村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

定植完了

2018-08-14 23:53:21 | トマト栽培

今日も朝からの曇り空で、昨日並みの気温の中、昼前には雨がパラつきました。気温そのものは前日より少し下がりましたが、雨のパラツキもあり、蒸し暑い一日に成りました。予報では曇りの予報もありましたが、日が射す時間が前日よりも多くなり、厳しい一日と成りました。

育苗管理ハウス内の委託苗については、一回目のものが全て排出されました。今回の仕上り率については98.27%(285本/290本)と先ず先ずの仕上りとなっていて、暑さの中でも十分対応できてきています。

わが菜園のトマトについては、昨日は定植始めたところで、2時間ほどの土砂降りとなり、今日の定植作業と日延べしましたが、12時30分頃には全て完了となり、今後の管理については、ある程度の目処がついたところで、屋根のビニールを張ってゆきたいと思います。現状では暑すぎて厳しいこともありますから、隔離ベットでの栽培については久しぶりですので、今後の様子見を大事にしてゆきたいです。

2018年7月播き桃太郎ファイト雨よけ抑制栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

定植準備完了

2018-08-12 23:03:09 | トマト栽培

今日は一日曇り続きの空になりましたが、日の出から沈むまでの日照時間そのものは2時間20分程度ありました。昼前には雷と共に雨が時々降り、このまま少し降ってくれればと思いましたが、長続きせず、逆に蒸し暑くなってしまいましたね

気象状況では気圧の谷の影響で、湿った空気の影響で曇りの予報もあります。何にしても今日は一時降雨に見舞われましたが、隔離ベットのマルチ掛けも完了。植え穴も完了となり、殺虫剤の粒剤も植穴土壌混和及び土壌改良材の微生物資材 ・・・ビオ有機   根圏微生物環境改善肥料を元肥として60㌘/株相当の施用としました。

抑制栽培そのものは、わが菜園では元肥そのものは、毎回この土壌改良材としていて、定植前に土壌混和しておきます。

現在のトマトの定植については、全体的に圃場管理そのものが、台風の影響もあったりして、かなり遅れていて、フルティカについては、開花が始っていて、定植と同時に振動受粉を行わなければ成りませんね。

今回の予定は5段程度で終了予定ですが、現在雨よけ用のビニールそのものは張ってありませんが、現状の暑さの中で、もう少しなしでも、病害虫対策を徹底すればなんとかクリアー出来るものと思います。

2018年7月播きフルティカ雨よけ栽培

  ビオ有機・・・根圏微生物環境改善肥料

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

定植間際

2018-08-04 23:29:46 | トマト栽培

今日も一日暑い日が続き、天候は毎日昼前から昼過ぎは晴れて入るものの、朝・夕は曇ります。現状の作業では非常に助かりますが、曇っていていても朝晩は非常に暑いです。今日の夕方育苗管理ハウスを後にする19時頃には初めて30℃を割、29℃となっていました。

育苗の水掛については非常に難しく、やり過ぎると徒長してしまい、少ないと途中で萎れが生じますが、萎れだけなら良いですが、人間では熱中症ですが、栽培する作物も葉焼け状態になります。

現在定植した四葉胡瓜の後の水掛については定植後と翌日については、たっぷりと潅水しましたが、今日からは水量で1,000cc/株程度の潅水で朝晩に変更しました。定植後の萎れ状態はほとんど無く、葉焼けなども発生していません。

今Seasonの露地抑制の苗については、順調な中でも、一部育苗管理ハウスの管理上葉焼けを生じましたが、余剰苗が100本以上ありますので、十分確保は出来ていました。育苗管理ハウス内の残り苗は朝の時点で潅水は止めて、全て廃棄処理を始めました。

こんな厳しい気象条件かの中で、残り一週間以内に抑制の雨よけ栽培が定植が始ります。四葉胡瓜の作業が遅れた分、若干ずれこむかもしれませんが、天候さえ安定していれば、遅くとも7日程度には定植できるものと思いますが、現在南鳥島近海が、8日には伊豆諸島近海まで接近の予報もあり、前回同様多少苗が大きくなっても、今回の定植を後ろに伸ばし、万全の状態で定植したいです。

台風12号では、大きな被害はなかったものの、500リットルの防除タンクが飛んだり、無人の直売棚はかなり被害は受けました。外の管理については、いつか確実な方法で行いたいと思うだけで、実際には作業が追いつかないのが現状ですかね。

