古代日本の歴史を謎解き

日本の古代史の謎に挑戦します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

邪馬台国を発見② 投馬国の比定地から絞り込み

2018-01-01 00:05:32 | 歴史
さて、前投稿 邪馬台国を発見① 九州説派?近畿説派?の続きです。

魏志倭人伝を読む限り、邪馬台国は 九州説です。
倭国は周囲5000里ですので
長崎、佐賀、福岡、大分、熊本(北部)の地域です。
邪馬台国は、その南側に位置しています。
有明海沿岸、福岡内陸部、大分、宮崎内陸位まででしょうか。

まずは魏志倭人伝に出てくる
・水行20日でたどり着ける投馬国の場所とその航路を考えてみます。
邪馬台国まで水行10日陸行1月です。
投馬国の水行20日も帯方郡を出発地でなくてはおかしいです。
その航路は
帯方郡から末盧国(松浦半島)まで水行10日です。
松浦半島から玄界灘を東へ進んだのでしょうか。
それはあり得ないのです。
伊都国に一大卒と呼ばれる役人がいて物々交換の検査をしています。
伊都国で上陸することなく玄界灘を東へ進んでしまう事は一大卒が許すわけがありません。
投馬国への航路は
帯方郡から狗邪韓国(7日)対馬、壱岐(2日)==>宗像市の大島です(壱岐から1日)
帯方郡から宗像市まで水行10日です。
(ひょっとしたら対馬から宗像市へ直行して水行9日かもしれません)
当時の最強国 伊都国と奴国を通ることなく大陸と交易できる航路が出来ます。
末盧国経由は漢の時代、1世紀ごろです。
魏の時代には、船も大きくなり壱岐から福岡の宗像辺りまで一日で渡航出来る様になります。
宗像一族が力を付けた時代です。
・そのまま、関門海峡を渡り周防灘を南下すれば、10日もあれば十分に日向、西都原付近まで行けます。
・もし投馬国が ズマ国と発音、出雲国であっても、日本海側を東へ進めば、鳥取県出雲市へ着くことが出来ます。

投馬国は、日向、或いは出雲でしょうか、この宗像経由の航路が邪馬台国を特定する重要なヒントです。
邪馬台国の候補地で
三門、朝倉など福岡の山間部、大分、宮崎の候補地が消えます。
理由
邪馬台国は水行10日の後に、陸行で1月かかります。
末盧国から奴国、不弥国まで陸行6,7日ですので更に山道を20日程で朝倉は可能性がありますが
宗像市まで水行10日で行けるのですから、福岡、大分の候補地は近すぎる事になります。
別府、大分、宮崎、日向など湾岸の国は船で行けますので陸路は不要です。
対象外です。
邪馬台国は有明海側の国です。

ここで、魏志倭人伝に紹介される新しくわかった国20国を見てみます。
奴国から順に並んでいると思われますので、ちょうど真ん中あたり
 9番目 対蘇国(とすこく)
10番目 蘇奴国(さがなこく)
11番目 呼邑国(おぎこく)
12番目 華奴蘇奴国(かなさきなこく)
の南側に大国 邪馬台国が位置しています。
実は、これらの国名が現在、ある地域が集中しています。


 9番目 対蘇国(とすこく)      鳥栖、多久
10番目 蘇奴国(さがなこく)     佐賀
11番目 呼邑国(おぎこく)      小城
12番目 華奴蘇奴国(かなさきなこく) 神崎
です。
ひょっとしたら、奴国の手前 烏奴国(あなこく)が鳥栖かもしれません。

もうひとつ、宗像で船を下りて佐賀へ向かうには博多(奴国、伊都国)を通過することになります。
大国 伊都国、奴国に知られずに佐賀へ到着する陸路のルートを考えます。
水行で末盧国で船をおりますが、あえて松浦半島の西側 玄海町側に舟を付けます。
陸路で伊万里(巴利国(はりこく))=>多久、武雄を経緯して佐賀、神崎辺り(吉野ケ里の近く)へ陸路を歩きます。
そして、更に南下すると
筑紫川流域の有明海湾岸が 邪馬台国です。
人口7万戸で博多湾の奴国より広い地域だったでしょう。
筑紫川から熊本市付近までが邪馬台国の領地です。

