多摩平通信

多摩平の森でのんびり暮らすシニアの日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本人抑留者日本人墓地へのお墓参り

2011年08月14日 16時07分18秒 | 日記・エッセイ・コラム
ヤッカサライ日本人抑留者日本人墓地へのお墓参りに行った。
場所はバブール公園を右に見ながらそのままUsman Nasir通りを約2.5kmほど直進すると左手に10階建てぐらいのAstoria Mir Hotelが見えるので、その信号で右折してYakkasaray通りに入る。道なりに200mほど行くと、左手にモスクの入り口のようなヤッカサライ地域合同墓地入口の門がある。
太平洋戦争終戦後、中国東北地方(満洲)や樺太にいた日本兵約65万人がソビエト連邦により強制的にシベリアや中央アジアへ連行され、強制労働を強いられた。ウズベキスタンにも2万数千名が連行され、その間に亡くなった抑留者の共同墓地がヤッカサライ公営墓地内にある。ここには、87名の日本人が眠る。
永遠の平和と友好の誓いの碑、1995年10月1日、福島県ウズベキスタン文化経済友好協会という文字が読める。
 
<ウズベキスタンでの本格的な日本人墓地整備は、1983年に福島県ウズベキスタン文化経済友好協会親善使節団がウズベキスタンを訪問したことに始まる。その10年後の1990年、交流10周年記念共同事業として福島県ウズベキスタン文化経済友好協会親善使節団が再訪し、タシケント日本人墓地に鎮魂碑が建立された。>
Ireicimg1083
Ireicimg1082
JICAボランティアは私一人だけだった。皆、一時帰国や旅行中でタシケントにいない。
Ireicimg1062
ソヴィエト時代は土を盛っただけであったがウズベキスタン独立後、遺族関係機
関の支援やウズベキスタン政府の協力により、現在のような戦没者名と出身県を刻印した墓石が設けられ、日本人抑留者墓地の共同慰霊碑が設営されている。
Ireicimg1075_4


周りはウズ人の墓地。偶像崇拝を否定するイスラム教だが、何故か墓石には顔写真
Ireicimg1088_2
コメント

ほんとにあったスイカ爆弾

2011年08月12日 17時58分01秒 | ニュース
●市場でスイカ・メロンの販売が禁止される
・タシケントのほぼ全てのバザールで瓜類の販売が禁止されており,小売商は住宅地を回って販売している。
このニュースに対して以下のコメントがあった。
名前:なかがわ
コメントの内容
--------
スイカとメロンについては、本当かどうかは分かりませんが、爆弾テロ対策だと聞きました。

調べてみると隣国までスイカ爆弾の脅威が迫っているではないか。
<世界を驚愕させ、社会問題と化している中国のスイカ爆発現象。今この瞬間も、中国各地のスイカ畑で「ボーン!」「ボーン!」「ボボボボーン!」と轟音が鳴り響いている。
 
アフガニスタンにある同組織の兵器研究所の調査によると、成長促進材を通常の1万倍以上使ったという中国製の超巨大スイカは直径5mを超える。その爆発力は半径5km以内の建造物を完全に破壊する核兵器並みのエネルギー!通常サイズの30cm大のスイカでさえ民家の一軒くらいを吹き飛ばすには十分な威力だという。同組織の幹部は、この金属探知機や爆発物感知器に反応しない大量破壊兵器に大満足したもよう。早速相場の数倍でスイカ爆弾を買い占めているようだ。
 同組織では、この危険なスイカをアメリカの政府各組織や軍事基地、原発等に送付する計画で、作戦コードネームは“都会のスイカ作戦”とされている。
 WWNのインタビューに対し、同組織の幹部は「これでアメリカ人を恐怖のどん底に叩き落とすことができるだろう」と胸を張っている。
 一方アメリカFBIは、中国製のスイカ爆弾を“bone china”(ボーンチャイナ)と名付け、国内流入に警戒を高めている。>
110518_watermelon_jpg


