多摩平通信

多摩平の森でのんびり暮らすシニアの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長寿の国、グルジアの料理

2011年12月31日 06時27分12秒 | 日記・エッセイ・コラム
<script language="javascript" src="/.shared-blogzine/decokiji/deco0912_snowing/deco.js"></script>
天気予報は外れて今日も雪。今年のウズは降水量が多いナー。
昼は荷物の整理、ていうか要らない物を捨てまくった。出来ればスーツケース1個で帰国したい。
夜はグルジア料理店に行った。
<黒海とカスピ海にはさまれたコーカサス(カフカス)地方の国・グルジア。首都はトビリシ。旧ソ連の一部で、ロシア、トルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと国境を接しており、東方正教会のグルジア正教徒が国民の7割以上を占めます。温暖な気候に恵まれたグルジアは「カスピ海ヨーグルト」の生まれ故郷であり、長寿の国としても有名です。>
ソビエト連邦の独裁者、ヨシフ・スターリンの出身地(ゴリ)でもある。

Detail_georgia

グルジアといって忘れてならないのはワイン。ワイン発祥の地であり、日本にも輸出されている。セミスイートの赤ワイン、フヴァンチカラ(Khvanchkara)は「甘口ワインの真珠」として著名とのこと。

Geocimg4023

チーズの入ったパンのハチャプリ
Geocimg4026

水餃子のようなヒンカリ
Geocimg4027

昨日と同じメンバーだが話題が絶えない
Geocimg4028_2Geocimg4030_2

ウズベキスタンに来なかったらグルジア料理には巡り合っていなかっただろう。グルジア国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が3件存在するとのこと。いつか行ってみたいな

ムツヘタの文化財群

107710002009


コメント

料理の鉄人 K藤さん

2011年12月30日 08時31分47秒 | 健康・病気
帰国直前になってしまったが、インプラントへの人工歯歯 のデコメ絵文字の接合が無事に完了した。セラミック人工歯の色合いが気に入らなければ明日、別の人工歯に交換すると言われたが、色も完璧。
治療費はインプラント+人工歯で一本1,000ドル程度。日本では40万円かかるそうなので、5分の1の料金だ。
歯 の画像
治療が終わって直ぐにK藤さん宅へ。
帰国する21-3が招待され、最後の手料理を御馳走になった。
今日のメインはすき焼き
Sukicimg4018
Sukicimg4012_2
歯の治療直後なので、柔らかい豆腐がありがたい。
送別会用に作った『明日があるさ SV編』に以下の歌詞がある
お世話になった N井さん
いなけりゃおそらく 餓死寸前
料理の鉄人 K藤さん
和食の底力
ご馳走がある たっぷりある 群がるシニア達
 ウズに来て体重が10キロ以上減ってしまったが、2人がいなかったらそれどころでは済まなかったかもしれない。感謝ありがとう のデコメ絵文字
最後はN尾さん御用達のケーキ
Sukicimg4020

ここ2カ月で5年分くらいのケーキを食べた気がする。
思い起こせば若いころは飲んだ後に必ず銀座でケーキと紅茶だったナー。
帰国したらケーキバイキングに挑戦しようかな。
ケーキバイキングのルールは
 ①ドリンクバー付き食べ放題1180円
 ②制限時間は60分
 ③対象商品は20数種類
 ④1回のオーダーは2個まで
 ⑤ラストオーダーは10分前
Fujiyakoku
男一人じゃむなしいか...
コメント (1)

最後のIRISH PUB <N川さん特集>

2011年12月28日 04時36分53秒 | 日記・エッセイ・コラム
帰国までウズホテルに滞在しているN川さん、M上さんとIRISH PUBに行った。
<パブ(Pub)とは、イギリスで発達した酒場のこと。Public House の略。アイルランドのパブは、「アイリッシュ・パブ」(Irish Pub)と呼ばれる。これは、家庭などで作ったビールを近隣の人に飲ませていたものが起源であるといわれる。アイルランドにおいては現在も近隣の住民が子供や老人も含め老若男女を問わずに集まり歓談する、地域の交流場としての役割があり、どのような小さな通りや寒村にもかならず生活の中心としてパブが存在している。>
本場のアイリッシュ・パブ
800pxyellow_irish_pub_3
カップル誕生?
Ircimg3989
チーズホンジュ攻め。モテ期?
Ircimg3992_3

