くまもとよかとこ案内人の会

熊本観光ボランティアガイドの会です。主に熊本城や熊本市内をご案内いたします。

大天守にしゃちほこが載りました

2018年04月29日 | 熊本城 

4月28日、大天守屋根のしゃちほこの設置が完了しました。1体目は、4月7日に東側に設置されていましたが、28日に西側のしゃちほこが設置され、地震から2年を過ぎようやく2体のしゃちほこがそろいました。連休初日のこの日、二の丸広場では記念イベントが行われました。熊本城の復旧が着々と進んでいるのを実感した日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大天守にしゃちほこが、一つ乗りました

2018年04月22日 | 熊本城 

 

4月7日、熊本地震から2年になるのを前に、大天守東側にしゃちほこが1体載りました。

しゃちほこは、高さ119㎝、重さ約100㎏。前のしゃちほこは、地震で落下損壊したため

復元されたものです。 市役所屋上の展望台からは、ケシ粒くらいにしか見えません。

連休前の今月28日には、西側にもう1体が設置され、2体が揃う予定です。

来年秋には、大天守の外観復旧、3年後(21年)の春には、小天守も含め一般公開される予定

です。天守閣の風景がどんどん変わり、「熊本城の復旧が進んでいるな」と実感します。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本城大天守の防水シートが、4月3日撤去されました

2018年04月06日 | 熊本城 

大天守閣の屋根瓦の隙間を埋めるしっくいが雨水に濡れないように、昨年11月に設置された白い防水シートが取り外されました。

市役所の14階からは、工事用の足場越しに修復の終わった瓦を垣間見ることができます。

4月中にはしゃちほこが乗り、6月頃6階部分が姿を見せるそうです。

来年秋には、大天守外観復旧、その頃には、現在設置されている仮設の工事用スロープを使って工事のない日曜・祝日に限り、天守閣広場まで歩いて行けるようにする計画もあるとのこと。

3年後(2021年)春頃の大天守・小天守の復旧完了を目指しているそうです。

熊本城の復旧には、20年かかると言われていますが、どんどん変化していく状況に復旧が着実に進んでいるなと感じます。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本城の桜

2018年03月24日 | 熊本城 

  • 左の写真は、城彩苑から上がった所の未申櫓:熊本城の南西を守っている櫓です。冬の間は、しっかり見えていましたが、今は桜の花にに隠れかかってます。
  • 右の写真は、昨年10月1日から観覧区域が拡大されました、二ノ丸広場から西大手門の近くまでの区域です。桜のアーチが素晴らしいです。
  • 熊本城には、この他にも桜の美しい所が数多くあります。坪井川沿いの長塀前などお勧めです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御幸坂の桜を楽しむ(4日間限定開放)

2018年03月24日 | 熊本城 

  • 御幸坂の桜、地震前と同じように咲いてくれました。今日は満開です。
  • 御幸坂は、普段立ち入り禁止ですが、この桜の季節 4日間(3/24,25,31,4/1)限定で開放されます。御幸坂の上り口から桜の馬場城彩苑北側までの約200mで一方通行です。

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加