何はともあれ、35日程度の育苗計画の中で、極端な徒長もないので、栽培管理の中で、なんとか台風13号を回避したいですね。

2018年7月播きフルティカ雨よけ栽培

コメント

移植

2018-07-18 23:21:18 | トマト栽培

今日の気象状況は前日並みの気温となりました。お昼過ぎからは日照も安定していて、6時間程度の日照時間となりました。日中の気温については、育苗管理ハウスの室内については、44℃まで上昇と成り、作業については15時頃までは一時休憩となりました。

雨よけ抑制栽培の作業については、気温の高い時間帯のものについては避けて、下がった時間にとも考慮しましたが、なかなかここ数日の気温そのものは降温しませんので、日が西に向き16時以降の作業となりました。

本日の作業については、播種後16日目の苗による、トマトの移植となりました。桃太郎ファイトについては、僅かの経過期間なれど、本葉については2.0枚まで生育。生育そのものも潅水量はさほどではない物の、中玉フォルティカと比較すれば、かなりの大きさになりました。

午後の日差しは強いために、辛うじて16時以降気温そのものは高かったものの、日差しが少しずつ弱く成ったこともあり、移植となりました。

2018年7月播き桃太郎ファイト雨よけ抑制栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

予想以上の生育度合い

2018-07-15 22:32:41 | トマト栽培

今日は一日中快晴とは成らなかったものの、8.7時間程度の日照と成りました。最高気温は前日ほどではなかったものの、32.3℃(12時46分・・・静岡気象台参考Dataの最高)。最低気温は25.8℃となり夏日となりました。平均気温も29.2℃・・・22時現在で、前日並みの暑さと成りました。

こんな厳しい暑さの中で、現在育苗している育苗管理ハウスの室内は最高室温として44℃まで上昇。夕方17時から18時の時点でも34℃程度あります。

日中のジョロ内の用水については、かなりの水温が上がっていて、室内での管理についてはかなり厳しいものがあります。現在の育苗については、Cell成型Trayでの育苗でなく、育苗箱での室内管理については、かなり良い管理となっていますね。

7月2日に播種した桃太郎ファイトとフルティカについては、萎れもない物の子葉の葉焼け状態が少し気になりますが、生長点の芯止まりがかなり気になるものと思いますが、生育そのものは早くなり、概ね14日経過の中で本葉2.0枚程度まで進んでいます。

育苗管理ハウスの状態で、育苗箱の育苗培土容量が、培土が11.6 ℓ 程度に覆土1.6 ℓ で13.2 ℓ 程度の容量があり、潅水が多少幅があってもかなりの生育余裕があります。cell内の容量から比較すれば、今年のような気温上昇では確実にプラス状況となっていますね。

抑制栽培の育苗期間については、35日から40日程度で定植予定もありますが、現状の気温上昇や移植の時点での負担がどの程度あるかによって、今後の生育状況の出来具合が変化しますので、現在の気温上昇については、かなり大変さが続きますね。

2018年7月播き桃太郎ファイト雨よけ抑制栽培

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

桃太郎ファイト発芽揃い

2018-07-09 23:51:19 | トマト栽培

昼前から昼過ぎは非常に暑くなり快晴になったものの、朝と夕方については少し雲が覆い、パラツキもありました。気温そのものは昨日の天候不順から、今日は非常に気温も上がり、全体的には熱中症になるような非常な気温上昇となりました。

このような気象状況の中で、露地抑制栽培の四葉胡瓜の発芽揃いとなり、明日については予定通りの接木作業となります。

こんな生育の進む中で、7月2日に播種した桃太郎ファイトについては、全体的の発芽が進み、発芽揃いとなりました。発芽始めから一昨日の天候不順。昨日の半日曇天の中で、今日の朝の時点でほぼ発芽揃いとなっています。

早いものでほんの僅かではありますが、本葉が見え始めていて、他の作業も早めに進む必要が出てきていますね。

2018年7月播き桃太郎ファイト雨よけ抑制栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

発芽徐々に始る

2018-07-07 23:02:02 | トマト栽培

朝少し雨が降りましたが、一日中曇りの状態で、時々晴れ間が見え隠れしましたが、曇りの一日となりました。菜園の作業は今日は一日中タマネギの調整を行っていましたが、全体的の防除回数が少なかったこともあるのか、腐敗病が若干発生しています。

