人生ブンダバー

読書と音楽を中心に綴っていきます。
現在は、暇に飽かして、日々更新。

ベートーヴェン「第九」聴き比べ(2)

2010-01-20 05:08:41 | 音楽
3.B.ワルター/コロンビア交響楽団(録音;1959/1~4)
 小林利之『ステレオ名曲に聴く』という古い本には、「豊潤なリリシズムにあふ
 れていて、第三楽章のみずみずしい表現は比類がありません」と紹介されてい
 る。第三楽章こそこのCDの聴き物である。SonyがうまくCD化したものである。

4.小澤征爾/ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(1974/2/11~13)
 小澤さんのいいところは伝統にこだわらず、楽譜を信じて演奏するところと盛り
 上げ方のうまい点だろうか。なかなか推薦盤にはならないが、本CD(当初は
 LP)は1974年度レコード・アカデミー賞(日本人演奏部門)受賞している。小
 澤ファン必聴。(録音当時、小澤さんは38歳だった。)
 


ワルター盤


小澤 1974年録音盤

コメント   この記事についてブログを書く
« 江上剛『失格社員』(新潮文... | トップ | 長谷川町子『いじわるばあさ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事