HTCハルチタン

健やかな体 晴れやかな心
体の痛みと心の痛みを取る「ハルチタン」

ハルチタンの情報公開と取扱説明をします

愛犬たちに「健康寿命」をプレゼントできたHTC160000の癒やし

2018年11月10日 | 体験談・いただいたメールとお手紙から

(c) .foto project


私は、子供の時から犬や猫に囲まれて育ってきました。

少しでも「健康寿命」を延ばす事ができたら、それは、飼い主の願いだと思います。

ペットにとって「健康寿命」を維持するためには、知らず知らずに蓄積している、心と体のストレスの緩和が大切だと思います。

HTC160000ネックレスを付けると、その、知らず知らずに蓄積している、心と体のストレスが緩和された証拠に、最初に自覚できることは、体の可動域の広がりとして体感できます。

例えば、人間がHTC160000ネックレスを付けると、インナーマッスルがよく働きますから、楽に背筋が伸びて正しい姿勢になる、歩行スピードが早くなる、歩幅が広くなる、首や肩の可動域も広がるなどが改善されます。

また、インナーマッスルにはミトコンドリアが多く含まれます。
ミトコンドリアが元気になると、エネルギー生産も活発になりますので、体も若返ります。

インナーマッスルが働く時は、セロトニン神経が活性化していますから、脳のストレスも同時に緩和されています。


 (c) .foto project
インナーマッスルがよく働くと元気に歩けるのは人も犬も同じです。
(写真のワンちゃんと記事中のワンちゃんは関係ありません)



インナーマッスルがよく働くと元気に歩けるのは人も犬も同じです。
HTC160000ネックレスを試してくれた高齢のワンちゃんたちが、急速に元気になってくれたことは、私としても子供の時からの夢でしたから、涙がでるくらい嬉しかったです。


HTC160000ネックレスを付けた愛犬たちのその後

かれこれ3ヶ月以上経って、今では、それぞれのワンちゃんたちは元気で過ごしているそうです。
いただいた14歳の豆柴ちゃんの飼い主さんからの電話と、私どもとテトちゃんの飼い主さんとのメールでの近況を、ご紹介いたします。

以下、メールでのやり取りです。

●14歳のメスの豆柴ちゃんの近況をテトちゃんの飼い主さんへお知らせしました



テトちゃんの飼い主さんへ

先日、ハルチタン(HTC160000ネックレス)をつけている豆柴ちゃんの飼い主さんから電話がありました。
ハルチタンブログにも書いていますが、14歳のメスの豆柴ちゃんです。
庭に放し飼いで飼っているそうです。(立派な木造の犬小屋があります)
猛暑だったこの夏から、夜は玄関にケージを置いて家の中に入れているそうです。

今年は、歳のせいか弱ってきて、足がもつれて、よたよたと歩いていたのが、
ネックレスを付けるようになってから元気になって、
散歩のときもグイグイ引っ張るようになったと喜んでくれました。
テトちゃんではないですが、以前はボーッとして、そばに行かないと気が付かなかったのに、今では、庭に出ただけですぐ気がついて、そばに来てくれるそうです。


豆柴ちゃんも、テトちゃんと同じ大きさのネックレスを付けています。

元気になって3ヶ月経った頃に、一過性の好転反応がでました。
以前ネックレスを付ける前に、獣医さんで処方された甲状腺の薬が原因で、水のような下痢になっていたのですが、
その薬の影響がまだ腸に残っていたのでしょう。
一度だけ、同じような、下痢になりました。
(人間も同じですが、元気になった頃に「好転反応」が出るようです。)
2日間、水だけで過ごしたら、いいうんちになったそうです。
その一度の下痢を過ぎたら、豆柴ちゃんは、ますます元気になったそうです。
今では、食欲もあって、よく食べてくれるそうです。
電話のときも、玄関でワンワンと吠える、元気な鳴き声が聞こえていました。
テトちゃんも、苦手な冬の寒さを乗り越えて、どんどん良くなったらいいなあと、思いました。


