多摩平通信

多摩平の森でのんびり暮らすシニアの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ネット料金が大幅引き下げ

2011年12月02日 11時37分20秒 | デジタル・インターネット

ウズベクテレコムは今年に入ってからプロバイダ向け(国際通信網用)インターネット料金を何度も値下げしており、9月20日には1メガビット/秒あたり632ドルにまで値下げした。本年1月1日時点の料金と比べると25%の値下げである。しかし、私の使っているプロバイダーのTSHTTの料金にはなかなか反映されなかった。

しかし、いよいよ今月から料金が大幅に引き下げられた。これまでは128kbpsで120,000スムだったが、今月からは35,000スム。なんと70%も安くなった。

値下げは嬉しいが恩恵にあずかるのは今月だけ

でも、これだけ安くなると一般のウズ人でも十分払える金額だ。

10月1日時点でのインターネット利用者数は約790万人となった。毎年倍々ゲームで増えているが、値下げでいっそう拍車がかかるだろう

コメント

ウズでもスマートホンやiPadを活用

2011年10月15日 23時32分46秒 | デジタル・インターネット

ウズでもスマートホンやiPadをネットに接続したい人や職場でネット共有の環境を整備したい人もいるだろう。そんな時に便利なのだ無線ADSLモデム・ルーターだ。タシケントのショップで50ドルくらいで購入することが出来る。

プロバイダ提供のADSLモデムと無線ADSLモデム・ルーターを交換するだけだ。

Wifi1

設定は以下の通り。

Wifi2


通常はBridgeモードになっていて、その都度PCからネットワークに接続しなければならない。しかし、この設定なら常時モデムとインターネットはつながっている。また、複数のパソコンで同時にインターネット接続を行なう事も出来る。

この無線ADSLモデム・ルーターは日本では使えないので、ウズにおいて帰るつもりだ。欲しい人がいたら応相談ふきだし のデコメ絵文字

コメント

ウズベキスタンのテレビ事情

2011年10月13日 23時08分46秒 | デジタル・インターネット
ブログを観てくれたNaoさんからウズベキスタンのテレビ事情についての質問があったので説明します。
 
 
(1)地上波放送局
テレビは、国営のUzuteleradioが5チャンネルを放送している。また、地域局も
ある。ウズベク語及びロシア語放送が主であるが、日曜日のみ他の中央アジア諸国の放送がある。
(2)衛星放送、ケーブルテレビなど
外国語放送では、BBC, CNN, Deutche Welleの他、400チャンネル以上が受信可能である。
また、日本語衛星放送局JSTVでは、加入しなくてもNHKニュースを視聴
できる。
 
テレビ のデコメ絵文字
テレビ のデコメ絵文字
テレビ のデコメ絵文字
テレビ のデコメ絵文字
テレビ のデコメ絵文字
Hd_2


(3)地上デジタル放送
ウズベクでは2015年の地上デジタル本放送開始に向けて、2010年よりタシケントで地上デジタルの実験放送を続けている。ヨーロッパ方式(DVB-T:Digital Video Broadcasting - Terrestrial)なので、日本のISDB(Integrated Services Digital Broadcasting、統合ディジタル放送サービス)とは違う方式だ。
本放送開始は4年後だが、既にナボイ自由経済特区でウズベキスタン企業「ウズベクテレコム」「テルマックス・エレクトロニクス」及びシンガポール企業「Servetechno PTE」の合弁企業がデジタルテレビのチューナーの製造を開始している。
デジタルテレビのチューナーの値段は75,000スム(30ドル)と安く、「ウズベクテレコム」の販売店や電話局で購入出来る。
未だ地デジの魅力であるハイビジョンの番組は準備中だし、迫力と臨場感のある映像を楽しめる大型液晶テレビ
テレビ のデコメ絵文字を持っている人も少ないと思う。
日本でもデジタル放送開始から完全移行まで8年かかった。ウズベクのデジタル放送への移行はいつになるだろうか?
コメント

ウズベクのインターネット利用者急増

2011年02月05日 01時18分21秒 | デジタル・インターネット

情報通信庁によると,2010年のインターネット利用者は09年の3倍の740万人に拡大したとのこと。人口普及率は一気に25%になり、日本の10年前の水準と同じになったことになる。

日本は今でこそインターネットの普及率で世界のトップレベルだが、ADSL等のブロードバンドサービスが始まる10年前までは今のウズベクと大差ないレベルだったのだ。

1_2
ブロードバンド利用者も09年より3万8千人増えて,5万人を超えた様だ。
しかし、UNDPの資料によると、08年の段階で固定電話の加入者は180万人だ。ダイヤルアップでもADSLでも電話線は必要なので、ネット利用者の740万人はかなり下駄を履かせた数字ではあると思う。だが、インターネット利用者が急激に拡大しているのは間違いないようだ。
となると、昨今のネットの遅さはやはりネットのトラヒックの急増に国際バックボーンの増速が追いついていないためだろう。

引っ越す前は256kbpsのADSLを利用していたが、実効速度はその数十パーセントだったので、高いお金を払うのがばからしくなり、今回は6万スム安い128kbpsの速度の契約にした。すると、前より確実に遅くなった。どうやら料金により、サービスの差はきっちりつけている様だ。

でも、どうせならもう少し高いレベルで差をつけて欲しい

コメント