多摩平通信

多摩平の森でのんびり暮らすシニアの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本人会オープンテニス

2011年10月17日 03時26分38秒 | スポーツ
ウズベキスタンで暮らす日本人の交流を目的としたオープンテニス初心者講習会と親睦テニスダブルスマッチが開催された。
テニス のデコメ絵文字
体操のおにいさん、おねえさんによる準備体操
Tenniscimg3226
Tenniscimg3229
初心者はグザールコーチのレッスン
Tenniscimg3243
Tenniscimg3237
中・上級者はダブルスの試合
Tenniscimg3257
練習会のクーポンゲット
Tenniscimg3281_2

終了後のピザ可愛い のデコメ絵文字・ランチ
Tenniscimg3273
東日本大震災のお見舞いをいただいたインターナショナル・スクールへのお礼の寄せ書き
Tenniscimg3286
大いに盛り上がったイベントだった
黒豆 のデコメ絵文字
コメント

テニスの王女様?デビューする

2011年10月03日 00時56分03秒 | スポーツ
テニス同好会では、毎週日曜日の3時~5時に練習している。去年までは平均10名前後の参加者がいて、2面を借りて試合をすることもあったが、最近は平均6名程度の参加者と、かなり人数が減ってきている。しかも高齢化黒豆 のデコメ絵文字。このままでは存続の危機だ。

そこで、ここ数カ月、隊員を誘ってテニスの練習を行っている。昨日は4名の参加者がいた。その内2名はだいぶ上手くなってきたので、テニス同好会にデビューした。若いだけあって試合をしながらも上達している。数ヵ月後が楽しみだ
Tadacimg3158
テニスの練習の後は新隊員のT田さんを誘ってロシア料理ヘタリアロシア のデコメ絵文字
Cimg3152_3
料理は美味しいが、デブシカが怖いもっと微笑んでキティ のデコメ絵文字欲しいナー

Tadacimg3153




コメント

プロテニスツアーを観に行った

2011年09月20日 22時56分59秒 | スポーツ
授業の前にタシケントで行われているプロテニスツアーのTASHKENT CHALLENGERを観に行った。
ATPに加盟するプロ選手は、毎週どこかで開催されるトーナメント方式のテニス競技大会を転戦しながら世界を回る。競技大会はグランドスラムを頂点に規格が決まっており、規格が大きい程に大会の規模が大きく、獲得賞金やランキングに繋がるポイントが多くなる。プロ選手がツアーに参戦するためには、チャレンジャー大会やフューチャーズ大会といった下部大会に出場して、一定の世界ランキングを満たす必要がある。
因みにTASHKENT CHALLENGERの賞金総額はUS$125,000で優勝賞金はUS$18,000だ。
イベントカテゴリー大会数賞金総額(USD)運営団体
グランドスラム 4 6,784,000 ~ 19,000,000 ITF
ワールドツアーファイナル 1 4,450,000 ATP
マスターズ1000 9 2,450,000 ~ 3,450,000 ATP
500シリーズ 11 755,000 ~ 1,426,250 ATP
250シリーズ 40 416,000 ~ 1,000,000 ATP
チャレンジャーツアー 115 25,000 ~ 150,000 ATP & ITF
フューチャーズ 420 10,000または15,000 ATP & ITF
試合が行われたテニス・アカデミー
Acacimg2785
客席。空いているので近くで観ることが出来る。
Acacimg2766
手前のウズのイストミン選手は世界ランキング78位と出場選手の中では1番ランクが上だ。
Acacimg2777




チャレンジャー大会といっても世界ランキング100位以内も数名いて、当たり前だが『うまい
(日本人で100位以内は錦織選手の54位だけ)
24日までやっているので、また観にこよう
コメント

残念、柔道ワールドカップ初日

2011年09月17日 23時14分46秒 | スポーツ

柔道ワールドカップ初日を観に行った。

今日の日本人選手は73kg級の中村選手のみ。

初めの方は女子の試合だったが、12時前から男子の試合が始まった。そして、12時25分頃に中村選手登場。相手はウクライナの選手だ。

Jwccimg2737


試合は4分ころまでは中村選手が優位に進めていたがポイントは無し。そしてまばたきした瞬間に中村選手が仰向けになっていた。

まさかの一本負け。

Jwccimg2745

背中をついたのだから負けなのだろうが、何の技をかけられたのかが良くわからなかった。他の試合を観ていても同じように、一本背負いとか大外刈りとか分かりやすい技で決まることはない。プロレスのボディースラムの様な技で決まった試合もあった。これが最近の柔道なのか
明日の81kg級 川上選手には頑張って欲しい

