HTCハルチタン

健やかな体 晴れやかな心
体の痛みと心の痛みを取る「ハルチタン」

ハルチタンの情報公開と取扱説明をします

年末年始の胃腸の不調は「ハルチタンチップ」で癒やす

2019年01月07日 | ハルチタンチップ
日常のストレスは、頭部や首、肩周辺だけでなく、腹部インナーマッスルの「コリ」としても蓄えられていますので、
それが、胃腸の不調の原因にもなっています。

ストレスによる腹部インナーマッスルの「コリ」の癒やし方

白線(はくせん)」に外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋の腱膜が左右方向に引っ張りあって接合しています。


「ぜんぶわかる人体解剖図」 成美堂出版より
赤ポチは、チタンチップを貼る参考箇所。
しかし赤ポチ部分にかかわらず、押して痛い箇所=圧痛点に、どんどん貼ってみてください。


ストレスによる腹部インナーマッスルの緊張は、
腹壁の正中線上にある白線に外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋の腱膜が左右方向に引っ張るように接合していますので、
白線上はもちろん左右に広がる部分にも「圧痛点」が表れます。
(当然、暴飲暴食をすれば、その重みで白線部が左右下方向へ引っ張られ「コリ」や痛みの原因にもなるわけです)

そのようなときは、「ハルチタンチップ」を一枚ばりのシールで「圧痛点=押して痛いところ」すべてに貼ってみてください。
思いもよらないストレスの緩和と合わせて、胃腸全体の調子も改善します。

体験例ですがハルチタンチップの枚数にすると、10枚を超えるかもしれませんが、
「圧痛点」全てに躊躇することなく40枚以上貼って「腹部の緊張が解けてお腹全体が温かくなって、呼吸まで楽になった」おまけに回盲部に何枚も貼って「便通まで良くなった」
と私に報告してくださった方がおられました。
(その後の電話では、胃腸の調子が癒やされたら、なかなか治らなかった「口角炎」まで治癒したそうです)

今まで意識することなく、蓄積していた精神的ストレスによる腹部のインナーマッスルの緊張が開放され、身も心も楽になられたことでしょう。

また、腹部インナーマッスルのストレスが解けたあとも、時々チェックして、腹壁の白線上の「圧痛点」を探してハルチタンチップを貼って癒やしてください。

私個人の感想ですが、場合によっては「ハルチタンチップ」は、胃腸の調子を整えることに関して言えば、どんな薬をも超える力を発揮することもあります。


使用例 ダイソーの張替え用シール(8mm用 36枚付)

圧痛点とは
指で押して痛みが強いポイントが「圧痛点」です。

みぞおち辺りに不快感のある方の、「ハルチタンチップ」の貼り方
飲み過ぎ食べ過ぎで、みぞおち辺りに不快感がある人は、みぞおちを押すと圧痛があると思います。
その「圧痛点」に「ハルチタンチップ」を貼って、次に「白線」に沿って下へと押してみてください。
「圧痛点」があったらそこにも貼ってください。
次に左右を押してみて「圧痛点」があれば圧痛があるところ全てに貼ってみてください。
翌日には、みぞおちの周辺は軽くなっています。

個人差はありますが、長年の胃の不調まで消えてしまう方もおられます。
中には、みぞおちの周辺が軽くなると、頭痛や肩こりまで緩和してしまう方もおられます。

コメント

目次 

2018年12月21日 | 目次
この記事は、ブログコンセプトと目次を兼ねています。




生命は
見えないポジィティブな力によって支えられ、
見えないネガティブな力によって、損なわれる。

人間は、無意識の時でも、
生命を支えるポジィティブな力に出会うと、筋肉が強く反応し、
生命を損なうネガティブな力に出会うと、筋肉を弱くします。

また、目では見ることができないけれど
ポジィティブな力を持ったものに出あうと
心と体は癒やされます。

ハルチタンは、その前提を根拠にして筋肉の反応を数年間にわたり測定し、
地球上の天然自然のパワーを持った素材を幾つか特定しました。

次にその中でも最高に共鳴するものを選び出し、加工し、組み合わせた
生命を育む力を持った、人間には聞くことのできない、
高いエネルギーの「倍音共鳴体」です。

ハルチタンは従来のチタン製品とは全く違う性質のものです。





目次(クリックすると、記事に飛びます)