現在の天候については、全国的に被害をもたらしていて、今後の青果などへの影響も気になります。

現在の育苗管理ハウス内の気温については、天窓以外は全開ですが、室温は最高で35℃となっていて、比較的落ち着いています。こんな中で、2日の夕方に播種した雨よけ抑制栽培の桃太郎ファイトについては、昨日の後半に少し見え隠れしましたが、今日の午前中にはかなりのものが発芽が始っていて、地温設定については28℃設定ですが、平均で現状では30℃程度は確保できているものと思います。

定植予定については、育苗日数は35日から40日程度と予定していますが、移植の日を何処で設定するかが、今後の定植日の鍵になるものと思いますね。

2018年7月播き桃太郎ファイト雨よけ抑制栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

美味しいトマトの栽培始る

2018-07-02 22:50:04 | トマト栽培

今朝は久しぶりにヒンヤリとしましたが、今までが気温が高かったこととも湿度が高かったことが、蒸し暑さの中で空梅雨状態で来ています。今日の湿度については少し下がったこともあり、わが菜園の最低気温は23℃となりました。

朝日が昇ってから気温が上昇する前に、前日から支度した、露地抑制栽培の四葉胡瓜の台木カボチャ「ゆうゆう一輝(黒タイプ)」の播種を105粒/箱で4箱ほど行いました。

午前中にはハウスメロンの潅水や杉山シロウリの収穫。現在硬化作業から常温管理に移行するための準備として、現在の仕上り率も99.4%と、気温が高く天候不順なれど上々な仕上りとなっています。明日には早めにPotのズラシ作業や広げを行い、出来るだけしっかりとした苗を仕上げるための管理をしてゆきたいです。

午前中の作業の後は、昼前から昼過ぎからは一時的に抜け、病院の帰りに注文委託してあったトマトの種子を夕方には播種となりました。

品種については、「桃太郎ファイト」と「フルティカ」の2品種ですが、雨よけ栽培で気温の加減でサイドのビニール張りや妻面も考慮したいと思います。

隔離Bet栽培での節水栽培ですが、出来るだけ品種を十分の引き出してみたいですね。

2018年7月播き桃太郎ファイト雨よけ抑制栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

あれから一週間

2018-06-25 00:18:18 | トマト栽培

今日も明け方雨が降り続き、気温そのものは思ったほどには下がらなかったものの、20℃を割りました。日照そのものは予報に反して少なく、最高気温も日差しが見えた11時40分に25.9℃(静岡気象台参考Data)となっています。わが菜園の育苗管理ハウスについてもお昼頃に35℃まで上昇したものの、その後は25℃前後の室温で、育苗管理ハウス全開の中の中でも意外でした。

こんな中で先週の日曜日のトマトの苗の片付けの際に、このままではと思い行ったものが挿し穂で、9.0㎝Potへ与作N150の育苗培土の廃土と、ビオ有機の混合で使用した育苗培土に15㎝前後の挿し穂を行いましたが、一度使用した育苗培土ですが、育苗期間そのものは僅か10日前後ですので、もったいないもあり、今回使用したことの弊害そのものは見られません。ただPotに入っていたものそのものに挿したものについては、少し違和感がありますが、一番元気のない物は挿し穂の軸の部分が堅いことが一番萎れが強いものだと感じました。

今回の挿し穂については、栽培履歴そのものは継続になりますが、現在までの病害虫の防除についてはありませんので、挿し穂から20日程度の時点で本圃に定植してみたいものだと計画しています。フルティカ 48本挿してありますが、現状で75%程度しか元気がなく、必要本数はありますので良いのですが、挿し穂の確保についても勉強の余地は大有りですね。ちなみに、桃太郎ファイトは全て(48本)が元気です。

ビニールトンネル掛けは5日間程度で、地温設定25℃程度で管理しました。その後はヨシズ掛けのみで常温管理となっています。

2018年3月播きフルティカ雨よけ栽培

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

挿し穂育苗へ移行

2018-06-17 23:50:00 | トマト栽培

今日は朝から晴れ間とは行かなかったものの、9時過ぎからはなんとか晴れ間が続き(晴れたり曇ったりで下が・・・?)、8時間近くの日照を確保。平均気温も20℃を超すことになりました。ただ明日からは天候が暫く晴れ間の見えない日々が続くようですから、農家については厳しい日々が続きます。