その南側にある狗奴国
熊本の八代には球磨川があります。この辺りが狗奴国です。

では、次に卑弥呼が祈祷を行った宮殿は何処になったのでしょうか。
似ている建物は、吉野ケ里の環濠内の集落です。
こちらは特定できません。
また、この地域に ヤマト に比定できるような地名が無いのです。
実は、奈良飛鳥のヤマト朝廷により消されます。
その地は、架空の国 高天原 に変更されたのです。

・卑弥呼に贈られた親魏倭王の金印は何処
 金印は卑弥呼の手元ではなく、伊都国、或いは宗像で交易に使われたでしょう。
 魏が滅んで大陸との交易が出来なくなったら不要です。
 他の形に変えられてかもしれませんね。
・卑弥呼に贈られた100枚の銅鏡は
 鏡の他にも沢山の絹など生地が贈られています。
 大勢の女性と共に生活していたこともきちんと伝わっています。
 意外と鏡も、一枚づつ女性に配られたかもしれませんね。
 卑弥呼が使った鏡だけが特別なものだったのでしょうか。
・直系100歩の卑弥呼の墓は
 100人の殉職者と共に埋められています。
 当時は、まだ甕棺ですし、卑弥呼が生前に墓を作らせたとも考えられません。
 中央に卑弥呼を入れた甕棺、周囲に仕えていた女性陣も生きたまま甕棺に入る。
 穴を掘って、甕棺を埋めて上に土を盛っていく。
 弥生時代の集合墳に近いと思います。
 但し、魏志倭人伝に直系(丸い)100歩、手前に儀式の場所がある
 と記載された事から、後の前方後円墳が出来たのではないでしょうか。
 古墳時代に王が生前に作る竪穴式石室、横穴式石室 や 石棺ではないはずです。
 ましてや石室の中に沢山の鏡が置かれる儀式も後の事です。
 弥生時代の集合墳で中央に身体を折り曲げた形で一枚の鏡を抱いている女性が卑弥呼です。
 古墳の様にはっきりとしたお墓ではないでしょうから、見つけるのは至難の技ですね。
現在思いつく所はここまでです。

今年も古代の人々の気持ちを考えなら当時の歴史を紐解いてみます。
歴史の祠(ほこら)これからも宜しくお願いします。

それにしても昨年は、北朝鮮の各・ミサイル開発、中国の領土拡大 と
更に協力な武力、経済力をもって東アジアの地域支配を変えようとしています。
中国大陸、朝鮮半島では2000年前の歴史がまだ続いているのでしょうか。
2000年を経過しても人間の本質は成長していないのかもしれませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 邪馬台国を発見① 九州説派?... | トップ | 大陸の史記 三国志(魏志倭... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-01-04 17:22:07
華奴蘇奴は「はなその」でしょ。
「南水行」と「投馬国、邪馬壱国」 (Y.Nagase)
2018-05-17 19:16:31
投馬国(とうまこく)はどこだ
魏志倭人伝に書かれた「倭国」事情を書くには、大雑把なそれまでの「倭国」の歴史を書かないと話が前後して分かりにくくなりますので、次の項目毎に書きます。

「倭国」の範囲と統一。
「倭女王・卑弥呼」の誕生。
「倭女王・卑弥呼」体制「倭国」と「倭女王」に属さない「狗奴国」との戦争。

「倭女王」国との戦争で勝ち進む「狗奴国王」。
「投馬国」の位置
方角文字「南」「東南」使用の共通点。

「邪馬壱国」の位置
「狗奴国」の国範囲。
「喉、胸」の形状・機能読み。

「倭国」の範囲と統一。
「狗邪韓国、対馬国、壱岐国」と九州島内の「博多湾、唐津湾、伊万里湾、九十九島湾、佐世保湾、大村湾、長崎湾、橘湾、八代海、島原湾、有明海」に面した国々からなっています。