私に起こったことと製作の経緯


ハルチタンクリスタル


ハルチタンチップ


ハルチタンによる癒やし
ハルチタンによる癒やし
無意識の癒やし
ハルチタンチップを用いたモニタリングによる癒やし
好転反応による癒やし
生命と共鳴するハルチタン
薬漬けになる前にハルチタンチップとHTC160000の活用を
 ◆
五十肩を癒やす
ヒザ痛を癒やす
こむら返りを癒やす
ぎっくり腰を癒やす
顎(がく)関節症を癒やす
花粉症を癒やす
ストレスからくる喉の違和感を癒やす
軽い不整脈を癒やす 
スマホ首を癒やす
電磁波過敏症とパニック障害を癒やす
ペットの猫を癒やす 
スマートフォンサムをハルチタンチップで癒やす
パニック障害を癒やす
 ◆
季節の変わり目を癒やす・夏から秋へ その1 胃腸の疲れと夏の冷えを癒やす 
季節の変わり目を癒やす・夏から冬へ その2 背中のこりを癒やす 
花粉症を軽くする 冬から春への癒やし
秋から冬のセロトニン不足は「腹筋呼吸」で補う
 ◆
目で見るハルチタンチップの癒やし・青アザの消え方
目で見るハルチタンチップの癒やし・指のマメの水ぶくれが消えた


ハルチタンご使用の方の体験談・いただいたメールとお手紙から
呼吸とインナーマッスルの癒やし
骨折を癒やす その1  
骨折を癒やす その2 
睡眠導入剤をやめられた癒やし 
昼夜逆転からの短期間での劇的な回復
ハルチタンチップによる腱鞘炎(ドケルバン病)の回復 
突然良い声に変化したHTC160000の癒やし
一人整体で、腰、膝、首、肩の痛みが消えた
愛犬が突然元気を取り戻したHTC160000の癒やし その1
愛犬が奇跡的に元気を取り戻したHTC160000の癒やし その2
続「愛犬が奇跡的に元気を取り戻したHTC160000の癒やし その2」
極細スチール線の棘を押し出したハルチタンチップの不思議
愛犬たちに「健康寿命」をプレゼントできたHTC160000の癒やし


ハルチタンと安心呼吸


セロトニン・メラトニン・オキシトシン


インナーマッスルの解放


ハルチタンによる植物実験


生命の神秘


一人整体


価格について


水溶性キトサン座薬の作り方


HTC160000ネックレスのパワーを維持するために


コメント

「頭脳労働者」に広がる「不安障害」「気分障害」を癒やす

2018年12月08日 | ハルチタンクリスタル
何らかのストレスで身構えたときに特定の筋肉が緊張し、緊張が解けると緩和する。
筋肉の中でも、インナーマッスル(深層筋)は、自分の意志で緊張と緩和が自由にコントロールできない筋肉です。


「不安障害」「気分障害」の原因

(「不安障害」「気分障害」とは「パニック障害」や「うつ」など)



「頭脳労働」による脳の疲労で生じた乳酸が
セロトニンを阻害してパニック発作を起こします。

<参考記事> パニックが消えた日



頭頂部全体を薄い帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)」が包んでいます。


「ぜんぶわかる人体解剖図」 成美堂出版より

「帽状腱膜」に接合している筋肉群は、表情を作る他に、ストレスで緊張したときにも「帽状腱膜」を引っ張る力が働きます。
普段は緊張が解けると、引っ張る力が緩みます。

しかし、長時間の「頭脳労働」によるストレスが続くと、緊張が緩まずに、接合部付近が慢性的な「コリ」になってしまう。
結果、「帽状腱膜」に接合している筋肉群の慢性的な「コリ」が、セロトニンを阻害して「不安障害」や「気分障害」の原因を作っているのだと思います。

事実、私の場合、パニック障害が消えた後、8ヶ月後に起こった「好転反応」は正にこの部分の開放だったからです。

<参考記事>パニックが消えた日 その2(パニックが消えた後の好転反応について) 
      電磁波過敏症とパニック障害を癒やす

「頭脳労働者」に広がる「不安障害」「気分障害」を癒やすHTC160000


  
うつやパニック、そこまでゆかなくてもスランプなどの「不安障害」「気分障害」が広がっているのは、脳が受けたストレスにより、インナーマッスルの緊張が解けないで蓄積し続けていることが問題なのです。

頭部のマッサージや指圧は、一定の緩和効果がありますが、深層筋すべての「コリ」までは開放できません。


  

私が経験した「パニック障害」を瞬時に消し去った、奇跡的な癒やし現象を起こした「ハルチタンクリスタル」
今は進化した「HTC160000ネックレス」は、この深層筋のすべての「コリ」まで緩和することが唯一可能であると思います。

 <参考記事>パニック障害を癒やす

事実、HTC160000ネックレスを使用した人たちは、私と同じように奇跡的な瞬間を次々と経験されています。


「不安障害」「気分障害」とは
脳疲労による「パニック障害」や「うつ」などの脳内伝達物質のセロトニンの不足や阻害で発生する症状で、意外と
治りにくい厄介な障害である。
コメント (2)