コメント

タシケントで柔道ワールドカップ開催

2011年09月17日 01時05分10秒 | スポーツ
 
Judo

タシケントで柔道ワールドカップが開催される。
9/17・18(土日)
場所:ユヌサバット・テレビ塔下の赤い屋根の体育館
時間:10:00~17:00
初日 -73kg級 中村 剛教(山梨学院大学3年)
2日目 -81kg級 川上 智弘(國學院大学4年)

ワールドカップ・タシュケントは2009年よりIJFグランプリシリーズの一環として、グランドスラム、グランプリに次ぐ位置付けとなったワールドカップのうちの1大会。
 
去年はオリンピックの柔道63kg級で2連覇を達成した谷本歩実の妹の谷本育実選手が優勝している。
Tani

今年も応援しよう
コメント

熱狂した後は冷静なウズの若者

2011年09月08日 00時38分26秒 | スポーツ


 

昨日のサッカーのワールドカップ(W杯)アジア3次予選では、ウズに来て初めて、熱狂するウズの群衆を見た。集会の自由が無い国なので、通常は何万人もの人々が1ヶ所に集まることなど無い。なので、当たり前と言えば当たり前だが、ウズ人もいざとなったら何かを起こすパワーはあることが分かった。

一方、試合後は、ウズのサポーター達は大騒ぎするでもなく、おとなしくスタジアムを去っていった。追い付かれての引き分けだったし、警察が多いこともあるとは思うが、意外にウズ人は淡泊で冷静だ。

ベトナムでは東南アジアのサッカー大会でカンボジアやラオスに勝利すると、若者全員がフーリガンと成ってバイクで街に繰り出し、夜中まで大騒ぎする。危険なので、もちろん外出禁止となる。

今度、ウズがタジキスタンか北朝鮮と戦って勝利した時に若者がどれだけ熱狂するか観察したい。

ベトナム勝利のあと、津々浦々で暴走が繰り広げられた

革命でも起きたかと思うほどの騒ぎだった

コメント

熱狂!ウズのサポーター

2011年09月07日 03時59分40秒 | スポーツ

サッカーのワールドカップ(W杯)アジア3次予選C組第2戦で、日本代表は6日にタシケントのパフタコールスタジアムでウズベキスタン代表と対戦。
超満員のウズのサポーター。集会の自由が無いウズでこんな群衆を見たのは初めてだ。しかも超ハイテンション
Jfacimg2620
アウェーなので日本の応援席は少しさみしい。
Jfacimg2629


しかし、ボランティアや日本からのサポーターが熱い応援
Jfacimg2632
日本は前半8分、左スローインからクロスを入れられると、競り合いからこぼれたボールをエリア左のジェパロフに右足でゴール左に決められ、6試合ぶりに失点した。
Jfacimg2646
意気消沈する日本のサポーター
Jfacimg2647
日本は後半の頭から阿部勇樹に代わって清武弘嗣を投入。迎えた20分、内田篤人の鋭い右クロスに走り込んだ岡崎がダイビングヘッドで合わせ、GKの手をはじいたボールはゴール中央に吸い込まれて1-1の同点とした。
同点ゴールを決め雄叫びをあげる岡崎
Jfa002_4

笑顔で祝福する長谷部
Jfa001
大喜びの日本のサポーター
Jfacimg2651
日本はその後も危ない場面を迎えたが、GK川島の再三にわたる好守に救われた。試合はそのまま引き分けに終わり、アウェーで貴重な勝ち点1を手にした。
とにかくウズサポーターの熱狂ぶりには驚いた。日本が勝っていたら帰れなかったかも知れない。アウェーでもあったし引き分けで良かったかな
応援、お疲れ様
Jfacimg2631

コメント

日本代表チームメンバーと交流

2011年09月05日 12時03分41秒 | スポーツ

2011年9月6日(火) 19:00~ タシケント市内パフタコールスタジアムにおいて、2014FIFAワールドカップブラジル アジア3次予選、日本代表対ウズベキスタン代表の試合が行われるが、昨日、JARスタジアム練習場にて公式練習が行われた。
練習前の17:15分頃から、日本の子供たちを対象とした選手との撮影会が行われ、「将来のサッカー界を担う子供たち」と日本代表チームメンバーが写真を撮ったり、サインをもらうなどの交流を図った。
Jfacimg2501
Jfacimg2507
練習を食い入るように観る隊員やツーリスト
Jfacimg2545
Jfacimg2544
長谷部キャプテンのプレスインタビュー
Jfacimg2567
帰り間際にサインの願いに応じてくれた遠藤選手
Jfacimg2601
ガンバってね
Jfacimg2612
遠藤選手のサインをゲットしたE藤さん
Jfacimg2614
日本サッカー協会からのプレゼント
Jfacimg2618
気になるニュース
<日本代表が6日にウズベキスタン戦を行うパフタコール競技場の芝生が荒れ放題になっていることが4日、分かった。 パフタコール競技場のピッチは、所々にシロツメクサやタンポポが生えており、芝はスパイクが埋まってしまうほどだった。しかし、スタジアム関係者は「いいコンディションだ」と胸を張り、試合までに整備に力を入れる考えがないことを明かした。 >
2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選 対北朝鮮代表(9/2)、ウズベキスタン代表(9/6)メンバー
【スタッフ】
監督 アルベルト・ザッケローニ 【JFAナショナルコーチングスタッフ】
コーチ ステファノ・アグレスティ 【JFAナショナルコーチングスタッフ】
GKコーチ マウリツィオ・グイード 【JFAナショナルコーチングスタッフ】
フィジカルコーチ エウジェニオ・アルバレッラ 【JFAナショナルコーチングスタッフ】
アシスタントコーチ 和田 一郎 【JFAナショナルコーチングスタッフ】

