BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」

2005年05月12日 14時59分04秒 | アメリカ牛は安全か?
結局、「危険部位除去」だけでは、BSE対策の要にはなり得ないことがよくわかる記事をUPします。飼料管理がなっていない牛など食べられませんね。20ヶ月以下なら輸入OK、などと適当な回答を作成した「日米実務者会合?」のメンバー個人個人が責任を持って尻拭いをしていただきたいものです。罷免請求とかできないのかな?

■農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」

農水省、OIEに牛肉輸入条件緩和改正案について反対する意見書提出
http://fnn.fujitv.co.jp/headlines/CONN00069841.html
 OIE(国際獣疫事務局)が牛肉の輸入条件を緩和しようとしていることに対し、農水省は反対する意見書をOIEに提出した。OIEはこれまで、BSE(牛海綿状脳症)の発生状況などに応じて、牛肉の貿易に条件をつけていた。しかし、22日から開かれるOIEの総会では、適切な処理をされた骨のついていない牛肉については、無条件で貿易できるとする改正案が提出されることになっている。これに対し、農水省は「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」などとして、この改正案に反対する意見書をOIEに提出した。

ほんとだ、書いてありますよ。
http://www.maff.go.jp/www/press/cont2/20050511press_1b.pdf
BSE感染牛に由来する骨格筋肉については、脱骨されていても、とさつ及び食肉、処理の工程において蓄積した異常プリオンたん白質に汚染される可能性があるためフードチェーン及びフィードチェーンから排除すべきである。この改正案は、BSE感染牛は完全に処分すべきとの規定を他の部分( 第3 条及び第4 条) で含んでいるBSEコード改正案そのもの及び同様の勧告を含む96年のWHO勧告との整合性がない。
(略)
これに関連して、最近我が国において、と畜場における緊急とさつ牛及び農場における死亡牛のBSE感染牛から、SRM以外の組織( 腰神経等の末梢神経) に微量の異常プリオンたん白質の蓄積が確認されたことに留意願いたい。動物衛生研究所がこれらの組織の感染性を確認するための試験を現在継続しているところである。この試験は2年以内に終了する見込みである。極く限られた科学的根拠が利用可能な状況においては、人と動物の安全を確保するため、より慎重なアプローチが採用されるべきである。(抜粋)

■農水省&厚労省:「①日本側の同じ定義のSRMの除去 ②20ヵ月齢以下の牛肉、内臓③成熟度による月齢証明などを食品安全委員会に諮問

自民党小委員会、米国産牛肉再開の諮問の考え方を了承
http://www.nissyoku.co.jp/
 厚労省と農水省は12日、自民党の動植物検疫及び消費安全に関する小委員会(委員長=宮路和明衆院議員)に米国産牛肉の輸入再開について食品安全委員会への諮問の考え方を説明、了承を得た。昨年10月の日米局長会合の結果にそって、①日本側の同じ定義のSRMの除去 ②20ヵ月齢以下の牛肉、内臓 ③成熟度による月齢証明などで米国農務省(USDA)が認証する仕組み。この仕組みに則した牛肉と内臓について国産のリスクと同じかどうかで諮問する。飼料規制など直接的な諮問事項ではないものについても、食安委に提出する。諮問案は早ければ5月中にも食安委に提出。輸入再開の時期について、宮路委員長は輸入再開時期を明確にしていない。(5月12日11:02)

注:
「消費者団体の担当は、「BSEの原因物質が末梢神経にさえ検出された上に、しかも危険部位を”完全に”取り除くなんてことは不可能だ」と指摘
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/c9037118b6ff953ec23f7963de33d244

NHKは「牛の脳やせき髄などの危険部位を完全に除いたり」なんて報道しちゃってますが。
米 牛肉輸入再開案まとめる
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/05/12/d20050512000082.html
これは、12日、開かれた自民党の消費安全小委員会に諮られ、了承されたものです。それによりますと、日米両政府は、日本にアメリカ産の牛肉を供給するアメリカの生産者や食肉処理業者などは、▽アメリカ農務省の認証を受けた上で、▽牛の脳やせき髄などの危険部位を完全に除いたり、生後20か月以下の牛を確実に証明する。▽こうした基本的な規定に違反した事業者については、認証を取り消したり罰則を適用したりすることで、安全性を確保するなどとした具体的な輸入再開の条件をまとめました。その上で、政府は、こうした条件の下で輸入されるアメリカ産の牛肉と内臓が国産牛肉と同じ様に安全かどうかを、今月末にも内閣府の食品安全委員会に諮問することにしています。これと並行して政府は、こうした方針について、13日から今月20日までの日程で全国9か所で国民に説明するとともに、意見を求めることにしています。