スマホ姿勢を改善するHTC160000ネックレス

2018年11月19日 | ハルチタンクリスタル
※スマホ姿勢とは
スマホ首、ストレートネック、スマホ猫背、スマホ巻き肩などの総称です。


 スマホ姿勢の原因の一つは、脳内セロトニン神経が弱まっているからです

長時間スマホを使用している人ほど見た目にも姿勢が悪くなっています。

    

そのような人は、抗重力筋が働かず若くても老人のような姿勢になりやすくなっているのです。


 抗重力筋(インナーマッスル)は、脳内セロトニンの刺激によって働きます

  

セロトニン神経が活性化されていると、抗重力筋が働いて、
背筋が伸びて真っ直ぐな良い姿勢を楽に保て、無理なく生き生きした表情になります。




  

逆に、セロトニン神経が弱まると、努力しても首が立たなくなって、前方に倒れ背中は丸まって、もとに戻せなくなり、引き締まった表情をすることが難しくなり、顔にしまりがなくなります。



  

見た目にもはっきりとセロトニン神経の働きはわかりますから、セロトニン神経が活性化していれば、若々しさを内側から引き出してくれると言えます。



 セロトニンが弱っていると痛みを感じやすくなります

セロトニン神経が活性化されていると、痛みの感覚を軽減することができます。

  

姿勢が悪い人は、痛みを感じやすいとも言えます。


 セロトニンは大脳皮質を覚醒させます

  
セロトニンが活性化していると、意識のレベルを高く維持します。

セロトニンが活性化していないと、朝起きてぼんやりした状態のまま、すっきり爽快な意識にはなりません。


 HTC160000ネックレスをつけると抗重力筋が働いて、良い姿勢を維持することができます
 

HTC160000ネックレス(水晶14mm)

抗重力筋(インナーマッスル)は、脳内セロトニンの刺激によって働きますから、
HTC160000ネックレスは、脳内セロトニン神経を活性化させると言えます。


HTC160000ネックレスをつけると、抗重力筋が働いて姿勢が改善され、若々しさを内側から引き出してくれます。
(ちなみに、私はHTC160000ネックレスを使いだして5年、気がついたら背中で合掌ができるまでになっていました。)



以下の参考記事の内容をあわせて行うと、より改善効果が期待できます。
HTC160000ネックレスのパワーを維持するために
コメント

季節の変わり目を癒やす・夏から秋冬へ その2 背中のこりを癒やす

2018年11月11日 | ハルチタンによる癒やし

 凍った落ち葉


 夏から秋冬、自律神経の移行期に、背中のこりや痛みは起こります

季節の変わり目には、背中に凝りや痛みを感じる人が多くいます。

背骨の骨際の左右を押すと、特別痛みが強い場所があります。
まず、そこを中心に、チタンチップを貼っていきます。


  

目印以外でも押して痛みのある所があれば、積極的に貼ってください、意外な効き目があるかもしれません。


過去の事例では、季節の変わり目に、背中から腰まで順番に押して、痛みのある場所に、20枚以上次々と貼って、やっと普通に痛みなく動けるようになった女性がいました。

この方の仕事柄、重たい書類のカバンを持って移動しなければならず、夏に仕事先で、汗のかいた背中をクーラーで繰り返し、冷やされたのが原因と思われます。
現代人なら、誰しも思い当たる事があるのではないでしょうか。

自律神経は、季節によって変動します。夏は副交感神経優位だったものが、冬の交感神経優位に移行します。
そのような、季節の変わり目、自律神経の移行期に、このような背中のこりや痛みは起こります。


 めぐりを良くするハルチタンチップ

そんなときに、ハルチタンチップは、コリや痛みがあるところのめぐりを良くする作用をします。
思い当たる人は、押して痛みのある場所を中心に、積極的に貼ってみてください。


 ハルチタンチップと貼るカイロ

7~8年前に引退された、医師の方が、ゴルフで痛めた肩に貼るカイロを貼ってとても良かったので、段ボール箱でいつも箱買いされていました。

そんなときに、知人にもらって試しにハルチタンチップを貼ったら、すぐに痛みが消えて、びっくりされて注文されました。
あとで、その知人の方に「もう貼るカイロは使わなくなった」とお聞きしました。
しかし、貼るカイロは、実は私も冬には大変重宝しています。

太陽エネルギーが少なくなった季節の、体の保温や、コリや痛みの緩和に、貼るカイロは、とても役に立ちますので、ケースバイケースで積極的に使用してください。
ただし、低温やけどにはご注意ください。
なお、カイロをチップの上に直接貼ることや、背中には、寝るときはおやめください。やけどの原因になります。
それ以外は、間接的に下着の上に貼ってお使いください。

コメント