【選  手】

  氏名 生年月日 身長 体重 所属
GK
  川島 永嗣 1983.03.20 185cm 80kg リールス(ベルギー)
  西川 周作 1986.06.18 183cm 81kg サンフレッチェ広島
  権田 修一 1989.03.03 187cm 83kg FC東京
DF
  駒野 友一 1981.07.25 172cm 76kg ジュビロ磐田
  今野 泰幸 1983.01.25 178cm 73kg FC東京
  栗原 勇蔵 1983.09.18 184cm 80kg 横浜F・マリノス
  伊野波雅彦 1985.08.28 179cm 73kg ハイドゥク・スプリト(クロアチア)
  槙野 智章 1987.05.11 180cm 75kg ケルン(ドイツ)
  内田 篤人 1988.03.27 176cm 62kg シャルケ04(ドイツ)
  吉田 麻也 1988.08.24 189cm 81kg VVV(オランダ)
MF
  遠藤 保仁 1980.01.28 178cm 73kg ガンバ大阪
  阿部 勇樹 1981.09.06 177cm 77kg レスター(イングランド)
  長谷部 誠 1984.01.18 180cm 73kg ボルフスブルク(ドイツ)
  細貝  萌 1986.06.10 177cm 68kg アウクスブルク(ドイツ)
  柏木 陽介 1987.12.15 175cm 68kg 浦和レッズ
  増田 誓志 1985.06.19 179cm 75kg 鹿島アントラーズ ※追加招集
FW
  李  忠成 1985.12.19 182cm 73kg サンフレッチェ広島
  岡崎 慎司 1986.04.16 174cm 75kg シュツットガルト(ドイツ)
  香川 真司 1989.03.17 172cm 63kg ドルトムント(ドイツ)
  清武 弘嗣 1989.11.12 172cm 66kg セレッソ大阪
  原口 元気 1991.05.09 177cm 63kg 浦和レッズ
  田中 順也 1987.07.05 180cm 75kg 柏レイソル ※追加招集
  ハーフナー マイク 1987.05.20 194cm 86kg ヴァンフォーレ甲府 ※追加招集

※森本貴幸(ノバラ)はけがのため不参加

※本田圭佑(CSKAモスクワ)はけがのため離脱

※中村憲剛(川崎)はけがのため9/2の北朝鮮後に離脱

コメント

地方隊員も交えてフッドサル

2011年06月19日 13時14分08秒 | スポーツ
ボランティア活動報告会で上京している地方隊員も交えてフッドサルをした。地方隊員(サッカーが本職のM次郎は別格として)は皆動きが良く、上手い。確実に先週よりもレベルが高くなっている。
自分は数日前から左足が軽い肉離れで全く走れなかった。テニスはごまかせてもサッカーは足を故障すると致命的だ。
それにしてもウルゲンチファイブは男女共に運動神経いいナー
Salcimg0399_2
コメント

中央アジアでもドッジボール

2011年05月06日 02時16分12秒 | スポーツ
近くを散歩していたら、子供たちがドッジボールをしていた。ドッジボールは日本では小学校の児童達に親しまれているが、中央アジアにもあったのだ。
昔はドッジボールは「デッドボール」と呼ばれ、円形のコートに攻撃組と防御組の2組に別れた複数名によるゲームで、攻撃組の者はボールを防御組の者に当てて、これをデッドとした。この際、防御組にはキャッチが認められておらず、飛んでくるボールから身をかわすだかだった。
その後に「ドッジボール」(*ドッジ=DODGEとは身をかわすという意味)と改名され、、遊戯方法もより積極的にする意味で、内野にボールをキャッチすることを許し、キャッチしたものは除外されないという方法が採用されたとのこと。
それにしても、だれがウズにドッジボールを伝えたのだろう。もしかして日本人?
Dojji002
コメント