■ちなみに当時報道されなかった専門家の大勢の見解
2005年1月21日 プリオン調査委員会傍聴記 その1 「20ヶ月齢記載は削除しろ」と委員
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/231654948ea4804c86cc0fd488153063
なぜ年齢(月齢)にこんなに拘るのか?汚染飼料の性格から多くの場合、生後まもなく感染すると推定され、見かけ上年齢に関連して見えるに過ぎない。厳密には年齢とは無関係で、感染量と感染時期によって検出量に達する時期が決まるのである故にこんな指摘は不見識である(略)

もはや、国をあげての茶番にしか見えなかったりする。

農水省と厚労省が「飼料規制など直接的な諮問事項ではないものについても、食安委に提出する。」というところが、”最終責任”のなすりつけ合い、ってことですかね。

関連
アメリカ牛は本当に安全か? その2 鶏糞に糖蜜をかけた飼料とは?
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/462f08e8cc6a6919618c3b8acbedde00
BSE最新と過去のニュース & アメリカ牛は本当に安全か?(EUによる米国評価)
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/18d64aa98bf84460a8424a70764212fb
アメリカの食肉処理の現場で内部告発が続いている
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/89c21679c9a1a74908daa94270800649
「アメリカの検査方法に不備」の件
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/7034c7f696e9e525713f729103c2d7ec
昨年2月の食安委の議事録「1993年から米国はBSEに汚染されている」という報告
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/75a1947dbfa842f53eaa2d03873403c4
コメント (48)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OIEコード改正:日本が意見提... | トップ | BSE審議の座長代理が辞意表明... »

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱりね、て感じですね (けいすけ)
2005-05-12 17:42:34
Marikoさま

TBありがとうございました。BSEに関して、こんなに充実したサイトがあるなんて、驚きです。これからもちょくちょく拝読したいと思います。
TB有り難うございました。 (それでも地球は回る)
2005-05-12 19:02:49
TB返させて頂きました。

日本国内のBSE対策が不十分なのに、輸入牛肉だけ議論することの茶番加減を指摘する声が拡がるのはよいことと思います。

ただ、このまま行けば、やはり「政治決着」を迫られることになりそうですね。

消費者保護の観点からも、牛肉への表示(この牛肉は、自己責任で云々。)をするなどの対策があっても良いかと思います。
おみごと!! (浪花友在 情報発信)
2005-05-12 19:15:00
Marikoさん、探求//検索//見解 説得力が有ります。

20前、既に自給自足出来てるのは、鶏の卵だけぇ!!ぃいや

鶏の食べる餌は・・・飼育肥料(輸入穀物だぁ)なんて、絶望感に苛まれたものです。。とほほっ
TBありがとうございました (RYOJI)
2005-05-12 19:49:12
本当に安心して食生活おくれないこの国って なんなんでしょう?って思いますね。

民の健康よりも 国の利益と一部金持ちの保身だけ?って感じを 最近は受けます。

一般庶民は ただのモルモットなのかも?
TBありがとう (hider)
2005-05-12 21:02:39
トラックバックありがとうございます。

BSE感染牛について、生後20ヶ月で判断するというのが下せないですね。生後20ヶ月では発症しないだけで、感染は既にしているかもしれないということではないかと思っています。

危険部位のみ完全除去なんて、BSEについて完全に解明されていないのに、危険部位がどこだの言っている。それに完全に除去するなんてのが最初から無理なんです。カビの生えた食パンのカビの見える部分だけ取り除いて食べるようなものですもんね。増殖していなくて見えないだけで、少量でもある可能性はあります。米国から日本に運ぶ間に増殖しちゃいますね。
コメントありがとうございます (伊(ry)
2005-05-12 23:16:17
伊@近未来です。

【BSE】牛肉輸入再開【18頭目】

2ちゃんに、こんなスレが立ちそうな今日この頃です。



国内の業者さんは自主的に全頭検査するようですが、その辺の表示は はっきり義務付けて欲しいですね。

Unknown (真魚)
2005-05-13 00:12:52
TBありがとうございます。

最終的には、消費者の自己責任だと言うようになるんじゃないでしょうか。もはや誰も責任はとらない、と。
鋭い指摘に敬意 (アドルノ的)
2005-05-13 01:48:00
Marikoさま。TBありがとうございます。この間、毎日新聞に実名で登場されていましたね。いまや、ジャーナリストは、Marikoさまのブログを見ずして、記事が書けない状況です。