そういえばウズのスイカも異常に大きい。成長促進材を使っているのかも
コメント

気になるニュースから

2011年08月11日 20時41分09秒 | ニュース
●市場でスイカ・メロンの販売が禁止される
・タシケントのほぼ全てのバザールで瓜類の販売が禁止されており,小売商は住宅地を回って販売している。
バザールでスイカ・メロンが販売禁止となった訳は何だろう?誰に聞いても分からない
●「Turkuaz」が新たなショッピングセンターに
・かつて,トルコ系大型スーパー「Turkuaz」であった建物がタシケント市当局へ引き渡され,新たなショッピングセンター「タシケント」となることになった。現在改修工事が進められている。
シェラトン・ホテルやメリデイアン・ホテルも何年か前に撤退した。中には毎年名前が変わるホテルがある。 安いと思って買ってから経営の実態を知り、しまったと思い売りに出すのだろう。合弁相手のウズベキ側だけが綺麗な建物を手に入れる。
でも、サービス業で大切なのはハードよりもソフト。ショッピングセンター「タシケント」が「Turkuaz」を超えられるのか?オープンが楽しみだ


コメント (1)

納豆パーティー

2011年08月11日 03時52分56秒 | 日記・エッセイ・コラム

日本から持ってきた納豆を持参して、N井さんちで納豆パーティーを開催した。
Nattocimg1027_3
納豆も美味しいがN井さん自慢のマーボー豆腐が美味しかった。
Nattocimg1030_3

途中からいつものカラオケタイム
Nattocimg1036_4


Y原さんはマイペース。最新デジカメで奇跡の一枚を撮ろうとしたが...さすが大阪人
Nattocimg1040_5
来月はN井さんの送別会。F野さん達が私の好きなPerfumeを歌い踊るとのこと。楽しみだ
コメント

インターネットNGの原因は

2011年08月10日 18時11分44秒 | 日記・エッセイ・コラム

アパートのオーナーにプロバイダをTSHTTからSarkorに変えてくれと頼んだところ、TSHTTのエンジニアを連れてきた。それで分かったのだが、ブロードバンド接続(PPPoE)のユーザー名が変わっていたのだ。

エンジニアは新しいユーザー名で接続し、どや顔で『ほら、問題無いだろう~』と言う。

勝手にユーザー名を変えたのが問題だろー

認証サーバに問題があるとは思っていたが、まさか突然ユーザー名を変えられるとは...。いや、ウズベクではあらゆることを想定しなければならないのだ。勉強になった。

インターネットが回復したのはいいが、頭にきたので文句を言ったところ、オーナー曰く『ウズベクではよくあること』

これ以上突っ込んでも仕様が無いので、お礼を言って帰ってもらうことにした。エンジニアは帰りに10,000スムを請求してきた。これも突っ込みどころだが、疲れていたので、さっさと支払って帰ってもらった。

国営会社にサービスは期待しない方がいい。

一方、「怪しいお米 セシウムさん」の東海テレビは大変なことになっている。これがウズベクなら謝罪すらしないだろう。

<東海テレビ放送(名古屋市)の情報番組「ぴーかんテレビ」で、岩手県産米のプレゼント当選者について「怪しいお米 セシウムさん」などと不適切なテロップが流れた問題で、子供服メーカーのミキハウス(大阪府八尾市)がすでに同番組へのCM提供を打ち切り、愛知県護国神社(名古屋市)もスポンサーから降りる方針を決めたことが8日、分かった。

 ほかに少なくとも4社が同番組へのCM提供を当面、休止することを決定。東海テレビへのCM休止の動きはこれまで農協関連団体に出ていたが、民間企業にも拡大した形だ。

 東海テレビは、問題が起きた翌日の5日から、「ぴーかんテレビ」の放映を見合わせ、アニメの再放送などを流している。東海テレビは同番組のスポンサーのリストを公表していないが、ミキハウスは毎週金曜にCM提供してきたことを認め、「打ち切りは問題の発生当日に即断し、謝罪に来た局担当者に強く抗議して伝えた」としている。>

コメント

ひどい障害対応のTSHTT

2011年08月09日 20時20分19秒 | 日記・エッセイ・コラム

ウズに戻ったらインターネットが使えなくなっていた。
電話線やモデムは問題ないのだが、PPPoE接続が出来ない。
以下が授業で使っている資料の一部だが、モデムのADSLランプは点灯しているので、トレーニングはOKだ。
< ADSLが最初に接続するときに、「ADSL」とか「LINK」のランプがチカチカと点滅します。この時間を 「トレーニング」と呼びます。これは何をやっているかというと、周波数(tone)ごとに信号の強さとノイズの強さをチェックして、その周波数ではどの程度のデータを送ることができるかを確認しています。こうやって確認された各周波数ごとのデータ量を合計すると全体としてのリンク速度が出てくるということになります。>
Adsl1
よって、電話局のDSLAMまではOKで、問題はそれ以遠の恐らくTSHTTの認証サーバだ。
これをTSHTTに説明してもシステムは問題無いの一言で調べようとしない。途上国でよくあるパターンだ。
今週中に回復しなかったらプロバイダを変更しよう。
因みにTSHTTは国営のウズベクテレコムのグループ会社で、国営なので職員の給料は安くみなやる気が無い。よってサービスは最悪だ。


