村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

果実にnetの発生が始る

2018-10-13 21:16:09 | アールス雅ハウス栽培

今日は午前中に少し晴れ間が望めましたが、ほとんどは曇り空の模様で、最低気温そのものも、朝方よりも夜のはじめ頃の方が下がり、わが菜園の最低気温は18℃となっているものの、静岡気象台の最高気温は21.4℃(13時17分)/最低気温は17.9℃(19時59分)・・・静岡気象台参考Data、となっていて、かなり厳しい一日と成りました。

気象情報の中では、現状10月中旬のこの気温になってくると、最高気温は晴れても25℃を超すことがなくなり、通常であれば秋晴れが続く予報になりますが、名古屋地方気象台の1か月予報の中では、気温は平年並みなれど、降雨量は平年並みからやや多め、日照時間は平年並みか少なめの予報となっています。

こんな厳しい中で、先般の台風24号の後の塩害の影響が、かなりあちこちで発生していて、大型野菜の露地物についてはかなり今後影響が出るようですね。

こんな中で、わが菜園のハウスメロンについては、現時点で玉吊り作業については全て完了していて、果実の早いものについては、netの発生が出てきています。

こんな中で、一部の中にはツル枯れ病の影響もありますので、株元や蔓の不安のある場所については、トップジンMペーストの塗布を行いました。

極端な発生そのものは確認していないものの、早めの対応と発生しているものについては、出来るだけ今後の対応にも考慮してゆきたいです。

2018年アールス雅302 8月播き栽培

コメント