HTCハルチタン

健やかな体 晴れやかな心
体の痛みと心の痛みを取る「ハルチタン」

ハルチタンの情報公開と取扱説明をします

花粉症を軽くする 冬から春への癒やし

2017年01月27日 | ハルチタンによる癒やし
日照時間と花粉症 



秋から冬へ日照時間が短くなると、セロトニンの分泌が少なくなってきます。
セロトニンによって働く抗重力筋が弱くなるので、肩が緊張してきます。

春になってくると、日照時間が長くなるので、セロトニンの分泌が少しづつ活発になってきます。
それによって、抗重力筋が働きやすくなり、首、肩、背中の筋肉はゆるんできます。


左右が平均してゆるめばいいのですが、右肩、左肩の筋肉のゆるみ方に差がある人がいます。
この差が大きい人ほど、花粉症がひどくなる傾向があります。

その様子は、肩甲骨の下端の高さを見るとわかります。



左右均衡のとれた肩甲骨の位置


個人差がありますが、私が確認した人々では、3センチ以上の左右差がある方たちは、毎年花粉症に悩まされていました。

春の花粉症だけでなく、秋の花粉症もありますが同じ理由です。
通年、首・肩・背中の筋肉の緊張をほどけば解決します。



花粉症のための首、肩、背なかの筋肉を緩める方法

1.肩回し運動
まず、1月から肩回しを毎日、習慣にして、筋肉の緊張をほどいてください。
これだけで、長年苦しんでいた花粉症の季節を、薬を飲まずに乗り切った人は多いです。
まず、試してみてください。


参照:五十肩を癒やす


2.HTC160000ネックレス



それでも五十肩などで肩回しができない方は、HTC160000ネックレスをお使いください。
楽に肩回しも出来るようになるので、首、肩、背なかが平均してゆるみます。




余談ですが、私の場合は、花粉症はないのですが、パニック障害が癒やされたあと、前に作った礼服の袖の長さが短いことに気が付き、袖の長さを3センチ長く直しました。その原因は、肩の緊張がほどけたことで、一気に腕の長さが長くなっていたのです。
 参照:パニックが消えた日

ブッダの腕が膝まで届くほど長かったと言われていますが、ブッダは毎日座禅を組んで瞑想されていました。
禅の呼吸法は、丹田を使って呼吸するので、セロトニンの分泌が活発になります。

禅は、心が静まり、頭が冷静になりますが、それと同時にセロトニンによって、抗重力筋が働き出すので、筋肉の緊張が解けていたのだと思います。
それで、腕が特別長かったのではないかと思います。


インドガンダーラ仏(東京国立博物館蔵)



HTC160000ネックレスをお使いの方へ
首、肩、背なかの筋肉がほぐれることと、腕が長くなったことに関係があることにお気づきでしょうか?
もし、前から持っていた服の袖が短かくなったと思ったら、それは、洗濯のせいではないかもしれません。


 関連記事
花粉症を癒やす
コメント

好転反応による癒やし

2017年01月19日 | ハルチタンによる癒やし
好転反応

好転反応は漢方では、瞑眩(めいけん)(注1)と言われています。
主として、排出ができないでいた不必要なものが、様々な形をとって心や体から出ていく現象です。



HTC160000ネックレスを使用した体験者の好転反応の事例

50代女性 Yさんの例

Yさんは、女性に多い冷え性の体質です。
それもあって、年に1~2回、10年以上前から、毎年千葉の砂浜で、砂浴(注2)をしています。

はじめ電話によるご相談を受けたときは、体に湿疹が出て、なかなか治らなくて困っていると、切羽詰まったような感じでした。
いろいろお話を聞かせてもらったあとで、HTC160000ネックレスを試されることになりました。

つけてすぐに、「指先がピリピリする、軟便になった」などの反応があり、「日頃、行っているヨガのポーズが、急に楽にできるようになった」などの報告がありました。

その後、湿疹、特に鼠径部におできのようなものができて痛い、などの皮膚の好転反応が出てきました。

それが落ち着いてから、2つ目のHTC160000ネックレスを使われることになり、その後、背なかにも同じようなおできができたと、不安そうに電話をくれました。

殆どの方は、複数のHTC160000ネックレスをつけると好転反応が出やすくなります。
好転反応の出方は、個人差がありますが、一つのときよりも体の毒素の排出が促進されます。

そのことについて、説明した後、ケアの方法などを伝えました。




皮膚の好転反応がだいぶ落ち着いた後、しばらくして、毎年行っていた千葉の砂浜で、砂浴をされたそうです。
そこは砂浴では有名な場所で、様々な難病やがんの治療者さんも多いようです。