その昔、百余国からなる湾地帯の国々の中に三ヵ国の同盟盟主王がいました。伊万里湾を国内にした「斯馬国王」は、渡来人体制国の盟主王。

倭人体制は二ヵ国の盟主王がいて、諫早を中心として「島原半島、経ヶ岳・多良岳、長崎半島」を国内にした「弥奴国」は、「九十九島湾、佐世保湾、大村湾、熊本平野内の国々」の盟主王。

あと一人は、八代海に面した国々の盟主王で、天草上下島の「好古都国王」です。

倭人伝時代に「卑弥呼」の母国「邪馬壱国(吉野ケ里遺跡を国内にする)」同盟国である筑後川面と有明海北面の国々については分かりません。

上記、三ヵ国盟主王が、どういう訳か連合を組み統一を成し遂げました。中国の「始皇帝」が誕生する以前の昔のことです。

この連合統一に対して、独裁でしか統一がならない時の中国が、「倭国(和国)と命名しました。「倭」の漢字の偏と旁を考えると同盟連合を想像できるかと思います。

「倭国」内の連合統一には、渡来人主導と倭人主導の二組織あり、「伊都国」の官;三名と「邪馬壱国」の官;四名の内の三名です。四人目に書かれた「奴佳鞮」は、「卑弥呼」の先祖である「徐福」が、「倭国」に来るときに占領して同道した「狗邪韓国王」の子孫です。


「倭女王・卑弥呼」の誕生。
「始皇帝」時代に東海の三神山に行き、不老長寿の薬を取ってくると「始皇帝」から膨大な援助を得て航海に出た「徐福」の最初の仕事が、倭人伝で倭国領とされた朝鮮半島南端の「狗邪韓国」を占領することでした。

「狗邪韓国」を占領し、「狗邪韓国王」を捕虜にして「倭国」も占領しようと九州西岸を南下し橘湾に入りましたが、蒙古軍を襲ったと同じ自然災害に会い、多くの船と兵員を失い、倭人に助けられて筑紫平野に上陸しました。

「徐福」が、倭国に来た当時の筑紫平野は、有明海の満潮が冠水する地形でしたが、中国から同伴した若い男女と銅器、鉄器によって筑紫平野に水田を開拓し、力をつけました。

そして、「狗邪韓国王」と渡来人体制を使って、二組織の倭国統一三ヶ国王を軟禁拘束し、代行倭王権を獲得しました。

軟禁拘束した男王だけの倭国統一王に対する為に、娘に代行倭王権を移譲しました。ここに「倭女王・卑弥呼」が誕生しました。

「漢委奴国王」で有名な「奴国王」やその他の国王と代行倭王権を獲りあいながら400年超の時代を過ごしました。


「倭女王・卑弥呼」体制「倭国」と「倭女王」に属さない「狗奴国」との戦争。
「倭女王・卑弥呼」体制は、負け戦で玄界灘面の「伊都国」内に閉じ込められています。

「狗奴国王」体制は、勝ち戦で倭国内の「有明海、筑後川、島原湾、八代海、橘湾、長崎湾、大村湾、佐世保湾、九十九島湾」面を占領しています。

また、「狗奴国王」は、勝ち戦の経過で名前を「狗古智卑狗、卑弥弓呼、弥弥」と変えています。

「卑弥弓呼」の意味は、…「卑弥呼」の母国「邪馬壱国」を占領し、倭人主導・倭国統一三ヶ国王と「奴佳鞮」を捕虜にして、代行倭王権を取得したという意味です。

「弥弥」の意味は、… 倭人主導・倭国統一三ヶ国王と連合して「弥弥、弥弥那利」体制となり、「投馬国」に駐屯して「倭女王・卑弥呼」体制の制圧タイミングを待っている時の名称です。

「弥弥、弥弥那利」体制は、西暦248年に「伊都国」の「卑弥呼」体制を攻めました。「卑弥呼」は、絶望し死を選びました。


「狗奴国」の国範囲。
博多湾を囲った「倭国」の「奴国」の東隣で、遠賀川を中心にして「宗像、関門海峡、国東半島面」を国内にしています。


方角文字「南」使用の共通点。
「南」方向で示された国々の特徴。
「南水行二十日投馬国」… 「投馬国」には、「倭国」を制圧して倭王権を持つ「狗奴国王(弥弥)」がいます。

