村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

芽が出てきました

2018-11-15 02:17:58 | コマツナ

11月入ってからの最高気温がいちばん低い日となりましたが、最低気温は今日はいちばん低くなり、朝の時点よりも日が沈んでからは、22時過ぎでも下がっています。

こんな中で日中昼過ぎには、若干晴れ間が見え隠れしました。日中はこんな陽気で、冷たさは感じ無かったですね。

日中の確認では、先日10日午後には種したコマツナ「いなむら」の雨よけ栽培が、確実に芽出しをしてきていて、予想通り約4日目にしての芽出しとなっています。

2018年11月10日播き秋まきコマツナ栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)

コメント

発芽始る

2018-11-12 23:03:49 | コマツナ

本日も前日同様の天候で、お昼前と昼過ぎに晴れたものの、6時間弱の日照量と成り、気温も前日並みとなりました。ただ、午後からの気温の降温については、比較的緩やかで、現状でも2.0℃程度高目に推移しています。

先日播種したコマツナのTube潅水を本日2回目を行いました。エバフローTube潅水については、概ね40分程度の潅水で済んでいますが、以前潅水を行いましたが、止水栓を閉めることを忘れたこともあり、今後は自動潅水の取り付けも考慮しなければ成りません。

ちなみに、同日に播種したホウレン草の種子の小量を、ハウスの入り口に発芽確認の意味でばらまいて置きましたが、今日から順調に発芽が始っていますので、コマツナも同時に発芽が始っているものと思います。

2018年11月10日播き秋まきコマツナ栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)

コメント

netの盛り上がり

2018-11-11 22:19:31 | アールス雅ハウス栽培

今日も前日同様の天候になり、日中は暑さも感じました。作業中は半袖でも汗をかく状態となりました。こんな中でも、平均気温は前日よりも1.0℃低めとなりました。

最高気温そのものが前日よりも1.8℃低めの21.7℃(13時48分/静岡気象台参考Dataの最高)でしたけど、わが菜園では最低気温は、更に1.0℃程低めの最低14℃となりました。

こんな中で、現在栽培中のアールス雅302の管理については、残り2週間から20日程度となっていて、来週からは潅水量も徐々に減水してゆかなければならないものと思っています。

全体の7割程度はnetが概ね綺麗に出たものの、モグラの影響などの状態で、株そのものがダメなところもあります。全体の収穫量については、前春作程度の量を確保したいですが、なかなか難しいものも抱えていますね。

2018年アールス雅302 8月播き栽培

 

コメント

ホウレン草の播種始る

2018-11-10 19:59:43 |  ホウレン草栽培

今日の朝は曇りがちの出始めでしたが、昼前からは昼過ぎまでは概ね快晴近い晴となりました。夕方からは少し曇りましたが、前日が雨の影響で、気温については1.5℃以上と平均気温は前日よりも上がりました。

こんな中で、昨日播種の予定していたホウレン草の播種が、午後から始めました。今Seasonのホウレン草栽培につては、定期的に間隔をあけながら、3月までの収穫を計画しています。

今回の播種については、サカタの「オシリス」使用。畝幅は160㎝。播種床は120㎝とし、5条播きとしました。潅水については、Tube潅水として出来るだけ作業の簡素化を取り入れてゆきたいです。

2018年11月10日播き秋まきホウレン草栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)

コメント

秋まきほうれん草の播種準備完了

2018-11-07 22:46:39 |  ホウレン草栽培

今日は朝からの晴れ間は、イマイチ感があり、薄曇り状態でしたが、平均気温そのものは19℃を超しました。最低気温は前日よりも下がりましたが、最高気温は22.2℃(静岡気象台参考Dataの最高気温/13時51分)となっていて、先般1か月予報の中で、今週は暖冬の影響があるとのことでしたから、予報通りの気温となっていますが、降水量及び日照量は平年並みとなっています。この靜岡も今月の気温は前半はかなり高目に推移する予報ですね。

