多摩平通信

多摩平の森でのんびり暮らすシニアの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アパートに引っ越し

2010年01月30日 14時03分10秒 | 日記・エッセイ・コラム

今日の午前中にホテルをチェックアウトしてアパートに引っ越す。

アパートで直ぐにADSLが使えるかどうかわからないので、ブログはアップしておこう。

ウズベキスタンホテルは外見は立派だが、今日もエレベータが狂っていて、いくら待っても8階に止まってくれないので階段を使った。西側と東側(旧ソ連)のクオリティーの差はいろいろあるが、このエレベータに乗ればその差が実感できる。モンゴルに居た時もJICA事務所があった通産省ビルのエレベータがソ連製で、乗るたびにひやひやした。目的階の2階下あたりから10秒に1センチくらいしか上がらなくなり、へたすると10分以上も監禁状態になる。中にいる全員で一緒にジャンプすると少し速く上昇するとのうわさもあったが、さすがに見ず知らずの通産官僚とエレベータの中で一緒にジャンプは出来なかった。今度引っ越すアパートもエレベータがあるので心配だ。

写真は約4週間お世話になったウズベキスタンホテル

Photo

コメント

第5回書き初め大会

2010年01月29日 22時55分35秒 | 日記・エッセイ・コラム

日本センターで活動中の隊員に頼まれて、日本センター主催の第5回書初め大会の審査を行った

参加者はウズベキスタン人13名、題目は『天馬行空』(てんばこうくう: 天馬が空中を自由自在にかけめぐるように、言動が何物にも規制されずに自由奔放であること)。

題目の意味を知っている参加者は居ない様だったが、みな日本人以上にうまく筆を操っていた。

金賞は 写真の真ん中の女性。他の参加者は『馬』の字に苦労していたが、金賞作品は見事にバランス良く仕上がっていた。ここのところロシア語ばかり見ていたが、やはり‘’日本語は美しいな‘’と感じた。

Kakizome2 

Kakizome4_2

コメント

大衆居酒屋

2010年01月28日 23時22分20秒 | 日記・エッセイ・コラム

シニア仲間とティムール広場近くの大衆居酒屋に行った。シャシリク(肉の串焼き)が美味しく、ラグマン(うどん)やカツレツもある。ビールはラッパ飲みで庶民の雰囲気が味わえる。飲んで食べて1人500円弱ととにかく安い。店の看板は無く、入口のドアがあるだけなので、知らないと通り過ぎてします。

写真はシャシリクを焼くお兄さん

Syasiriku2

コメント

大学表敬訪問

2010年01月28日 01時14分06秒 | 日記・エッセイ・コラム

ロシア語の授業の後に配属先のタシケント情報工科大学を表敬訪問した。今日は通訳がいたので副学長ともコミュニケーションがとれたが、1人だと大変だ。ロシア語での講義は無理にしても、ロシア語で先生たちとコミュニケーションできるくらいにならないとどうにもならない。

写真はタシケント情報工科大学

Daigaku

コメント (1)

アパートの契約

2010年01月27日 01時07分38秒 | 日記・エッセイ・コラム

JICA立ち合いにもとアパートの賃貸契約を結んだ。署名する直前に、アパートの名義がオーナーの義理の妹だと分かり、急きょ義理の妹も呼んで立ち会ってもらったために、契約締結が1時間遅れてしまった。なんとか契約が済んだので土曜日の午前中に引っ越すことになった。

さて、ロシア語のナターリア先生によると、7年前は今の10分の一の値段でアパートが買えたとのこと。つまり、7年前にアパートを購入した人は日本人に1年間賃貸すると元が取れることになる。こうしてウズベキスタンでも貧富の差が拡大していくのだろう。

今日の写真はバザールのシャシリク(肉の串焼き)。1本1000スム(60円)。バザールに行くと必ず食べてしまう。

Syasiriku

コメント

不便なネット環境

2010年01月25日 22時05分27秒 | 日記・エッセイ・コラム

ホテルの部屋からインターネットが利用できなくなったので、ロビーまで降りてきてポッドキャストのダウンロードやスカイプ通話を実施している。JOCVはホームステイ先でインターネットが利用出来ないので、研修後にJICAのボランティアルームでインターネットを利用している。しかも相変わらず速度が遅く、いらいらする。アパートに引っ越したら最低速度の64kbpsADSLを利用するつもりだが、恐らく実効速度はかなり遅いだろう。ベトナムの10年前もこんな感じだった。でも、かろうじてスカイプが出来ているので我慢しよう。

写真は今日のロシア語の授業で行った中央郵便局。

中は薄暗く閑散としていた。子供に絵葉書を送ったが、何日で届くか楽しみだ。

Yuubinnkyoku_2

コメント

卑弥呼

2010年01月24日 02時08分41秒 | 日記・エッセイ・コラム

ナヴォイ劇場で日本の『卑弥呼』というグループの和太鼓パフォーマンスを観た。メロディーが無い演奏なのでウズベキの人にはわかりにくかったと思うが、拍手、手拍子で盛り上げてくれていた。思ったとおり、文化的レベルの高い国民だ。ナヴォイ劇場は抑留日本兵が造った1500人収容の古い劇場だがメンテが行き届いていて内装もきれいだった。今度は現地のオペラかバレイを観たい。写真は8番のトランバイ(路面電車)でいったチョルスーのモスク。チョルスーバザールや旧市街も面白かった

Mosuku_3

旧市街で会った少女達

Onnnanoko

コメント

ワインがおいしい

2010年01月22日 21時49分59秒 | 日記・エッセイ・コラム

ウズベキスタンは物価が安いが、アルコールも安くて助かっている。

特にワインが200円~300円と安いが、写真左のワインがドライでおいしい。

真ん中のビールはビンではなくペットボトル入りだ。左はウオッカだが、ウズベキ人は昼食時にもグビッと飲んでいた。

Sake

コメント

アパート

2010年01月21日 23時12分49秒 | 日記・エッセイ・コラム

今はホテル暮らしだが、語学研修終了までにはアパートに移る必要があるので、不動産屋に物件を紹介してもらっていたが、ウズベキスタンホテルから徒歩5分のアパート契約することにした。1年くらい家族も呼び寄せるつもりだったが、小学5年生の息子の学校の問題もあるので残念ながら単身になる。なのでアパートは部屋がたくさんあっても仕方がないので、スツーディオタイプにした。家賃は700ドルの予定。

写真が入居予定のアパート

Apertment

ついでに息子の写真

Yuta_3

コメント

タシケントのインターネット

2010年01月20日 20時55分48秒 | 日記・エッセイ・コラム

タシケントで利用できるインターネットを比較した。

現状ではADSLがベストだと思う。複数のプロバイダーがサービスを提供しているので、自分にあったサービスメニューがあるプロバイダを選択しよう。

地方でADSLが利用できない場合はダイヤルアップを利用しよう。速度は遅いが料金は高くない。そのバックアップ(最終手段)として携帯電話会社のUSBモデムとするのが最善だと思う。 料金は高いが、外出先でも利用できるのが便利だ。

インターネットは進歩が速く半年後には状況が変わる可能性があり、引き続き調査したい。

ちなみに、いまはホテルの無線LAN(おそらくADSL)で無料のインターネットを利用している。ウイークデーは速度が遅くいらいらするが、日本の家族とビデオ通話は出来ている。

サービス

最大速度

月額料金

,USD

(最小速度の場合)

無料データ量

,MB/月

データ料金

USDMB

昼に60MB/日利用の場合の料金

時間、データ量無制限の定額制の場合

ダイヤルアップ

56 Kbps

(ミニマム料金:15

-->

コメント (1)