デザートは絶品
Ircimg4003_3

今日のメンバーはN川さん、M上さん+テニス同好会
Ircimg4006_2
恒例の札束タイム今日は足りたようだ
Ircimg4009_2
地方隊員の2人は活動を全うして上京しているが、帰国する1月3日まではホテル滞在となる。こちらとしては今日の様に一緒の飲む機会が出来て大歓迎だが、何もすることが無いのに10日以上ホテルに泊まって帰国を待つのも辛いような気がする。そんな私も明日で活動が終わる。日本で年を越したい気持ちもあるが、最後のウズをボランティア仲間と満喫したい、体がもてば...(風邪をひいて2週間以上経つが、未だ熱が下がらない毎回、体温計と薬持参の飲み会だ)
コメント

日本のアパート

2011年12月26日 06時15分32秒 | 日記・エッセイ・コラム

送別会用に作った明日があるさの替え歌SV編に以下の歌詞がある。
 

夢から覚めて 気がついて<o:p></o:p>

 

ここは日本だ 気をつけろ<o:p></o:p>

 

タクシー乗るな メロン買うな<o:p></o:p>

 

お金が無くなるぞ<o:p></o:p>

 

お湯も出ない 暖房もない 日本は不便だぞ

私の体調不良でお披露目することはなかったが、物価が高い日本を揶揄した歌詞だ。

帰国すると東京勤務なので単身用の1Kマンションを探しているが、殆んどの物件は30㎡以下だ。30㎡以上の物件もあるが9万円/月以上になってしまう。

典型的な日本の単身用アパート

1k

日本の物価は世界一高い」と言われているが、東京の賃料は本当に高いと思う。

単身でも海外では100㎡以上、日本では30㎡以下。これが現状だ。

コメント

ウズ最後のクリスマスイブ

2011年12月25日 03時47分11秒 | 日記・エッセイ・コラム
今日は若者にとっては大切なクリスマスイブ。でも特にイベントが無い連中は普通にテニスの練習。そしてささやかなクリスマスパーティーでプレゼント交換。
サンタさんをゲット
Cricimg3978

今年は特にイベントが無かった面々
Ibucimg3977
来年こそは
コメント

21年度3次隊帰国報告会と送別会

2011年12月23日 05時47分14秒 | 日記・エッセイ・コラム
昼は22年度3次隊の中間報告会と21年度3次隊の帰国報告会。
みなさん素晴らしい報告だったが、私だけ発熱と薬の副作用で頭ががんがんでひどい報告になってしまった。予定の7割くらいしか発表出来なかったかな?思考停止でアドリブが全く出ない。今後の反省点だ
地方隊員の2人が一番苦労したのだと思う
Kikokucimg3905

Kikokucimg3909


23-1次隊の専売特許のハンドベルに挑戦
Kikokucimg3916

ソーラン節良く覚えたなー
Kikokucimg3931

ウルゲンチ隊絆を感じる
Kikokucimg3952

フェルガナ隊団結力がある
Kikokucimg3966

ハイカラ・レディーの新曲
Kikokucimg3970


私はここでダウン目の前が真っ白になってきたので慌てて帰宅。
みな最後まで楽しんだかな
2年間お世話になりましたありがとう のデコメ絵文字
<明日があるさ 21年3次隊編>
思い起こせば 我が隊次 いろんなことが ありました
もうすぐ帰る もうすぐ帰る 今日は送別会
明日がある 明日がある 明日があるさ
<あつし>
競馬場で はいパチリ たちまち背後に 軍人さん
良く見りゃ隣 軍施設 拘束されました 
早く出して 早く出して 恐怖の2時間半
<ヨーコ>
はっきり言わせてもらいます 私教えに 来てるのよ
患者は聞く 何度も聞く 勉強にきているの?
教えにきた 指導に来た 頭に来たよ
<つかさ>
シニアは酒飲んで ふーらふら ジュニアも殴られ ふーらふら
暴漢がいる 夜道にいる 素早く逃げるのだ
一人じゃだめ 歩いちゃダメ 深夜の裏通り
<ながお>
夏休みまで 3週間 学生既に 帰省した
誰もいない 誰もいない 早くも夏休み
授業がない 試験もない ことしの6月
<あつし>
やっと終わった 夏休み 入学式と始業式
次の日には 次の日には 学生 パフタ行き
学生いない 先生いない 秋のフェルガナ
<全員>
明日があるさ 明日がある 若い僕には夢がある
いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろう
明日がある 明日がある 明日があるさ
コメント

