町を歩いていると、
突然私に向かって、「✘✘」と呼ぶ声が聞こえてきます。

聞いていると、
「ムニエル」のような「マニュアル」のような言葉。

決して私をけなすとか馬鹿にすると言った感じではなく、結構親しみをこめて。

ムニエルだったら、魚料理だし、
マニュアルだとしても、意味的におかしいし。

よくわからないなと思いながら、
とりあえず「おぅー」と手を振ってかえしてみると、意外と普通の反応。

気になってどういう意味か
学校の先生に聞いてみるとすぐに発覚。

彼らは、アフリカーンス語で、
「Sir(目上の人に対する挨拶)」を意味する「Meneer」と言っているようです。

発音的には、「メニエル」に近い感じでしょうか。
すみません。正確な発音が分かりません。
何せ、私の任地にアフリカーンスを日常会話で使用している人がいないため。
(アフリカーンスはもともと白人の言語なので。)

思えば、先日もアフリカーンス語の勘違いを書きましたね。

ありがとうはロバ?(過去の記事)

アフリカーンスを全くもって知らない私にとって、
こういったことはたまに起こります。

また見つかったら、紹介しますね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 先週何をしていたか | トップ | 算数フェア開催計画中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

南ア-生活-」カテゴリの最新記事