こんな中で、今Seasonの雨よけ栽培のトマト栽培の育苗を行っていましたが、いろいろな作業とかち合いながら、一度は栽培を断念しました。

育苗管理ハウスの中で、潅水と液肥。更には自家用にとカルクロンなどの葉面散布も行い収穫も出来ていましたが、此処へ来て少し余裕が出てきましたので、苗そのものはほとんど廃棄するような格好になりましたが、わき芽や生長点などの良いものだけ選び、今回は挿し穂育苗への移行となりました。

種子からでは時間もかかりますから、多少期間短縮が出来ればと思いもあり、先日路地夏秋栽培の育苗で使用した培土、与作N150へ微生物資材 ・・・ビオ有機   」根圏微生物環境改善肥料を元肥として、2g/Potを換算して施用。

いたずらの中での栽培ですから何処まで良いものが出来るかはわからないと言うより、良いものに仕上げてみたいですね。

2018年3月播き桃太郎ファイト雨よけ栽培

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

未だに定植できず

2018-05-09 23:18:24 | トマト栽培

今日も前日に引き続き朝から曇りの状態で、気温はわが菜園でも最低が13.0℃と非常に低く、3月下旬並みの気温となっていて、育苗管理ハウスの室内の最高は25℃にしかならなかったです。

現在の育苗管理ハウスの苗については、ほとんどが定植間際の苗だけになっていて、先日Potの入替えしたスイカや茄子についてはかなり大きくなってきました。

ピーマンの苗については、全体的に花が開花始めてきていて、いよいよ定植準備に入らなければならないと思っています。

こんな中で、トマトについては、定植の時期を無くしてしまい、栽培そのものわ断念するかどうするかを模索する中で、Potだけの状態で、潅水と液肥の施肥、更にはPotのずらし、花については振動受粉も行っていて、第2花房まで開花が進んでしまっています。

樹勢そのものはかなり良い状態で生育していますが、以前節水栽培していた頃の状態と同じような栽培形式になっていて、今後定植した時点でどの程度の樹勢維持が出来るかを見てみたいこともあり、他の作業していても、小まめに潅水と液肥の作業は行っています。

一番早く開花し始めたフルティカについては、現在の状況では落花も無く、予想以上の状態だと感じていますね。

2018年3月播きフルティカ雨よけ栽培

コメント

花が咲き始めています

2018-04-22 23:46:05 | トマト栽培

わが菜園では気温がかなり上昇となりました。育苗管理ハウスの室内入り口のDigitalSensorについては、入り口は開放状態で32℃まで上昇となりました。30℃を上がったり下がったりの状態で、極端な暑さは感じませんでしたが、15時以降の気温がなかなか下がらず、育苗管理ハウスの室温について、17時の時点で24℃まであり、作業の工程で、両サイドは閉めましたので、天窓を閉めたのが19時頃になりました。

昼過ぎからは昨日接ぎ木したもののPot挿しの影響で、一日中なかなかのんびりできなかったものの、暑さの中でpot挿しの時間が若干遅くまでずれ込んでしまいました。

予報では夏日になることでしたが、24.7℃(16時08分・・・静岡気象台参考data)となっていて、やっぱり作業に足を引っ張っているようでしたね。

こんな暑さの続く中で、3月播きの桃太郎ファイトの花房が2,3輪/4株程度開花が始まっていて。作業は全体的にのんびりできません。現在のトマトの栽培については、ある程度花房の開花が進んできてからの定植で、少し追いかけ肥で、若干栄養成長を強めで行ってみたいです。後半はかなり絞りますから、樹の状態の太さも少し太めに栽培してみたいですね。

高糖度栽培については、今Seasonの栽培の試しで、抑制栽培でもう一度見直してみたいです。

2018年3月播き桃太郎ファイト雨よけ栽培

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

花房を確認・・・育苗後半へ

2018-04-12 22:55:51 | トマト栽培

今日は4月に入ってから初めて平均気温が20℃を超す(22時の時点)ようになりました。過去のDataから見ても4月10日を過ぎると、最低気温は二桁台になります。こんなポカポカ陽気でしたが、先週7日から5日間はかなりの冷えこみがあり、特に9日はかなりの冷えこみとなり、前後の日々の冷えこみで、茶園などには霜の害がかなり発生したと聞いています。