砂浴の後、毎年常宿にしている民宿へ行くと、ベテランの民宿のおばさんに、
「あんた、臭くないよ」
「あんた、もう健康だよ!!」
と、はじめて言われたそうです。

それまで、10年以上、毎回「あんた臭いよ」と言われ続けていたそうです。


今では、前向きになってHTC160000ネックレスをつける前には、考えられないほど明るく、はりのある声で報告してくださいました。

それから、HTC160000をつける前には、「そう言えば、いろいろなことで怒ってばかりいました」と話してくれました。

砂浴はとても素晴らしい毒出しの方法ですが、暖かい季節しか行えないし、数時間砂の中にいなければならない、など、制約もあり、なかなか自由にいつでも、というわけにはいかないのが難点です。

Yさんは、四六時中、いつでも身につけていられるHTC160000ネックレスを使い出してからは、体の「めぐり」が促進され、このように短時間に効果的な「好転反応」による毒出しができたのでしょう。
それと、心も体と同じように良い変化が起こり、いわゆる精神分析のジャンルで「緊急感情」といわれるネガティブな心の状態から、ポジティブな「幸福感情」の心の状態に変わっていったのだと思います。

それで「あんたもう健康だよ」と言われたとおり、健康な心と体になられたのでしょう。



注1 瞑眩(めいけん)について

後藤 艮山(ごとうこんざん 江戸中期の漢方の名医、1659ー1733)は、こう言っています。
「百病は一気の留滞により生ず。病、瞑眩せざれば一病も癒えず。」


注2 砂浴について

砂浴とは、暖かい季節に海岸の砂浜を掘って、首から下を砂に埋め、体の毒素を排出すること。
砂療法とも呼ばれる自然療法の一種です。
主に朝から夕方の、太陽が出ているとき、日陰で行うのが効果的です。
砂浴で体の毒素が、臭いガスとなって排出します。



次回予告
花粉症を軽くする冬から春への癒やし
日照時間と花粉症
コメント

脳と筋肉は同時に癒やされていた

2017年01月08日 | 生命の神秘


 脳と筋肉は連動して働いている

生命のリズムは宇宙のリズムと同調して進化してきました。

HTC160000は、宇宙のリズムからずれてしまった人間のリズムを整えます。


 古代の癒やし~巨石文明の仮説

巨石文明の2つの代表的な建造物、ギザのピラミッドとストーンヘンジ。
それぞれのエネルギーを測定した結果、HTC160000と同等の高い生命エネルギーを持っていました。
この2つの巨石群は、明らかに宇宙のリズムと生命のリズムを同調させるために作られた装置であったと思われます。
どちらも、生命のリズムと宇宙のリズムを同調させるために、正確に太陽の運行を意識して造営されていた。



エジプト 紀元前2500年頃
ギザのピラミッドは、権力者の心と体の癒しと、ある力を持つためのものであったと思われます。
私の体験では、高い生命エネルギーの場にいると、不思議な洞察力が身につくのがわかります。

 


イギリス南部 紀元前3200年ごろ
ストーンヘンジは、周辺の人々に開放された癒やしの場であったと思われます。
 → 古代の癒やし



 15年前、私に起きた癒やしは、宇宙のリズムと同調できた瞬間だった

それまで、私がたびたび経験してきた、心の予期不安や、首の寝違い、背中の筋肉の筋違い、心臓の早打ち、手汗も、ともに消えていました。
心が瞬時に癒やされると、同時に筋肉も癒やされていました。
 → パニックが消えた日

呼吸筋も癒やされるので、豊かな声になっていきました。
 → 呼吸とインナーマッスルの癒やし

今、問題になっている「キラーストレス」、絶え間なく脳のストレスにより分泌されて続けているストレスホルモン、コルチゾールが原因。

現代社会の途切れのないストレスが、そのコルチゾールを分解する「間」をなくしたため、脳のストレスと同時に筋肉もコチコチになっています。

別々に癒やすのではなく、どちらも同時に癒せる高い生命エネルギーで、宇宙のリズムと同調させ、癒やすことです。


首のこりも五十肩も、ぎっくり腰も、膝痛も、花粉症も、パニック障害まで、途切れのないストレスによる筋肉の過緊張が原因

五十肩や手首の痛みで思うように動かせず可動域が狭くなっていた人などは瞬時に可動域が広がります。
この状態は一過性ではありません。

HTC160000ネックレスを断続的につけている限り続きます。
あとは、押して痛みのある場所に、ハルチタンチップを痛みが消えるまで、貼るだけです。

意識して動かせない不随筋も働くようになり、可動域が広がります。それと同時に途切れのない脳ストレスまで解けます。



次回予告
好転反応と癒やし
心と体に不必要なものが排出されるときに起こる体の反応です。

コメント (2)