人民友好宮殿でコンサート

2011年12月20日 07時55分24秒 | 日記・エッセイ・コラム

人民友好宮殿「ISTIQLOL」で開催された「ウズベキスタン文化・芸術フォーラム」財団主催のコンサートを観に行った。

全国から集まった才能有る子供たちが歌、スピーチ、民族楽器の演奏、オペラ、伝統的な歌と踊りを披露した。

また、また、並行して表彰式も行われ、社会的なプロジェクトの起業家やNGO,女性農家、"ウーマンオブザイヤー"等の受賞者が表彰状を受け取り、助成金を受けた。

恐らくウズで一番大きなコンサートホールが満員状態

Koncimg3854

各地方の子供たちによるパフォーマンス。かなり完成度が高い

Koncimg3857

Koncimg3861

Koncimg3876

「ウズベキスタン文化・芸術フォーラム」財団の協同創設者である大統領の長女による表彰

Koncimg3868

フィナーレ。大量の風船で会場は熱狂

Koncimg3880
Koncimg3879

これだけ多くの子供たちが90分の完成されたパフォーマンス。どれだけ練習したのだろうか?学校には行ったのだろうか?

 

何となく17日に金正日総書記が死去した北朝鮮のマスゲームを彷彿とさせる雰囲気だった








コメント

自分の番!テニス同好会の送別会

2011年12月19日 00時17分38秒 | 日記・エッセイ・コラム
今日のテニスの練習参加者は最近では最も多い12名だったので、2面を借りてダブルスの試合。外はマイナス3度と冷え込んでいるが屋内コートのおかげで快適に遊ぶことが出来た。風邪を引いていることも忘れて今日も汗をかいてしまった。
テニスの後はハルビンで私とN尾さんの送別会。
Soubetucimg3833

久しぶりに火鍋を囲みながらハルビンの定番メニューを満喫した。
日本ではテニス人口は急激に減っているが、ウズで活動するみなさんには今後も老若男女を問わずテニスを楽しんでほしい。
Soubetucimg3847

2年間ありがとうございました
コメント

チムガンで最後のスキー

2011年12月18日 02時06分00秒 | 日記・エッセイ・コラム

フェルガナ出張のせいか昨日から風邪をひいてしまった。よって、今日のスキーはキャンセルしようかと思っていたが、あまりにも天気がいいので、行くだけ行って写真撮影だけすることにした。
約2時間でチムガンに到着。先ずはシャシリクとお握り、空揚げ等で腹ごしらえ。
Skicimg3803

Skicimg3804

天気がいいので景色も最高
Skicimg3820
中間地点で『パマギーチェ』の声が聞こえる。よく見るとN村さんがこけて立ち上がれなくなっていた。直ぐに手を引いてあげて救助。
立ち上がれて安心するN村さん。その後頂上まで行った時には更なる試練が待っていた。
Skicimg3806

リストを降りたところの展望台で記念写真
Skicimg3824
前回よりは雪が少なく滑りやすいが超急斜面。初めてのY原さんは悪戦苦闘。結局みんなから40分遅れの到着だった。お疲れ様。
Skicimg3826
Y原さんを待つ3人。結局見捨てて(?)降りることに。
Skycimg3827

天気も雪質も良く楽しいスキーだった。風邪のことなど忘れて滑りまくった
 
来月は日本だ。長野でスキー三昧しよう
Skicimg3830

コメント

フェルガナ出張(3日目)

2011年12月15日 12時52分52秒 | 日記・エッセイ・コラム
今日のセミナーはAndroid プログラミングの紹介。学生はみな携帯電話には興味あると思うので、いいテーマだと思う。
先ずはiPadで様々なアプリのデモ
Fer320111213_06

大学院生のエルミル君が通訳してくれるので楽だ
Fer3cimg3757

セミナーは無事に終了。
午前2時20分のフライトまではだいぶ時間があるのでクバに行くことにした。マルシュルートカで約40分でクバの街に到着。
モニュメントやプチ遺跡を観光
Fer3cimg3763
Fer3cimg3777
他に観光スポットは無さそうなのでT姫が務める診療所に行くことにした。
通りを歩くおねいさんに病院の場所を尋ねて、なんとか大きな病院にたどり着いた。
そして『ここで日本人女性は働いていますか?』と尋ねたところ、
『それは別な病院だよ。そこの乗り合いタクシーで行くことが出来るよ』とのこと。そこで乗合タクシーでT姫の居る診療所へと向かった。
クバの街から診療所のある村へは思ったよりも遠く、途中で間違っているのではないかと心配したが、無事に診療所前に到着。T姫も我々に気付いてドアから手を振っている。
こじんまりとした診療所
Fer3cimg3781
院長と一緒に
Fer3cimg3782

今日設置された電気治療室のストーブ。ストーブの無い部屋は気温2度だった。
Fer3cimg3786

T姫にぴったりなのどかな村だ
Fer3cimg3794


フェルガナのみなさん、お世話になりました
コメント