コメント

当選者に「怪しいお米セシウムさん」

2011年08月05日 15時36分04秒 | ニュース

6日ぶりに名古屋に戻り、東海テレビを観ていたところ、視聴者プレゼントの岩手県産ひとめぼれ10キロの当選者として「怪しいお米セシウムさん」とテロップ表示された。???
真面目な情報番組なので冗談とは思えないし、バラエティーでも許され無いジョークだ。
直ぐに謝罪していたので、ミスだと分かったが、JA岩手県中央会は「岩手県産米ファンに不安を与える重大事件。岩手の米農家を愚弄(ぐろう)するものだ」と抗議しているとのこと。
どうやら本来は当選者の名前を入れる予定だったリハーサル用の仮テロップが、操作ミスでそのまま放送されてしまった様だ。
生放送は怖い。一度流れてしまうと、ネットで瞬時に広がってしまう。
このテロップを作成したスタッフは現場を和ませようとしてやったのだと思うが、笑えない冗談はやめたほうがいい。
今はお笑い番組でも原発ネタはタブーだ。

Tokai

今はタシケントに戻る途中のインチョン国際空港。ここで4時間待ちなので暇つぶしにブログを書いている。日本にも飽きたので、今は早くウズベキスタンに戻りたい気分だ。

コメント

島々に守られた松島

2011年08月02日 12時58分22秒 | 日記・エッセイ・コラム

日本三景の1つの松島。津波で多くの住民が死亡・行方不明となっている他の三陸沿岸地域と比べると津波の被害は少ない。松島湾内に点在する島々が緩衝材となり、津波の勢いを弱めたためだ。

Matucimg0791

海岸線沿いにある商店や食堂の1階が泥水につかったが、既にに営業再開している。

Matucimg0746

名物のカキ養殖は、養殖棚が流されるなど大きな打撃を受けたが、10月には美味しいカキが食べられる。

せっかくなので海の幸を満喫した。

Matucimg0958_3

サザエとつぶがいの串焼き
Matucimg0960_2

この島々が防潮堤となった

Matucimg0934

息子と姪は間もなくウズベキスタンに遊びに来る

Matucimg0919






コメント

雑草には塩害は無い

2011年08月02日 11時22分10秒 | 日記・エッセイ・コラム

2ヶ月半ぶりに実家跡地に行ったが、あたり一面緑の雑草で埋め尽くされていた。こんな塩分を含んだ砂地でも雑草はたくましく育つのだ。

Jikkacimg0870

お墓も雑草で倒れた墓石が覆い隠されていた。
Jikkacimg0897

堤防も防風林も破壊され海がまじかに見える。海風も強く、少し前まで集落があった場所だとは思えない。

Jikkacimg0889


この広大な土地の使い道が決まるころには海岸線は深いやぶになってしまうだろう。

コメント

山元町の町ふるさと伝承館

2011年08月01日 22時19分39秒 | 日記・エッセイ・コラム

山元町の町ふるさと伝承館に写真を回収に行った。

Densyoucimg0841

約70万枚の写真から自分の写真を見つけるのは大変だ。

Densoucimg0846
オンラインで検索もできるが未だ450冊のアルバムしかデータ化されていない。

Densyoucimg0851

数枚の写真は見つかったが、閉館で時間切れ。全ての写真を回収するには何度ここに通わなければならないことか...
Densyoucimg0855

テント生活するボランティアの皆さまには感謝

Densyoucimg0862


70万枚の写真が、見つかった地区ごとに収納されているが、写真は流されて別の地区で見つかった可能性もある。よって、全ての写真を見つけることは不可能だろう。姉によると汚れた古い写真には未練は無いとのことだが、処分しないといつまでも伝承館に残ってしまう。

しばらくはここに通うことになるだろー




コメント