 神保哲生さんが、『論座』6月号で、BSE問題について、まっとうな論考を発表されているので、ごらんになればと思います。もう、読まれたかな。では、では。
BSE (Alice堂)
2005-05-13 03:31:11
 TBありがとうございました。

 BSEについて,TBいただいた記事とは別の記事のTBを送らせていただきました。

 Marikoさんが指摘されているような見解がもっと世間に広まり,米産牛肉の輸入が再開されても「売れない」→「スーパーなどが扱かわない」という事になるのを願っています。
どうなってるんでしょう? (HOOP)
2005-05-13 19:57:47
今日、米国産牛肉輸入再開に関するリスクコミュニケーションが沖縄と広島で開催されたというニュースを見ました。なぜ東京でやらないのでしょう?既に東京では行われたのでしょうか?

それにしてもマスコミは国産牛肉の問題点をなにも取り上げようとしない。危険なのは米国産だけではないのに。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アメリカ牛は安全か?」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

50 トラックバック

BSE汚染牛肉がすぐそこに迫ってくる (Nanyasoreの日記)
支那そば、キムチネタに飽きたので、牛肉ネタを。 米国産牛肉、7月までの輸入再開に強い期待…農務長官  【ワシントン=広瀬英治】マイク・ジョハンズ米農務長官は11日、日本が米国産牛肉を輸入停止している問題について、7月に日米政府が輸入条件の再協議を予定し
専門委員の意見書はブーイングの嵐 (Speak Easy)
これは専門委員の意見書の文言ですね。▲専門委員の意見書はブーイングの嵐▲
カナダ産牛肉の輸入打診 (それでも地球は回る)
加、年齢証明できる牛の輸入再開要求 牛肉輸入問題でカナダ政府が、20ヶ月以内の年齢確認できる牛についてだけ先行して輸入できないか日本に打診していたことが明らかになった。 この問題で日本政府は、牛肉の輸入再開を求めるアメリカ政府との間で、生後20ヵ月以下
BSE自主検査の方がマシ カンザス州農務省 (それでも地球は回る)
[MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題] BSE被害:年32億~47億ドル 自主的検査導入を勧告 [Excite エキサイト : 国際ニュース] <BSE>牛肉輸入禁止 米国の被害は32億~47億ドル 米カンザス州農務省は28日、米国でのBSE(牛海綿状脳症)発生に伴
吉野家が1日だけ牛丼を復活 (それでも地球は回る)
Excite エキサイト : 経済ニュース アメリカの牛にこだわる吉野家が、牛肉の輸入再開が未定な中、2月11日(金)の1日だけ牛丼を復活させるそうだ。 今回使われる牛肉のうち、8割がアメリカ産。残りはオーストラリア産およびメキシコ産だそうだ。 他の牛丼チェーン店
便利検索サイト (浪花友在 情報発信//無料紹介)
便利検索サイトのお題にて、 サイト//ブログの推薦をさせて頂きます。。 BSE 問題なら 一押し!! 【BSE&食と感染症 つぶやきブログ】 etc................................................
BSE(狂牛病)日本人は感染しやすい? (「ルルる」の調べ物)
アメリカからの牛肉の輸入が再開されようとしている。 生後20ヶ月以下の若い牛に病原体がないという保証は ないのにもかかわらず、20ヶ月以下の牛に対して全頭 検査をしない。 日本人は感染しやすいと聞き、気になったので、調べてみた。 ---病原体:異常なプリオン
ついに出た!また出た! (Ericの備忘録)
ついに出た! 「紫禁城の黄昏―完訳」が出ました。 「東京裁判」と「岩波文庫」が封殺した歴史の真実! 清朝最後の皇帝・溥儀(ふぎ)のイギリス人家庭教師による歴史の証言。映画「ラストエンペラー」の原作にして、戦前のシナと満洲、そして日本との関係を知る第一級資
BSEについての意識のずれ (Buzzaholic Meeting)
食料安全員会が「危険部位がきちんと排除」されれば20ヶ月以下の牛をBSEの検査対象からはずすことを承認しました。 20カ月以下の牛、検査対象除外を答申 食品安全委 しかし一方で、一般から募った意見(1250件)では、7割が20ヶ月以下の牛を検査対象からはずすことに
ダメなもの「言葉狩り」 (「ダメなものはダメ」日記)
《前書き》 前回の記事について頂戴したトラックバックが平和憲法を愛するちきゅう市
狂牛病BSE (カルテ)
狂牛病BSE(牛海綿状脳症)は、1988年代英国で羊の肉骨粉を牛のえさとして、使
米国産牛肉輸入再開 (Alice堂のWEBLOG)
 米国産牛肉の輸入再開に反対する人がいるかと思えば,輸入再開を歓迎し,さらに20
消費者無視の輸入再開 (勘繰り屋)
7月に若い牛の検査免除という話しが出たとき、僕はBSE全頭検査はなくなってしまうのかという記事を書き、そこで全頭検査は続けるべきだと述べました。 しかし、日本政府がアメリカと国内業界団体の圧力に屈しました。 米国産牛肉、年内にも輸入再開 BSE検査緩和...
砂川でBSE牛 国内18頭目 (5号館のつぶやき)
 約1ヶ月ぶりですが、18頭目のBSE牛が確定診断されました。  気になるのは、この牛は1999年8月生まれだということです。  厚生労働省では、感染源とされる肉骨粉の飼料への使用が禁止されたのは2001年10月なので、「これまでのBSE対策に影響は
日本病の病根はどこまで深い (無精庵明月記)
[「日本で初の人間BSE患者発生 50代男性死亡」というニュースが昨日、日本中を駆け巡った。以下、各誌の関連情報をピックアップしておくと: BSE(牛海綿状脳症)が原因とされる「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病」(vCJD)の症例が、日本で初めて確認され
BSE全頭検査の緩和 (☆hiropechi blog☆)
アメリカ牛のBSE全頭検査で、20ヶ月以下の牛は除外!!! どうして20ヶ月以下なんですか? 20ヶ月以下の牛がBSEにかからない保障があるのですか? 沢山の牛の誕生日を100パーセント覚えているんですか??? 2歳の誕生パーティーを迎えた牛を輸出したりしま
拝啓 猪瀬直樹様 (大豆の語る室)
 ワッツ!?ニッポンを見ました。  BSE問題についての発言に疑問があります。  「アメリカ産牛肉の消費は、その人がリスクを取るかどうか、消費者の自己責任に任せるべき」 との発言でしたが、先日、日本初の変異性クロイツフェルトヤコブ病で死亡者が出た時点で、そのよう
牛肉トレサビリティ法☆ (お得で素敵☆専業主婦あずさのワクワク好奇心)
平成16年12月1日より、牛肉トレサビリティ法が施行されたのをご存知でしょうか? 何でも、スーパー等で販売している国産牛肉は、個体識別番号の表示が義務づけられ、PCで検索すれば、その牛の生まれた場所、飼養場所などが簡単に調べられる、というものです。 い
牛肉と政治 (ニュースな日々)
 ほぼ1年ぶりの更新。我ながら、飽きっぽいなと思う。  BSEに関して記事を書い
BSE牛北海道情報 (情報Bank)
国内16頭目の感染牛が見つかった。これでアメリカの牛肉輸入再開をするつもりなのかな。食の安全か外交か、どちらを小泉総理は選択するのかなぁ。原則論がない日本政府です。官僚も、政治家もよく考えていない証拠です。委員会などは、御用学者ばかり集めたものなのでしょ
「特定危険部位を完全に除く」という幼稚な科学 (Speak Easy)
こちらで特定危険部位のお話を少し取り上げさせてもらいます
安全な牛肉を食べれるために、BSE全頭検査の廃止に反対しましょう。 (なんとなく)
米国産輸入再開が迫っています。 国内BSE全頭検査廃止に関して反対のパブリックコメントを送りましょう。 また、BSEに関してのアンケートを実施しています、ご協力お願いします。 (中間集計結果も見れます)
米国牛肉輸入再開 (ひっそりぶろぐ)
[ldFn]米国産牛肉の輸入再開へ=時期は未定(livedoor ニュース) CBS MarketWatchによると、日本は、米国が提案していた牛の月齢判別法を基本線で受け入れ、生後20ヵ月以下の若い牛に限り、輸入を再開する方向へ動き出した。 結局はアメリカさんの言いなりなんですね。先...
全頭検査緩和(BSE) (徒然なか解消日記)
内閣府の食品安全委員会は全頭検査緩和を決め、厚生労働省と農水省に答申したらしい・・・ その前に政府が輸入再開の方針を出してましたが・・・ 食の安全よりも牛肉離れ、それに対する「国民からの批判抑制」等の政治を優先させた感が強い 『全頭検査』 は8月ごろに終
薬害エイズとBSE (クルクルфはまわる~)
食品安全委、BSE安全基準見直しを答申──20カ月以下除外  政府の食品安全委員会は6日、BSE(牛海綿状脳症)の国内安全基準の見直し を農林水産、厚生労働の両省に答申した。出荷するすべての食用牛を検査する 「全頭検査」から、生後20カ月以下の若い牛を外す内
ますます遠のく? 牛丼復活 (「いい」加減でいこう)
 案の定と言うかやっぱりと言うかアメリカでBSE規制順守されずという新聞報道が21日にあった・・   食肉加工工場でBSEの防止規制が順守されておらず、脳や脊髄などの特定危険部位が食肉中に混入している恐れがあるとする警告書が米農務省に提出された。それを...
恫喝国家アメリカ 北朝鮮もびっくり! (「いい」加減でいこう)
 またアメリカが自分勝手なことを言い出した。アメリカの下院議員が日本のアメリカ牛肉輸入禁止を早期に解禁せんと対日制裁をするぞと恫喝してきた。食品安全委員会の議論がなかなか進んでいないのが一因ではあるがびびった農水省官僚や大臣があわてて食品安全委員会には...
恫喝国家アメリカ 北朝鮮もびっくり! (「いい」加減でいこう)
 またアメリカが自分勝手なことを言い出した。アメリカの下院議員が日本のアメリカ牛肉輸入禁止を早期に解禁せんと対日制裁をするぞと恫喝してきた。食品安全委員会の議論がなかなか進んでいないのが一因ではあるがびびった農水省官僚や大臣があわてて食品安全委員会には...
どうなる?BSE問題 (ばかぼん父の世迷い言)
これまでの私がこのブログで書いたBSE関連の記事は、「「評価」し「改善」すること」、「国内初の変異型ヤコブ病が確認された」、「牛肉輸入再開へ」、「全頭検査は非常識」発言についての4本だ。 どれもネタにBSEを使っているが、テーマとしては別のことについて書いている
変異型クロイツフェルトヤコブ病の血液感染について (ばかぼん父の世迷い言)
「vCJDは輸血により感染する」、このショッキングなニュースのもとになった症例は「どうなる?BSE問題」の中でも紹介したProMed(2004II04-0030)にも登場するが、Lancet という臨床系のメジャーな雑誌にも掲載されている。 Lancet.2004 Aug 7;364(9433):527-9 この方は潜
BSE における「種の壁」は高くない? (ばかぼん父の世迷い言)
「掬ってみれば無数の刹那」のHOOPさんの「BSE 生物種の壁は?」の中で 紹介されていたLacetの論文を読んでみたら、いろいろな意味で面白かったので 感想を書きたい。 以下一部を「BSE 生物種の壁は?」から引用すると、 --------------------------------------------
トレーサビリティーをはっきりと主張すべきだった. (花崗岩のつぶやき)
読売新聞の社説でアメリカ産牛肉輸入問題が取上げられていました.ヨーロッパでも30ヶ月未満の牛にはBSEの検査はしていないのだから,我が国が全頭検査に拘るのは非常識だ,と述べています.一見もっともですが,このアメリカ政府の受け売りとしか思えない主張には一つ大きな
吉野家の牛丼、復活ど~ん! (Motan\'s-soliloquy)
一日限り数量限定だけど牛丼復活だってさ! 『ご飯もの』っていうか、お米自体あんまり好きではないのですが ニュースはニュースなのでご紹介。 読んでいくと販売休止から丸1年経ったらしいですね、 ってわけで、2月11日午前11時より販売との事です お米党の方忘
牛肉 (HERO2+日記)
日本で最初のBSE(牛海綿状脳症)感染牛が発見されたときは、大変な騒ぎになりまし
国内で初めて確認された変異型ヤコブ病の患者 (りゅうちゃんミストラル)
イギリスに滞在歴のある日本人が変異型ヤコブ病で死亡していた事がわかった。BSEヤコブ病、国内初の新型患者…昨年12月死亡(夕刊フジ02月4日17時00分)厚生労働省は4日午後、牛海綿状脳症(BSE)が人に感染して起きるとされている新型クロイツフェルト・ヤコブ...
まあ、いいけど・・・ (面白すぎる事を面白くかけるのか?~若鷹正日記~)
先週の金曜日の事でした。 飲みに行く前に腹ごしらえと言うことで、 吉野家さんへ・・・ 豚丼は気が進まなかったのですが、
