HTCハルチタン

健やかな体 晴れやかな心
体の痛みと心の痛みを取る「ハルチタン」

ハルチタンの情報公開と取扱説明をします

すぐに痛みの取れるハルチタンチップの奇跡

2018年02月04日 | ハルチタンチップ
ハルチタンチップは、筋肉の凝りの先にある「心の凝り」もほぐしてくれます。




 開発直後から想像を超える奇跡が始まりました。

・転んだりぶつけたりした後、すぐにハルチタンチップを貼ると痛みが瞬間強く出て、その後すぐに痛みが引いていきます、そのまま貼り続けていると、やがてあっけないほど痛みもなく治癒しました。

・青アザが出かかっても、ハルチタンチップを貼ると、数日で消えてゆきました。

・血豆ができるほど工具で挟んでもハルチタンチップをすぐ貼ると、血が中で固まらず吸収してしまいました
爪の下にできた血豆には、反応しませんでした神経が通っている皮膚に直接貼ることで治癒反応が活性化することがわかりました。

・捻挫や骨折も、比較的軽いものでしたらその日のうちに、睡眠前圧痛のある範囲必要な枚数を貼ると、腫れと痛みは、あくる朝には殆ど引いてしまいます。
このことから、睡眠中に治癒反応が促進されることがわかりました。

・痛みの原因が起こったときに、あまり間をおかず、「その日のうち」に貼ってしまうことが、より治癒反応を活性化することがわかりました。

・長時間歩いたときの筋肉の凝りも、打撲の腫れや痛みも、同じように間を置かず「その日のうち」にということです。
翌日には、腫れも痛みも消えているか、想像している以上に軽くなります。

・ハルチタンチップで手当すると脳のセロトニン神経が活性化され、痛みを抑えてくれるものと思われます。

その証拠に、治癒反応が起きている途中でハルチタンチップが剥がれてしまうとすぐに痛みが起こって来ることからもわかります。
このことを、ハルチタンチップの愛用者の方たちたちは、今までに度々経験されていることと思います。

・痛みが出たときに、我慢することもなく自分ですぐに手当できると言うことを度々経験することで、長引く痛みというストレスからすぐに解放されて心も軽くなりました。

(痛みが取れたあとで、その痛みが他の部分に移動すると感じることがありますが、一番痛みの強い部分の治癒が終わると、隠れていた部分の痛みを強く感じてしまいます。そこにも同じように貼るとやがて治癒していきます。)


 ハルチタンチップの秘密

よく、「ハルチタンはチタンなんでしょう」と言われるのですが、純粋に言えば、ハルチタンは普通のチタンとはまったく別のものです。
よくある普通のチタンのネックレスなどに、ハルチタンと同じ反応を期待しても、それは無理です。(下記注1)

 ハルチタンチップには、純チタンのチップを初期化した後に、特別に選んだ「海水のイオン情報」をある特殊な方法で書き込んでいます。
この特殊な方法でチタンチップ内に「海」の情報を半永久的に留めることに成功しました。




地球の生命は、陸に上がる約4億年前まで、約34億年にわたって海で生まれ海で進化してきました。
地球の海は生命エネルギーそのものです。


ハルチタンチップに書き込まれた情報と、細胞に必要な情報が一致して、共鳴することにより細胞が活性化すると思われます。

例外として、1200℃以上に加熱すると、チタンチップに書き込まれた情報は消えてしまいます。


 モニタリングによるフィードバック効果

ハルチタンチップを圧痛がある範囲に必要な枚数を貼ると、脳が痛みを認知します。すると同時に、ハルチタンチップと細胞が共鳴し、脳からフィードバックされた自己治癒力をより高めてくれるものと思われます。

筋肉の凝りや、打撲の腫れや痛みに未加工の純チタンのチップを貼っても同じように奇跡的な治癒反応が起こらずに、痛みも腫れも取れることはありませんでした。


注1 ハルチタンチップとリチウム電池を使ったハツカダイコンの発芽実験

<参考記事>
痛みと腫れを素早く癒やすハルチタンチップ
ハルチタンチップとハルチタンチップの不思議な力・お手入れの仕方 
顎関節症(がくかんせつしょう)を癒やす
軽い不整脈を癒やす
スマートフォンサムをハルチタンチップで癒やす
目で見るハルチタンチップの癒やし・青アザの消え方
目で見るハルチタンチップの癒やし・指のマメの水ぶくれが消えた
骨折を癒やす その1
骨折を癒やす その2
こむら返りを癒やす
コメント