HTCハルチタン管理人


●最近のテトちゃんは、食欲旺盛



HTCハルチタン管理人さんへ

豆しばちゃんもハルチタンで元気になったのですね、良かったですね

ただ装着するだけで元気になるなんて、正直信じ難いことでしたが
テトもそうですし、豆しばちゃんも同じようになったのですから、やはり
本物なんですね、素晴らしいです。

最近のテトは、食欲旺盛、以前は食べることも忘れてしまったのに
入れ物の音で、ご飯ちょうだいと要求するようになりました。


主人が時々早朝の誰も来ないドッグランに連れて行くことがあるのですが

最近は、早足で歩くようになったそうです、見えないで早足ってすごいでしょ

一時は痴呆が始まったのかと、あきらめていたのですが、元のうるさくてわがままなテトに戻ってくれたこと、本当に嬉しいです、ありがとうございました。

以上

歩行スピードと生存率には深い関係がある

フィンランドとアメリカで、それぞれに行われた調査研究では、歩行スピードが速い人は、高齢になっても生存率が高いという研究結果が出ています。
これは、人間が対象の研究ですが、同じ哺乳類として、ワンちゃんたちにも、同じようなことが言えると思います。


※ワンちゃんたちが使ったのは、人間用のHTC160000ネックレスと同じものです。ワンちゃん専用に作ったものではありません。
コメント

極細スチール線の棘を押し出したハルチタンチップの不思議

2018年10月17日 | 体験談・いただいたメールとお手紙から
ハルチタンチップは、開発当初から、小さな火傷や切り傷の手当に使用すると、あっけなく治癒してしまう
経験を何度もしています。
それとは少し異なって、今回は、不思議な治癒を示しました。

ハルチタンチップの不思議な治癒例としてお知らせします。

メールを送ってくれた方は、10年以上ハルチタンチップを日々の生活の中で活用されています。

時系列を追った貴重な体験談をいただきました。下記に全文をご紹介いたします。
(見出しだけつけさせていただきました)。

<転載はじめ>

先日 踵の痛みにハルチタンチップを貼ったところ、踵に深く入り込んでいた金属が出て来たという体験をしましたのでご報告致します。

◎原因不明のかかとの痛み

右足の踵に小さく痛みを感じ 何か踏んでしまったのではないかと思い ライトを当てて拡大鏡で踵を調べてみたのですが、何も見つかりませんでした。もし 何か突き刺さっていたり あるいは異物が見えなくても 傷が付いていたり出血していたりしていたら もう少し深く考えたと思うのですが、余りにも何事も無く 何かを踏んでしまったのではなかったなとすっかり頭で納得してしまいました。

◎かかとに激痛が走る

何となく踵に違和感が在るまま過ごした数日後、突然 歩行の際 右の踵が床や地面に着いて体重が乗った時に 今度は踵だけではなく 右足全体に響く様な激しい痛みを感じる様になりました。何かが神経に触れている という感じの痛みでした。常にではなく 時折の激痛なのですが 無意識に右足に体重をかけまいとギクシャクした歩き方になってしまい このままでは体全体のバランスがおかしくなる様に思えて、もう一度じっくり踵を調べてみました。

◎痛みの真上に一枚、ハルチタンチップを貼る

すると 踵から内側1センチくらいの所に 皮膚が少し硬くなっている所が在り、押すと鈍い痛みが在りました。(腫れや変色は在りませんでした。)ハルチタンチップ1枚で十分カバー出来る面積でしたので、その時は 痛みが取れると良いなという願いと思いでハルチタンチップを貼りました。

◎3ミリほど柔らかく白くなった

貼り始めて2日目、直径1センチのハルチタンチップ1枚がカバーしている面積の中心に、直径3ミリ程の小さな円形に皮膚が軟らかく白くなっていました。これは過去に 足の指にウオノメが出来た際、ウオノメを取る為 皮膚を軟化する薬剤付きの絆創膏を貼った時の軟らかくなった皮膚とそっくりで、もしかしたら痛みの原因はウオノメなのだろうかと思いました。

◎柔らかくなった皮膚を押すと、極細のスチール線が出て痛みも消えた

4日目にはさらに皮膚が軟らかくなったので 思い切って指で押してみると 中から直径0.2ミリ 長さ3ミリほどのスチール線が出てきました。(スチール=鋼です。とても硬質です)