こんな中で、体調不良の中で、各圃場の草刈りや片付けは一段落し、暫くは農休としましたが、さすがに先日耕起した圃場の表面が、ここ数日の僅かな雨量の中でも雑草の発芽が始っています。強いものですね

こんな中で、今Seasonは秋まきほうれん草から冬まきほうれん草も取り込みながら、ほうれん草栽培に取り組んでみたいですね。

2018年11月9日播き秋まきホウレン草栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)

コメント

モグラ退治の対策

2018-11-06 21:38:28 | 菜園の概況

11月に入ってからの最低気温は10℃前後の最低気温となりましたが、気圧の谷などの影響で、おととい頃からは予報通り平均気温は2℃から3℃上がっています。雨についても久しぶりの雨ですが、表面が湿る程度で、丁度良い雨量となっています。

こんな中で、先月空いてる圃場の除草剤処理を行いましたが、気温が低かったこともあり、今回の雨以降に効果が見え隠れしています。同時に作付けの際に投入する堆肥で、圃場そのものは非常に楽になってきていますが、圃場の中にはかなりのモグラの這っている箇所が見られて、今後の退治対策も考慮しなければ成りませんね。

コメント

net発生終盤

2018-11-03 16:51:00 | アールス雅ハウス栽培

今日は一日中曇りの中で、最高気温が20℃を割り、ちょっと肌寒い一日と成りました。先月の24日に今月後半から作付け及び耕起が始る圃場の除草剤散布を行いましたが、気温が低い中で、やっと効果が見られるようになりました。

育苗管理ハウスの管理については、秋まきキャベツは生育良好で、定植はバラバラでも、播種については一気播きでも良いのかもしれませんが、今後のSuperCell苗の管理については、更に技術そのものを積み上げてゆかなければなりませんね。

現状でハウスで栽培中のアールス雅302については、秋雨前線の影響もありましたが、netの発生については終盤を迎えています。早いものは概ね綺麗に発生しているものの、遅れているものについては、まだまだの感もあります。交配後の防除が若干遅れたこともあり、果実への影響も出ました。秋作については今後の課題には成りますが、天候にかなり左右されますから、品種の選定や栽培方法、更には苗の方法も見直しながら、収穫まで見守ってみたいですね。

2018年アールス雅302 8月播き栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)

コメント

初期の発芽不良の影響未だに響く

2018-11-02 21:37:17 | タマネギ栽培

今日は昼前から晴れ間が続き、快晴とは行かなかったものの、10時間弱の日照量となりました。風は比較的穏やかでしたので、冷たさは感じ無かったものの、外気の最高気温は20.4℃(13時54分/静岡気象台参考Data。)となっていて、平均気温は15.6℃となっています。

わが菜園の育苗管理ハウス内の作物については、秋まきキャベツについては、非常に順調に生育しているものの、秋まきタマネギについては、12,500粒の播種をしたものの、予定本数の7,300本を確保することは難しい。

実際の所中生の品種を5,000粒ほど播種しましたが、今Seasonについては、30%程度の発芽勢率となっていて、早生の品種や晩生種については、当初の予想よりも悪いものの、計画通り確保できるものと思います。

実際に発芽不良が災いで定植本数を減量しなければ成らないですが、委託分については出来るだけ確保したいものと思います。

2018年9月播きタマネギ栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

生育良好

2018-11-01 22:38:14 | キャベツ栽培

今日はわが菜園で10℃を割り9℃となりました。さらに、日中はなかなか快晴とは成らず、昼過ぎに2時間程度の晴時間が続いたものの、日照時間そのものは5時間弱と成り、育苗管理ハウス内の最高気温も天窓及びツマ窓のみの開放でも33℃までしか上がらなかったです。

こんな中で、今月中旬過ぎから定植予定の秋まきキャベツについては、順次定植しながら、翌年の3月上旬までの定植予定としています。

生育そのものは現状で本葉3.0枚。今Seasonの発芽勢率は66%と、若干落ちましたが、全体的には順次播種ではなく、SuperCell苗の方法での管理方法で行ってゆきます。

2018年10月3日播きキャベツ栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント