BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

島村農相「飼料問題は食安委に諮問せず」&外食業界の島村氏献金ニュース

2005年04月19日 21時59分50秒 | フードサービス協会が島村氏に献金
飼料管理は、BSE拡散を防ぐために一番重要な問題なのですが。。。

■島村農相「飼料問題は食安委に諮問せず」

『島村宜伸農相が米国産牛肉の安全性を食品安全委員会に諮問する際に米国の飼料規制の有効性を「諮問事項としない」と発言している』

「民主が農相を厳しく批判 安全委への諮問めぐり」ニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050419-00000180-kyodo-pol

■島村農水相に外食業界献金
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-18/15_01.html
以下、ニュースから抜粋

 食の安全を守るべき立場にある島村宜伸農水相の資金管理団体や関連政治団体が、米国産牛肉の輸入再開運動をしている業界の政治団体から二百三十万円の献金を受け取っていたことがわかりました。 献金していたのは、吉野家、すかいらーくなど外食産業大手が参加する社団法人「日本フードサービス協会」の政治団体、外食産業政治研究会。代表者は協会の会長で、会計責任者も同協会専務理事。所在地も同じです。 同協会は、「米国産牛肉全面的早期輸入再開を求める100万人署名」に取り組むなど、全頭検査体制の見直しと米国産牛肉の輸入再開の先頭に立っている団体です。政治資金収支報告書によると、外食産業政治研究会は二〇〇一年から〇三年までに、島村農水相の資金管理団体「伸誠政治研究会」と関連政治団体「楽伸会」に「会費」名目で計二百三十万円の献金をしています。 島村氏は現在、二度目の農水相ですが、第二次小泉改造内閣で農水相に就任する前、自民党の食品産業振興議員連盟会長として、日本フードサービス協会の会長とともに首相官邸を訪れ、米国産牛肉の輸入再開を陳情したことがあります。(以下略・・・)

4月20日朝追加:
■アメリカ上下院の対日経済制裁法案に対するスポンサー献金明細
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/index.php?p=247

外食産業といえば、こんなニュースもありましたね。
■【企業倫理】BSE対策の意見交換会に 特定企業関係者が大量応募
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1094081257/
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/newsplus/news19.2ch.net/newsplus/kako/1094/10940/1094086813.dat
■【食品】外食業界、米国産牛肉の輸入再開求め100万人署名開始
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1106536288/
↑賛同者名から検索したのか、なんでこの企業が賛同?というような企業名が出てきますね。

■OIE/BSEルール改正に関する意見交換会 消費者団体に深い疑念
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/05041901.htm

昨日行われた意見交換会についての記事。
コメント (9)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月8日:OIEのコード改正に関す... | トップ | ヤギ&羊は肉や乳にも感染物質?... »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有り難う御座いました (海老名誠)
2005-04-20 12:00:50
農相がこんな事を遣って居ったとはTBを頂き始めて知りました。

早速、農相宛に下記の質問を送りました。



島村宜伸HPはhttp://www.shimamura-yoshinobu.com/

メアドはtokyo-office@shimamura-yoshinobu.com です





島村宜伸殿



貴殿はHPでは「子供達に確かな日本を残そう」等と言っていながら何故その趣旨に反するような事をするのか。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050419-00000180-kyodo-pol

〔島村宜伸農相が米国産牛肉の安全性を食品安全委員会に諮問する際に米国の飼料規制の有効性を「諮問事項としない」と発言していることについて「農林水産行政の責任者としては全く不適格だ」と批判した。

 鮫島氏は「牛海綿状脳症(BSE)の発生防止のためには牛の飼料規制は極めて重要だ」と強調。その上で「米国の飼料規制については米国の会計検査院が『検査体制が不十分』とする報告をまとめている」と指摘し、農相発言に強い疑問を示した。〕

米国においての『検査体制が不十分』と指摘された牛の飼料規制を「諮問事項としない」発言は、「自民党の食品産業振興議員連盟会長として、日本フードサービス協会の会長とともに首相官邸を訪れ、米国産牛肉の輸入再開を陳情したことがあります。」と云う記事が示して居りますが、農相の立場の今でも変わらずに輸入再開に自ら取り組むと云うことですね。

外食産業政治研究会は二〇〇一年から〇三年までに、島村農水相の資金管理団体「伸誠政治研究会」と関連政治団体「楽伸会」に「会費」名目で計二百三十万円の献金をしているそうですが過去から現在までの政治献金の中に日本フードサービス協会関係企業・団体・個人からの政治献金分を公表して頂きたい。

今、貴殿は農相と云う立場を利用して政治献金をしたもの達の趣旨に添って動いて居るのか、元来米国産牛肉輸入促進の立場だったのかを明確にお答え頂きたい。

現在日本の食糧自給率を上げようと云う議論が有る中で、安全な国産牛の増産こそ農業政策として求められると思うが、敢えて農相として国産牛よりも米国牛輸入を選択するのは何故か明確にお答え願いたい。

献金情報拝読 (みすた~N)
2005-04-22 03:09:02
 「政態観察ブログ版」のみすた~Nです。トラックバックされていたのでたどりつきました。島村農相への外食業界献金、恥ずかしながら知りませんでした。こちらのブログでも突っ込みたいと思います。
食の安全のたたき売り? (どげざ)
2005-04-22 21:28:29
TBありがとうございます。



わたしたち消費者の安全がかかっているのに、献金のせいで緩和されたんじゃたまりませんねぇ;



それにしても某政治家の1億円献金に比べると、230万円って少ないですね。(^^;

そんなはした金で動いちゃうものなんでしょうか。

Unknown (真名)
2005-04-22 23:12:00
まあ吉野屋さんのお気持ちもわかりますけどね。私は、吉野屋さんへの批判は控えます。

島村さんはいけませんね。島村さんは現役の農相です。農産物行政の現在の責任者です。今役所がやっていることに責任があるのは島村さんなわけでしょ?

その島村さんが、いま管轄役所がやっていることについて、「非常識」なんて明言してはいけません。そう思うのはいっこうにかまいませんが。

自己矛盾になりますよ。

Unknown (kobouzu)
2005-04-24 01:37:08
TBありがとうございます。



しかしこやつは何を考えてるんすかね?

飼料問題は食安委に諮問せずって・・・。

じゃあBSEになる理由は何なんですかね?

風邪みたいなウィルス性の病気だとでも思ってんですかね?

(まあそんな訳ないんすけどね。)

ってかこやつもそんなこと知っとるでしょうけど・・・。



いくら「親方米国」のゴリ押しといえど、

こやつらが頑張ってくれんと我等一般市民は

どうしようもないのに・・・。



誰のためにおのれ等が閣僚なり議員なのか、

もう少し考えて欲しいと思います。



少なくとも米国の為じゃないはずだ!



なんと・・ (↓ガキ)
2005-05-07 22:58:16
TBありがとうございます。

食の安全はもう完全に国民一人一人に委ねられていますね。

このままだとますます牛肉が食べられなくなりそうです。
Unknown (yutakami)
2005-06-27 18:57:06
TB有難うございました。

難しい時代にMariko様のお働きも重要ですね。

今後とも期待申します。

Unknown (Unknown)
2006-02-09 01:27:19
中川農水相に400万円

米牛解禁求めた外食産業

国内BSE発生後4年間

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-02-02/2006020215_01_0.html
Unknown (Unknown)
2006-02-09 02:32:42
松岡利勝



http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H14/1407/140769matsuoka.html

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
米国BSE問題―4月19日衆院農林水産委員会の気になる発言 (Mangiare!Cantare!Pensare!)
昨日(19日)のニュースで、こんなのを発見。 民主が農相を厳しく批判 安全委への諮問めぐり  民主党の鮫島宗明「次の内閣」農相は19日、国会内で記者会見し、島村宜伸農相が米国産牛肉の安全性を食品安全委員会に諮問する際に米国の飼料規制の有効性を「諮問事項としな
政治家 (一日考察 色々な感想)
島村農水相がBSE対策について「全頭検査は世界の非常識」と発言した。 asahi
BSEと輸入再開と責任の所在 (◆◇◆ GRUNGE STREET ◆◇◆)
牛タンの灯、消したくない 振興会、仙台で「輸入再開を」署名活動 [MSN-Mainichi] 吉野家 輸入再開へ農協に署名要請 [デイリースポーツ online] 牛丼ファンら、119万人分署名提出 [中日新聞] と、まぁ、米国から制裁するゾと脅され始めてからポツポツと記事...
吉野家の牛丼 だいじょうぶ? (「Tシャツ」と「丁字路」)
牛丼復活は遠目に見ておこう。そんなこと言われると気分的になんかいやじゃない。
アメリカ国内でも食の安全は守りたいらしい (BLOG - kiraraさんのブログ - なまずの独り言(namazu blog))
米連邦地裁、カナダ産牛の輸入再開差し止め(nikkei)アメリカは怪しげな牛肉を日本に輸入しろと要求しているのに、感染牛が見つかったカナダの子牛の輸入に待ったがかかったようだアメリカの国内は食の安全なんていっているのに昨日の島村農水大臣の答弁では早く輸入したいよ
消費者無視の輸入再開 (勘繰り屋)
7月に若い牛の検査免除という話しが出たとき、僕はBSE全頭検査はなくなってしまうのかという記事を書き、そこで全頭検査は続けるべきだと述べました。 しかし、日本政府がアメリカと国内業界団体の圧力に屈しました。 米国産牛肉、年内にも輸入再開 BSE検査緩和...
島村大臣の珍答弁:米国飼料規制は牛肉安全(BSE防止)に不要 (Speak Easy)
島村大臣の飼料規制についての答弁は凄まじく破綻してます
牛丼 (暇人のぐーたら日記)
花粉症がひどいので手短に・・・(笑) こちらの会社のニュースが出てました。 吉野
九州・沖縄の外食産業の2005年度売上高ランキング (福岡あるある情報銀行)
食文化特に、外食産業の場合、その企業努力とは別に、その年や時代の趣味嗜好がよくわかります。