こんな中で、わが菜園の育苗管理ハウスの室内のビニールトンネルについては、午後の時点で全て外すことになりました。温床線についても、先日播種したもの以外については、常温管理としています。

今Seasonのトマト栽培については、高糖度にとらわれず、通常栽培の中で、こくのある美味しいトマトに仕上げる予定でいます。栽培については、かなりの節水育苗を行っていますが、現在の本葉は7枚前後まで生育していて、中玉トマト「フルティカ」については花房が確認できました。

苗質については、極端なアントシアンもででいませんので、先ず先ずの中の生育ですが、昨年と比較すれば、軸の太さについては、今Seasonの方がよく感じています。

昨年について育苗培土については、購入した与作新果菜類専用培土でしたので、節水そのものが難しかったですが、今年については、わが菜園で熟成させた培土で、その際に微生物資材 ・・・ビオライザー  ☜ 」 有機物分解資剤を分解資材として使用して、培土そのものは少し固さありますが、僅か9.0㎝Potに8割程度の容量で、現状十分対応できています。

移植も早めに、Pot広げも早めの対応で、出来るだけPotが倒れないような対応していますので、今後の定植準備が進めば早めの定植を行ってゆきたいです。一輪開花を見てみたいですね。

2018年3月播きフルティカ雨よけ栽培

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

暑さの中では厳しい管理

2018-03-29 20:34:21 | トマト栽培

今日は気象情報の中で、名古屋については二日連続夏日を観測。陽気は5月下旬から6月上旬の陽気になっているようです。このポカポカ陽気も明日は気温がかなり下がるようですが、我が靜岡では一日中快晴の中で最高気温は22.7℃(14時26分)、最低は10.4℃(5時02分)と・・・静岡気象台参考Dataとなっています。ちなみに、わが菜園の最低気温は9.0℃となっていて、育苗管理ハウスの最高室温については、全て全開で31.0℃でした。

育苗管理ハウスについては、夕方17時30分の時点で地温については、24.0℃前後あり、今日の日中の気温の影響はかなりあるものと思いますが、現在の生育状況の中で、全ての地温設定については13.0℃(±1.0℃)としました。地温Sensorの関知する時間については、未明の2時頃前後となっていて、現在のビニールトンネルの管理については、上部については5.0㎝前後開けの管理としています。地温の必要とされる明け方のみの急激な電力消費ですが、今Seasonについては、コモ掛け作業がない分かなり楽になっていて、朝の7時の時点で、育苗管理ハウス内の室温については、24℃前後は確保できますので、消費電力はこの時間からは止まる状態となっています。

現在のわが菜園でのトマトの栽培については、高糖度もちろんのこと、出来るだけ絞れるものは絞ってみることが本当に良いのかという疑問もある中で、Pot内の水分については、その日その日の消費量で出来るだけ少量潅水として、夜雨方には下葉の部分が少したれる程度の管理としています。

こんな管理の中で、僅かな増量で軸の太さが変化しますが、現在の軸についてはかなり皮毛が目立つようにもなってきました。育苗中にあまり苗をいじめると、定植後の受精にも影響が出てくることは、過去のことで十分承知していますから、この所についてはほどほどの締めとなっています。

定植後が楽しみですが、Superからの購入したものよりも旨さが違うというユーザーを大事にしながら栽培に取り組みたいですね。

2018年3月播きフルティカ雨よけ栽培

コメント

本葉3枚目を確認

2018-03-22 22:37:09 | トマト栽培

昨日の春分の日については寒の戻りで非常に寒く、更には風がかなり強くいろいろな面に影響が出てしまいました。比較的少ないものの、三寒四温の中での、極端に寒くなったり暖かくなったりで、まだまだ厳しい日々続きます。

今日のお昼頃から晴れ間が続きますから、今後の作業工程の見直しと進め方の方法も模索しなければなりませんね。

こんなUPDownの激しい中で、先日移植した雨よけ栽培のトマト「桃太郎ファイト」についてですが、早いもので3枚目を確認となりました。

朝比奈川左岸堤のソメイヨシノのつぼみもかなり膨らんできて、全体的にはピンク色になってきました。このソメイヨシノの開花始めの頃にはホウレン草の収穫を全て完了としてゆきたいですね。

2018年3月播き桃太郎ファイト雨よけ栽培

コメント