◎原因が判明

これは手作業で物作りの仕事をしている私が 金属の表面を磨く際使用しているスチール製のブラシの一部で、ブラシには沢山のスチール線が着いているのですが そのうちの1本の さらのその1本の先が3ミリほど折れて飛び それが衣服に付き 入浴の際 脱衣所で衣服から落ち それを素足で踏んだのだと思いました。しかし踵の皮膚は他より固く厚いので 中まで入り込んだ物に気付かなかったのです。

原因が判って考えてみると この一連の流れは破綻無く納得出来ました。そして もしこのままスチール線が入ったままであったならどうなっていたのだろうかと考えると恐ろしかったです。


◎少量の膿が出て治癒した

すでに踵の痛みからは解放されていたのですが、もう少し 硬くなっていた皮膚全体も癒したいと考え、ハルチタンチップを貼り続けました。

スチール線が出て2日後(チップを貼り始めて6日後)ほんの少量のサラッとした膿みが出ました。

貼り始めて10日後 硬くなっていると感じていた部分もすっかり違和感無く治りましたので貼るのを止めました。

◎直径5ミリの円形に皮が剥けた!

その後 軟らかくなった皮膚が直径5ミリ程の円形に ふた皮ほど剥けて終りました。この直径5ミリの円形は 最初に硬くなっていると感じた面積とほぼ同じと思います。

◎今まで、体験したことのないハルチタンチップによる治癒

今までハルチタンチップには 何度も劇的に痛みから救われており、その効用は十分に理解していたつもりでしたが 今回の体験はその可能性の更なる広がりを目の当たりにしました。

まずなんといっても 私は痛みを取るつもりでハルチタンチップを貼ったのですが、私の頭が全く理解していなかった、 考えてもいなかった 痛みの本当の原因であるスチール線をきちんと取り出してくれた事です。

最小限のダメージで治る

さらに ウオノメ取りの絆創膏を使用した際には 当然ながら薬剤の付いた絆創膏の範囲の皮膚が軟化し剥けたのですが、ハルチタンチップの場合は まるで直径0.2ミリのスチール線を出す為に 必要最小限な寸法はこれですという様に わずか直径3ミリの円と最後にその円を含む直径5ミリの円形の皮が剥けただけという 本当に身体に最小限のダメージという治り方でした。

もちろん常備してあるハルチタンチップが使えて さらに入浴の際にはチップを剥がして、入浴後また清潔なハルチタンチップに張り替えられる事も 大変有り難かったです。


私自身も驚きの連続の貴重な体験でした。皆様の治癒のお役に立てましたらと思います。

                                                           千鳥


<転載了>

ご注意!

小さな火傷や傷でも、傷の上に貼るときは、アルコール消毒した、清潔なハルチタンチップを使ってください。
張り替える場合も同じくアルコール消毒した、清潔なハルチタンチップを使ってください。


小さくない火傷や傷の場合は、医療機関の診断を受けてください。
コメント

続「愛犬が奇跡的に元気を取り戻したHTC160000の癒やし その2」

2018年08月21日 | 体験談・いただいたメールとお手紙から
愛犬が奇跡的に元気を取り戻したHTC160000の癒やし その2
 ↑
この記事のミニチュアピンシャーMIXのワンちゃんの続報が、8月19日に届きました。
4歳頃から悩んでいたアレルギーで、お腹が真っ黒にただれていたのが、変化が出てきたとのこと。

ワンちゃんのお名前(テトちゃん)も出して構わないということでしたので、文面そのまま掲載させていただきます。


HTC16000(テトちゃんは写真の12mm水晶を使用)

<転載はじめ>

〇〇 様

こんばんは、暑い日が続きましたが、やっと朝晩はエアコンなしでいられるようになりました。
秋の気配も感じられるようになりましたね。

テトですが、若い頃にはとても戻れませんが、無表情になってしまった頃から比べると
要求吠えしたり、周りの音に吠えたり、猫の匂いに気が付いて吠えたり元気が出てきていることを感じます。