牛丼 (暇人のぐーたら日記)
花粉症がひどいので手短に・・・(笑) こちらの会社のニュースが出てました。 吉野
就活セミナー飲み (諸刃の剣)
久しぶりに聞いた。 今日は何度も紹介した就活セミナー関係の方々と飲み会。 打ち上げの意味もあり、市役所の方やカウンセラーの方も巻き込んだ大々的なものです。 と、言っても7人ですが。 これから就職活動が本格化していけば、接点のない僕たちはどんど
環境リスク学 不安の海の羅針盤 (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★日本のダイオキシン汚染源の大部分は、農薬 一般的と思われていた知識が、その後の検証の結果実は間違っていた、もしくは歪んで伝わっていた、ということはままあることです。 ダイオキシンは、古い焼却処理場でゴミが不完全燃焼したときに発生し、処理場
輸入再開しろって、ライスちゃん怖いなー(´・ω・`) ((´・ω・`) ブログですがな……)
(鮮度は低くいが) ライス米国務長官、BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)問題に関して、米国産牛肉の輸入早期の輸入再開を求めた(3月19日の会談) 貿易だけではなく日米関係全体に悪影響なんだよ。米国では畜産業界を中心に禁輸解除を求める声が強まっているんだよ。米国
米国産牛肉の輸入再開 (○△□ たど船)
いよいよアメリカ産牛肉の輸入再開圧力が高まってきた アメリカの議員が怒ってる。 輸入しないと制裁だってさ。 怖いねえアメ...
BSE問題 (Life with kittens)
アメリカが、日本が牛肉の輸入再開をなかなかしないというので、 経済制裁とかを持ち出しているとか。 ニュースによれば ライス長官は会談後の記者会見で「国際的な、科学的な根拠に基づいた基準が存在する。日本は、ぜひ世界基準にしたがっていくよう望んでいる」と語
食の安全空間 西宮冷蔵(2) (donguri no seikurabe)
西宮冷蔵を応援する人たちの輪が大きくなっているのを感じる。 ずいぶん前にメインの
献血 (雑多な豆)
 しばらく献血をしていないなあ、と、ラジオの献血キャンペーンを聴きながら思った。  特別献血が趣味、というわけではないが、昔、父が緊急手術の時、大勢の方の献血のおかげで危うく命拾いをしたことがあるので、機会があればなるべく献血をすることにしている。  
云えないこと (隅田清次郎残日録)
プロフィールには明記していないが、あちこちで私が獣医師であることを書いている。
グ~グ~テーブル「らくらく姿勢で食べやすいワン!」 (快適生活新聞)
今日のテーマは「骨」(* ̄(エ)(* ̄(エ)(* ̄(エ) ̄*)(エ) ̄*)(エ) ̄*)ポネ ッ!!(クリックするとご購入できるんです(*´д`人´д`*)) 「グ~グ~テーブル「らくらく姿勢で食べやすいワン!」」 【ベルーナネットショップ】5,040~5,775(税込) 「骨」に関連するblogを
★アメリカの良心 (空と旅と風景と)
 狂牛病(BSE)対策のためには、全頭検査をした方がよい。  そうは思っているも
肉欲の敵。 (tenruのぶらり旅)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050728-00000177-mai-bus_all や、やっぱりなぁ。。。 こんな状況なのに、輸入を!!とかいってた奴ら舌噛んで。 http;//www.kaikin.jp 肉が好きなだけに許せん。
パン工場前で大規模デモ 米牛肉解禁に抗議 (bogusnews)
資料写真: ビーンズマスコット しょくぱんまん →この商品をAmazonでチェック 政府が12日に米・カナダ産牛肉の輸入再開を正式決定したことを受け、各地で大規模な抗議デモ活動がはじまっている。両国の牛肉は牛海綿状脳症(BSE)の発生で2003年以来禁輸措置が取られ.
信用できるものが何もない (真夜中の国語辞典blog版ぞーぷす)
この米国産全頭検査拒否牛肉輸入再開より前、国内で初のBSE感染牛発見のあたりで、各政党に食品表示のアミノ酸や牛エキスといった原材料不明の表示から具体的な表示に変更し、外食の厨房の調理器具や精肉段階での切断器具等の徹底管理(牛なら牛、鶏なら鶏等)を徹底指導...