「南水行十日邪馬壱国」… 「卑弥呼」の母国「邪馬壱国」は、風前の灯となったが、代行倭王権を持つ「卑弥呼」の母国です。

二度目の「奴国」の「南」の「狗奴国」… 倭国を制圧して倭王権を獲り「投馬国」に駐屯している「弥弥(狗奴国)」の母国です。

「南」で方向指示された国々には、倭王権を持つ王が存在します。


私の勉強方法で「投馬国」、「南、東南」を読んでみます。
(※;五十音の一音一音には形があるとして、私が想定した音の形で地形読みしたものです)
投馬国(トウマ)
ト音の形 x・集合一体形が 立体的に 集まる
ト音の解釈 八代海・集合一体形の 立体内に 集まる

ウ音の形 x・接続形が 立体的に 交わる
ウ音の解釈 湾水路・接続形の 立体内に 交わった

マ音の形 x・複合立体形が 立体的に 分かれる
マ音の解釈 三角港・複合立体形を 立体内に する

熊本県宇土半島の先端に大矢野島、維和島、戸馳島に囲まれた三角港があります。「宮崎康平氏のまぼろしの邪馬台国」に、この港ほど荒れ天気の際の避難港として安全な港はない、ということが書かれています。

「投馬国」は、湾曲した緑川の内側と宇土半島、三角港を国内にしています。


南(ナン)
ナ音の解釈、 x・集合内、分割形が 立体的に 分かれる
ナ音の解釈、 倭国統一・集合内、渡来人主導、倭人主導・倭国統一三ヶ国王を 立体内に して

ン音の解釈、 x・複合立体形が 立体的に 交わりきる
ン音の解釈、 倭国内・複合立体形を 立体内に 交わりきる

「倭国」内、独自の二組(あるいは一組)倭国統一三ヶ国王を軟禁拘束して、代行倭王権を執行する国王の国。


「東南(トウナン)」… 「末盧国」以降の方角記載と進行方角は、まるで合いません。そこで、私の勉強方法で(トウナン)を読んでみますと、「伊都国」の糸島にいる「倭女王・卑弥呼」体制を守護する「伊都国と奴国」と読めます。


「卑弥呼」の母国「邪馬壱国」
ヤ音の形 x・重なり形が 立体的に 分かれる
ヤ音の解釈 筑後川、有明海水合流・重なり形を 立体的に した

マ音の形 x・複合立体形が 立体的に 分かれる
マ音の解釈 合流水・複合立体形の 立体面に なる

イ音の形 x・接続形が 立体的に つながりきる
イ音の解釈 岸辺大地・接続形の 立体内に つながりきった

チ音の形 x・集合一体形が 立体的に つながりきる
チ音の解釈 筑紫平野・集合一体形を 立体内に つなげきる

有明海と筑後川がつながった岸辺陸地の筑紫平野を国内にする。


狗奴国
ク音の形 x・立体形が 立体的に 交わる
ク音の解釈 倭国・立体形の 立体内に 交わった

ナ音の形 x・集合内、分割形が 立体的に 分かれる
ナ音の解釈 陸地・集合内、東面を 立体内に する

倭国内の東面領土を国内にする。


上記は、私だけの勉強法ですが、「喉、胸」を読んでみます。
ノ音の形、 x・集合内、分割形が 立体的に 集まる
ノ音の解釈、 口腔・集合内、食物・空気を 立体内に 集めて

ド音の形、 二回読み、x・集合一体形が 立体的に 集まる
ド音の解釈、 体内・集合一体形の 立体内に 集まった
        胃、肺・集合一体形の 立体内に 集める

口腔内に入った、食物・空気を体内の胃・肺の内に集める。


胸(ムネ)
ム音の形、 x・複合立体形が 立体的に 交わる
ム音の解釈、 吸排運動立法体・複合立体形の 立体面に 交わった

ネ音の形、 x・集合内、分割形が 立体的に 広がる
ネ音の解釈、 脊椎・集合内、胸骨の 立体面に 広がる

吸排運動立方体(肺、心臓)の立体面を覆った、脊椎集合内胸骨面になる。

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事