テトを飼ってからの一番の悩みは皮膚のアレルギーです、4歳ころから酷くなり
何軒かの獣医さんにかかりましたが、最終的にはステロイドに頼るしかありませんでした

薬を飲めば確かに治まるのですが、副作用が心配で、止めるとまたカイカイが始まり
お腹の方は真っ黒にただれていました。

さすがに、皮膚は改善しないだろうと思っていたのですが、
最近股のあたりの皮膚がピンク色になって来ました、

長年見ていないつるつるした肌になり、もしやチタンの効果があったのかなと
思っています、

薬を飲まないでここまできれいになることは今までなかったので嬉しく思い
汚い画像ですが、テトのお腹の写真を添えてご報告させていただきます、

脇腹はまだまだ黒いですが
下腹辺りは、真っ黒だったのがピンク色になってきました。

ありがとうございます。



 (写真クリックで拡大)
<転載了>


さすがに、皮膚は改善しないだろうと思っていたのですが、
最近股のあたりの皮膚がピンク色になって来ました、


前回も書きましたが、HTC160000によって、インナーマッスルが働きだすと、体のめぐりが回復して来ると思われます。
それによって、体は自発的に自己治癒力が活発になり、優先的なものから順に改善しているようです。

HTC160000を、世の中に生み出してから5年足らず、まだまだ、未知の可能性が残されていると思います。

コメント

愛犬が奇跡的に元気を取り戻したHTC160000の癒やし その2

2018年08月06日 | 体験談・いただいたメールとお手紙から

   

13歳のオスのミニチュアピンシャーMIXのワンちゃんです。
数年前に両目を失明し、飼い主さんの愛情のもとその後も元気に過ごしていたのですが、最近になって耳が聞こえなくなったということでした。
反応も悪くなり、ぼおっとしている事が多く、飼い主さんもこれからは、ワンちゃんの介護生活にはいることも覚悟されていたようでした。
HTC160000ネックレス(水晶サイズ12mm)をワンちゃんの首に巻いて使っていただいたところ、嬉しい変化のメールが届きました。
以下、飼い主さんのご了承をえたので、一部抜粋してご紹介します。
文中の は、ワンちゃんのお名前です。

-------------
7月22日

おはようございます、ネックレスをお預かりしてから、6日経ちます
ありがたいことに、 のほとんど聞こえていなかった耳が少し聞こえているようです
獣医さんで診てもらったとき、先生が手をパンとたたくとビクッとしたので聞こえていると
分かりました、耳の中が耳ダレしていて外耳炎を起こしていた可能性もあったようです
今まで聞こえていなかった、 の食事を作る音やドアの閉まる音にびくっとしたりするようになり
聞こえていることが確認できました、ありがたいです。

(ブログ管理人注:耳垂れは、人間でも好転反応として、現れることがよくあります。その後は、以前より耳の機能が改善することが多いです。)

7月28日

ですが,お陰様で耳が以前と同じくらいに回復しています、獣医さんでは
高齢で仕方ないと言われていたのですが、まさかここまで回復するとは驚きです。
食欲も今までの量だと食べきれなくて残してしまうので、朝晩2回を3回に分けて食べさせていたのですが
最近はお腹が空いて仕方ないようで、ガシガシ食べています。
以前の活発さが出てきて、やはりハルチタンのお陰でしょうか、ありがたいことです。


8月3日

このネックレス付ける前は、耳はもちろん、いままでの感情が消えてしまい
何を考えているのか分からなくなるような状態でした。
きっと耳が急に聞こえなくなって、不安になり情緒不安定になったのかもしれません。
今はインターホンの音にも反応して、以前のうるさい に戻りつつあります。
ご飯も食べ方が分からなくなっていたのですが、時間になると欲求吠えするようになり
沢山食べるようになりました、本当にありがとうございました。
これからも良いご報告ができることを願っています。

-------------

HTC160000によって、インナーマッスルが働きだすと、体のめぐりが回復して来ると思われます。
それによって、体は自発的に自己治癒力が活発になり、優先的なものから順に改善しているようです。

高齢のワンちゃんですが、耳の聞こえが戻り、この暑さの中で食欲を取り戻されてよかったです。
まだまだ、元気でいてください。

※続報が届きました 
続「愛犬が奇跡的に元気を取り戻したHTC160000の癒やし その2」
コメント

愛犬が突然元気を取り戻したHTC160000の癒やし その1

2018年07月21日 | 体験談・いただいたメールとお手紙から
   

14歳になる豆柴の飼い主さんから相談を受けました。
処方された薬の副作用でひどい下痢になり、ぐったりして食事もほとんど受け付けなくなったと、困って私に電話をかけてこられたのです。
お話をお聞きした上で、2~3アドバイスをしました。

この方は、以前から、HTC160000ネックレスを2本お使いになっていましたので、1本を長さを調整して、わんちゃんの首につけてみてください、とお話しました。
あと薬は中止して、水溶性キトサンを精製水に溶かした座薬を三日間続けてくださいと伝えました。(急性の下痢や食欲不振にとても効果があります)

2~3日後に、電話で元気になったと嬉しそうに話されていました。
後日、詳しい経緯をお手紙でいただきました。
以下、御本人の承諾をいただきましたので、全文をご紹介いたします。(内容が把握できるように、見出しだけつけさせていただきました)


なお、文中「キトサン浣腸」という言葉が出てきますがお尻から入れる水溶性キトサンの水溶液のことで私どもは「キトサン座薬」と言っています。

1 

3 

画像はすべてクリックで拡大します。


<転載はじめ>

◎牝の豆柴、十四歳の回復

庭で放し飼いにしている牝の豆柴が十四歳を過ぎた頃から急に老け込んでボーッと立っていたり食欲も減り 痩せて老衰かなと思っていました。
ところが、首の周りや顔の毛がごっそり抜け出して肌が見えるようになり、これは老いだけではなさそうと病院へ連れていきました。

血液検査の結果 甲状腺ホルモンが低下しているということでチラーチン100という薬を1日二錠処方されました。


◎処方された薬の副作用でひどい下痢に

翌日二錠飲ませたところその次の日から水のような激しい下痢が止まらなくなり ぐったりして食事はほとんど受け付けず 大好きなビスケットを一~二個やっと食べる状態でした。

病院に電話して相談すると、それなら薬を半分に割って与え、下痢が止まらなければ下痢止めを出しますという答えでした。
しかしこれ以上薬を飲ませる気持ちにはなれず 一応下痢止めを用意しましたが果たして与えて良いものか迷っていました。


◎HTC160000を首につけると、突然元気を取り戻した

やはりここは〇〇さんにご相談するしかないとお電話してハルチタンクリスタル160000を首に巻いてキトサン浣腸を三日間するよう指示を頂きました。

幸いネックレスを二本使っていたので、早速 麻紐で調整してつけ 浣腸の準備もしました。

翌朝少し食欲も戻り、便も軟便になり 夕方庭に出ると飛んできて(いつもは近くに行って呼びかけるまで気が付かない状態)散歩に連れて行くと踏み外しながらやっと昇っていた階段をぴょんぴょん跳ねて昇り、トボトボ私の後をついて歩いていたのが、リードをグイグイと引っぱって歩くのに 驚くやれ嬉しいやらでした。

翌々日の散歩で形のある便が出て思わずヤッターと叫びました。
三日間の浣腸が終わった頃には以前よりも元気になり食欲も普通に戻りました。


抜けた毛は少しずつ回復はしていますが、十四歳なので目は白内障のようで白っぽくなり耳も遠く後ろ足がもつれる感じですが、これからは薬など飲ませずにネックレスと何かあれば浣腸で穏やかに過ごしていければと思っています。〇〇さんに感謝です。


◎処方薬は諸刃の剣

余談ですが知り合いが甲状腺低下症で同じチラーチンを飲んでいるそうですが、我が家の犬の話をしたら驚いて、私でも100は強すぎて検査をしながらせいぜい75位までということでした。

その方は多分五十キロ以上あり、うちの犬は6キロなので とんでもない処方をされていたことがわかりました。
インターネットで調べたら甲状腺の治療は少ない容量から始めて様子をみながら増やしていくということで、あのまま続けていたらと思うと怖くなりました。

病院は一概には言えませんが、病気を治すどころか逆の方に連れて行かれることもあるのだと肝に銘じました。

<転載了>

  

<参考記事>
水溶性キトサン座薬の作り方
コメント